冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年05月15日

京マチ子氏逝去。

* 女優の京マチ子さん死去、95歳=「羅生門」「雨月物語」など名作に多数出演:時事ドットコム
 映画「羅生門」「雨月物語」など数々の名作に出演した女優の京マチ子(きょう・まちこ=本名矢野元子=やの・もとこ)さんが12日午後0時18分、心不全のため東京都内の病院で死去した。95歳だった。大阪市出身。葬儀は密葬で済ませた。
 大阪松竹歌劇団を経て1949年、大映に入社。翌年、黒沢明監督の「羅生門」でヒロイン真砂役を演じた。同作は51年、日本映画で初めてベネチア国際映画祭の最高賞、金獅子賞を受賞した。
 その後も国際映画賞を受賞した溝口健二監督の「雨月物語」、衣笠貞之助監督の「地獄門」に出演。「グランプリ女優」と呼ばれ、海外でもその名を知られた。日本人離れした官能的な肉体派で、古典美と戦後社会の明るく開放的な空気を体現したなどと評された。
 米映画「八月十五夜の茶屋」ではマーロン・ブランドと共演。市川崑監督の「鍵」、小津安二郎監督の「浮草」にも出演した。
 大映倒産後はテレビドラマに進出し、お母さん役の他、時代劇「必殺」シリーズの「仕舞人」に主演するなど、多彩な役でお茶の間に親しまれた。
 演劇では石井ふく子さん演出の作品に多く出演し、2006年の「女たちの忠臣蔵」が最後の舞台となった。
時代劇や現代劇、銀幕テレビを問わず出演し、其の独特の容貌と演技で大衆を魅了した女優の京マチ子氏が心不全の為逝去されました。
享年九十五歳で在った。
国内外問わず其の演技を高く評価してただけに、非常に残念で為りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 00:44 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

劇作家のモンキー・パンチ氏逝去。

* モンキー・パンチさん死去=「ルパン三世」原作者−81歳:時事ドットコム
 アニメ化もされた人気コミック「ルパン三世」の生みの親で、漫画家のモンキー・パンチ(本名加藤一彦=かとう・かずひこ)さんが11日午後7時26分、肺炎のため死去した。81歳だった。葬儀は近親者で済ませ、後日しのぶ会を開く予定。
 北海道浜中町生まれ。高校卒業後、上京して漫画家デビュー。1967年、世界を股にかける怪盗を主人公にした「ルパン三世」の連載を「週刊漫画アクション」誌上で開始し、人気に。71年にはテレビアニメ化もされた。
 その後もモンキー・パンチさんの原作に基づき、アニメの新シリーズや宮崎駿監督による「カリオストロの城」(79年)などの映画版、テレビ特番用の長編作品などが次々に制作された。作中に登場する次元大介や銭形警部、峰不二子ら個性的なキャラクターの魅力も相まって幅広い世代の支持を受け、日本を代表する人気コンテンツに成長した。
 AMD Award(デジタルメディア協会主催)功労賞、東京アニメアワード功労賞などを受賞。大手前大教授も務めた。
ルパン三世等の作品で人気を博した氏が肺炎の為に逝去された。
享年八十一歳でした。
本人の関わらない同作品も数多く生まれ不動の人気を博したルパン三世は極めて稀な作品でした。
惜しい人を亡くして仕舞いました。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 16:30 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

白石冬美氏逝去。

* 人気声優・白石冬美さん死去 「巨人の星」や「怪物くん」 - FNN.jpプライムオンライン
人気アニメ「巨人の星」の「星明子」役などで知られる有名声優の白石冬美さんが亡くなったことがわかった。
82歳だった。
28日午後、東京・世田谷区で1人暮らしをしていた声優の白石冬美さんが、自宅で意識不明の状態で倒れているのを、訪問した親族らが見つけ、その後、死亡が確認された。
親族によると、死因は虚血性心不全で、白石さんは82歳だった。
葬儀は、親族のみでとり行われるという。
白石さんは、人気アニメ「巨人の星」の主人公の姉・星明子役のほか、「怪物君」の「怪物太郎」、「オバケのQ太郎」の「ドロンパ」役など、多くのアニメやナレーションなどで活躍していた。
声優で在る氏は訪問した親族に自宅で意識不明の状態で発見され、後に死亡が確認されたと云う。
死因は虚血性心不全で享年八十二歳で在った。
声優業で大きく貢献し、又ナレーションでも有名で在った。
独特の声質で多くのファンを魅了して来ただけに、非常に残念で為らない。
惜しい人を亡くしました。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:41 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

