冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年07月05日

自己主張を受け入れて貰えない南朝鮮の火病。

* 건설경제신문
일본 축구대표팀이 러시아 월드컵 16강 토너먼트에서 벨기에에 2:3으로 역전패해 탈락했다. 예선 마지막 경기에서는 공을 너무 돌리는 바람에 질타를 받았지만, 16강전이 끝나자 아까운 패배에도 불구하고 라커룸을 깨끗이 치우고 떠났다는 둥, 응원단이 울면서 그들이 앉았던 관람석을 청소하더라는 둥 일본 찬사가 뒤따르고 있다.
서구인들이 일본에게 우호적인 이유는 무엇일까? 지극히 섬세하면서도 한편으로는 단호한 국민성과 그 문화를 신비롭다고 보기 때문일 것이다. 그 배경에는 푸치니의 오페라 ‘마담 버터플라이’도 한몫했다. 흔히 ‘나비부인’으로 번역되지만, 미국인의 아내로 인정받고 싶은 일본 여인의 염원이 담긴 내용이므로 그 분위기를 살리자면 굳이 영어단어로 표기한 ‘버터플라이’로 남겨두는 편이 낫다.
‘마담 버터플라이’는 1904년 초연에서 별 관심을 끌지 못했다. 그런데 이듬해 5월, 일본 해군이 블라디보스토크로 이동 중이던 당시 세계 최강의 러시아 발틱함대를 대마도 인근에서 급습하여 궤멸시키고 러ㆍ일 전쟁의 승기를 잡는다. 19세기 유럽에서 일본 미술이 찬탄의 대상이 된 적은 있지만 이로써 일본은 군사력도 강한 동방의 경이로운 나라로 각인된 것이다. 그러면서 명예를 위해 스스로 단도를 뽑아든 가녀린 오페라 주인공 초초상을 경외의 눈으로 바라보게 되었으니, 이때부터 ‘마담 버터플라이’도 승승장구하게 된다. 루스 베네딕트의 명저 <국화와 칼>보다 40년 전에 이미 일본의 특징을 꿰뚫어 본 오페라가 된 셈이다.
동해 표기와 독도 소유권 문제로, 위안부 문제로 사사건건 일본과 맞서는 우리로서는 왜 세계 여론이 당연해 보이는 우리 편을 들어주지 않는지 답답하기만 하다. 그러나 그들은 초밥, 전통극, 회화와 판화, 일본식 정원 그리고 적어도 겉으로는 겸손하고 상냥한 일본인의 성품 등에 호감을 보이는 것이다. 반면 우리가 세계에 보여준 ‘한국적인 것’은 과연 무엇이었는지 돌아보지 않을 수 없다.
* Google 翻訳
日本サッカー代表チームがロシアワールドカップ16強トーナメントでベルギー2:3で逆転負けして脱落した。 予選最終戦では、ボールをも回す風に叱咤を受けたが、16強戦が終わるもったいない敗北にもかかわらず、ロッカールームをきれいに去ったとか、応援団が泣きながら、彼らは座った観客席を清掃ハドラヌンとか、日本賛辞が付いている。
西欧人たちが日本に友好的な理由は何だろうか? 極めて繊細でありながら、一方では、断固とした国民性とその文化を神秘的ロプダゴ表示だろう。 その背景には、プッチーニのオペラ「マダム・バタフライ」も一役買った。 よく「蝶々夫人」に翻訳されるが、アメリカ人の妻に認められたい、日本の女性の願いが込められた内容であるため、その雰囲気を生かそうと、あえて英語の単語で表記した「バタフライ」にしておくほうがよい。
「マダム・バタフライ」は、1904年に初演から関心を引くなかった。 ところが翌年5月には、日本海軍がウラジオストクに移動中だった当時、世界最強のロシアのバルチック艦隊を対馬付近で急襲して壊滅させドル・日戦争の勝機をつかむ。 19世紀のヨーロッパで日本美術が賛嘆の対象となったことはあるがこれで日本は軍事力も強い東方の驚異的な国に刻印されたものである。 それと共に名誉のために、自らの短刀を抜いた華奢なオペラの主人公チョチョサンを恐れるの目で眺めるようになったので、この時から「マダム・バタフライ」も常勝疾走することになる。 ルースベネディクトの名著<菊と刀>より40年前にすでに日本の特徴を見抜いたオペラになったわけだ。
東海表記と独島の所有権の問題であり、慰安婦問題で事あるごとに日本と対抗する私たちとしては、なぜ世界の世論が当たり前に見える味方を聞いてくれないかもどかしいだけだ。 しかし、彼らは寿司、伝統劇、絵画や版画、日本庭園、少なくとも表面上は控えめで優しい日本人の性格などに好感を示すものである。 一方、私たちは、世界に見せてくれた「韓国的なもの」は、果たして何だったか振り返らざるを得ない。
日本サッカーの案件で始まる建設経済新聞の記事が醜悪。
「東海表記と独島領有権問題、慰安婦問題で事在る毎に日本と対立している我々としては、何故世界の世論が当前と見られる我々の言い分を聞き入れないのか、もどかしいばかりだ」等と主張。
全ては自分勝手で出鱈目だらけで在る事を自覚しない。
日本海は日本海でしか無く、竹島は我が国の領土なのは云う迄も無い。
慰安婦問題は勝手に被害者に成って金に集る虫けらでしか無いからだ。
南朝鮮は国際社会に一つでも貢献でもしたかと云うと其れ等は皆無で、寧ろ迷惑行為を振り撒く元凶でしか無い。
こんな事だから何一つ聞き入れられて無いのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]