冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年09月17日

北朝鮮のミサイルよりもオスプレイを不安視する日刊ゲンダイ。

* 北ミサイル発射で危機煽り 日本メディアはまるで従軍報道|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL
「北朝鮮がこの道をさらに進めば明るい未来はない」。15日早朝、弾道ミサイル1発をブッ放した北朝鮮に対し、強気の姿勢を見せた安倍首相。最も冷静になるべき国のトップが、感情ムキ出しで「戦意高揚」とも受け取られかねない発言をしているのだから呆れるばかりだが、そんな安倍以上に前のめりになっているのが日本のメディアだ。
 大体、北のミサイルが「日本の上空を通過」と騒いでいるが、高度800キロは宇宙空間と変わらないし、落下場所は日本列島から2200キロも離れているのだ。国民にとっては、どこを飛んでいるのかさえも分からないミサイルの脅威よりも、しょっちゅう墜落している米軍輸送機のオスプレイの飛行コースの方が切実な問題だ。それなのに、NHKも民放も、同じ映像を繰り返し流して「北のミサイル」危機を報じていた。大新聞も似たり寄ったりで煽っていたからどうかしている。
メディアが政府と一体化して北朝鮮の敵対感情を刺激しまくってどうするのか。行き着く先は「戦争」しかないだろう。米国の政治学者、故ハロルド・ラスウェル氏は〈(戦争は)ニュースのネタを供給するだけでなく、需要も生み出す。新聞はそのプラカードに売り上げを増大させてくれる『偉大な戦争』と掲げるしかない〉と皮肉っていたが、カネもうけのために安倍政権と二人三脚で北朝鮮危機を叫んでいるとしたら言語道断だ。
■「明るい未来がない」のは日本国民
 そもそも、安倍は対北朝鮮について「圧力強化で米国と完全に一致」とか言っているが、米国の本心は極めて疑わしい。「真珠湾の真実 ルーズベルト欺瞞の日々」(文芸春秋)によると、ルーズベルト大統領はヨーロッパ戦線の参戦に反対する国民を一致団結させるため、日本を挑発して真珠湾攻撃に追い込み、開戦の道を開いた――という。真偽は不明だが、支持率低迷にあえぐトランプ政権が北朝鮮を挑発し、日本、韓国を攻撃させ、それを口実に開戦して求心力を回復――なんてシナリオを描いていても不思議じゃない。
だからこそ、日本メディアには冷静さが求められるのに、そんな姿勢はてんでない。
 2015年に韓国の国立ソウル大法科大学主催の「鶴峰賞」を受賞した論文「日本人従軍記者の韓国戦争報道とその性格」(米津篤八著)では、米軍の検閲下で朝鮮戦争を取材した日本の従軍記者が、米軍のヨイショ記事ばかり書いていた事実を明らかにしているが、今の大新聞・テレビも従軍報道と同じだ。
「米国に対抗するために発射された弾道ミサイルについて、なぜ日本メディアが大騒ぎする必要があるのか。北の脅威を煽るほど、米国は武器を日韓に売りつけることができ、安倍政権の支持率も安泰――。日米ともに、そんな思惑で一致しているのでしょうが、今こそ冷静に考えるべきです」(元外務省国際情報局長の孫崎享氏)
 メディアが安倍政権の暴走を許せば「明るい未来がない」のは日本国民だ。
オスプレイは飽く迄輸送機で遭って而も頻繁には墜落事故を起こさない機体なのに、此れを北朝鮮のミサイルよりも不安視するのは一体何事かと。
オスプレイで助けられた被災地の人達への侮辱にも為ると云う事を自覚しない。
北朝鮮の軍事的脅威は周辺諸国の脅威に為るのだから、此れを徹底的に糾弾補班しなければ為らないのに、政権批判するのは本末転倒で言語道断。
お前等は特定アジアの犬でしか無いと云う良い証左で在る。
posted by 天野☆翔 at 22:33 | Comment(0) | Unclassified | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

人民解放軍創設九十周年を南モンゴルで実施。

* 習近平国家主席、中国軍創設90年で閲兵 権威誇示狙い - 産経ニュース
中国の習近平国家主席(共産党中央軍事委員会主席)は30日午前(日本時間同)、人民解放軍の創設90周年を記念し、内モンゴル自治区の基地で閲兵した。
 中国国営新華社通信によると、8月1日の建軍記念日に合わせて閲兵式を実施するのは1949年の共産党政権発足以来、初めて。指導部メンバーが大幅に入れ替わる5年に1度の党大会を秋に控え、習氏が軍掌握を確実にしていることを国内外に誇示する狙いがある。
内モンゴル自治区と曰ってるが、実態は南モンゴルでモンゴルの土地で在り、支那は此のモンゴルの土地を略奪し、此処で人民解放軍の創設九十周年の式典を実施すると云う呆れた実態には辟易する。
どの面下げて平然と他国の土地で式典を実施出来るのか、其の意識を大いに疑う。
posted by 天野☆翔 at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Unclassified | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

南朝鮮がTHAADの運用を余儀無くされる。

* 【北ミサイル】(動画あり)韓国、THAADを本格運用へ 米韓両軍は弾道ミサイル発射で威嚇(1/2ページ) - 産経ニュース
米韓両軍は北朝鮮の弾道ミサイル発射に対抗し、約6時間後の29日午前5時45分(日本時間同)ごろ、韓国東海岸側で弾道ミサイルの発射訓練を行った。北朝鮮への威嚇が狙い。
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は同日未明に国家安全保障会議(NSC)を招集した。大統領府によれば、文氏は「北東アジアの安保構図に根本的な変化をもたらす可能性がある」と指摘。韓国独自の対北制裁を検討するよう指示した。
 また、文氏は韓国で配備が始まった米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備済みの2基からの増強を米国側と協議するよう指示。韓国軍は在韓米軍に保管中の4基を追加配備することを発表した。
 文政権は北朝鮮に対し、軍事境界線付近での緊張緩和に向けた軍当局間会談と、離散家族再会事業の実施についての赤十字会談開催を求めてきた。しかし、北朝鮮はこれには応じなかった。
 文大統領はTHAADの配備地に対する一般環境影響評価(アセスメント)を行う方針を示し、韓国国防省は28日、環境アセスの実施を正式に発表したばかり。評価には、1年以上かかる見通し。国防省は評価結果に従ってTHAAD配備の完了の可否を決めるとし、本格運用の開始は来年以降にずれ込むことが不可避だった。
北朝鮮のミサイル発射で手詰まり状態に追い込まれた文氏は、対北対話やTHAADの運用先延ばしなどする余裕がなくなった。「臨時的」とはいえ、文氏がTHAAD増強と本格運用や韓国独自の制裁の検討を指示したことがそれを示している。
 一方、北朝鮮の今回のミサイル発射についての発表だけでなく、韓国はNSCの招集も日本政府に後れをとった。週末の深夜に不意を突かれた面もあるが、対応の甘さも指摘されている。
* 韓米両軍が合同ミサイル演習 韓国東部の日本海側で - YouTube
予てから南朝鮮は親北政策を取って来て其の結果、北朝鮮に付け入る隙を与えて来た。
此の中でTHAADが配備される地域の一般環境影響評価を実施する事で先延ばしを図って来たが、現実は甘くは無く前倒しせざるを得ない状況に追い込まれた。
此れも日和見の情勢が招いた結果でも在る。
南朝鮮は最初から方針を誤ってたのです。
posted by 天野☆翔 at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Unclassified | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

山口二郎よお前は公人の意味を理解しない。

* 【蓮舫氏「二重国籍」問題】山口二郎法政大教授が戸籍開示を批判 「基本的人権の問題として疑問」 - 産経ニュース
山口二郎法政大教授は20日夜のBSフジ番組で、「二重国籍」問題に絡んで自身の戸籍謄本の一部を開示した民進党の蓮舫代表を重ねて批判した。「大変悪い前例になる。プライバシー、基本的人権の問題として今回の判断については疑問を持っている。政治家として原理原則に基づいて『個人情報は守る』という対応をしてほしかった」と語った。
 山口氏はこれまでもツイッターで「公的な活動、発言をするときに、自分は真正な日本人であることをいちいち挙証しなければならないなんて全体主義国家だ」などと持論を訴えていた。
 一方、番組で共演した連合の神津里季生会長は、蓮舫氏の判断について「尊重し、重く受け止めたい。誰よりも日本人であることの意味を深く考えているのが蓮舫氏ではないか」との認識を示した。
蓮舫の戸籍謄本開示の動きでプライバシーだの基本的人権だのと曰って批判してるが、公人にはプライバシーは基本的には存在せず、又、基本的人権と曰ってるが公職選挙法違反の疑いが在る以上は開示しなければ為らないのだ。
曲がり為りにでも大学教授なのだから、こんな最低限度の常識すらも持ち合わせて居ないのならば、社会人としても教授としても失格で在るのだ。
もう黙ってろと云いたいですな。
posted by 天野☆翔 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Unclassified | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

北朝鮮に拘束されて居た大学生が逝去。

* 【北朝鮮情勢】昏睡状態で解放の米大学生ワームビア氏が死亡 トランプ大統領「残虐な体制」と北を非難  - 産経ニュース
米主要メディアによると、北朝鮮当局に約17カ月間にわたって拘束された後、今月13日に昏睡状態で解放された米国人大学生、オットー・ワームビア氏(22)が19日、米中西部オハイオ州シンシナティ市内の病院で死亡した。
 ワームビア氏の家族は病院を通じて声明を発表し、「残念ながら、息子が北朝鮮(の当局者ら)から、あのような凄惨で拷問のような虐待を受ければ、私たちが本日経験したような結末になることは当然だった」と述べ、北朝鮮の金正恩体制に対する強い怒りをにじませた。
 声明によれば、ワームビア氏が13日に帰国した直後は「会話ができず目も見えず、言葉での呼びかけにも反応せず、苦悶している様子だったが、その日のうちに、帰国したのを察知したかのような、穏やかな表情になった」という。
 病院は15日の記者会見で、ワームビア氏の脳組織が広範囲にわたって壊死し、「無反応覚醒」の状態にあると発表していた。
 トランプ米大統領は19日、声明を発表し、ワームビア氏の家族への「深い哀悼の意」を表明。また、トランプ氏は声明とは別に、記者団を前に北朝鮮を「残虐な体制だ」と非難した。
 ティラーソン国務長官も同日、声明で「北朝鮮にワームビア氏の不当な拘禁に対する責任を取らせる」と述べるとともに、現在も北朝鮮に拘束されている米国人3人の解放を要求した。
北朝鮮で拘束中での拷問が起因で脳細胞の壊死が確認され開放された大学生が、アメリカに帰国直後に逝去されました。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
此の案件で北朝鮮はアメリカに対して介入の隙を与えて仕舞った事を後悔するが良いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Unclassified | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

連合国を舞台に日本弁護士連合会と民進党が政府批判。

* ケナタッチ文書は日弁連幹部から民進に譲渡? 公開前に党会議で配布 連携して政権攻撃か(1/2ページ) - 産経ニュース
プライバシーに関する国連特別報告者のケナタッチ氏が5月22日付で日本政府に反論した文書をめぐり、日本弁護士連合会(日弁連)の「共謀罪法案対策本部」副本部長を務める海渡雄一弁護士が同文書を受け取った直後に民進党に渡していた疑いがあることが17日、分かった。民進党関係者が明らかにした。
 海渡氏は5月23日の記者会見で文書を公開したと説明していたが、その前に海渡氏と民進党が連携し、文書を政権攻撃の材料に利用した実態が浮かび上がる。
 5月22日付のケナタッチ文書は、今月15日に成立した「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法について「法案を性急に成立させることを愚かにも決定した」と批判した。海渡氏は産経新聞の取材に対し、文書を5月23日の記者会見で公開したとし、民進党に渡したかどうかについては「質問に意味はない」と明確な回答を避けていた。
 しかし、海渡氏が記者会見した23日午後0時半よりも前の同日午前9時に開かれた民進党法務部門会議で、文書はすでに配布されていた。民進党ネクスト法相を務める有田芳生参院議員は文書の入手経路について産経新聞の取材に「海渡氏からではないか。(文書は)民進党事務局から出された。直前に示されて、こういうものがあるんだと思って5月23日の法務部門会議で出した」と証言した。
一方、同党政務調査会は「資料の入手元は明らかにできない」と回答した。海渡氏も産経新聞の再取材に「前回の質問にお答えしたとおりで、付け加えることはありません」とだけ答え、文書のルートに関しては明言しなかった。
 国連特別報告者は政府に情報収集を求める権限を有するが、ケナタッチ氏は日本政府に問い合わせることなく一方的に5月18日付で改正組織犯罪処罰法を批判する書簡を送付した。22日付文書は、ケナタッチ氏本人から日本政府に直接届けられていない。
日本弁護士連合会は組織犯罪処罰法の改正案に強行的に反対してたが、ジョセフ・ケナタッチ報告者の活動実態でも同法案には足並みを揃える動きで在った。
此処に民進党が其の政府への反論の文書が事前に渡ってた事実が明らかに成り、報告者の動きを助長した。
此の文書を入手し譲渡したのは海渡雄一だが、福島瑞穂の旦那で在り、根幹を辿れば反日売国奴のお仲間で在る。
社会民主党共々、此の動きを手助けしてた事に成るので、完全に内政干渉を幇助して居ます。
こんな事は絶対に認めては為らず言語道断で在る。
posted by 天野☆翔 at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Unclassified | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

加計学園問題は最早終了。

* 「加計で閉会中審査を」と民進、なおも加計学園を追及の構え 自民・下村博文氏「今の段階では考えていない」 - 産経ニュース
与野党は18日のNHK番組で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り討論した。民進党の野田佳彦幹事長ら野党側は疑問点が多く残るとして通常国会が同日閉会した後の閉会中審査を要求した。自民党の下村博文幹事長代行は「新たな問題があれば拒否するつもりはない」と指摘。その後、都内で記者団に「今の段階では考えていない」と語った。
 番組で野田氏は、国家戦略特区制度が活用された経緯を踏まえ「行政手続きが公正だったかが問われている」と問題視。共産党の小池晃書記局長は「安倍晋三首相出席の閉会中審査は絶対に必要だ」と強調した。公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は「国家戦略特区諮問会議の民間議員は、首相の意向はなかったと言っている」と訴えた。
 下村氏は、加計問題の記録文書の調査結果が文部科学省と内閣府で食い違ったことに関し「文部科学省は既得権益を守り、内閣府は規制に穴をあける立場だ。違いは当然だ」と主張した。
* 【加計学園問題】民進・蓮舫代表、前川喜平氏の証人喚問を重ねて要求 「立証責任は与党にある」  - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表は18日、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画に関連し、前川喜平前文部科学事務次官の証人喚問の要求を重ねて示した。その上で、自民党の下村博文幹事長代行が同日のNHK番組で証人喚問は不要との認識を示したことに対し、「許し難い。立証責任は与党にある」と批判した。東京都内で記者団に語った。
野党四党は国会の閉会中で在っても閉会中審査を求めてるが、そもそも国家戦略特区の意味を考えたら、内閣府と文部科学省の間で見解の相違が在るのは当たり前で、規制緩和を図る内閣府と規制緩和反対の文部科学省の立場は最早明白。
此の問題の一番肝心な事は、内閣府が国家戦略特区での獣医学部新設を公募した処に、民主政権以前から動いてた愛媛県と加計学園が働き掛け、様々な案件を勘案した結果決定方向に動いたに過ぎず、最初から安倍晋三氏の意向が介在した訳では有りません。
拠って、マスメディアや野党四党の主張する案件は全くの筋違いで問題視する事自体が間違いで在る。
posted by 天野☆翔 at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Unclassified | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

マティス米国防長官の演説に支那が反発。

* 【緊迫・南シナ海】中国がマティス国防長官演説に反論 「航行の自由作戦は軍事活動だ!」 台湾との関係強化にも反発 - 産経ニュース
中国人民解放軍シンクタンク、軍事科学院の何雷副院長は3日、シンガポールで緊急記者会見し、アジア安全保障会議でマティス米国防長官が南シナ海の軍事拠点化を進める中国をけん制、台湾との関係強化に言及したとして強い不満を表明した。米軍による南シナ海での「航行の自由」作戦は「軍事活動」として断固反対する考えも示した。何副院長は会議に参加する中国代表団のトップ。
 マティス氏は3日午前の演説で、「台湾が必要とする防衛装備品を供与するため、台湾政府と引き続き協力していく」と述べた。会見は演説に反論するため、急きょ設定された。何氏は「台湾への武器売却や、政府名義の台湾とのいかなる接触にも断固反対だ」と警戒感をあらわにした。
 米軍の「航行の自由」作戦を巡っては、何氏は「中国の島々の付近の海域や上空で、米軍は軍機や軍艦で偵察や軍事活動を行っている」と強調した。
* 【トランプ政権】マティス国防長官、北朝鮮は「地域最大の脅威」 米国は「太平洋国家」と言明 アジア安保会議で演説 - 産経ニュース
マティス米国防長官は3日午前、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議(シャングリラ対話)で演説し、オバマ前米政権と同様に米国は「太平洋国家」だという立場を示し、日本を含むアジア太平洋地域の同盟国などとの関係を強化すると表明した。核・ミサイル開発を進める北朝鮮は、地域で最大の脅威であると指摘した。
 北朝鮮については、トランプ政権が従来の「戦略的忍耐」から姿勢を転換したと強調。影響力を持つ中国に、朝鮮半島の非核化に向けた「有言実行」を求めた。また、同盟国である日本や韓国の防衛について「断固とした決意」を語り、米国の防衛力も強化していく方針を示した。
 中国については、国際法の順守を要求。南シナ海での人工島の軍事拠点化は、「地域の安定をむしばんでいる」と批判した。中国の南シナ海の開発は、国際法を無視している点で、周辺国の開発とは異なるとの見方を示した。
 米国の軍事協力では台湾に言及し、「台湾海峡の両岸」のどちらについても、平和的な問題解決を支持するという米国の姿勢を繰り返した。
 過激派対策では、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)を支持する戦闘員らの掃討を続けるフィリピンなど、東南アジア諸国と連携するとして協力を呼びかけた。
アメリカは海洋覇権に基づく海洋進出での領土化を目指す支那の動きに対して、航行の自由作戦や台湾との軍事協力に言及した。
此の言及に対して支那は猛反発したが相当に困って居る様子で、九段線や九二共識への最大の脅威になってるのでしょう。
此の傾向は非常に良い事で支那を此れ以上増長させては為らないのは云う迄も無く、此れを牽制する意味でも成果は在った。
posted by 天野☆翔 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Unclassified | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

人民軍創建八十五年の本日は北朝鮮で過去最大規模演習。

* 【北朝鮮情勢】朝鮮人民軍創建85年記念日、南東部で過去最大規模の砲撃訓練 韓国メディア報道 日米韓は核実験など警戒(1/2ページ) - 産経ニュース
北朝鮮は25日、朝鮮人民軍の創建85年の記念日を迎えた。軍創建記念日の大型行事は予告されていないが、記念日に遭わせて北朝鮮が6回目の核実験や弾道ミサイル発射を強行する可能性があり、日米韓では警戒を強めている。
 韓国の聯合ニュースは同日、韓国政府筋の話として、北朝鮮がこの日、南東部にある元山(ウォンサン)一帯で過去最大規模の火力訓練を行っていると報じた。金正恩(キムジョンウン)委員長が視察する中、長距離砲などを大量に動員した訓練だという。韓国国防省は確認中という。
 トランプ米大統領は23日(日本時間24日)、安倍晋三首相と中国の習近平国家主席と相次ぎ電話会談を行い、北朝鮮に挑発行動自制を強く要めていくことで一致した。
 北朝鮮は、トランプ氏が軍事力行使を含む「全ての選択肢」を視野に入れていることに過敏に反応している様子だ。北朝鮮は24日、平壌で軍創建記念の中央報告大会を開き、「敵が軍事的冒険に出ようとすれば、先制核攻撃で侵略の牙城を完全に消し去る」などと米国を牽制した。
米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイトでは、北朝鮮北東部・豊渓里(プンゲリ)の核実験場はいつでも実施できる状態であると分析されている。米韓は今月末までの予定で、野外機動訓練「フォールイーグル」を継続しているが、米韓の合同軍事演習中に北朝鮮が核実験を行った例はない。
 北朝鮮は今月15日には故金日成(キムイルソン)主席の生誕105年を祝い、海外メディアなどを迎え入れ平壌(ピョンヤン)で大規模な軍事パレードを行った。
北朝鮮は本日人民軍創建八十五年を迎えたが、記念日に併せて軍事的挑発を過去何度も繰り返し、弾道ミサイル射出や核実験をして来ました。
本日は同じ状況に成るか、化学兵器や核弾頭を搭載した弾道ミサイル射出の懸念が在ったが、結果は過去最大級の軍事演習をしただけに終わった。
然し、今後も何をしでかすのかは全く不透明なので、注意警戒を怠らない様にしたい。
posted by 天野☆翔 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Unclassified | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

四月に入りました。

今年も早くも四月に突入しました。
四分の一が経過し、今年度の平成二十九年の始まりです。
月日が過ぎ去るのは本当に早いものです。
posted by 天野☆翔 at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Unclassified | 更新情報をチェックする