冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年07月29日

SK建設が必死に生き残りを模索するが。

* Can SK E&C win new orders after Laos dam collapse?
SK E&C will have an extremely hard time in winning new overseas projects, following the collapse of a dam it was building in Laos, analysts said Wednesday.
They are expressing concerns that the incident could raise serious doubts over trustworthiness of not only SK E&C, but also other Korean builders that are looking to secure contracts for construction projects in Asia and other parts of the world.
According to SK E&C and other sources, dozens of people were feared dead and hundreds remain unaccounted for after the Xepian-Xe Nam Noy hydropower dam in Attapeu Province in southeastern Laos collapsed on Monday.
SK E&C initially said the reason for the collapse was that the river "overflowed" sweeping away houses and flooding villages. The company said it has "discovered the upper part of the dam's structure had been missing" at least 24 hours before the water began flooding villages.
Though the cause and whether SK E&C is responsible for the accident is yet to be determined. The company, which is the leading construction consortium with a 26 percent stake, may face difficulties in winning projects in Laos.
"With the cause of the accident yet to be determined, the most urgent task for SK E&C will be damage relief," an industry analyst said. "SK's moves in covering the damage will determine its fate in overseas project."
The analyst said if SK E&C is responsible, it may face tangible penalties in future projects in Laos, depending on the content of contract.
SK E&C has been raising its reliance on overseas projects in recent years.
According to the ICAK, SK E&C has won overseas orders worth $2.52 billion in the first quarter of this year, which includes a $2 billion coal-fired power plant in the Philippines and a $737 million project building the Almaty Circular Road in Kazakhstan.
Since the mid-2000's, SK E&C has been focusing on overseas projects and its overseas orders peaked at $6.66 billion in 2014 and logged $4.32 billion in 2015.
But the orders nosedived to $212 million in 2016 due to declining demand in the Middle East and in North America. Thus, the solid numbers in the first quarter was regarded as a sign of recovery for SK E&C.
"It remains to be seen whether SK E&C is responsible for the tragedy," an official at a Seoul-based builder said. "Since it was an accident which took lives, the tangible and intangible damage to SK E&C's overseas projects will be huge if it is found to be responsible."
As the outlook for SK E&C's overseas projects becomes bleak, according to analysts, the incident is feared to adversely affect the reputation of other Korean builders looking for opportunities in adjacent countries.
"It will be obvious to bring a negative impact on the reputation of Korean constructors," an official at another construction firm said. "Though Laos has been an unfamiliar market for Korean constructors, they have their footings in nearby countries, including Thailand and Cambodia, and stage fierce competition with rivals from China and Japan."
"Given that such an accident will deal a blow to the trustworthiness of Korean builders, the most important thing is the cause of the accident," he said.
SK E&C said the company is actively working on personnel recovery and damage relief with the Laotian government, and is making its utmost efforts on determining the cause of the accident.
* Google 翻訳
SK E&Cは、ラオスに建設中のダムが崩壊したことを受けて、新たな海外プロジェクトの受注に非常に苦労するだろうとアナリストらは指摘した。
彼らは、この事件がSK E&Cだけでなく、アジアなど世界の建設プロジェクトの契約を確保しようとしている他の韓国建設業者の信頼性にも疑念を抱かせる可能性があるとの懸念を表明している。
SK E&Cなどの情報筋によると、ラオス南東部のアタプー州のXepian-Xe Nam Noy水力発電ダムが月曜日に崩壊した後、数十人が死亡する恐れがあった。
SK E&Cは、当初、川が氾濫して家屋を掃討し、村を氾濫させたという崩壊の理由を述べました。 同社は、水が洪水の洪水から始まる24時間前に、「ダムの構造の上部が欠落していることを発見した」と述べた。
原因とSK E&Cが事故の原因であるかどうかはまだ決まっていません。 26%の株式を持つ建設コンソーシアムである同社は、ラオスでのプロジェクトに勝つことに困難を抱える可能性がある。
「事故の原因は未だ確定していないため、SK E&Cにとって最も緊急な課題は被害軽減だ」と業界アナリストは述べた。 「被害をカバーするSKの動きは、海外プロジェクトの運命を決めるだろう」
SK E&Cが責任を負うならば、契約の内容に応じて、ラオスの今後のプロジェクトで具体的な罰金に直面するかもしれない、とアナリストは言った。
SK E&Cは近年、海外事業への依存度を高めています。
ICAKによると、SK E&Cは、フィリピンに20億ドルの石炭火力発電所、カザフスタンにAlmaty Circular Roadを建設する737百万ドルのプロジェクトを含む、今年の第1四半期に25.2億ドルの海外受注を獲得した。
SK E&Cは2000年代半ば以降、海外プロジェクトに注力しており、海外受注は2014年に66.6億ドル、2015年には43.2億ドルとなりました。
しかし、中東および北米での需要の減少により、2016年には2億1,200万ドルにまで急落した。 このように、第1四半期の実数はSK E&Cの回復の兆しとみなされました。
ソウルに拠点を置くビルダーの関係者は、「SK E&Cがこの悲劇を担当しているかどうかはまだ分かっていない。 「事故だったので、責任を負っているとSKE&Cの海外事業の有形・無形の被害は大きくなる」と述べた。
アナリストによると、SK E&Cの海外事業の見通しが鈍っているため、周辺国での機会を求める他の韓国建設業者の評判に悪影響を与える恐れがある。
ある建設会社の関係者は、「韓国建設業者の評判に悪影響を与えることは明らかだ」と述べた。 「ラオスは韓国のコンストラクターには馴染みのない市場だが、タイやカンボジアなど近隣の国々に足を踏み入れ、中国や日本のライバルとの激しい競争を繰り広げている」
「このような事故が韓国のビルダーの信頼に打撃を与えることを考えれば、最も重要なことは事故の原因である」と彼は語った。
SK E&Cは、ラオス政府の人員復旧と被害救済に積極的に取り組んでおり、事故原因の特定に最大限努力していると述べた。
THE KOREA TIMESは、ラオスのダム決壊を受けて、海外事業の動向に大きな影響を及ぼすとして、生き残りに躍起に為る状況を報じた。
然し、此の案件の記事の最後に「SK E&Cは、ラオス政府の人員復旧と被害救済に積極的に取り組んでおり、事故原因の特定に最大限努力している」と大嘘を吐いた。
ラオス政府は南朝鮮に何も要請はして居らず、南朝鮮からの要員も受け入れて無い現状で在る。
更に、全容解明が進んで無い中企業の延命に関する事を言及するのは時期尚早で有り、此処に朝鮮人特有の現実逃避の悪癖が如実に現れてる。
posted by 天野☆翔 at 17:54 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]