萩原健一氏逝去。

* 「ショーケン」萩原健一さん死去 68歳 『傷だらけの天使』 - 産経ニュース
 「ショーケン」の愛称で親しまれ、テレビドラマ「傷だらけの天使」などでの個性的な演技で知られる俳優で歌手の萩原健一(はぎわら・けんいち=本名・敬三=けいぞう)さんが26日午前10時30分、消化管間質腫瘍のため、東京都内の病院で死去した。68歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻、理加(りか)さん。本人の意向で病気は公表せず、平成23年から闘病していたという。
 昭和42年に「ザ・テンプターズ」のボーカルとして10代でデビュー。「神様お願い!」など多くのヒット曲を送り出し「ザ・タイガース」の沢田研二さんと人気を二分した。
 女優の岸惠子さんと共演した47年の映画「約束」で俳優に転身。同年に始まったテレビドラマ「太陽にほえろ!」で新人刑事のマカロニ役を好演し、俳優としての人気を決定づけた。影のある役柄を得意とし、水谷豊さんとのコンビで私立探偵を演じた「傷だらけの天使」や倉本聰さん脚本の「前略おふくろ様」などのドラマでも高視聴率を獲得。神代(くましろ)辰巳監督「青春の蹉跌」や黒澤明監督「影武者」など名匠の映画でも存在感を示し、58年に「誘拐報道」で、61年には「恋文」などでそれぞれ日本アカデミー賞主演男優賞の優秀賞を受けた。
 サントリー「モルツ」などのテレビCMにも出演。昨年、NHKのドラマ「不惑のスクラム」でラガーマン役を演じていた。
ザ・テンプターズとして歌謡界にデビューしたが、後に俳優業に転向しテレビドラマの太陽にほえろ!や映画では影武者等の作品に出演し其の独特の演技で魅了し、コマーシャルではモルツで軽快な演技をしたりと、其の活躍は幅広かった。
其の氏は消化管間質腫瘍の為、享年六十八歳で亡くなられた。
長年の闘病生活は秘匿されてたと云う。
惜しい人を亡くしました。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:54 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

織本順吉氏逝去。

* 俳優の織本順吉さん死去:時事ドットコム
織本 順吉さん(おりもと・じゅんきち、本名中村正昭=なかむら・まさあき=俳優)18日午後0時2分、老衰のため栃木県の病院で死去、92歳。神奈川県出身。葬儀は近親者で済ませた。
 新協劇団を経て岡田英次さん、西村晃さんらと劇団青俳を結成し、幹部俳優として活躍。80年に劇団解散後はフリーとなり、幅広い役柄をこなす脇役俳優として多くの映画やドラマに出演した。主な出演作は映画「美わしき歳月」「仁義なき戦い」、NHK連続テレビ小説「わかば」など。
 17年のテレビ朝日系「やすらぎの郷」が最後のドラマ出演作となった。
数多くの脇役を熟し、其の独特の演技で大衆を魅了した氏が老衰の為に逝去されました。
享年九十二歳で在った。
一番印象深いのはTBSの3年B組金八先生での桜中学校長の本田役で在った。
惜しい人を亡くして仕舞いました。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 17:44 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

