冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー SignalNow Express

2017年03月16日

渡瀬恒彦氏逝去。

* 俳優の渡瀬恒彦さん死去、72歳 映画「セーラー服と機関銃」「事件」「天城越え」「南極物語」、テレビ「十津川警部」シリーズで活躍 - 産経ニュース
映画「セーラー服と機関銃」や「事件」、テレビドラマ「十津川警部」シリーズなどで活躍した俳優の渡瀬恒彦(わたせ・つねひこ)さんが14日、多臓器不全のため死去した。72歳。葬儀・告別式は親族で営む。喪主は妻、い保(いほ)さん。
 兵庫県出身。早稲田大学で学んだ後、広告代理店勤務を経て昭和45年、映画「殺し屋人別帳」で主役デビュー。その後、48年には「仁義なき戦い」などの任侠映画で活躍した。クーデターを計画する元自衛官を狂気をにじませて演じた「皇帝のいない八月」(53年)や、主人公の薬師丸ひろ子さんを支えるストイックなやくざを演じた「セーラー服と機関銃」(56年)、「南極物語」(58年)などの作品で、強い印象を残した。
 53年には、映画「事件」で物語の鍵となるチンピラ役を好演し、日本アカデミー賞やブルーリボン賞で助演男優賞。ほかにも、「戦国自衛隊」「復活の日」「震える舌」「天城越え」「時代屋の女房」など数多くの話題作に相次いで出演し、日本を代表する俳優の一人となった。
 テレビドラマでも活躍。60年にNHK時代劇「真田太平記」に真田信之役で出演した。「十津川警部」「タクシードライバーの推理日誌」といった2時間ドラマや、連続ドラマ「おみやさん」など人気シリーズで主演を務めた。4月からは、テレビ朝日系のドラマ「警視庁捜査一課9係」に主演する予定だった。
 平成27年から胆のうがんで闘病中だった。所属事務所によると、2月に左肺に気胸を発症し、入院治療を続けていた。
 俳優の渡哲也さん(75)は実兄。女優の大原麗子さん(21年に死去)と昭和48年に結婚し、その後、離婚した。
チンピラ役からの出発だったが、其の後の作品では様々な役柄を演じ、其の独特の雰囲気と演技で大衆を魅了して来た渡瀬恒彦氏が多臓器不全で逝去されました。
日本の演劇界には無くては為らない人だっただけに非常に残念で成りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

ムッシュかまやつ氏逝去。

* ムッシュかまやつさん死去、78歳 スパイダース元メンバー 「我が良き友よ」(1/2ページ) - 産経ニュース
「ザ・スパイダース」の元メンバーで、「我が良き友よ」などのヒット曲で知られるミュージシャンのムッシュかまやつ(本名・釜萢弘=かまやつ・ひろし)さんが1日午後6時5分、膵(すい)がんのため東京都内の病院で死去した。78歳。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。
 東京都生まれ。父で、日本ジャズ界の草分けとして活躍したティーブ釜萢の影響を受け、幼少時から音楽に親しんだ。青山学院高等部時代から、音楽活動を開始。昭和39年には、タレントの堺正章さんや俳優の井上順さんらとともにザ・スパイダースのメンバーに。ギターとボーカルを担当し、「あの時君は若かった」「バン・バン・バン」「サマー・ガール」などのヒット曲を連発、グループサウンズブームの一翼を担った。
解散後は、映画やテレビの出演をこなしながらソロで活動。50年には、バンカラな大学生を歌った吉田拓郎さん作詞作曲の「我が良き友よ」が大ヒットした。
 幅広い世代のミュージシャンと交流し、精力的に活動。しかし、昨年5月に肝臓がんが見つかり、同8月には脱水症状で緊急入院。その後は退院して療養を続けていた。同12月には、堺さんの70歳を記念したコンサートにゲスト出演し、歌を披露するなど元気な姿を見せていた。
 歌手の森山良子さんはいとこ。
ザ・スパイダースでや其の後の単独での活動で、幅広い世代に其の活躍を見せたムッシュかまやつ氏が逝去されました。
音楽界としては失っては為らない人物だっただけに非常に残念で為りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

アメリカの俳優ビル・パクストン氏が逝去。

* 米俳優パクストン氏が死去 「アポロ13」出演米俳優 - 産経ニュース
ビル・パクストン氏(米俳優)手術による合併症で死去、61歳。米メディアが26日、報じた。死亡日と場所は不明。
 55年5月、米テキサス州フォートワース生まれ。18歳でロサンゼルスに移った後、ニューヨーク大学で演劇を学び俳優に。映画「ターミネーター」や「エイリアン」シリーズのほか、「アポロ13」「タイタニック」などに出演。「ツイスター」では竜巻を追う科学者を演じた。重婚を扱った人気ドラマ「ビッグ・ラブ」でゴールデン・グローブ賞にノミネートされた。
エイリアンやプレデター、ターミネーターシリーズに出演し、数々の独特の演技を披露し観衆の注目を集め賞賛されたビル・パクストン氏が逝去されました。
ハリウッドの中でも失っては為らない人材だっただけに非常に残念で為りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

私立恵比寿中学の松野莉奈氏が逝去。

* アイドルグループ「私立恵比寿中学」の松野莉奈さんが急死 18歳 療養から急変  - 産経ニュース
人気アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバー、松野莉奈さん(18)が8日、死去していたことが分かった。病死とみられる。
 警視庁などによると、松野さんは体調不良のため、7日のコンサートを欠席して療養していた。だが、8日早朝に容体が急変し、病院に搬送されたが、死亡が確認されたという。
 「私立恵比寿中学」は平成21年に結成された8人組アイドルグループで、「ももいろクローバーZ」の姉妹グループとして活動。松野さんはメンバーとして、コンサートやテレビ番組、雑誌などで活躍していた。
たった数日で体調急変して逝去されるとは本当に驚きで、つい先日迄其の元気な姿を見えて居た事に付け加え、活動の中では声質から私立恵比寿中学を牽引してた事実は決して消えないでしょう。
若いだけに非常に残念で成りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

藤村俊二氏逝去。

* 「オヒョイさん」俳優の藤村俊二さん死去 「ゲバゲバ90分」「ぶらり途中下車の旅」(1/2ページ) - 産経ニュース
「オヒョイさん」の愛称で親しまれた俳優の藤村俊二(ふじむら・しゅんじ)さんが1月25日、心不全のため死去した。82歳だった。2月14日正午から東京都渋谷区神宮前6の25の12、慈雲山長泉寺で「献花の会」を行う。
 家族によると、藤村さんは平成27年12月に日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」を降板後、復帰を目指して療養していたが、最期は苦しむ様子もなく、穏やかに息を引き取ったという。
 藤村さんは昭和9年、神奈川県鎌倉市生まれ。早稲田大を中退後、東宝芸能学校の1期生に。その後、日劇ダンシングチームを経て、パリでパントマイムを学んだ。帰国後は振付師として、人気テレビ番組「8時だョ!全員集合」などを手掛けた。
 フットワークが軽く、ときどき舞台からヒョイと抜け出したため、付いたあだ名は「オヒョイさん」。受けた仕事も手広く、「巨泉×前武ゲバゲバ90分」で名を上げて以降、「ぴったしカン・カン」や「オヒョイさん漫遊記」シリーズなど、数多くのバラエティー番組やCMに出演した。
 俳優としては、ドラマ「西遊記II」や「総理と呼ばないで」、映画「ラヂオの時間」、「DEATH NOTE デスノート」シリーズなどに出演。とぼけたキャラクターやおしゃれな紳士役など、幅広い役柄を演じ、不思議な存在感が作品に深みを加えた。
 自己主張が強くなく、「食事の途中で気分を変えたり、口をさっぱりさせたりするために食べる、ちょっとした料理」を意味する「はし休め」をもじり、自らを「芸能界のはし休め」と表現していた。
 デビュー以来、さまざまなテレビ番組に出演する一方で、肺気胸や胃がんなどの病気に苦しめられた。平成23年からは「ぶらり途中下車の旅」の2代目ナレーションも務めていたが、体調不良のため、27年10月から休養し、同年12月に正式降板していた。
独特且つ軽快な語り口調で定評の在った藤村俊二が逝去されました。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
芸能活動だけでは無く独自の活動媒体を構築し、其の生き様を貫いてただけに非常に残念で成りません。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

