冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年06月20日

タピオカの流行は虚構。

* 「貢茶」韓国法人、グローバル本社の買収へ - NNA ASIA・韓国・小売り・卸売り
台湾ティー専門店チェーン「ゴンチャ(貢茶)」を韓国で展開する貢茶コリアが、グローバル本社で台湾の貢茶国際股フン有限公司 を買収する。外食チェーンの韓国法人がグローバル本社を買収するのはスムージーキングコリアに次いで2例目。積極的な投資で世界的なブランドへの飛躍を目指す。
18日付韓国経済新聞によると、貢茶コリアは貢茶国際の大株主らと同株式100%を取得する内容の覚書(MOU)を結んだ。6月に本契約を結ぶ予定だ。買収価格は1,000億ウォン(約94億円)前後とされる。貢茶コリアは今後、世界19カ国・地域に約1,100店舗を持つ企業の本社として、投資を増やし、コーヒーチェーン「スターバックス」のような世界的なブランドに育てていく。貢茶コリア広報担当はNNAの取材に対し、「買収に向けた交渉をしているのは事実だが、詳細は説明できない」と話した。
貢茶コリアは2012年に韓国での版権を取得し設立され、新感覚の飲み物とデザートで若者の人気を集め、店舗を362店まで増やした。特にプライベート・エクイティ(PE)ファンドのユニゾン・キャピタルが14年に65%の株を取得し経営権を握ってからは、日本法人を設立するなど海外での店舗拡張に力を入れてきた。
このところPEファンドが保有するチェーン店の海外進出が目立つ。外食チェーン「ノルブ」は日本や中国に直営店をオープンし、香港や東南アジア進出も模索する。「ハリスコーヒー」はベトナムの1号店を皮切りに東南アジア攻略を狙う。
此処最近TVでは盛んにタピオカミルクティーの紹介をして流行してるかの如くの報道が在るが、裏を返せば実態は台湾の国際股フン有限公司が南朝鮮資本の貢茶コリアに買収される動きで在ったのだ。
こうした実態が有れば盛んに紹介した事も納得出来様。
我が国の放送局は南朝鮮絡みだと、流行して無い事でも流行してるかの如くの扱いを過去何度もしてるのは有名だ。
posted by 天野☆翔 at 16:20 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]