冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年12月08日

ガーディアンが毎日新聞は支那の喧伝媒体と暴露。

* Inside China's audacious global propaganda campaign | News | The Guardian
Beijing is buying up media outlets and training scores of foreign journalists to ‘tell China’s story well’ – as part of a worldwide propaganda campaign of astonishing scope and ambition.
As they sifted through resumes, the team recruiting for the new London hub of China’s state-run broadcaster had an enviable problem: far, far too many candidates. Almost 6,000 people were applying for just 90 jobs “reporting the news from a Chinese perspective”. Even the simple task of reading through the heap of applications would take almost two months.
For western journalists, demoralised by endless budget cuts, China Global Television Network presents an enticing prospect, offering competitive salaries to work in state-of-the-art purpose-built studios in Chiswick, west London. CGTN – as the international arm of China Central Television (CCTV) was rebranded in 2016 – is the most high-profile component of China’s rapid media expansion across the world, whose goal, in the words of President Xi Jinping, is to “tell China’s story well”. In practice, telling China’s story well looks a lot like serving the ideological aims of the state.
For decades, Beijing’s approach to shaping its image has been defensive, reactive and largely aimed at a domestic audience. The most visible manifestation of these efforts was the literal disappearance of content inside China: foreign magazines with pages ripped out, or the BBC news flickering to black when it aired stories on sensitive issues such as Tibet, Taiwan or the Tiananmen killings of 1989. Beijing’s crude tools were domestic censorship, official complaints to news organisations’ headquarters and expelling correspondents from China.
But over the past decade or so, China has rolled out a more sophisticated and assertive strategy, which is increasingly aimed at international audiences. China is trying to reshape the global information environment with massive infusions of money – funding paid-for advertorials, sponsored journalistic coverage and heavily massaged positive messages from boosters. While within China the press is increasingly tightly controlled, abroad Beijing has sought to exploit the vulnerabilities of the free press to its advantage.
In its simplest form, this involves paying for Chinese propaganda supplements to appear in dozens of respected international publications such as the Washington Post. The strategy can also take more insidious forms, such as planting content from the state-run radio station, China Radio International (CRI), on to the airwaves of ostensibly independent broadcasters across the world, from Australia to Turkey.
Meanwhile, in the US, lobbyists paid by Chinese-backed institutions are cultivating vocal supporters known as “third-party spokespeople” to deliver Beijing’s message, and working to sway popular perceptions of Chinese rule in Tibet. China is also wooing journalists from around the world with all-expenses-paid tours and, perhaps most ambitiously of all, free graduate degrees in communication, training scores of foreign reporters each year to “tell China’s story well”.
Since 2003, when revisions were made to an official document outlining the political goals of the People’s Liberation Army, so-called “media warfare” has been an explicit part of Beijing’s military strategy. The aim is to influence public opinion overseas in order to nudge foreign governments into making policies favourable towards China’s Communist party. “Their view of national security involves pre-emption in the world of ideas,” says former CIA analyst Peter Mattis, who is now a fellow in the China programme at the Jamestown Foundation, a security-focused Washington thinktank. “The whole point of pushing that kind of propaganda out is to preclude or preempt decisions that would go against the People’s Republic of China.”
Sometimes this involves traditional censorship: intimidating those with dissenting opinions, cracking down on platforms that might carry them, or simply acquiring those outlets. Beijing has also been patiently increasing its control over the global digital infrastructure through private Chinese companies, which are dominating the switchover from analogue to digital television in parts of Africa, launching television satellites and building networks of fibre-optic cables and data centres – a “digital silk road” – to carry information around the world. In this way, Beijing is increasing its grip, not only over news producers and the means of production of the news, but also over the means of transmission.
Though Beijing’s propaganda offensive is often shrugged off as clumsy and downright dull, our five-month investigation underlines the granular nature and ambitious scale of its aggressive drive to redraw the global information order. This is not just a battle for clicks. It is above all an ideological and political struggle, with China determined to increase its “discourse power” to combat what it sees as decades of unchallenged western media imperialism.
At the same time, Beijing is also seeking to shift the global centre of gravity eastwards, propagating the idea of a new world order with a resurgent China at its centre. Of course, influence campaigns are nothing new; the US and the UK, among others, have aggressively courted journalists, offering enticements such as freebie trips and privileged access to senior officials. But unlike those countries, China’s Communist party does not accept a plurality of views. Instead, for China’s leaders, who regard the press as the “eyes, ears, tongue and throat” of the Communist party, the idea of journalism depends upon a narrative discipline that precludes all but the party-approved version of events. For China, the media has become both the battlefield on which this “global information war” is being waged, and the weapon of attack.
Nigerian investigative journalist Dayo Aiyetan still remembers the phone call he received a few years after CCTV opened its African hub in Kenya in 2012. Aiyetan had set up Nigeria’s premier investigative journalism centre, and he had exposed Chinese businessmen for illegally logging forests in Nigeria. The caller had a tempting offer: take a job working for the Chinese state-run broadcaster’s new office, he was told, and you’ll earn at least twice your current salary. Aiyetan was tempted by the money and the job security, but ultimately decided against, having only just launched his centre.
As the location of the Chinese media’s first big international expansion, Africa has been a testbed. These efforts intensified after the 2008 Olympics, when Chinese leaders were frustrated with a tide of critical reporting, in particular the international coverage of the human rights and pro-Tibet protests that accompanied the torch relay around the world. The following year China announced it would spend $6.6bn strengthening its global media presence. Its first major international foray was CCTV Africa, which immediately tried to recruit highly-respected figures such as Aiyetan.
For local journalists, CCTV promised good money and the chance to “tell the story of Africa” to a global audience, without having to hew to western narratives. “The thing I like is we are telling the story from our perspective,” Kenyan journalist Beatrice Marshall said, after being poached from KTN, one of Kenya’s leading television stations. Her presence strengthened the station’s credibility, and she has continued to stress the editorial independence of the journalists themselves.
Vivien Marsh, a visiting scholar at the University of Westminster, who has studied CCTV Africa’s coverage, is sceptical about such claims. Analysing CCTV’s coverage of the 2014 Ebola outbreak in west Africa, Marsh found that 17% of stories on Ebola mentioned China, generally emphasising its role in providing doctors and medical aid. “They were trying to do positive reporting,” says Marsh. “But they lost journalistic credibility to me in the portrayal of China as a benevolent parent.” Far from telling Africa’s story, the overriding aim appeared to be emphasising Chinese power, generosity and centrality to global affairs. (As well as its English-language channel, CGTN now runs Spanish, French, Arabic and Russian channels.)
Over the past six years, CGTN has steadily increased its reach across Africa. It is displayed on televisions in the corridors of power at the African Union, in Addis Ababa, and beamed for free to thousands of rural villages in a number of African countries, including Rwanda and Ghana, courtesy of StarTimes, a Chinese media company with strong ties to the state. StarTimes’ cheapest packages bundle together Chinese and African channels, whereas access to the BBC or al-Jazeera costs more, putting it beyond the means of most viewers. In this way, their impact is to expand access to Chinese propaganda to their audience, which they claim accounts for 10m of Africa’s 24m pay-TV subscribers. Though industry analysts believe that these numbers are likely to be inflated, broadcasters are already concerned that StarTimes is edging local companies out of some African media markets. In September, the Ghana Independent Broadcasters Association warned that “If StarTimes is allowed to control Ghana’s digital transmission infrastructure and the satellite space … Ghana would have virtually submitted its broadcast space to Chinese control and content.”
For non-Chinese journalists, in Africa and elsewhere, working for Chinese state-run media offers generous remuneration and new opportunities. When CCTV launched its Washington headquarters in 2012, no fewer than five former or current BBC correspondents based in Latin America joined the broadcaster. One of them, Daniel Schweimler, who is now at al-Jazeera, said his experience there was fun and relatively trouble-free, though he didn’t think many people actually saw his stories.
But foreign journalists working at Xinhua, the state-run news agency, see their stories reaching much larger audiences. Government subsidies cover around 40% of Xinhua’s costs, and it generates income – like other news agencies, such as the Associated Press – by selling stories to newspapers around the world. “My stories were not seen by 1 million people. They were seen by 100 million people,” boasted one former Xinhua employee. (Like most of the dozens of people we interviewed, he requested anonymity to speak freely, citing fear of retribution.) Xinhua was set up in 1931, well before the Communists took power in China, and as the party mouthpiece, its jargon-laden articles are used to propagate new directives and explain shifts in party policy. Many column inches are also spent on the ponderous speeches and daily movements of Xi Jinping, whether he is meeting the Togolese president, examining oversized vegetables or casually chatting to workers at a toy-mouse factory.
Describing his work at Xinhua, the former employee said: “You’ve got to think it’s like creative writing. You’re combining journalism with a kind of creative writing.” Another former employee, Christian Claye Edwards, who worked for Xinhua news agency in Sydney between 2010 and 2014, says: “Their objectives were loud and clear, to push a distinctly Chinese agenda.” He continued: “There’s no clear goal other than to identify cracks in a system and exploit them.” One example would be highlighting the chaotic and unpredictable nature of Australian politics – which has seen six prime ministers in eight years – as a way of undermining faith in liberal democracy. “Part of my brief was to find ways to exert that influence. It was never written down, I was never given orders,” he said.
Edwards, like other former employees of China’s state-media companies, felt that the vast majority of his work was about domestic signalling, or telegraphing messages that demonstrated loyalty to the party line in order to curry favour with senior officials. Any thoughts of how his work was furthering China’s international soft power goals came a distant second. But since Edwards left in 2014, Xinhua has begun looking outwards; one sign of this is the existence of its Twitter account – followed by 11.7 million people – even though Twitter is banned in China.
Outright censorship is generally unnecessary at China’s state-run media organisations, since most journalists quickly gain a sense of which stories are deemed appropriate and what kind of spin is needed. “I recognised that we were soft propaganda tools – but not to any greater extent than for the BBC or al-Jazeera, and certainly nothing like RT,” said Daniel Schweimler, who worked for CCTV in South America for two years. “We always joked that we’d have no interference from Beijing or DC so long as the Dalai Lama never came to visit.”
When the Dalai Lama did come to visit Canada in 2012, one journalist in Xinhua’s Ottawa bureau, Mark Bourrie, was placed in a compromising position. On the day of the visit, Bourrie was told to use his parliamentary press credentials to attend the Tibetan spiritual leader’s press conference, and to find out what had happened in a closed-door meeting with the then prime minister, Stephen Harper. When Bourrie asked whether the information would be used in a piece, his boss replied that it would not. “That day I felt that we were spies,” he later wrote. “It was time to draw the line.” He returned to his office and resigned. Now a lawyer, Bourrie declined to comment for this story.
His experience is not unusual. Three separate sources who used to work at Chinese state media said that they sometimes wrote confidential reports, knowing that they would not be published on the newswire and were solely for the eyes of senior officials. Edwards – who wrote one such report on Adelaide’s urban planning – saw it as “the lowest level of research reporting for Chinese officials”, essentially providing very low-level intelligence for a government client.
That vanishingly thin line between China’s journalism, propaganda work, influence projection and intelligence-gathering is a concern to Washington. In mid-September this year, the US ordered CGTN and Xinhua to register under the Foreign Agents Registration Act (Fara), which compels agents representing the interests of foreign powers in a political or quasi-political capacity to log their relationship, as well as their activities and payments. Recently Donald Trump’s campaign manager, Paul Manafort, was charged for violating this act by failing to register as a foreign lobbyist in relation to his work in Ukraine. “Chinese intelligence gathering and information warfare efforts are known to involve staff of Chinese state-run media organisations,” a congressional commission noted last year.
“Making the Foreign Serve China” was one of Chairman Mao’s favoured strategies, as epitomised by his decision to grant access in the 1930s to the American journalist Edgar Snow. The resulting book, Red Star Over China, was instrumental in winning western sympathy for the Communists, whom it depicted as progressive and anti-fascist.
Eight decades on, “making the foreign serve China” is not just a case of offering insider access in return for favourable coverage, but also of using media companies staffed with foreign employees to serve the party’s interests. In 2012, during a series of press conferences in Beijing at the annual legislature, the National People’s Congress, government officials repeatedly invited questions from a young Australian woman unfamiliar to the local foreign correspondents. She was notable for her fluent Chinese and her assiduously softball questions.
It turned out that the young woman, whose name was Andrea Yu, was working for a media outlet called Global CAMG Media Group, which is headquartered in Melbourne. Set up by a local businessman, Tommy Jiang, Global CAMG’s ownership structure obscures the company’s connection to the Chinese state: it is 60% owned by a Beijing-based group called Guoguang Century Media Consultancy, which in turn is owned by the state broadcaster, China Radio International (CRI). Global CAMG, and another of Jiang’s companies, Ostar, run at least 11 radio stations in Australia, carrying CRI content and producing their own Beijing-friendly shows to sell to other community radio stations aimed at Australia’s large population of Mandarin-speakers.
After the Beijing press pack accused Yu of being a “fake foreign reporter”, who was effectively working for the Chinese government, she told an interviewer: “When I first entered my company, there’s only a certain amount of understanding I have about its connections to the government. I didn’t know it had any, for example.” She left CAMG shortly after, but the same performance was repeated at the National People’s Congress two years later with a different Chinese-speaking Australian working for CAMG, Louise Kenney, who publicly pushed back against accusations of being a shill.
The use of foreign radio stations to deliver government-approved content is a strategy the CRI president has called jie chuan chu hai, “borrowing a boat to go out to the ocean”. In 2015, Reuters reported that Global CAMG was one of three companies running a covert network of 33 radio stations broadcasting CRI content in 14 countries. Three years on, those networks – including Ostar – now operate 58 stations in 35 countries, according to information from their websites. In the US alone, CRI content is broadcast by more than 30 outlets, according to a combative recent speech by the US vice president, Mike Pence, though it’s difficult to know who is listening or how much influence this content really has.
Beijing has also taken a similar “borrowed boats” approach to print publications. The state-run English-language newspaper China Daily has struck deals with at least 30 foreign newspapers – including the New York Times, the Wall Street Journal, the Washington Post and the UK Telegraph – to carry four- or eight-page inserts called China Watch, which can appear as often as monthly. The supplements take a didactic, old-school approach to propaganda; recent headlines include “Tibet has seen 40 years of shining success”, “Xi unveils opening-up measures” and – least surprisingly of all – “Xi praises Communist party of China members.”
Figures are hard to come by, but according to one report, the Daily Telegraph is paid £750,000 annually to carry the China Watch insert once a month. Even the Daily Mail has an agreement with the government’s Chinese-language mouthpiece, the People’s Daily, which provides China-themed clickbait such as tales of bridesmaids on fatal drinking sprees and a young mother who sold her toddler to human traffickers to buy cosmetics. Such content-sharing deals are one factor behind China Daily’s astonishing expenditures in the US; it has spent $20.8m on US influence since 2017, making it the highest registered spender that is not a foreign government.
The purpose of this “borrowed boats” strategy may also be to lend credibility to the content, since it’s not clear how many readers actually bother to open these turgid, propaganda-heavy supplements. “Part of it really is about legitimation,” argues Peter Mattis. “If it’s appearing in the Washington Post, if it’s appearing in a number of other papers worldwide, then in a sense it’s giving credibility to those views.”
In September, Donald Trump criticised this practice, claiming China was pushing “false messages” intended to damage his prospects in the midterm elections. His wrath was directed at a China Watch supplement in the Iowa-based Des Moines Register, designed to undermine farm-country support for a trade war. He tweeted: “China is actually placing propaganda ads in the Des Moines Register and other papers, made to look like news. That’s because we are beating them on Trade, opening markets, and the farmers will make a fortune when this is over!”
In the Xi Jinping era, propaganda has become a business. In a 2014 speech, propaganda tsar Liu Qibao endorsed this approach, stating that other countries have successfully used market forces to export their cultural products. The push to monetise propaganda provides canny businesspeople with opportunities to curry favour at high levels, either through partnering with state-run media companies or bankrolling Chinese proxies overseas. The favoured strategy now is not just “borrowing foreign boats” but buying them outright, as the University of Canterbury’s Anne-Marie Brady has written.
The most visible example of this came in 2015, when China’s richest man acquired the South China Morning Post (SCMP), a 115-year-old Hong Kong paper once known for its editorial independence and tough reporting. Jack Ma, whose Alibaba e-commerce empire is valued at $420bn, has not denied suggestions that he was asked by mainland authorities to make the purchase. “If I had to bother about what other people speculated about, how would I get anything done?” he said in December 2015. Around the same time, Alibaba’s executive vice-chairman Joseph Tsai made clear that under new ownership, the SCMP would provide an alternative view of China to the one found in western media: “A lot of journalists working with these western media organisations may not agree with the system of governance in China and that taints their view of coverage. We see things differently, we believe things should be presented as they are,” Tsai told an interviewer.
The task of executing that mission has fallen to 35-year-old CEO Gary Liu, a Mandarin-speaking California native with a Harvard degree, who had previously worked as chief executive of the digital news aggregator Digg and before that, on the business side of the music streaming company Spotify. When we spoke via Skype, Liu sounded a little bit uncomfortable when asked how well the SCMP is fulfilling Tsai’s vision. “The owners have their set of language, and the newspaper has our convictions,” he said. “And our conviction is that our job is to cover China with objectivity, and to do our best to show both sides of a very, very complicated story.” The paper’s role, as he sees it, is “to lead the global conversation about China.” And to achieve that goal, Liu is being given significant resources. Staffers talk of “staggering” expenditures, with one employee describing the number of new hires “like the cast of Ben Hur”.
Even under new ownership, the SCMP treads a delicate line on China, continuing to run granular political analysis and original reporting on sensitive issues such as human rights lawyers and religious crackdowns. Though pages are free from Xinhua copy, cynics joke the paper itself is transmogrifying into a kind of China Daily-lite, with increasing prominence given to stories about Xi Jinping, pro-Beijing editorials and politically on-message opinion pieces. All this is combined with constant, fawning coverage of owner Jack Ma, memorably described by the paper as a “modern-day Confucius”.
Two stories in particular have been heavily criticised. First, in 2016, it published an interview with a young human rights activist named Zhao Wei, who had disappeared into police custody a year before. In the interview, the activist’s quotes, recanting her past behaviour, were reminiscent of Mao-era “self-criticism”. Fears she had spoken under duress were confirmed a year later, when she admitted she’d given her “candid confession” after being held in a heavily monitored cell for a year – “No talking. No walking. Our hands, feet, our posture … every body movement was strictly limited,” she wrote.
Then, earlier this year, the SCMP accepted a “government-arranged interview” with bookseller Gui Minhai. Gui, a Swedish citizen, was one of five sellers of politically sensational books who disappeared in 2015 – in his case from his home in Thailand – and then reappeared in police custody in China in 2016. The SCMP interview was conducted in a detention facility, with Gui flanked by security guards.
But Liu is adamant that the paper has not made any missteps on his watch. He says the paper was invited – not forced – to cover these stories. In Gui’s case, he insists the decision was based on journalistic merit: “The senior editorial leadership team got together, and said: This is important for us to show up. If not, there’s a very high likelihood that the other stories reported do not share the entire situation. In fact, a lot of the other reports did not mention the fact that there were security guards standing on either side of Gui Minhai at the start and at the end of the interviews.” Liu stressed that “there is a significant difference between how we reported it, and how we would expect state propaganda to report it.” But many in Hong Kong were distressed that a journal once seen as a paper of record was effectively running a forced confession on behalf of the Chinese state.
To insiders, even the paper’s hardhitting coverage of China forms part of a broader strategy. “It’s all smoke and mirrors,” longtime contributor Stephen Vines said. “It’s so pernicious because a lot of is quite plausible.” In November, Vines issued a public statement announcing he will no longer write for the paper. A current SCMP journalist described “a veneer of press freedom”, noting, “It’s not so much that pieces are pulled and changed. It’s where they’re positioned, how they’re promoted. The digital revolution has made that all very easy to do. You write whatever you want, but the people control what we see.” The SCMP has countered public criticism of censorship aggressively, even running a column in which a senior editor blamed censorship accusations on “butthurt ex-Post employees with axes to grind”.
Chinese money is also being invested in print media far from home, including in South Africa, where companies linked to the Chinese state have a 20% stake in Independent Media, the country’s second-largest media group, which runs 20 prominent newspapers. In cases like this, Beijing’s impact on day-to-day operations can be minimal, but there are still things that cannot be said, as one South African journalist, Azad Essa, recently discovered when he used his column, which ran in a number of newspapers published by Independent Media, to criticise Beijing’s mass internment of Uighurs. Hours later, his column had been cancelled. The company blamed a redesign of the paper, which had necessitated changes in the columnists used.
But Essa pulled no punches in a piece he subsequently wrote for Foreign Policy: “Red lines are thick and non-negotiable. Given the economic dependence on the Chinese and crisis in newsrooms, this is rarely confronted. And this is precisely the type of media environment that China wants their African allies to replicate.” This is true not just in Africa, but for China’s media interests across the world.
These days Australia has come to be seen as a petri dish for Chinese influence overseas. At the heart of the row is a controversial Chinese billionaire, Huang Xiangmo, whose links to Labor party politician Sam Dastyari precipitated Dastyari’s resignation in 2017. Three years earlier, Huang provided A$1.8m of seed funding to establish the Australia China Relations Institute, a thinktank based at the University of Technology Sydney. ACRI, which is led by former foreign minister Bob Carr, aims to promote “a positive and optimistic view of Australia-China relations”.
In the past two years, ACRI has spearheaded a programme organising study tours to China for at least 28 high-profile Australian journalists, whisking them on all-expenses tours with extraordinary access. Many of the breathless resulting articles – footnoting their status as “guests of ACRI” or “guests of the All China Journalist Association” – accord remarkably closely with Beijing’s strategic priorities. As well as paeans to China’s modernity and size, the articles advise Australians not to turn their backs on China’s One Belt One Road initiative, and not to publicly criticise China’s policy towards the South China Sea, or anything else for that matter.
Close observers believe the scheme is tilting China coverage in Australia. Economist Stephen Joske briefed the first ACRI tour on the country’s economic challenges, and was dismayed at the largely uncritical tone of their coverage. “Australian elites have very little real exposure to China,” he said. “There is a vacuum of informed commentary and they [ACRI-sponsored journalists] have filled it with very, very one-sided information.”
Participants on the study tours do not downplay their influence. “I found the trip fantastic”, says one reporter who asked not to be named. “In Australia, the reporting often doesn’t go beyond having a one-party communist system. There’s a lot of positive things happening in China in terms of technology, business and trade, and that doesn’t get a lot of positive coverage.” Others treat the trips with more caution. “You go on these trips knowing you’re going to be getting their point of view,” says the ABC’s economics correspondent Peter Ryan, who went on an ACRI-sponsored trip in 2016.
ACRI responded to our questions about the trips by issuing a statement, saying that its tours “pale into insignificance” compared with similar trips organised by the US and Israel. A spokesman wrote: “Not for a moment has ACRI ever lobbied journalists about what they write. They are free to take whatever position they want.” The spokesman also confirmed that in-kind support to the trips has been given by the All-China Journalists Association, a Communist party body whose mission is to “tell China’s stories well, spread China’s voice”. For his part, Huang Xiangmo said he has no involvement in ACRI’s operations.
ACRI is a relatively new player in this game. Since 2009, the China-United States Exchange Foundation (Cusef), headed by Hong Kong’s millionaire former chief executive Tung Chee-hwa, has taken 127 US journalists from 40 US outlets to China, as well as congressmen and senators. Since Tung has an official position – vice-chairman of the Chinese government advisory body, the Chinese People’s Political Consultative Conference – Cusef is registered as a “foreign principal” under the Foreign Agents Registration Act (Fara).
A picture of how Cusef has worked to sway coverage of China inside the US can be found in Fara filings by a PR firm working for the foundation since 2009. BLJ Worldwide, which has also represented Syria’s Bashar al-Assad, the Gaddafi family, and Qatar’s World Cup bid, organised journalist tours and cultivated a number of what it calls “third-party supporters” to marshal positive coverage of China in the US. In one year alone, 2010, BLJ’s target was to place an average of three articles per week in the US media, in venues such as the Wall Street Journal, for which it was paid around $20,000 a month. In a memo from November 2017, BLJ lists eight recommended third-party supporters who, it claimed, “can engage by writing their own op-eds, providing endorsements of Cusef, and potentially speaking to select media”. Fara filings also show that in 2010, BLJ discussed how to influence the way US schoolchildren are taught about China’s much-criticised role in Tibet. After conducting a review of four high-school textbooks, BLJ proposed “a strong, factual counter-narrative be introduced to defend and promote the actions of China within the Tibet Autonomous Region”.
Over the past decade, Cusef has widened its remit, mooting ambitious cultural diplomacy plans to influence the US public. According to a January 2018 memo, one of the schemes included a plan to build a Chinese “town called Gung-Ho in Detroit”. The memo suggests redeveloping an entire city block to showcase Chinese innovation using design elements from both countries, with a budget of $8-10m. The memo even suggests shooting a reality TV show following the progress of the Gung-Ho community as “a living metaphor for the promise of the US-China relationship”. Given Detroit’s parlous state, the memo concludes, “It will be very difficult for the news media to be critical of the project.”
Cusef responded to questions about its activities with a statement, saying: “Cusef has supported projects which enhance the communication and understanding between peoples of US and China. All of our programmes and activities operate within the framework of the laws and we are fully committed to carrying out our work by maintaining the highest standard of integrity.” BLJ did not respond to requests for comment.
China’s active courtship of journalists extends well beyond short-term study tours to encompass longer-term programmes for reporters from developing countries. These moves were formalised under the auspices of the China Public Diplomacy Association, established in 2012. The targets are extraordinarily ambitious: the training of 500 Latin American and Caribbean journalists over five years, and 1,000 African journalists a year by 2020.
Through these schemes, foreign reporters are schooled not just on China, but also on its view of journalism. To China’s leaders, journalistic ideals such as critical reporting and objectivity are not just hostile, they pose an existential threat. One leaked government directive, known as Document 9, even defines the ultimate goal of the western media as to “gouge an opening through which to infiltrate our ideology”. This gulf in journalistic values was further underlined in a series of CGTN videos issued last year, featuring prominent Chinese journalists accusing non-Chinese practitioners of being “brainwashed” by “western values of journalism”, which are depicted as irresponsible and disruptive to society. One Xinhua editor, Luo Jun, argues in favour of censorship, saying, “We have to take responsibility for what we report. If that’s being considered as censorship, I think it’s good censorship.”
With its fellowships for foreign reporters, Beijing is moving to train a young generation of international journalists. A current participant in this programme is Filipino journalist Greggy Eugenio, who is finishing up an all-expenses-paid media fellowship for reporters from countries participating in China’s grand global infrastructure push, the Belt and Road Initiative. For 10 months, Eugenio has been studying and travelling around China on organised tours, as well as doing a six-week internship at state-run television. Twice a week he attends classes on language, culture, politics and new media at Beijing’s Renmin University of China, as he works towards a master’s degree in communication.
“This programme continuously opens my mind and heart on a lot of misconceptions I’ve known about China,” Eugenio said in an email. “I’ve learned that a state-owned government media is one of the most effective means of journalism. The media in China is still working well and people here appreciate their work.” Throughout his time in China, he has been filing stories for the state-run Philippine News Agency, and when he finishes next month he will return to his position writing for the presidential communication team of Filipino president Rodrigo Duterte.
Some observers argue the expansion of authoritarian propaganda networks – such as Russia’s RT and Iran’s Press TV – has been overhyped, with little real impact on global journalism. But Beijing’s play is bigger and more multifaceted. At home, it is building the world’s biggest broadcaster by combining its three mammoth radio and television networks into a single body, the Voice of China. At the same time, a reshuffle has transferred responsibility for the propaganda machinery from state bodies to the Communist party, which effectively tightens party control over the message. Overseas, capitalising on the move from analogue to digital broadcasting, it has used proxies likesuch as StarTimes to increase its control over global telecommunications networks, while building out new digital highways. “The real brilliance of it is not just trying to control all content – it’s the element of trying to control the key nodes in the information flow,” says Freedom House’s Sarah Cook. “It might not be necessarily clear as a threat now, but once you’ve got control over the nodes of information you can use them as you want.”
Such blatant exhibitions of power indicate the new mood of assertiveness. In information warfare – as in so much else – Deng Xiaoping’s famous maxim of “hide your strength and bide your time” is over. As the world’s second-largest economy, China has decided it needs discourse power commensurate with its new global stature. Last week, a group of the US’s most distinguished China experts released a startling report expressing concern over China’s more aggressive projections of power. Many of the experts have spent decades promoting engagement with China, yet they conclude: “The ambition of Chinese activity in terms of the breadth, depth of investment of financial resources, and intensity requires far greater scrutiny than it has been getting.”
As Beijing and its proxies extend their reach, they are harnessing market forces to silence the competition. Discourse power is, it seems, a zero-sum game for China, and voices that are critical of Beijing are co-opted or silenced, left without a platform or drowned out in the sea of positive messaging created by Beijing’s own “borrowed” and “bought” boats. As the west’s media giants flounder, China’s own media imperialism is on the rise, and the ultimate battle may not be for the means of news production, but for journalism itself.
* Google 翻訳
北京は驚異的な範囲と野心の世界的なプロパガンダキャンペーンの一環として、メディアの店舗を買収し、外国のジャーナリストを訓練して「中国の物語をうまく伝える」ようにしている。
中国の国営放送局の新ロンドン拠点を募集していたチームは、難しい問題を抱えていた。 約6,000人の人々が「中国の見通しからニュースを報告する」ちょうど90の求人に応募していました。 アプリケーションのヒープを読み取るという単純なタスクでも、ほぼ2ヶ月かかります。
無期限の予算削減によって崩壊した西ジャーナリストにとって、チャイナ・グローバル・テレビジョン・ネットワークは魅力的な見通しを提示し、西ロンドンのチズウィックにある最新の専用スタジオで働くために競争力のある給料を提供します。 CGTNは、中国中央テレビ(CCTV)が2016年に改名されたことで、中国の急速なメディア拡大の最も重要な要素であり、その目標は西陣平大統領の言葉で「 中国のストーリーウェル "。 実際には、中国の物語をうまく伝えることは、国家のイデオロギー的目的に役立っているように見える。
何十年にもわたって、イメージを形成する北京のアプローチは、防衛的かつ反動的であり、主に国内の視聴者を対象としていた。 これらの努力の最も目に見える表現は、中国内のコンテンツの文字通りの消滅であった。すなわち、外国の雑誌のページが切り取られた、あるいはBBCのニュースがチベット、台湾、または天安門の1989年の殺人などの敏感な問題に関する話を放映したときに、 中国の報道機関の本部への公式の苦情、 中国からの特派員を追放した 。
しかし、過去10年ほどで、中国は国際的な観客を対象とした、より洗練された積極的な戦略を展開してきた。 中国は、報奨金の募金、ジャーナリスティック・カバレッジのスポンサー、ブースターからの積極的なメッセージの大量配信など、膨大な資金を投入して世界の情報環境を再構築しようとしている。 中国では、報道機関がますます厳しく規制されているが、海外では、フリー・プレスの脆弱性を悪用してその利点を活用しようとしている。
最も簡単な形では、これは、ワシントンポストのような数多くの尊敬される国際出版物に中国のプロパガンダ補足が現れるように支払うことを含む。 この戦略は、国営ラジオ局であるChina Radio International(CRI)のコンテンツを、オーストラリアからトルコまで、世界中の表面上独立した放送局の放送に植え付けるなど、より陰気な形を取ることもできます。
一方、米国では、中国側の支援を受けているロビイストが、北京のメッセージを伝える「第三者スポークスマン」と呼ばれる声援支持者を養成し、チベットにおける中国の支配に関する一般的な認識を揺さぶっている。 中国はまた、経費支出のツアー、おそらく最も野心的なコミュニケーションの大学院の学位を授与し、毎年中国の物語をうまく伝えるために外国の記者たちを訓練するジャーナリストを世界中から募集している。
2003年以来、人民解放軍の政治目標を概説する公式文書に改正が加えられたとき、いわゆる「メディア戦争」は北京の軍事戦略の明白な部分であった。 その目標は、外国政府が中国の共産党に有利な政策を立てるように、海外の世論に影響を与えることである。 「安全保障に焦点を当てたワシントンのシンクタンクであるジェームズタウン財団の中国プログラムの仲間である元CIAアナリスト、ピーター・マッティス氏は、「国家安全保障の考え方は、アイデアの世界における先制攻撃を含んでいる」と述べている。 「こうした宣伝を押し進めるのは、中華人民共和国に反対する意思決定を排除するか、あるいは先取りすることだ」
時には、これには伝統的な検閲が含まれます。反対意見を抱いている人を脅迫し、それらを運ぶ可能性のあるプラットフォームを分解したり、単にそれらのアウトレットを取得したりします。 北京はまた、アフリカ各地のアナログテレビからデジタルテレビへの切り替え、テレビ衛星の打ち上げ、光ファイバーケーブルとデータセンターのネットワーク構築を支配している中国の民間企業を通じて、グローバルなデジタルインフラに対する支配力を忍耐強く強化している。デジタルシルクロード " - 世界中の情報を運ぶ。 このようにして、北京は、ニュース制作者やニュースの制作手段だけでなく、伝達手段についても、その把握力を高めています。
北京の宣伝攻撃はしばしば不器用でまったく鈍いが、5ヵ月後の調査では、グローバルな情報秩序を再現するための積極的な動きの細かい性質と野心的な規模が強調されている。 これは単にクリックの戦いではありません。 とりわけ、イデオロギー的かつ政治的な闘争であり、何十年にもわたり西洋のメディア帝国主義と見なされているものと戦うために、中国は「談話力」を高めようと決心した。
同時に、北京は、世界の重心を東方にシフトさせ、中国の復興を中心とした新しい世界秩序の発想を広めようとしている。 もちろん、影響力キャンペーンは新しいものではありません。 米国と英国は、とりわけ、フリービートリップや上級職員への特権アクセスなどの誘惑を提供して、積極的にジャーナリストを訴えている。 しかし、これらの国とは異なり、中国の共産党は複数の意見を受け入れていない。 代わりに、報道を共産党の「目、耳、舌と喉」とみなしている中国の指導者にとって、ジャーナリズムの考え方は、当事者が承認した出来事以外のものを排除する物語の仕方にかかっている。 中国にとって、メディアはこの「グローバル情報戦争」が行われている戦場と攻撃の武器の両方になっています。
ナイジェリアの捜査ジャーナであるDayo Aiyetanは、CCTVが2012年にケニアでアフリカの拠点を開いた数年後に電話をかけたことをまだ覚えている。Aiyetanはナイジェリアの調査ジャーナリストセンターを設立し、ナイジェリアの不法伐採林で中国企業を露出した。 彼は、中国の国営放送局の新事務所で働く仕事をしていると言われ、あなたの現在の給与の少なくとも2倍の収入を得るでしょう。 Aiyetanはお金と雇用保障に誘惑されましたが、最終的に彼のセンターを立ち上げたばかりに反対して決定しました。
中国のメディアの最初の大きな国際的な拡大の場所として、アフリカはテストベッドでした。 こうした努力は、2008年のオリンピックの後、中国の指導者たちが批判的な報告、とりわけ世界中の聖火リレーに伴う人権とチベットの抗議の国際的な報道に苛まれていた時に激化した。 翌年、中国は世界メディアのプレゼンスを強化するために66億ドルを費やすと発表した。 その最初の主要な国際的な進出は、CCTVアフリカであり、すぐにアイエタンのような高い評価を受けた人物を募集しようとしました。
地元のジャーナリストにとって、CCTVは、西洋の物語に縛られることなく、世界の聴衆に「アフリカの話を伝える」良いお金とチャンスを約束しました。 ケニアのジャーナリスト、ベアトリス・マーシャル氏は、ケニアの主要テレビ局の1つであるKTNから摘発された後、「私が好きなのは私たちが私たちの見解を伝えていることだ」と語った。 彼女の存在感は、放送局の信頼性を強化し、ジャーナリスト自身の編集上の独立性を強調し続けました。
ウェストミンスター大学の客員研究員で、CCTVアフリカの報道を研究しているVivien Marshは、このような主張については疑念を抱いています。 マーシュは、西アフリカでの2014年のエボラ流行のCCTVによる報道を分析して、エボラに関する記事の17%が中国に言及し、一般的に医者と医療援助の役割を強調した。 「彼らは積極的な報告をしようとしていました」とマーシュは言います。 しかし、彼らはアフリカの物語を語るのとは違って、中国の権力、寛大さとグローバルな業務の中心性を重視するように見えた。 (英語チャンネルと同様に、現在、CGTNはスペイン語、フランス語、アラビア語、ロシア語のチャンネルを運営しています)。
過去6年間で、CGTNは着実にアフリカ全土に広がりました。 それはアフリカ連合(Addis Ababa)の権力廊下のテレビに表示され、ルワンダやガーナなど数多くのアフリカ諸国で数千の田舎の村に無料で派遣されています。国家と結びついている。 StarTimesの最も安価なパッケージは中国とアフリカのチャンネルを結びつけていますが、BBCやAl-Jazeeraへのアクセスは多くの視聴者の手段を超えています。 このように、彼らの影響は中国のプロパガンダへのアクセスを彼らの聴衆に拡大することであり、彼らはアフリカの24メートルの有料テレビ加入者の10百万人を占めると主張している。 業界アナリストは、これらの数字は膨らみそうだと考えていますが、放送局はすでにStarTimesがアフリカの一部のメディア市場から地元企業を守っていると懸念しています。 ガーナ独立系放送者協会は、9月に、「StarTimesがガーナのデジタル伝送インフラと衛星スペースを管理することが許可されれば、ガーナは実質的に放送スペースを中国のコントロールとコンテンツに提出するだろう」と警告した。
中国以外のジャーナリスト、アフリカなどでは、中国の国営メディアのために働くことは、多額の報酬と新しい機会を提供します。 CCTVが2012年にワシントンの本部を立ち上げたとき、ラテンアメリカに拠点を置くBBC特派員5人以上が放送局に加わった。 そのうちの1人、アルジャジーラにいるダニエル・シュヴァイムラーは、多くの人が実際に彼の話を見たとは思っていないが、そこでの彼の経験は面白くて問題がないと語った。
しかし、国営の報道機関である新華社で働く外国人ジャーナリストは、より多くの視聴者に届くようになった。 政府補助金は新華社通信の約40%の費用をカバーし、世界の新聞に物語を売って、AP通信などの他の報道機関と同様に収入を生む。 「私の話は100万人に見られませんでした。 彼らは1億人の人々に見られました」と、元新華社員1人を誇りに思っています。 (私たちがインタビューした何十人もの人々のほとんどのように、彼は報復の恐れを理由に自由に話す匿名を要求した)。アーティクルは、新しいディレクティブを伝播し、パーティポリシーの変更を説明するために使用されます。 大規模な野菜を調べたり、おもちゃのマウス工場で労働者にチャットしたりして、トーゴ大統領と会っているかどうかにかかわらず、Xi Jinpingの穏やかな演説や日々の動きには、
元従業員は新華社での彼の仕事について説明している:「あなたはそれが創造的な文章のようだと思う必要がある。 ジャーナリズムと創造的なライティングを結びつけています」2010年から2014年の間にシドニーで新華社通信に勤務した元従業員のクリスチャン・クレイー・エドワーズ氏は、「彼らの目標は明確に中国の議題「システムの亀裂を特定して悪用する以外の明確な目標はありません」オーストラリアの政治のカオス的で予測不可能な性質(8年間で6つの首相を見た)が、自由民主主義に対する信仰を損なうことになる。 「私の要旨の一部は、その影響力を発揮する方法を見つけることでした。 書き留められたことはなく、私は決して注文されたことはなかった」と彼は語った。
エドワーズは、中国の国営メディア企業の従業員の他の従業員と同様に 、彼の仕事の大部分は、国内の情報発信や幹線への忠誠心を示す電信メッセージに関するものであり、 彼の作品がどのように中国の国際的なソフトパワー目標をどのように進めていたかについてのいかなる考えも、それほど遠いものではなかった。 しかし、エドワーズが2014年に出発して以来、新華社は外を見始めている。 中国のTwitterが禁止されているにもかかわらず、この1つの兆候はTwitterアカウントの存在であり、それに続く1170万人の人物です。
大部分のジャーナリストは、物語が適切であると考えられ、どのようなスピンが必要であるかという感覚を迅速に得るので、中国の国営メディア組織では、完全な検閲は一般に不必要である。 「私たちはソフトプロパガンダのツールであることを認識しましたが、BBCやアルジャジーラよりも、RTとはまったく同じではありません。 「ダライ・ラマが訪れたことがない限り、北京やDCからの干渉はないと常に冗談を言った」
ダライ・ラマが2012年にカナダを訪れたとき、新華オタワ局のマーク・ブレイリーのあるジャーナリストが妥協的な立場に立たされました。 訪問当日、Bourrieは、チベットのスピリチュアルリーダーの記者会見に出席し、首相スティーブン・ハーパーとの非公開会合で何が起こったのかを知るために、議会の記者会見を利用するように言われました。 Bourrieが情報が作品に使用されるかどうかを尋ねると、上司はそれがそうではないと答えた。 「その日、私たちはスパイだと感じました」と彼は後で書きました 。 「線を引く時だ」彼は事務所に戻り、辞任した。 今、弁護士、Bourrieはこの話についてコメントしませんでした。
彼の経験は珍しいことではない。 中国の国営メディアで働いていた3人の別々の情報筋は、新聞に掲載されることはなく、上級職員の目線に過ぎないことを知って、機密報告を書いているという。 アデレードの都市計画に関するこのような報告書を書いたエドワーズ氏は、政府のクライアントには非常に低レベルの情報を提供する「中国の公務員のための調査報告の最低レベル」と考えていた。
中国のジャーナリズム、宣伝活動、影響の予測、情報収集の間に消え去りつつある細い線が、ワシントンにとって懸念事項です。 今年9月中旬、米国はCGTNと新華社に外国人登録法(Fara)の下で登録を命じた.Faraは外国人の利益を代表する代理人に政治的または準政治的能力を強要し、彼らの活動と支払い。 最近、ドナルドトランプのキャンペーンマネージャー、ポールマナフォートは、ウクライナでの仕事に関連して外国のロビイストとして登録しないことによって、この行為を違反して告発されました。 「中国の情報収集と情報戦闘の努力は、中国の国営メディア組織のスタッフを巻き込むことが知られている」と昨年指摘された議会委員会は述べた。
「中国外務省との協議」は、1930年代にアメリカのジャーナリスト、エドガー・スノーにアクセスを許可したことを表明した、毛沢東主席の好意的な戦略の1つでした。 その結果として得られた本「Red Star Over China」は、進歩的かつ反ファシスト的なものとして描かれた共産主義者のための西洋の同情を得るのに役立った。
80年代には、「外国人奉仕中国を作る」というのは、有利な報道の見返りにインサイダーへのアクセスを提供するだけでなく、外国人の従業員を雇って党の利益に役立つメディア企業を使うことでもある。 2012年、北京では、全米人民代表大会(National People's Congress)の一連の記者会見で、政府当局者は、地元の外国特派員に馴染みのない若いオーストラリア人女性からの質問を繰り返し招待した。 彼女は流暢な中国語と丁寧にソフトボールの質問で有名でした。
Andrea Yuという名前の若い女性が、メルボルンに本社を置くGlobal CAMG Media Groupというメディア・アウトレットのために働いていたことが判明しました。 地元のビジネスマン、Tommy Jiangによって設立されたGlobal CAMGの所有構造は、同社の中国との関係を不明瞭にしている。北京に本拠を置くGuoguang Century Media Consultancyの60%は、中国ラジオ国際(CRI)。 グローバルCAMGとJiangの企業の1社であるOstarは、CRIコンテンツを持ち、北京フレンドリーなショーを制作し、オーストラリアの大規模なマンダリン・スピーカーを対象とした他のコミュニティラジオ局に販売するために、少なくとも11のラジオ局をオーストラリアで運営しています。
彼女は中国政府のために効果的に働いていた「 偽の外国人記者 」であることを告発した北京のプレスパックの後、面接官に次のように語った。「私が初めて会社に入ったとき、政府に。 まもなくCAMGから離脱したが、2年後に同じ人物会議が同じくらい中国語を話すオーストラリア人CAMGのLouise Kenney氏が公表した恥ずべきの告発に逆らって。
政府が承認したコンテンツを配信するために外国のラジオ局を使用することは、CRIの社長が「海に出るためにボートを借りる」という、 ジー・チュアンチュハイと呼ばれる戦略です。 ロイターは 、2015年に、Global CAMGは、14カ国でCRIコンテンツを放送する33のラジオ局の隠れ家ネットワークを運営する3社の1社であると報告した。 3年後、Ostarを含むこれらのネットワークは、現在35カ国に58局を運営しています。 米国だけでは、CRIのコンテンツは30人以上の店舗で放送されていると、マイク・ペンス副社長の最近の演説によれば、誰が聞いているのか、このコンテンツにどれだけ大きな影響があるのか​​を知ることは難しい。
北京はまた、出版物を印刷するために同様の「借りたボート」アプローチをとっている。 国営の英字新聞チャイナデイリーは、ニューヨーク・タイムズ紙、ウォールストリート・ジャーナル紙、ワシントン・ポスト紙、英国電信紙など、少なくとも30の外国の新聞を扱っており、中国と呼ばれる4ページまたは8ページのインサートを運ぶウォッチは、毎月のように頻繁に表示されます。 サプリメントはプロパガンダへの教訓的で古い学校のアプローチをとる。 最近の見出しには、「チベットは40年にわたる輝かしい成功を見た」、「西は開放の措置を発表する」、そして少なくとも驚くべきことに、「西は中国の共産党員を賞賛する」
数字は届きにくいですが、 1つのレポートによると、デイリー・テレグラフは毎月1回中国時計のインサートを運ぶために年間750,000ポンドの支払いを受けています。 毎日の郵便でも、致命的な酒飲みの花嫁の話や、幼児を人身売買業者に売って化粧品を購入するなど、中国をテーマにしたクリックベイトを提供している中国の中国語口頭、People's Dailyと合意している。 このようなコンテンツ共有取引は、チャイナデイリーの米国での驚異的な支出の一因となっている。 2017年以来、米国の影響力に2080万ドルを費やしており、外国政府ではない最高の登録消費者になっています。
この「借りたボート」戦略の目的は、どれくらい多くの読者が実際にこのような過酷でプロパガンダの多いサプリメントを開くのを苦にしているのか明らかではないため、コンテンツに信頼性を貸すことです。 「それの一部は正当な理由である」とPeter Mattis氏は主張する。 ワシントンポスト紙に掲載されていれば、それが世界中の多くの論文に掲載されているとすれば、ある意味ではその見解に信頼性を与えている」
ドナルド・トランプ氏は 9月、中間選挙での見通しを損なうことを意図した「偽のメッセージ」を中国が押していると主張し、 この慣行を批判した 。 彼の怒りは、貿易戦争の農場支援を弱体化させるために設計されたアイオワ州のデモイン登録簿の中の中国ウォッチ補足に向けられた。 彼はツイートした: "中国は実際にデモインレジスタとニュースのように見える他の論文に宣伝広告を配置している。 それは、我々が貿易、市場開放に賭けているからです。農業従事者は、これが終わったときには幸運を祈るでしょう!
私は西Jinping時代、宣伝はビジネスになっています。 2014年の演説で、劉斉(Liu Qibao)宣伝宣伝は、他の国々が市場力を駆使して文化商品を輸出するのに成功したというこのアプローチを支持した。 金銭的な宣伝へのプッシュは、国営のメディア企業との提携や海外の中国の代理店の資金調達のいずれかを通じ、才能のあるビジネスマンに高水準の賞賛をもたらす機会を提供します。 カンターベリー大学のアン・マリー・ブレイディー(Anne-Marie Brady)大学が書いたように、今や支持されている戦略は「外国船を借りる」だけではなく、それを完全に買うことである。
最も目に見える例は、2015年に中国の富裕層がSCMP(South China Morning Post)を買収したことである。これはかつて編集上の独立性と厳しい報告で知られていた115年前の香港紙である。 Alibabaの電子商取引帝国が4億2000万米ドルと評価されているJack Maは、本土当局から購入を求められたという提案は否定していない。 「2015年12月に、他の人たちが推測したことを気にしなければならない場合、どうすればいいのだろうか?」と述べた。同時期、Alibabaのジョセフ・ツァイ副会長は、 「西側メディア組織と協力しているジャーナリストの多くは、中国のガバナンス体系に同意しないかもしれないし、報道の視点を汚しているかもしれない。 私たちは物事が異なって見えるので、物事をそのまま提示しなければならないと信じています」とTsai はインタビュアーに語った 。
この任務を遂行する任務は、デジタルニュースアグリゲーターDiggのチーフエグゼクティブ、以前はビジネスサイドで働いていたHarvard学位を持つマンダリン語を話すカリフォルニア出身の35歳のCEO、Gary Liu氏音楽ストリーミング会社Spotifyの スカイプで話をしたとき、劉さんはSCMPがツァイのビジョンをどれくらいうまく果たしているか尋ねたところ、ちょっと不快だった。 「所有者には言葉があり、新聞には確信がある」と彼は語った。 「われわれの仕事は、中国が客観性をもってカバーし、両者に非常に複雑な物語を見せることだ」と述べた。論文の役割は、「世界の会話をその目標を達成するために、劉はかなりの資源を与えられている。 スタッフは「驚異的な」支出を話し、ある従業員は「Ben Hurのキャストのような」新しい採用人の数を記述している。
SCMPは、新しいオーナーシップの下でさえ、細かな政治分析や、人権弁護士や宗教的な摘発などの敏感な問題に関する独自の報告を継続しながら、中国に繊細な行を展開しています。 ページは新華社のコピーから解放されているが、シー・ジンピング、プロ北京の社説、政治的なメッセージの意見集などの話題が増えたことで、紙自体が一種の中国日刊紙に変身しているという。 このすべては、「現代の孔子」として記憶されている、主人の馬馬(Jack Ma)の絶え間ない真っ只中の報道と組み合わされています。
特に2つのストーリーが大きく批判されている。 まず、2016年に、それは前年に警察に拘束された趙偉(Zhao Wei)という若い人権活動家とのインタビューを発表した 。 インタビューでは、行動主義者の過去の行動を引用した引用符は、真央時代の「自己批判」を連想させるものだった。 彼女が強迫して話していた恐怖は、1年後、重度に監視されたセルで拘束された後、彼女に "誠実な告白"を与えたことを認めた1年後に確認された。 歩いていない。 私たちの手、足、姿勢、あらゆる体の動きは厳しく制限されていました」と彼女は書いています。
それから今年の初めに、SCMPは書籍売り手Gui Minhaiとの「 政府 配置インタビュー 」を受け入れた。 2015年にはタイの自宅から姿を消し、その後2016年に中国の警察に拘束された政治的に賢い本の5人の売り手の1人であった。SCMPのインタビューは勾留施設で行われ、 Guiは警備員に面している。
しかし、劉氏は、紙が彼の時計に間違いを犯していないことを断言している。 彼は、この論文がこれらの話をカバーするように強制されたのではなく、招待されたと言います。 Gui氏のケースでは、ジャーナリストのメリットに基づいて決定されたと主張しています。「上級編集委員会のチームが集まり、言った。 そうでない場合、報告された他のストーリーが状況全体を共有しない可能性が非常に高い。 事実、他の多くの報告書には、インタビューの開始時と終了時にGui Minhaiの両側に立っている警備員がいるという事実は言及されていませんでした」とLiuは強調しました。中国の国家のために強制的に告白していたが、香港の多くの人は、これまで記録紙として知られていたジャーナルが効果的に告発を行っていたことに悩まされていた。
インサイダーにとって、中国の広範な戦略の一環として、 「それはすべて煙と鏡だ」と長年にわたる寄稿者のスティーブン・ヴァインズ氏は語った。 11月にヴァインズは、もはや論文を書くことを発表する公式声明を発表した。「これは非常に危険なものだ。 現在のSCMPのジャーナリストは、「プレスの自由の一枚」と書いている。「断片が引っ張られて変更されているわけではない。 どこに位置し、どのようにプロモートされているのか。 デジタル革命は、そのすべてを非常に簡単にしました。 SCMPは、上級編集者が検閲の批判を「虐殺の対象となる幹部を持つ執行部員」と非難したコラムを実行しても、積極的に検閲に関する一般の批判に抗議しています 。
中国の金はまた、南アフリカを含む、家庭から遠い印刷媒体にも投資されている。南アフリカでは、20社の著名な新聞を運営する中国第2位のメディアであるIndependent Mediaに20%の株式を保有している。 このような場合、北京の日常業務への影響は最小限に抑えることができますが、南アフリカのジャーナリストであるアザド・エッサは、独立系メディアが発行した新聞のうち、北京の大量拘禁を批判するためのもの。 数時間後、彼のコラムはキャンセルされました。 同社は、使用したコラムニストの変更を余儀なくされた論文の再設計を非難した。
しかし、Essaはその後、外交政策のために書いた作品にパンチをつけなかった。「赤い線は太く、交渉はできない。 中国への経済的依存とニュースルームの危機を考えると、これはほとんど直面していない。 そして、これはまさに、中国がアフリカの同盟国が再現して欲しいメディア環境のタイプです」これはアフリカだけでなく世界中の中国のメディアの利益にも当てはまります。
オーストラリアは海外の中国の影響力のためのペトリ皿と見なされるようになりました。 行方の中心には論争の的になる中国の億万長者、黄Xiangmo、 ラボ 党政治家 サムDastyari へのリンク は2017年にDastyariの辞任を沈殿させた 。 三年前、黄氏はシドニー大学のシンクタンクにあるシンクタンクであるオーストラリア中国関係研究所の設立に180万豪ドルのシード資金を供与した。 元外相のボブ・カール首相が率いるACRIは、「豪日中関係の積極的で楽観的な見方」を推進することを目指している。
過去2年間で、ACRIは、少なくとも28人の有名なオーストラリアのジャーナリストを対象に中国への勉強ツアーを企画するプログラムを先導しました。 「ACRIのゲスト」または「全中華人民共和国ジャーナリスト協会のゲスト」としての地位に脚光を浴びる多くの息苦しさのある記事は、北京の戦略的優先事項と非常に緊密に一致しています。 この記事は、中国の現代性と大きさに対する賛否論だけでなく、中国のワン・ワン・ワン・ロード(One Belt One Road)イニシアチブに背を向ける べきではなく 、南シナ海に向けた中国の政策などを公​​然と批判しないよう助言する。
近くのオブザーバーは、このスキームがオーストラリアにおける中国の補償を傾けていると考えている。 エコノミストのスティーブン・ホスケ氏は、国の経済的課題についての最初のACRIツアーをブリーフィングし、そのカバー範囲の大部分が批判的ではないことに驚いた。 「オーストラリアのエリートは、中国への実質的なエクスポージャーはほとんどありません。 「報道された解説があり、ACRIが支援したジャーナリストたちは非常に片側の情報でそれを埋めている」
勉強ツアーの参加者は、彼らの影響力を軽視しない。 "私は旅行が幻想的である"と、名前を挙げないように頼んだ記者一人は言う。 「オーストラリアでは、報告書はしばしば、一党の共産主義体制を持つことを超えていない。 テクノロジー、ビジネス、貿易という点で中国では多くのポジティブなことが起こっていますが、それは肯定的な報道はほとんどありません」他の人々は旅行をもっと慎重に扱います。 ABCの経済特派員であるピーター・ライアン氏は、「2016年にACRIがスポンサーとなった旅行に出席したことになる」と語った。「あなたは自分たちの視点を得ようとしていることを知っている。
ACRIは、米国とイスラエルが企画した同様の旅行に比べて、ツアーは「重要ではない」と述べ、声明を出して、旅行に関する質問に答えました。 広報担当者は次のように書いている。「ACRIはジャーナリストに対して、今まで何を書いているのかについて、 スポークスマンはまた、中国の物語をうまく伝えることを使命とする共産党の団体である中国全国ジャーナリスト協会(The All-China Journalists Association)が、音声"。 彼は、ACRIの事業に関与していないとHuang Xiangmoは述べた。
ACRIはこのゲームでは比較的新しいプレーヤーです。 2009年以来、香港の億万長者の元チョン・ファファ最高経営責任者(チョン・ファファ)元首相が率いる中米交換基金(クセフ)は、米国の40の店舗から127人のアメリカのジャーナリストを中国に、議員と上院議員を連れて奪取した。 中国政府の諮問機関の正式副議長を務めて以来、中国人民政治協議会議(Cusef)は外国人登録法(Fara)の下で「外国人の元本」として登録されている。
クセフ氏が米国内での中国の取り上げ方をどのように動かしているかについての写真は、2009年以来、財団法人で設立されたPR会社によって発見された。シリアのBashar al-Assad、Gaddafiファミリー、カタールのワールドカップ(W杯)入札でジャーナリストツアーを企画し、米国での中国の積極的な報道を「第三者サポーター」と呼んだ。 2010年だけでは、BLJの目標は、ウォールストリートジャーナルのような会場で、 毎月平均3件の記事を米国のメディアに掲載することでした。 2017年11月のメモでは、BLJには、「自らの作文を書いたり、クセフの推薦を提供したり、選択したメディアに話すことができる」と主張している8人のサードパーティの支持者がリストされている。 ファラの提出書類はまた、2010年に、チベットにおける中国の非常に批判された役割について米国の学童が教えられる方法に影響を与える方法を議論したことを示している。 BLJは、4つの高校の教科書のレビューを行った後、「チベット自治区内における中国の行動を守り、促進するために、強力で事実に反する対話を導入する」と提案した。
過去10年間で、クセフは、米国の公衆に影響を与える野心的な文化外交計画を打ち出し、その任務を拡大した。 2018年1月のメモによると、この計画の1つに、中国の「デトロイトで護湖(Gung-Ho)」と呼ばれる町を建設する計画が含まれていた。 このメモには、都市ブロック全体を再開発して、両国の設計要素を使って中国の革新を展示することが提案されています(予算は8〜10mです)。 このメモは、ガンホー共同体の進展が「米中関係の約束を生きるメタファー」として現実のテレビ番組を撮影することを示唆している。 デトロイトの悪質な状態を考えると、このメモは、「ニュースメディアがこのプロジェクトを批判するのは非常に難しいだろう」と結論づけている。
クセフは、その活動に関する質問に対し、「クセフは、米国と中国の人々の間のコミュニケーションと理解を高めるプロジェクトを支援してきました。 すべてのプログラムと活動は法律の枠組みの中で行われており、最高水準の誠実さを維持して業務を遂行することに全力で取り組んでいます。」BLJはコメントの要請に応えなかった。
中国のジャーナリストに対する積極的な求愛は、途上国からの記者のための長期プログラムを含む短期研修ツアーをはるかに超えている。 これらの動きは、2012年に設立された中国共産党外交協議会の後援で公式化された。目標は、5年間にわたる500人の中南米カリブジャーナリストと2020年までに1,000人のアフリカ人ジャーナリストの訓練である。
これらの制度を通じて、外国の記者たちは中国だけでなく、ジャーナリズムの観点から教育されている。 中国の指導者にとって、重要な報告や客観性などのジャーナリズム理念は、単に敵対的ではなく、存在する脅威となっている。 文書9として知られている政府の指令の1つは、西洋メディアの最終目標を「私たちのイデオロギーに浸透するための開口部を掘り起こす」ことを定義している。 ジャーナリズム的価値観のこの湾は、昨年発行された一連のCGTNビデオにさらに強調されました。中国の非ジャーナリストが「西洋のジャーナリズムの価値」によって「 洗脳された 」と非難した著名な中国ジャーナリストを特集しました。 ある新華編集長の羅淳(Luo Jun)は、検閲に賛成し、「私たちが報告したことに対して責任を負わなければならない。 それが検閲だと考えられているなら、それは良い検閲だと思う」
外相記者のためのフェローシップで、北京は若い世代の国際ジャーナリストの訓練に移っている。 このプログラムの現在の参加者は、フィリピンのジャーナリストGreggy Eugenio氏で、中国の巨大なグローバルインフラストラクチャプッシュであるBelt and Road Initiativeに参加している記者のための全費用支払メディア奨学金を終了しています。 Eugenioは、10ヶ月間、組織ツアーで中国を勉強したり、中国を旅行したり、国営テレビで6週間のインターンシップを行っています。 週2回、北京の人民大学で言語、文化、政治、ニューメディアのクラスに参加し、修士号取得に向けて取り組んでいます。
Eugenio氏は電子メールで、「このプログラムは、私が中国について知っていた多くの誤解に対して、私の心と心を開いています。 「私は、国有の政府メディアがジャーナリズムの最も効果的な手段の一つであることを学んだ。 中国のメディアは依然としてうまくいっていて、ここの人々は彼らの仕事に感謝しています」中国の時代には、国営フィリピン・ニュース・エージェンシーの話をしていて、来月に終了すると、フィリピンの大統領通信チーム、ロドリゴ・デュテテ氏。
一部のオブザーバーは、ロシアのRTとイランのプレスTVなどの権威主義宣伝ネットワークの拡大は、世界的なジャーナリズムにほとんど影響を及ぼさず、過大評価されていると主張する。 しかし、北京のプレーはより大きく、より多面的である。 家庭では、3つの巨大なラジオとテレビのネットワークを一体とした世界最大の放送事業者であるVoice of Chinaを設立しています。 同時に、改革派は、宣伝機関の責任を国家から共産党に移しており、それによってメッセージに対する党の統制が効果的に強化されている。 海外では、アナログからデジタル放送への移行を利用して、StarTimesのようなプロキシを使用して、新しいデジタルハイウェイを構築しながら、グローバルな電気通信ネットワークのコントロールを強化しています。 Freedom HouseのSarah Cook氏は次のように述べています。「情報フローの真の輝きは、すべてのコンテンツを制御しようとするのではなく、情報フローの鍵となるノードを制御しようとする要素です。 「今や脅威としては必ずしも明らかではないかもしれませんが、情報のノードを一度制御すれば、必要に応じて使用できます。
そのような露骨な力の展示は、主張の新しい気分を示しています。 他の多くの場合と同様に、情報戦では、ケ小平の有名な「あなたの力を隠し、あなたの時間を守ってください」という極限は終わっています。 世界第2位の経済として、中国は新しい世界的規模に見合った談話力が必要と判断した。 先週、米国の最も著名な中国の専門家のグループが、中国のより積極的な電力投機に対する懸念を表明した驚くべき報告を発表した 。 多くの専門家が数十年にわたり中国との関わりを促進してきたが、「中国の活動は幅広く、財源への投資の深さ、そして強さの観点から、今まで以上に精査が必要」と主張している。
北京とその代理店が手の届く範囲を広げるにつれて、彼らは競争を沈黙させる市場の力を利用している。 談話力は、中国のゼロサム・ゲームであり、北京にとって批判的な声は、選択されていないか、沈黙しているか、プラットフォームなしで放置されているか、北京自身の「借用」によって作られた積極的なメッセージングの海に溺れている"買った"ボート。 西側のメディア大手としての嘘つきのように、中国自身のメディア帝国主義が高まっており、最終的な戦いはニュース制作の手段ではなく、ジャーナリズム自体のためのものであるかもしれない。
支那は国外の報道機関を買収等して提携し自国に有利な情報を報じさせてるが、我が国に於いては此れは毎日新聞が担ってると云う記事をアメリカのガーディアンが報じた。
今更驚くべき事でも無いが、改めてアメリカが指摘すると非常に興味深くも恐ろしい。
とは云え名指しで此処迄言及するのは、相当に危険で在ると云う事を認識してるからに他為らない。
他にも在るのは明白だが、もっと言及して欲しかったと思うのが素直な思いで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]