冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年05月20日

毎日新聞の飛ばし記事。

* 「前の天皇陛下はいつも座ったまま」 宮内庁、毎日報道の首相発言を否定 「上皇さまの尊厳傷つけ、極めて非礼」 - 産経ニュース
 宮内庁の西村泰彦次長は20日の定例記者会見で、今月14日に安倍晋三首相が天皇陛下に行った「内奏(ないそう)」について、毎日新聞が16日付朝刊で報じた「前の天皇陛下はいつも座ったままだったが、今の陛下は部屋のドアまで送ってくださって大変恐縮した」とする安倍首相の発言について、「官邸に確認したが、首相はそのような発言をしていないと聞いている」と否定した。
 西村次長は、上皇さまの日ごろの対応から、退出する首相を座ったまま見送られることは「あり得えない」と言及。報道内容が「上皇陛下の尊厳を傷つけ、極めて非礼で遺憾だ」とする宮内庁の認識を示した。
 内奏では首相が国内外の情勢を陛下に説明するが、内容は非公開。毎日新聞は、安倍首相が14日夜、新元号発表に関わった官邸幹部らと会食した席での発言として報じた。
* 「上皇さま座って見送り」否定=宮内庁、報道に強く反発:時事ドットコム
 宮内庁の西村泰彦次長は20日の定例会見で、14日行われた天皇陛下への安倍晋三首相の「内奏」に関し、上皇さまが天皇だった時には座って首相を見送られていたとの一部報道について、「お座りのままお見送りしたということはあり得ないというのがわれわれの認識」と述べた上で、「上皇陛下に対して極めて非礼で尊厳を傷つける。宮内庁として極めて遺憾だ」と強く反発した。
 毎日新聞は16日付朝刊で、関係者の話として、首相が内奏に関し、「前の天皇陛下はいつも座ったままだったが、今の陛下は部屋のドアまで送ってくださって大変恐縮した」と話したと報道した。  西村次長は、官邸幹部にも確認したが、首相はそのような発言はしていないとのことだったと説明。ただ、毎日新聞社に個別に抗議することは考えていないという。

該当する毎日新聞の記事。

* 天皇陛下への「内奏」 野党が写真公表批判 「天皇の政治利用だ」 - 毎日新聞
 天皇陛下に対する安倍晋三首相の国政報告「内奏」の写真を宮内庁が14日に公表したことを野党が批判している。立憲民主党など主要野党の国対委員長は15日、国会内で会談し、「天皇の政治利用だ」との認識で一致した。
 首相は14日、皇居・宮殿で天皇陛下即位後初の国政報告を行った。内容は非公表。写真については、2013年12月に史上初めて公開されたが、この時は前の天皇陛下が80歳の誕生日を迎えられたのに合わせたもので、2カ月前に行った様子だった。即日の公表は異例だ。
 国民民主党の玉木雄一郎代表は15日の記者会見で「民主党政権でも内奏の中身について極めて慎重に、外に出さない対応をしてきた。首相官邸の指示だったのかどうか、経緯と事実を明らかにしないといけない」と述べ、政府に説明を求める考えを示した。共産党の穀田恵二国対委員長も「天皇が代わられた段階で、このように示すやり方は政治利用ではないか」と指摘した。
 一方、首相は14日夜、新元号発表に関わった首相官邸幹部らと会食。関係者によると、首相は「前の天皇陛下はいつも座ったままだったが、今の陛下は部屋のドアまで送ってくださって大変恐縮した」と話した。
安倍晋三内閣総理大臣の言葉として関係者が語ったとされる「内奏」での状況で、太上天皇陛下と天皇陛下との対応の違いを毎日新聞は報じたが、此の報じた内容は総理官邸では完全に否定された。
此の関係者が一体何処の誰なのか明確にする必要が在る。
宮内庁は内奏の写真を発表した事に対して、此の写真の公開に関して野党は皇室の政治利用だとして非難したが、毎日新聞も野党も共々皇室の政治利用をしてるのだと自覚しないから、尚更始末に負えない。
写真の公開の判断は宮内庁なのだから、文句を云うなら宮内庁にすべきで、総理官邸等にするのは筋違いで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:03 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]