冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年11月09日

フランス外務省が南朝鮮への渡航注意喚起。

* [자막뉴스] “한국 갈 때 ‘물뽕’ 조심”…프랑스도 ‘골머리’ > 자막뉴스 > 국제 > 뉴스 | KBSNEWS
프랑스 외무부 홈페이지.
자국민들을 위한 해외여행 정보에서 '한국'을 선택하면 "물뽕을 조심하라"는 내용이 첫 페이지에 나옵니다.
지난주 업데이트된 이 정보란엔 홍대와 이태원, 강남의 클럽들에서 GHB, 일명 '물뽕'피해 사례가 다수 보고됐다며 범죄 위험에 주의하라고 돼 있습니다.
주로 술과 음식, 음료에 약물을 넣는 수법으로, 클럽 등엔 혼자 가지 말고 '잔을 잘 지키라'는 예방 수칙까지 나와 있습니다.
한국의 마약과 성범죄 사건, 특히 버닝썬 사태를 프랑스 언론들도 자세히 보도했고 '전염병 수준'이라는 물뽕, 몰카 피해에 대해 프랑스 정부가 자국 여행객들에게 사전 경고에 나선 겁니다.
하지만 GHB 등 급증하는 신종마약류 피해는 프랑스라고 예외가 아닙니다.
지난해 3월엔 파리의 클럽에서 물뽕의 원료를 마신 20대 두 명이 혼수상태에 빠졌다 결국 한 명이 숨졌고, 두 달 전에도 20대가 엑스터시 과다 복용으로 사망했습니다.
[프랑스 방송 보도 : "파리에서 혼수상태에 빠지는 사고는 3년 동안 세배가 늘었습니다. 신종 마약은 비싸지 않고 쉽게 구할 수 있습니다. 1주일에 여러번 GBL(물뽕 원료)을 마시는 한 청년은 인터넷 클릭 몇 번이면 구매합니다."]
물뽕 때문에 이곳 파리에서만 한해 50명에서 100명이 혼수상태에 빠지고, 특히 십 대에서 이 십대 초반 피해자가 급증하고 있습니다.
한국에 '물뽕 주의보'를 올린 프랑스 역시 신종 마약류 피해로 골머리를 앓고 있습니다.
* Google 翻訳
フランスの外務省のホームページ。
自国民のための海外旅行情報の「韓国」を選択すると、「ムルポンを用心」という内容が最初のページに表示されます。
先週更新された情報とは弘大とイテウォン、江南のクラブでGHB、別名「ムルポン」被害事例が多数報告されたと犯罪リスクに注意するようになっています。
主にお酒と食べ物、飲み物に薬物を入れる手法で、クラブなどの円だけで行っていない」杯をよく守れ」は予防のヒントまで出ています。
韓国の薬と性犯罪事件は、特にバーニングサン事態をフランスのマスコミも詳しく報道した「伝染病水準」というムルポン、盗撮被害について、フランス政府が自国の旅行者に事前警告に出たのです。
しかし、GHBなど急増する新種の麻薬被害は、フランスと例外ではない。
昨年3月にパリのクラブでムルポンの原料を飲んだ20代の二人昏睡状態に陥った、最終的に一人亡くなり、二ヶ月前にも20代エクスタシーの過剰摂取で死亡しました。
[フランス放送報道:「パリで昏睡状態に陥る事故は3年間のトリプルが増えました。新型薬は高くない、簡単に入手することができます。1週間に何度もGBL(ムルポン原料)を飲むした青年は、インターネットを数回クリックであれば購入します。」]
ムルポンため、ここパリでのみ限って50人から100人が昏睡状態に陥っては、特に十代で、10代の前半被害者が急増しています。
韓国に「ムルポン注意報」をあげたフランスのも新型麻薬被害に頭を痛めています。
フランスの外務省の公式サイトに南朝鮮に関する記述の中で、酒の中に薬を盛り強姦されると云う事案が確認されると南朝鮮メディアのKBSは此れを報じた。
フランス外務省は殊に女性に対して注意喚起を促した。
こうした実態は日常的に行われて居り、女性の旅行は極めて記念で在る事が改めて確認される事案だ。
尤も、酒も薬も無関係で強姦する事件も多発してるのだから、酒の席以外でも警戒しなければ為らないのは云う迄も無かろう。
性犯罪大国の南朝鮮に女性は渡航するなと云う事をフランスは警告してるので在る。
posted by 天野☆翔 at 16:16 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]