冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年11月11日

ウォール街への締め付け始まる。

* ナバロNTC委員長がウォール街に警告、中国との通商交渉に口出すな - Bloomberg
ホワイトハウスのナバロ国家通商会議(NTC)委員長はウォール街の銀行やヘッジファンドに対し、中国の習近平国家主席と通商交渉で早急に合意するようトランプ大統領に圧力をかけるべきではないと警告した。
  ナバロ委員長は9日にワシントンで講演し、「グローバリストの億万長者らは中国政府の影響行使の一環として、アルゼンチンでのG20会議を前にホワイトハウスに全面的な攻撃を仕掛けている」と発言。狙いは「大統領に何らかの合意に至るよう圧力を掛けることだ」としながらも、実際には交渉における大統領の立場を弱めており、「何も良い結果は生まれない」と述べた。
  投資家は「数十億」ドルという自分たちの資金を、製造業の雇用消失で打撃を受けた地域の再興に振り向けるべきだと、ナバロ氏は主張した。「ウォール街は交渉に口を出すな」と発言。「ゴールドマン・サックスの資金をオハイオ州デイトンに振り向け、米国に投資するべきだ」と述べた。
  同氏はウォール街がどのようにホワイトハウスに圧力を掛けているか、詳細には言及しなかった。ゴールドマンの元社長で、国家経済会議(NEC)委員長を務めたゲーリー・コーン氏は2日前、トランプ大統領が「貿易赤字は悪いことだと考えるエコノミストをアマゾンで1人見つけ、その人物の言うことに耳を傾けている」と述べ、遠回しにナバロ氏を揶揄(やゆ)していた。
支那との通商交渉に於いて早急な合意を求めるのは言語道断と、ナバロ国家通商会議委員長は銀行や投資信託に対して圧力を掛けた。
グローバニストへの最大の牽制で在る事は云う迄も無い。
自国の利益よりも、自分達の利益を優先する様な団体には当然の締め付けだ。
サブプライム・ローン問題の根源でも在ったのだから、此の圧力は至極真っ当で正しいだろう。
posted by 天野☆翔 at 07:19 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]