冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年11月11日

中山仁氏逝去。

* 中山仁さんが死去、77歳 肺腺がんで 「サインはV」鬼コーチ役/芸能/デイリースポーツ online
 ドラマ「サインはV」での鬼コーチ役で知られた俳優の中山仁(本名・中山仁平)さんが10月12日に亡くなっていたことが11日、所属事務所から発表された。77歳。肺腺がんだった。故人の遺志により、葬儀、お別れ会を行うことはせず、逝去の公表も控えていたという。
 亡くなって1カ月たったこの日、遺族と相談の上で報告するに至ったことも説明している。
 中山さんは早稲田大学政経学部を中退し、1965年、文学座養成所入り。その後、劇団「NLT」を経て、68年、三島由紀夫氏らと浪漫劇場を設立し、70年の解散まで所属した。彫りの深い上品な顔立ちでの二枚目で、「七人の刑事」などのドラマや映画、舞台に幅広く活躍した。「コンタック」CMでのコミカルな役柄でも注目された。
俳優の中山仁氏が肺腺癌の為七十七歳で亡くなってた事が判明しました。
独特の雰囲気で渋い演技をしたかと思えば軽快な役柄も熟す等、其の活躍は幅広かっただけに非常に残念で為らない。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 15:48 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

緒方貞子氏逝去される。

* 緒方貞子さん死去=元国連難民弁務官、92歳:時事ドットコム
日本人として初めて国連難民高等弁務官を務め、アフガニスタン支援首相特別代表や国際協力機構(JICA)理事長を歴任した緒方貞子(おがた・さだこ)さんが死去したことが29日、分かった。92歳だった。
 1927年東京生まれ。外交官の父親を持ち、幼少期を米国や中国などで過ごした。犬養毅元首相は曽祖父に当たる。聖心女子大卒業後、米ジョージタウン大で修士課程、米カリフォルニア大バークレー校で政治学の博士課程修了。国際基督教大准教授や上智大教授を歴任した。日本での模擬国連活動の創始者でもある。  市川房枝参院議員(当時)の誘いで、国連総会の日本政府代表団に参加したのを機に国連での仕事に関わるようになり、76年、日本人女性として初めて国連日本代表部公使に就任。国連人権委員会(2006年人権理事会に改組)日本代表なども務めた。
 91年、女性また学者出身者として初となる国連難民高等弁務官に就任。冷戦終了直後で宗教や民族間の対立が激化する局面での難民支援機関トップ就任だった。
 湾岸戦争に伴うクルド難民の対処では、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の保護対象ではなかった国内避難民の支援を決断。ボスニア紛争やルワンダ虐殺で発生した難民の支援にも当たった。  00年に高等弁務官退任後は、アフガニスタン支援首相特別代表などを歴任し、03年、外務省OB以外として初めてJICA理事長に就いた。高等弁務官時代に感じた人道支援と復興支援とのギャップを踏まえ、復興支援の迅速化に力を注いだ。JICA理事長を12年に退任後はJICA特別顧問を務めた。03年に国際貢献が評価され、文化勲章を受章した。
日本人としても女性としても初めて連合国の難民高等弁務官に就任し、其の手腕を大いに発揮した氏が逝去された。
死因は不明で在るが、非常に残念で為らない。
様々な活動を通じて難民問題に取り組んで来ただけに、惜しい方を亡くして仕舞いました。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 16:02 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

八千草薫氏逝去。

* 女優・八千草薫さん死去、88歳=ドラマ「岸辺のアルバム」:時事ドットコム
 戦後の復興期から活躍し、映画「宮本武蔵」やテレビドラマ「岸辺のアルバム」など数々の作品で知られる女優の八千草薫(やちぐさ・かおる)さんが24日、膵臓(すいぞう)がんのため東京都内の病院で死去した。88歳だった。大阪市出身。葬儀は近親者で済ませた。
* 女優の八千草薫さん死去 - 産経ニュース
 テレビドラマ「岸辺のアルバム」などで知られる女優の八千草薫(やちぐさ・かおる、本名・谷口瞳=たにぐち・ひとみ)さんが死去したことが28日、分かった。88歳だった。大阪市出身。
 昭和22年、宝塚歌劇団に入団。26年に映画「宝塚夫人」で脇役としてスクリーンデビュー。清楚で愛らしい雰囲気が人気を呼び、三船敏郎主演「宮本武蔵」(稲垣浩監督、29年)のお通役や、30年の日伊合作「蝶々夫人」のヒロイン役に抜擢(ばつてき)され、注目を浴びる。32年に歌劇団を退団し、映画監督の谷口千吉氏と結婚。
 その後、「男はつらいよ・寅次郎夢枕」「田園に死す」「ハチ公物語」などに出演するが、活動の主軸はテレビドラマだった。駐在所の巡査の妻を演じた「うちのホンカン」(50年、倉本聰脚本)など良妻賢母の役が強かったが、「岸辺のアルバム」(52年、山田太一脚本)では不倫に走る妻を演じ、自らのイメージの幅を広げた。やることなすことピント外れの長女を演じた「ちょっとマイウェイ」(54年)や、父をめぐる四人姉妹の葛藤(かっとう)を描いた「阿修羅のごとく」(55年、向田邦子脚本)の二女役などで好評を得た。最近も平成18年のドラマ「白夜行」などに出演していた。
 9年に紫綬褒章、15年には旭日小綬章受章。
 八千草さんは今年2月、がんを患っていることを所属事務所が公表。昨年1月に膵臓(すいぞう)がんの手術を受けたが、今年に入って肝臓にもがんが見つかった。このため、出演予定だったテレビ朝日系のドラマ「やすらぎの刻(とき) 道」のヒロイン役を降板し、出演が内定していた他の作品も辞退。治療を続けていた。
多数の作品に出演し其の人柄が活かされた配役で独自の演技でお茶の間を魅了した氏が、膵臓癌の為に逝去されました。
又一人昭和の名優が鬼籍に入って仕舞いました。
非常に残念で為りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 16:31 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

佐藤しのぶ氏逝去される。

* 日本を代表するソプラノ歌手、佐藤しのぶさん死去…61歳 : エンタメ・文化 : ニュース : 読売新聞オンライン
 日本を代表するソプラノ歌手の佐藤しのぶさんが9月29日に死去した。61歳だった。葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れの会を開く予定。夫は指揮者の現田茂夫さん。
 東京都出身。国立音大卒業後、イタリア・ミラノに留学。華麗な舞台姿と美声で人気を集めた。1998年のウィーン国立歌劇場での「蝶々夫人」を始めドイツ・ケルン市立歌劇場やベルリン・ドイツ・オペラなどヨーロッパの主要歌劇場で主役を歌った。
 日本人になじみが薄かったオペラを広く紹介することに力を入れた。87年から4年連続でNHK紅白歌合戦に出場。毎年5月の「母の日」に合わせてコンサートを開いたほか、著書「歌声は心をつなぐ」などを出した。
 9月には、千葉、大阪などでのコンサートへの出演を、体調不良のため取りやめると発表していた。
国内外で精力的にオペラ活動を実施し我が国にオペラの魅力を伝えた氏が、逝去してた事が判明したが、其の死因は全くの不明で在る。
声楽家として幅広く活動してただけに非常に残念で為らない。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 16:07 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

安部譲二氏逝去。

* 作家の安部譲二さん死去=「塀の中の懲りない面々」など、82歳:時事ドットコム
 刑務所内での生活体験を基に描いた自伝的小説「塀の中の懲りない面々」で知られる作家の安部譲二(あべ・じょうじ、本名直也=なおや)さんが2日午前1時18分、急性肺炎のため東京都内の自宅で死去した。82歳だった。東京都出身。葬儀は近親者のみで済ませた。喪主は妻美智子(みちこ)さん。
 1986年のデビュー作「塀の中の懲りない面々」は翌年映画化されたほか、2005年には原作を担当した漫画「RAINBOW−二舎六房の七人−」が小学館漫画賞を受賞した。暴力団組員から日本航空の社員になるなど異色の経歴を持つことでも知られ、俳優やタレントとしても活躍した。
暴力団組員から日本航空の社員に為る等異色の経歴を持ち、自らの受刑体験を元にした小説「塀の中の懲りない面々」で一躍有名に為り数々の作品を発表した氏が急性肺炎の為逝去されたと云う。
享年八十二歳で在った。
其の独特の声色と話し振りで独自の立ち位置を築き、お茶の間を賑わしただけに非常に残念で為らない。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 17:01 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

松下治英氏が逝去された。

* 元飛行編隊長の松下治英氏が死去 1964東京五輪開会式で飛行 | 共同通信
 1964年東京五輪の開会式で、航空自衛隊アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の編隊長を務めた松下治英(まつした・はるひで)氏が5月28日、肝臓がんのため千葉県内の病院で死去していたことが28日、分かった。87歳。東京都出身。自宅は千葉県成田市。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長男浩(ひろし)氏。
 ブルーインパルスは国立競技場の上空に五輪マークを描き、松下氏は青色を担当した。
我が国で1964年に開催された東京五輪の開会式で、ブルーインパルスに搭乗しオリンピックの意匠を上空に描いた編隊長を努めた氏が逝去してた事が判明しました。
来年の開会式で此れと同じ事がされるのかは不明だが、此の日を迎えたかった事だろう。
非常に残念で為らない。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:57 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