松方弘樹氏逝去。

* 俳優の松方弘樹さんが死去 74歳 「仁義なき戦い」や時代劇などで活躍(1/2ページ) - 産経ニュース
映画やテレビで活躍した俳優の松方弘樹(まつかた・ひろき=本名・目黒浩樹=めぐろ・こうじゅ)さんが死去していたことが23日、分かった。74歳だった。東京都出身。
 松方さんは体調不良で昨年2月に入院。「脳リンパ腫」と診断され、治療を続けていた。
 昭和17年、剣劇俳優の近衛十四郎さんと女優、水川八重子さんの長男として生まれた。35年に東映に入社し、「十七才の逆襲・暴力をぶっ潰せ」でデビュー。甘いマスクと鋭い眼光が特徴で、「昭和残(ざん)侠(きょう)伝」シリーズなどの任侠映画や時代劇で活躍。時代劇の退潮に伴い、実録やくざ映画路線に転向し、48年の深作欣二監督の「仁義なき戦い」シリーズなどで強い印象を残した。他の代表作に「県警対組織暴力」「柳生一族の陰謀」「修羅の群れ」など。
 テレビ出演も多く、NHK大河ドラマ「勝海舟」(49年)で、病気降板した渡哲也さんに代って主演を務めたほか、「大江戸捜査網」「名奉行遠山の金さん」「ホテル」などで渋い演技を披露した。
一方で、60年にはバラエティー番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ系)に出演。笑い上戸で甲高い声で陽気に話す意外な一面を見せて人気を集め、その後、他のバラエティー番組にも数多く出演した。また、マグロの1本釣りを趣味とし、釣りのドキュメンタリー番組にも出演。たびたび大物を釣り上げて話題を呼んでいた。
 54年に女優の仁科明子(現亜季子)さんと再婚したが、その後離婚。仁科さんとの間に、タレントの仁科克基さん(34)と仁科仁美さん(32)をもうけた。
 弟は俳優の目黒祐樹さん(69)。
独特の渋い演技と裏腹に陽気な一面を覗かせる、極めて極端な其の人物像で定評の在った松方弘樹氏が逝去されました。
演劇界での確固足る立場の在る人物だけに非常に残念で成りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

神山繁氏逝去。

* 俳優の神山繁さん死去 「ザ・ガードマン」など名脇役として活躍 - 産経ニュース
ドラマ「ザ・ガードマン」などに出演した俳優の神山繁(こうやま・しげる)さんが今月3日、肺炎のため死去していたことが16日、分かった。87歳。故人の遺志で葬儀は行わない。
 昭和4年、東京都出身。海軍経理学校卒業後、27年、文学座に入所。38年、芥川比呂志氏らとともに脱退し、現代演劇協会の劇団「雲」設立に参加。シェークスピア劇などに出演した。
 40年にTBS系ドラマ「ザ・ガードマン」に榊隊員役で出演し、お茶の間に広く知られた。弁護士や官僚など知的で冷徹な人物を演じることが多く、渋みのある落ち着いた演技で作品の脇を固めた。
 映画は28年の「にごりえ」を皮切りに、「風に逆らう流れ者」「太陽を盗んだ男」「ブラック・レイン」「アウトレイジ ビヨンド」などに出演した。
主役を演じる事は非常に少なかったが、其の独特の渋さを活かした演技で定評の在った氏が逝去されたのは非常に残念で為らない。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

根津甚八氏が逝去。

* 元俳優の根津甚八さん死去 「影武者」「駅 STATION」「吉原炎上」…22年に目の病気で引退 - 産経ニュース
映画やテレビドラマ、舞台で活躍した元俳優の根津甚八さんが29日、死去したことが分かった。所属事務所に同日昼ごろ、連絡が入ったという。69歳だった。
 根津さんは平成13年ごろに目の病気を発症、治療を続けていたが後遺症などに悩まされ、22年9月、所属事務所が俳優活動の引退を発表、演出家や脚本家として活動するとしていた。
 所属事務所のホームページなどによると、根津さんは昭和22年12月1日生まれ。57年には日本アカデミー賞主演男優賞を受賞した。
 映画では黒澤明監督の「影武者」、降旗康男監督の「駅 STATION」、五社英雄監督の「吉原炎上」、原田真人監督の「金融腐蝕列島 呪縛」 などに出演。平成27年には石井隆監督の代表作「GONIN」(7年)の続編「サーガ」に一作限りで復活した。
 テレビドラマではNHKの連続テレビ小説「ほんまもん」(13年)などに出演した。
個人的には銀幕では無くTVでの活躍が非常に印象深く、特に柳生博や中村雅俊、沢口靖子や篠ひろ子等と共演した日本テレビの「誇りの報酬」が好きでした。
独特の雰囲気を醸し出し特徴的な演技で知られるだけに、非常に残念で成りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

デビー・レイノルズ氏逝去。

* 「レイア姫」女優キャリー・フィッシャーさんの母も死去 「雨に唄えば」のデビー・レイノルズさん - 産経ニュース
1952年のミュージカル映画「雨に唄えば」などで知られる米女優のデビー・レイノルズさんが28日、ロサンゼルスの病院で死去した。84歳だった。複数の米メディアが報じた。
 レイノルズさんは、映画「スター・ウォーズ」シリーズのレイア姫を演じ、27日に死去したキャリー・フィッシャーさんの母親。娘の死の翌日に体調が悪化し、病院に救急搬送され、亡くなった。フィッシャーさんの葬儀について家族と話をしているところだったいう。
 レイノルズさんの死因は伝えられていないが、息子は、フィッシャーさんが死去したショックが「大きすぎた」と指摘した。
 レイノルズさんは1950年から60年代にかけて主に活躍。3度結婚し、最初の夫との間にフィッシャーさんをもうけた。
娘で在るキャリー・フィッシャー氏の逝去の影響が在るのかは不明ですが、娘に続いて逝去されて仕舞いました。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
年齢を考慮しても、娘の逝去はさぞ大きな心労だったのでしょう。
不幸は重なるものなのですね。
posted by 天野☆翔 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

キャリー・フィッシャー氏が逝去。

* Carrie Fisher, Star Wars actress, dies aged 60 - BBC News
US actress Carrie Fisher, best known for her role as Princess Leia in the Star Wars series, has died aged 60, days after suffering a cardiac arrest.
She was taken ill on a flight from London to Los Angeles on Friday and was taken to hospital when the plane landed.
A family statement announced she had died on Tuesday morning.
Tributes have been pouring in, with Star Wars co-starMark Hamill simply tweeting: "No words #devastated". In a statement released on behalf of Fisher's daughter Billie Lourd, spokesman Simon Halls said: "It is with a very deep sadness that Billie Lourd confirms that her beloved mother Carrie Fisher passed away at 8.55 (16:55 GMT) this morning.
"She was loved by the world and she will be missed profoundly. Our entire family thanks you for your thoughts and prayers."
Her mother, the actress Debbie Reynolds, wrote on her Facebook page: "Thank you to everyone who has embraced the gifts and talents of my beloved and amazing daughter. I am grateful for your thoughts and prayers that are now guiding her to her next stop."
Star Wars co-star Harrison Ford described Fisher as "one-of-a-kind" who lived her life "bravely".
Fisher had been on tour promoting her latest book, The Princess Diarist, when she was taken ill in the later stages of the flight to Los Angeles. A medic who was travelling on the plane administered first aid before it landed.
The daughter of singer Eddie Fisher and actress Debbie Reynolds, Carrie Fisher made her film debut opposite Warren Beatty in 1975's Shampoo.
She also appeared in The Blues Brothers, When Harry Met Sally and Hannah and Her Sisters, and provided the voice of Peter Griffin's boss Angela in the adult animated sitcom Family Guy.
But her enduring fame is through her role as Princess Leia in the original Star Wars trilogy, a part she reprised in last year's reboot The Force Awakens.
On the part, she told the Daily Mail in 2011 that when she got the role in a "little science-fiction film", she just thought of it as a bit of fun.
"It exploded across the firmament of pop culture, taking all of us along with it. It tricked me into becoming a star all on my own."
She was also a successful writer, publishing several novels and memoirs, and working on the scripts for films like the Wedding Singer and Sister Act.
Her latest memoir, The Princess Diarist, contained revelations of an affair with Harrison Ford while the pair were shooting the first Star Wars film in 1976.
Fisher endured a difficult private life, and discussed her years of mental illness and drug addiction in interviews and writing. An early memoir was called Wishful Drinking.
The entertainment world has been quick to mourn and celebrate her life.
航空機の機内で心臓発作で搬送された矢先の出来事では在りましたが、日時を置かず逝去されました。
享年六十歳でした。
スター・ウォーズのレイア姫としての印象が極めて強かったが、非常に惜しい人を亡くしました。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 06:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする