冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年10月13日

前川喜平が政府をヘイトスピーチ。

* 「無償化排除は官製ヘイト」前川喜平氏が朝鮮学校で講演 - 産経ニュース
元文部科学事務次官の前川喜平氏(63)が13日、東京都江東区の東京朝鮮第二初級学校で講演し、朝鮮学校の高校無償化排除や補助金廃止の動きを「国が率先して行っている官製ヘイトだ」と述べ、差別だと指摘した。外国籍の市民が増える中、日本語教育と同時にルーツを教える民族教育が大切だと訴えた。
 前川氏が朝鮮学校で講演するのは初めて。在日コリアンや一般市民約350人が参加した。
 文科官僚時代、高校無償化の制度設計に関わった前川氏は「朝鮮高校も対象として作業したが、排除された。他の外国人学校は対象となり、法の下の平等にも反する」と批判。生徒のアイデンティティーを形成する仕組みが必要だと強調し「少子化で日本は移民を受け入れなければ成り立たなくなる。外国人に日本語を教える仕組みは必須だが、同時に母語教育、民族教育も重要だ」と話した。
朝鮮学校への無償化対象除外の動きを官製ヘイトだとして批判したが、憲法と国際法に則って無償化して無い状況で在る事をお忘れか。
自分自身が次官当時に推し進めてた事が否定されたからと云って逆上するのは極めて醜悪。
別に無償化対象除外は差別でも何でも無く、朝鮮学校自体が教育方針や実態を改めれば良いだけで在って、又、無償化を望むなら公立校に入学すれば良いだけの話で在る。
加計学園の案件と云い、本当に此奴は気違いで在ると。
posted by 天野☆翔 at 23:37 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]