ドナルド・キーン氏逝去される。

* ドナルド・キーンさん死去=世界に日本文学紹介、震災後移住−96歳:時事ドットコム
 日本文学研究者として作品を広く世界に紹介し、文化勲章を受章したコロンビア大名誉教授のドナルド・キーンさんが24日午前6時21分、心不全のため東京都内の病院で死去した。96歳だった。葬儀は親族のみで行い、後日お別れの会を開く。喪主は養子で浄瑠璃三味線奏者のキーン誠己(せいき)さん。
 1922年、米ニューヨーク生まれ。コロンビア大で学び、英訳された「源氏物語」に感動、日本研究を志した。太平洋戦争開戦後、米海軍の学校で日本語を習得し、ホノルルなどで日本軍の文献翻訳などを担当。終戦直後に東京を訪れ、戦争による荒廃ぶりを目の当たりにした。
 その後、コロンビア大に復学し、ハーバード、ケンブリッジ大を経て、53年に京都大大学院へ留学。川端康成や谷崎潤一郎、三島由紀夫ら文壇の大家と交流した。帰米後、「方丈記」や「奥の細道」などを翻訳収録した「日本文学選集・古典編」を刊行。
 60年コロンビア大教授となり、2年後に海外への日本文学紹介の功績が認められて菊池寛賞を受賞。その後も、日米を往復し、三島や安部公房の作品紹介に力を入れるなど精力的に活動した。
 日本人の日記の文学的価値を探究した「百代(はくたい)の過客(かかく)」で85年に読売文学賞などを受賞。86年にはコロンビア大にドナルド・キーン日本文化センターが設立された。2002年に文化功労者、08年には文化勲章を受章した。
 11年3月の東日本大震災をきっかけに日本定住を決め、秋から東京在住。翌年に日本国籍を取得した。13年には現代俳句大賞を受けた。著書に「日本文学の歴史」「明治天皇」「石川啄木」など。  誠己さんはキーンさんの死去について、「苦しむこともなく、穏やかに永遠の眠りにつきました。日本文学に生涯をささげ、日本人として日本の土になることが父の長年の夢でしたから、この上なく幸せな一生だったと確信しています」との談話を発表した。
日本文学を翻訳し世界中に此れを広め、又、直近では日本国籍を取得し我が国に帰化し永住しようとした氏が、心不全の為に逝去された事が明らかに成りました。
様々な栄誉が贈られ、コロンビア大学には日本文化センターが開設されたりと、其の動きは精力的で有りました。
非常に残念で為らない。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 17:22 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

佐々木すみ江氏逝去。

* 女優の佐々木すみ江さん死去=「篤姫」で乳母役、90歳:時事ドットコム
 NHK大河ドラマ「篤姫」で主人公の乳母、菊本を演じるなど名脇役として活躍した女優の佐々木すみ江(ささき・すみえ、本名青木すみ江=あおき・すみえ)さんが死去したことが19日分かった。90歳だった。東京都出身。  大学卒業後、劇団民芸入り。「楡の木陰の欲望」など数々の舞台を経験。退団後も「にごり江」「貧民倶楽部」などに出演した。映画は鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイゼン」や五社英雄監督の「吉原炎上」に名を連ねた。テレビドラマにも数多く出演し、「夢千代日記」「ふぞろいの林檎たち」などで存在感を見せた。最近もドラマ「やすらぎの郷」、大河ドラマ「西郷(せご)どん」などに出演した。
様々なドラマで名脇役として活躍した氏が、逝去してた事が判明した。
現段階では死因は不明だが、二十日に事務所が詳細を伝えると云う。
独特の演技で魅了させてくれた人物なだけに残念で在る。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:57 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

堺屋太一氏逝去される。

* 作家の堺屋太一さん死去(1/2ページ) - 産経ニュース
「団塊の世代」の名付け親で経済企画庁長官などを務めた作家の堺屋太一(さかいや・たいち、本名・池口小太郎=いけぐち・こたろう)氏が8日午後8時19分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。83歳。通夜は16日午後6時、告別式は17日午後1時、いずれも東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。喪主は妻で洋画家の史子(ちかこ)さん。
 昭和10年、大阪府生まれ。東京大経済学部卒業後、通産省に入省。45年の大阪万博の企画、新エネルギー開発を目指すサンシャイン計画などに携わった。
 50年に石油危機をテーマとした「油断!」で作家デビュー。終戦直後の第1次ベビーブーム世代が将来の日本にもたらす影響を予測した51年の「団塊の世代」がベストセラーになった。
 53年に同省を退官後、執筆、講演、イベントプロデュースで活動。平成10〜12年に小渕恵三、森喜朗両内閣の経企庁長官に起用され、25年から安倍晋三内閣で内閣官房参与を務めた。後に大阪府知事、大阪市長になる橋下徹氏の大阪都構想を支持し、府市の特別顧問になった。
本紙「正論」メンバーで、第7回正論大賞を受賞した。主な著書に『峠の群像』『秀吉』『知価革命』、産経新聞連載『風と炎と』など。
 ペンネームの「堺屋太一」は、先祖に大阪・堺で貿易をしていた豪商がいて、数えて14代目に当たるので、この屋号から取った。
主に経済畑で過去の政権の重要な提言をし、大阪都構想を支持し特別顧問を務めた氏が多臓器不全の為逝去されました。
愛国者の一人で在る事は間違いの無い上に、其の厳しい指摘には定評が在っただけに、非常に残念で為らない。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 17:23 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

市原悦子氏逝去。

* 女優の市原悦子さん死去 「家政婦は見た!」など - 産経ニュース
 2時間ドラマ「家政婦は見た!」など、多くの映像作品に出演した女優の市原悦子(いちはら・えつこ、本名=塩見悦子=しおみ・えつこ)さんが12日、心不全のため、東京都内の病院で死去した。82歳だった。通夜は17日午後6時、葬儀・告別式は18日午前11時、東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。葬儀委員長はワンダー・プロダクション社長の熊野勝弘(くまの・かつひろ)氏。
 昭和11年、千葉県出身。32年、俳優座養成所を卒業し、俳優座に入団。児童劇「りこうなお嫁さん」でデビュー以来、舞台や映画、テレビ、朗読公演など幅広い分野で活躍した。
 おっとりとした口調と個性的な声色に加え、存在感あふれる演技力に定評があり、58年にスタートしたテレビ朝日系ドラマ「家政婦は見た!」シリーズでは、25年にわたって主演を務めた。このほか、フジテレビ系「おばさんデカ 桜乙女の事件帖」やTBS系「弁護士高見沢響子」など多くの2時間ドラマに出演した。
 映画「黒い雨」(平成2年)やNHK大河ドラマ「秀吉」(8年)などにも出演。ナレーターを務めたアニメ「まんが日本昔ばなし」(昭和50年)や、アニメ映画「君の名は。」(平成28年)のヒロインの祖母役など声優としての活動も多かった。
 市原さんは近年、病気がちで、24年に出演予定だった映画「東京家族」を降板。28年11月には手足のしびれなど体調不良を訴え、一時入院。29年1月に自己免疫性脊髄炎と診断され、治療に専念していた。
 市原さんは昨年12月、体調不良を訴え、盲腸と診断されて入院。いったん退院したが今月に入って再入院していた。
様々な作品で独特の口調を用いて演技し高い評価を受けてた俳優の市原悦子氏が、心不全の為逝去された。
芸能界に取っても大きな損失だった事だろう。
非常に残念で為りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 00:00 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

赤木春恵氏逝去。

* 「金八先生」「渡鬼」赤木春恵さん死去…94歳 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
 「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」などのテレビドラマや、舞台で名脇役として活躍した女優の赤木春恵(あかぎ・はるえ、本名・小田章子=おだ・あやこ)さんが29日、心不全のため亡くなった。94歳だった。告別式は12月4日午後1時、東京都杉並区永福1の8の1築地本願寺和田堀廟所。喪主は長女の夫、野杁和俊(のいり・かずとし)氏。
 旧満州(現・中国東北部)生まれ。1940年、松竹入社。72年のNHK連続テレビ小説「藍より青く」でヒロインのしゅうとめ役を演じて人気を集め、NHK大河ドラマ「おんな太閤記」や連続テレビ小説「おしん」でも存在感を発揮した。TBSの「3年B組金八先生」では校長役、「渡る世間は鬼ばかり」でもしゅうとめ役を好演し、両シリーズに長く出演。「三婆」「夕やけ小やけでまだ日は暮れぬ」など舞台でも活躍した。
 93年、紫綬褒章を受章。2013年公開の映画「ペコロスの母に会いに行く」では映画初主演を果たした。
様々な舞台やテレビドラマ等で独特の演技と人間性で世間を魅了して来た氏が、心不全の為に逝去された。
其の存在感は極めて大きく非常に残念で為らない。
昭和の名優が又一人鬼籍に入って仕舞った。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 00:01 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする