冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年06月15日

参議院選挙制度改革法案提出へ。

* 参院選挙制度 議長が調整打ち切り 自民が改正案提出 | NHKニュース
参議院の選挙制度をめぐって、野党側は、伊達参議院議長に、各党で一致点を見出せるようあっせん案を提示するよう求めましたが、伊達議長は、各党が法案を提出し、国会で審議すべきだとして、調整を打ち切りました。これを受けて、自民党は、14日夕方、定数を6増やすなどとした公職選挙法の改正案を参議院に提出しました。
参議院の選挙制度をめぐって、自民党は、埼玉選挙区の定数を2増やし、1票の格差を3倍未満に抑えるほか、比例代表の定数を4増やしたうえで、あらかじめ政党が決めた順位に従って当選者を決められる「特定枠」を導入するなどとした案を示していますが、野党側は、「国民の理解が得られない」などと反対しています。
伊達参議院議長と各党の代表者は13日に続いて会合を開き、自民党は、「参議院独自に行政監視機能の強化にも取り組んでおり、定数を増やすことへの理解は得られると考えている」などと述べ、協力を求めました。
これに対し、野党側からは、各党で一致点を見出せるよう、伊達議長にあっせん案を示すよう要請しましたが、伊達議長は、「具体的な改革案を持っている党は、できるだけ速やかに法案を提出してほしい。今後は、国会で審議してほしい」と述べ、各党による調整を打ち切りました。
これを受けて、自民党は、14日夕方、参議院の会派、「無所属クラブ」と共同で、公職選挙法の改正案を参議院に提出しました。
国民 大塚共同代表「打ち切りは遺憾」
国民民主党の大塚共同代表は記者会見で「地方議会も大きく定数を減らし、財政も厳しい折に、国会だけが定数を増やすのは理解されないし、議論を打ち切ったことは、大いに遺憾だ。自民党案には賛成できず、どういう案がありうるのか、あす、党の参議院議員総会で諮り、意識を統一させたい」と述べました。
共産 志位委員長「とても乱暴」
共産党の志位委員長は、記者会見で、「自民党の案は、自民党のための自民党による党略的な産物で、論外のものとして反対していきたい。これまで参議院では各党の合意で進める丁寧な議論をしてきたが、『対案を出せ』というのは、とても乱暴で、きちんとした場で抜本的な改革を議論していくのが筋だ」と述べました。
* 参院選挙制度 定数6増の自民案 野党反発し再協議へ | NHKニュース
参議院選挙の1票の格差を是正するため、自民党が定数を6増やすなどの案を示したことを受け、伊達参議院議長は各党の代表者を集め、自民党案以外に具体的な案がある場合は、対案を提出するよう促しました。しかし野党側が強く反発し、14日改めて協議することになりました。
参議院の選挙制度をめぐって自民党は、埼玉選挙区の定数を2増やし、1票の格差を3倍未満に抑えるほか、比例代表の定数を4増やしたうえで、あらかじめ政党が決めた順位に従って当選者を決められる「特定枠」を導入するなどとした案を示していますが、野党側は「国民の理解が得られない」などと反対しています。
伊達参議院議長は13日、各党の代表者を集め「来年の参議院選挙まで時間が限られていることを重く受け止めてもらいたい」と述べたうえで、自民党案以外に具体的な案がある場合は、対案を提出するよう促しました。
これに対して野党側は「なぜ定数を増やす必要があるのかといった疑問に自民党が答えるほうが先だ」などと強く反発しました。
このため、14日改めて各党の代表者が集まり、自民党から説明を聞いたうえで、今後の議論の進め方を協議することになりました。
参議院の一票の格差を是正する選挙制度改革法案を巡り、自由民主党提案の法案よりも良い法案が有れば提出する様にと提言されてたが、全く此の動きが無く反発ばかりしてる野党共の態度に痺れを切らしたのか、参議院議長は各党の調整は無理だとして打ち切り、法案を提出した。
野党共は嘗ての民主党の「何でも反対何でも批判」の姿勢で在る。
殊に国民民主党は是々非々で臨むと主張して置き乍も、此の為体で在る。
無能集団は消滅して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 05:21 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]