冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年10月19日

小泉進次郎に落胆させられる水俣病被害者。

* 小泉環境相に水俣病被害者が落胆 具体策なく「歯切れだけ」 | 共同通信
 小泉進次郎環境相は19日、水俣病犠牲者の慰霊式に出席した後、被害者団体と懇談した。「環境省は水俣病をきっかけに立ち上がった組織。心を砕いていく」と述べたが、具体的な施策に言及はなく、被害者側から「歯切れが良いだけ。何も言っていない」と落胆の声が相次いだ。
 懇談では、高齢化する被害者への福祉サービスの充実や、不知火海沿岸の住民の健康調査を求める意見が続出した。被害者の会の中山裕二事務局長(65)は「調査を求め続けたこの10年間に多くの人が亡くなった。環境省は被害者が死ぬのを待っているのか」と怒りをぶつけた。
水俣病に拠って亡くなられた方々を慰霊追悼する式典に参加した環境大臣の小泉進次郎は、被害者団体との懇談会に臨み環境省の設立の経緯に触れたが、中身は全く無く関係者を落胆させたと云う。
其れはそうで有ろう。
口当たりの良い事を並べ立てて居る上に何も実績を残せて無い人物で有り、マスメディアに元挙げられてるだけの人物なのだから中身は空虚なだけの存在でしか無い。
安倍晋三内閣総理大臣は何を意図しての抜擢なのかは不明だが、育てる意味が在るのなら良いがそうで無いのなら早々に更迭させるべきだ。
posted by 天野☆翔 at 23:16 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]