冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年12月07日

人工多能性幹細胞事業支援継続確定。

* iPS備蓄事業、支援継続 予定通り22年度まで―科技相:時事ドットコム
 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の備蓄事業を進めている京都大iPS細胞研究所に対し、政府が支援を打ち切る可能性を内閣官房の担当者が伝えていたことについて、竹本直一科学技術担当相は6日の閣議後記者会見で、当初の計画通り2022年度まで支援を続ける考えを示した。
 竹本科技相は「少し別の動きもあったという話は聞いているが、当初の予定通りやることになった」と述べた。  12年の山中伸弥・京大教授のノーベル賞受賞を受け、政府は22年度までの10年間で再生医療の研究開発に1100億円以上を投じると決定。文部科学省が同研究所に年27億円を支出し、うち10億円程度が備蓄事業に充てられていた。だが、内閣官房の官僚が今夏、備蓄事業への支援を打ち切る可能性があると、研究所の所長を務める山中教授に伝えていた。
京都大学校教授の山中伸弥氏に対して内閣官房の官僚が支援打ち切りを伝えたとする報道に対して、竹本直一科学技術担当大臣は、此の事実を否定し事業への支援を継続する考えを記者会見の中で表明した。
我が国の医療に取って必要不可欠の研究に支援打ち切りとは極めて由々しき事態で在ったが、此の表明で杞憂に終わったのは非常に良かった。
posted by 天野☆翔 at 00:00 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]