天野之弥氏が逝去された。

* 天野IAEA事務局長が死去、72歳=「核の番人」日本人初のトップ:時事ドットコム
国際原子力機関(IAEA)は22日、天野之弥事務局長が死去したと発表した。72歳だった。死因は明らかにされていない。天野氏は2009年に「核の番人」であるIAEAのトップに日本人として初めて就任。3期目の任期を21年まで残していた。
 天野氏は昨年秋に手術を受けて一時職務を離れた後、6月の理事会に出席し、記者会見も行っていた。しかし先週、健康上の理由で来年3月までに辞任することを検討していると伝えられ、健康不安が指摘されていた。  IAEAによると、天野氏は理事会に辞意を伝えるため準備していた書簡に「過去10年、IAEAは加盟国と職員の支持のおかげで、核の平和利用に向け具体的成果を残すことができた」と謝意を表す言葉を盛り込む意向だったという。
国際原子力機関事務局長の天野之弥氏は、二十二日に逝去されて仕舞った。
死因は明らかにされて無いと云う。
先だって健康上の理由から辞任の意向を示してたが、最悪の結果で終わって仕舞った。
国際機関の長を日本人が努めて来た功績は極めて高く評価されるべきで、惜しい方を亡くして仕舞いました。
非常に残念で有りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 22:49 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

評論家の竹村健一氏が逝去された。

* 評論家の竹村健一さん死去 正論大賞、“電波怪獣”の異名 89歳 - 産経ニュース
 本紙正論メンバーで第5回正論大賞を受賞した評論家の竹村健一(たけむら・けんいち)さんが8日、多臓器不全のため89歳で死去した。葬儀・告別式は近親者で行った。
 昭和5年、大阪市生まれ。京都大英文科卒業後、フルブライト留学生として米エール大、シラキュース大大学院で学ぶ。帰国後、「英文毎日」記者、山陽特殊製鋼調査部長、追手門学院大助教授を歴任した。
 42年、カナダの文明批評家、マクルーハンのメディア論を日本に紹介して一躍有名に。54年から平成4年までフジテレビ系で放送された時事番組「竹村健一の世相を斬る」の司会を務めるなどテレビ、ラジオのトーク番組に精力的に出演し、“電波怪獣”の異名を取った。関西弁とパイプをトレードマークに、「日本の常識は世界の非常識」など数々の流行語を生み出した。
 平成元年、貿易摩擦に端を発する日米相互バッシングへの警鐘など、豊かな国際感覚に基づいた言論活動で第5回正論大賞を受賞。出世作「マクルーハンの世界」をはじめ、著書は数百冊にのぼる。自ら監修した「これだけ手帳」の販売など、実業も手がけるマルチ人間としても知られた。
* パイプ片手に「だいたいやねぇー」評論家・竹村健一さん死去 - 産経ニュース
 8日に89歳で亡くなった評論家の竹村健一さんは、テレビ番組などでトレードマークのパイプを片手に関西弁で「だいたいやねぇー」と切り込み、現実主義に徹した歯にきぬ着せぬ論客として知られた。
 竹村さんの人生を決めたのは米国留学だった。昭和28年、フルブライト奨学資金を得て米国に留学した竹村さんは後年、「(留学で)何を学んだかと問われれば私は『アメリカ人は弱い者に親切だ』と答える。何よりも私はこれが最も心に焼きついた」と留学時代を振り返った。貧しい国からやってきた留学生は毎週末、米国人家庭に招かれ、夕食をごちそうになった。
 帰国後、英文毎日記者、山陽特殊製鋼調査部長をへて大学教師となった竹村さんは、「メディアはメッセージ」との主張で知られるカナダの文明批評家、マーシャル・マクルーハンのメディア論に出会う。その先見性と価値にいち早く気づいた竹村さんは、彼の思想を解説する『マクルーハンの世界』を42年に刊行し世の注目を浴びた。
 マクルーハンを通してメディアの特性を誰よりも深く理解した竹村さんは、以後半世紀にわたってあらゆるメディアを舞台に活躍、「僕なんかこれだけですよ」「モーレツからビューティフルへ」「デリーシヤス」「だいたいやねぇー」などの流行語を次々と生み出し、メディアの寵児(ちょうじ)となった。
 かつてテレビ番組で竹村さんのアシスタントを務めた小池百合子東京都知事は、サウジアラビア国王の死去について述べようと「ハーリド国王が…」と話し始め、竹村さんに叱られたという。「君はアラブのことを知っているから『ハーリド国王』といえば、すぐにわかるが、視聴者はサウジアラビアという国があって、そこは王制でというところから説明しないとわからない。ただし、説明が長すぎると飽きられるよ」
 メディアを知り尽くす竹村さんらしい叱咤(しった)だった。
 竹村さんの家族によると、80歳で現役引退して以降は、旅行や趣味のテニスを楽しみ、ここ2年ほどは入退院を繰り返していた。家族に見守られての最期だったという。
テレビ番組の「竹村健一の世相を斬る」で一躍有名に為った評論家の竹村健一氏が、多臓器不全の為に家族に看取られたと云う。
享年八十九歳で在った。
昭和の論客が又一人鬼籍に入って仕舞いました。
非常に残念で成りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 22:25 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

高島忠夫氏逝去。

* 高島忠夫さん死去=俳優、司会でも活躍、88歳:時事ドットコム
 映画やドラマ、ミュージカルからテレビ番組の司会まで幅広く活躍した俳優の高島忠夫(たかしま・ただお)さんが26日午後1時1分、老衰のため東京都内の自宅で死去した。88歳だった。神戸市出身。葬儀は家族で行った。俳優の高嶋政宏さんと高嶋政伸さんは息子。
 大学中退後、新東宝の第1期ニューフェースとして俳優の道へ入り、1952年の映画「恋の応援団長」でデビュー。温和な雰囲気と甘い顔立ちを買われて多くの青春コメディー映画に出演した。歌手として高校時代から米軍のキャンプ回りをしていたキャリアを生かし、「東京シンデレラ娘」などのジャズ映画では雪村いづみさんと共演し、歌うスターとしても売り出した。
 61年の新東宝倒産後は「マイ・フェア・レディ」などのミュージカルや、「細うで繁盛記」などテレビドラマに活動の場を移した。
 63年、宝塚歌劇団のトップスターだった寿美花代さんと結婚。おしどり夫婦として料理番組の司会を務め、家族全員でCMに出演するなど、芸能一家としてお茶の間に親しまれた。クイズ番組「クイズ・ドレミファドン!」の司会や映画番組「ゴールデン洋画劇場」の解説を長年にわたって務めた。
 うつ病のため98年ごろから出演番組を降板したが、2000年代後半にはうつ病啓発活動などで元気な姿を見せていた。
芸能界の中で逸早く其の多彩な才能を発揮し、俳優業や司会業等様々な分野で活躍してた氏が老衰の為逝去された。
享年八十八歳で在った。
又昭和の名優が鬼籍に入って仕舞いました。
非常に残念で成りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 16:01 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

京マチ子氏逝去。

* 女優の京マチ子さん死去、95歳=「羅生門」「雨月物語」など名作に多数出演:時事ドットコム
 映画「羅生門」「雨月物語」など数々の名作に出演した女優の京マチ子(きょう・まちこ=本名矢野元子=やの・もとこ)さんが12日午後0時18分、心不全のため東京都内の病院で死去した。95歳だった。大阪市出身。葬儀は密葬で済ませた。
 大阪松竹歌劇団を経て1949年、大映に入社。翌年、黒沢明監督の「羅生門」でヒロイン真砂役を演じた。同作は51年、日本映画で初めてベネチア国際映画祭の最高賞、金獅子賞を受賞した。
 その後も国際映画賞を受賞した溝口健二監督の「雨月物語」、衣笠貞之助監督の「地獄門」に出演。「グランプリ女優」と呼ばれ、海外でもその名を知られた。日本人離れした官能的な肉体派で、古典美と戦後社会の明るく開放的な空気を体現したなどと評された。
 米映画「八月十五夜の茶屋」ではマーロン・ブランドと共演。市川崑監督の「鍵」、小津安二郎監督の「浮草」にも出演した。
 大映倒産後はテレビドラマに進出し、お母さん役の他、時代劇「必殺」シリーズの「仕舞人」に主演するなど、多彩な役でお茶の間に親しまれた。
 演劇では石井ふく子さん演出の作品に多く出演し、2006年の「女たちの忠臣蔵」が最後の舞台となった。
時代劇や現代劇、銀幕テレビを問わず出演し、其の独特の容貌と演技で大衆を魅了した女優の京マチ子氏が心不全の為逝去されました。
享年九十五歳で在った。
国内外問わず其の演技を高く評価してただけに、非常に残念で為りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 00:44 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする