冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年11月15日

新たなナスカの地上絵が大量に確認された。

* ナスカで地上絵143点発見 山形大がAIも活用、ペルー | 共同通信
 山形大は15日、世界遺産「ナスカの地上絵」で知られる南米ペルーのナスカ台地とその周辺で、人間や動物の地上絵143点を新たに発見したと発表した。うち1点は日本IBMと共同で、航空写真を人工知能(AI)で解析して見つけた。両者はAIを用いた発見は世界初としている。
 143点は坂井正人教授(文化人類学)らの研究グループが2016〜19年に発見。両手を挙げた人や、人を襲う双頭のヘビなどで全長5メートルから100メートルを超えるものもある。紀元前100年ごろから紀元300年ごろに描かれたとみられる。小さいものは小道沿いに集中し、道しるべに使われた可能性が高い。
山形大学校はペルーのナスカの地上絵に関して、新たに百四十三点を発見したと公表した。
内一点は日本IBMとの共同で在ると云う。
此の発見された点数が極めて大量で在る事も驚きだが、此れに至る経緯でも人工知能を用いてると云う事も驚きで在る。
其の詳細な内容の公表が楽しみで為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:35 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

創建当時の木材が確認された平等院鳳凰堂。

* 創建当時の木材と判明=取り外した2点−京都・平等院鳳凰堂:時事ドットコム
 京都府宇治市の平等院は18日、国宝の鳳凰堂から取り外した木材2点が平安後期の1053年に創建された当時の部材と分かったと発表した。年輪の幅のパターンから年代を分析する手法により、11世紀半ばに伐採されたことが判明した。
 1点は長さ564センチ、幅35.3センチのヒノキの板。明治の修理で取り外された際、鳳凰堂屋根の下地の野地板に使われていた。樹皮のすぐ内側の年輪が残っており、奈良文化財研究所の光谷拓実客員研究員の調査で、1046年に伐採されたと分かった。
 もう1点は、長さ64センチ、縦横約15〜21センチの屋根裏の柱材で、昭和の修理で外されていた。同様の手法で1047年の伐採と判明した。
 平等院の神居文彰住職は「創建期の部材と確定したことは創建や修理の歴史をひもとく一歩で、期待感を持っている」と話した。
京都府宇治市に在る平等院鳳凰堂から取り外された建材が、何と1053年の創建当時の木材で在った事が確認された。
取り外された理由は全くの不明で在るが、創建当時の木材が未だに充分な強度を維持して残ってた事は驚愕で在る。
木材の選定や加工技術等の背景がそうした保存を可能にしてると思われるが、其れを踏まえた上でも本当に驚きの事実で在る。
他にも使われてる可能性が極めて高いが、問題がなければ現状維持で居て頂きたいと思う。
posted by 天野☆翔 at 16:22 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

地下水汲み上げが環境破壊を及ぼすと報告される。

* 地下水くみ上げ、河川系に破滅的影響の恐れ 研究:時事ドットコム
地下水の過剰採取が、2050年までに世界の流域の50%にあたる河川、湖、湿地帯に「重大な影響」を及ぼすと警告する研究論文が2日、英科学誌ネイチャーで発表された。
 食糧生産に欠かせない地下水は地中の土や砂、岩の隙間に存在し、地球上で最も大規模に利用できる淡水源となっている。現在、20億人以上が、飲料水やかんがい用水を地下水に依存している。だが、地下水の資源量は、世界的な人口爆発とそれに伴う穀物生産量の増加を受け、すでに圧迫されている。
 国際共同研究チームは、既存の地下水が世界各地の河川、湖、湿地に流れ込む速度を調査し、流出と呼ばれるこのプロセスに農業用水のくみ上げがどのような影響を及ぼしているか調べた。この結果、世界の流域の約20%で、既に地下水採取量が流出量を上回っていることが明らかになった。
 また、気候変動モデルを用いて今後どのくらい流出量が減少するかを予測したところ、2050年までに世界の地下水採取地域の42〜79%で水界生態系を維持できなくなることも判明した。
 論文主筆者である独フライブルク大学のインゲ・デグラーフ氏(環境水文システム)によると、これは破滅的な影響をもたらす可能性があるという。
 デグラーフ氏はAFPの取材に、「流れに水がなければ魚や植物が死ぬのは明らかだ」と話し、かんがい栽培されている作物の約半数が地下水に依存しており、大きな損失となると指摘した。
 論文によると、メキシコやガンジス川、インダス川の流域など作物生産を地下水に大きく依存している地域は、過剰採取により既に河川流量の減少が発生しているという。
 地下水需要の増加に伴いアフリカや南欧も、今後数十年以内に水界生態学的限界に達すると研究チームは予測している。
 英国の研究者らは今年、地下水の補充には長い年月を要するため、未来の世代は「環境の時限爆弾」に直面するとの研究結果を発表していた。
飲料用や農業用の水を確保する為に地下水を汲み上げ此れを利用する事で、河川の水量が激減し結果的に生態系処か環境破壊に繋がると云う研究結果が、イギリスの科学誌のネイチャーに掲載されたと云う。
地上で使われた水が地下水脈に流れ込むのは膨大な時間を要し、此の地下水脈と地上の河川の水量は均衡を維持してる状況と云うが、此の流れを人間が捻じ曲げた為に発生する問題だと云う。
非常に深刻な問題だが、此れを是正する抜本的な解決方法は汲み上げを中止するしか他に無く、此れをすれば農作物が栽培出来ず食糧危機を招き人間が餓死する問題にも繋がる。
非常に悩ましい問題で在る。
posted by 天野☆翔 at 15:47 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

遊び好きな鼠の研究結果。

* 褒美よりも遊びたい? ネズミはかくれんぼ好き、独研究:時事ドットコム
ネズミが隠れ場所を探してこっそりと移動している時は、かくれんぼで遊びたいだけなのかもしれないと推定した研究が12日、米科学誌サイエンスに発表された。
 独フンボルト大学の神経科学者チームが箱だらけの小さな部屋の中でネズミたちと数週間過ごした結果、驚くべきことにネズミがかくれんぼの名人であることが分かった。
 褒美として餌を与えなかったにもかかわらず、ネズミは隠れまわる人間を見つけたり、人間に見つけられたりすることを純粋に楽しんでいる様子だったという。このことはネズミがうれしい時に見せる「跳躍」や、過去の研究で喜びを示すものと判明した超音波の笑い声から分かったという。
 この研究はかわいらしさ(見方によっては気味の悪さ)以上に、哺乳類の間に見られる重要な進化的特徴である遊ぶという行為に関する新たな見識を示すものだ。
 共同執筆者の一人で、フンボルト大学のコンスタンティン・ハルトマン氏はAFPの取材に対し、「長年にわたってたくさんの仕事を一緒にしていれば、ネズミがいかに知能が高く社交的な動物か分かる」「それでも、ネズミがあんなにもうまく(かくれんぼを)やれるというのは大変な驚きだった」と語った。
 実験は複数の若い雄ネズミを放した30平方メートルの部屋で行い、研究者1人が隠れる役で段ボール箱の陰にしゃがんだり、ネズミに先に隠れる場所を見つけさせて鬼役を演じたりしたという。
 ネズミたちは1、2週間のうちに、閉じた箱の中でスタートしてから遠隔操作でふたを開けられる場合が鬼役で、開いた箱の中でスタートする時が隠れる役だと学習した。するとすぐに高度な戦略を編み出し、鬼役の時には人間が以前に隠れていた場所に行ったり、隠れる役の時には透明な箱よりも不透明な箱を選んだりするようになった。  ハルトマン氏によると、研究チームは訓練を促すため、餌や水ではなく、子猫や子犬と遊ぶ時になでるように、肯定的な社会的交流を褒美とした。
 だが研究チームは、ネズミこうした社交だけを目当てにかくれんぼをしていたわけでなく、かくれんぼで遊ぶこと自体を好んでいたのではないかと推測している。
 喜びの跳躍や笑い声の他にも、見つかってから別の場所に「隠れなおす」ことを時には数回繰り返し、遊ぶ時間を長引かせ褒美の受け取りを遅らせようとする行動もみられたからだ。
 遊ぶという行為は若い哺乳類の認知発達における重要な一部で、進化においてヒトに近いネズミは、ヒトの脳の活動の研究における理想的なモデルとなっている。
ドイツのフンボルト大学の神経科学者チームが鼠の生態系の調査をした処、隠れん坊をして遊ぶ姿が頻繁に確認されたとして、此の結果をアメリカの科学誌サイエンスに発表したと云う。
研究者も鼠の中で生活し様々な生態を観察して行った結果、見付ける事も見付けられる事も喜ぶ姿が確認されたとの事だと云うのだ。
非常に興味深く面白い研究で在る。
posted by 天野☆翔 at 00:12 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

高校二年生が黴の繁殖を防ぐ研究を発表。

* ダンゴムシのふんに抗カビ効果 研究10年の高2が発見:朝日新聞デジタル
 ダンゴムシのふんの、ある不思議な特性を発見した島根県立出雲高校2年生の片岡柾人さん(17)が、7、8月に佐賀県であった全国高校総合文化祭「2019さが総文」で最高賞に輝いた。ダンゴムシ研究を始めて10年。成果が実を結んだ。
 発表した研究タイトルは「ダンゴムシの研究\〜カビを抑えるフン常在菌を探る!〜」。ダンゴムシのふんに含まれる菌がカビの繁殖を抑えるというものだ。
 研究結果によると、ふんの抗カビ効果は、カビの発生の前でも後でも確認できたという。また、ふんの中の菌を入れたカビ培地と入れないカビ培地を仕切って抗カビ効果を試す実験をしていたところ、両方に抗カビ効果が見られ、抗カビ物質が揮発性であることも判明した。また、この菌の近縁種は深海の土壌から見つかった珍しいもので、菌自体の先行研究も少ないという。
 さが総文では、成果を120×180センチのポスター1枚にまとめ、プレゼンテーション。40校が参加したポスター発表の部で最優秀の文部科学大臣賞に選ばれた。
 今回の発表には、片岡さんの1…
以下有料記事。
全国高校総合文化祭「2019さが総文」の中で、十年間の研究成果としてダンゴムシの糞の成分に黴の繁殖を抑える効果が在る事を発見し発表、此の結果最高賞の栄誉を手にしたと云う。
既に発生した黴でも抑制効果が確認出来たとも云う。
高校二年生で十年間の研究と云う事は七歳から始めたと云う事なので、其の着眼点と其の後の研究継続は非常に素晴らしいもので有ろう。
posted by 天野☆翔 at 16:48 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

細胞培養で画期的な手法が発見される。

* 液体のり成分で増殖=マウス造血幹細胞−東大など:時事ドットコム
 マウスの造血幹細胞を実験容器内で培養、増殖させる際、現在よく使われるウシの血清成分の代わりに合成樹脂の一種を使うことができたと、東京大と米スタンフォード大、理化学研究所のチームが発表した。論文は30日、英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。
 この合成樹脂は液体のりや医薬品添加剤などに広く使われる「ポリビニルアルコール(PVA)」。造血幹細胞は骨髄にあり、自ら分裂増殖するとともに、血液細胞の赤血球や白血球、血小板に変わる。
 東大医科学研究所の山崎聡特任准教授はヒトの造血幹細胞をPVAで増殖させるには工夫が必要と指摘。その上で「ヒト造血幹細胞で実現すれば、低いコストで大量に増やせるため、白血病など血液疾患の治療に利用できる」と話した。  造血幹細胞の培養に現在使われるウシ血清成分のたんぱく質「アルブミン」は、精製過程で少しでも混入物があると、造血幹細胞が分裂増殖し続けるのでなく、血液細胞にすぐ変わってしまう。たんぱく質が酸化すると細胞が老化する問題もあるが、PVAを使えば解決できるという。
従来は培養するにも其の速度や量にも限界が在ったが、今般液体糊の成分を用いる事で此れが爆発的に加速化する事が確認されたと、東京大学校とスタンフォード大学校、理化学研究所の共同研究で明らかに為った。
造血幹細胞の培養には牛の血清が使われてたが、此れをポリビニルアルコールに置き換える事で、其れを実現させたと云うのだ。
此れ迄は高額で在ったのが安価な素材で此れが出来るのなら、国民負担は極めて抑えられる事に為るので、此れの実現化を大いに期待したい。
posted by 天野☆翔 at 16:21 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

ブラックホール観測の偉業。

* ブラックホールの撮影成功=史上初、電波望遠鏡で観測−国際共同研究:時事ドットコム
 国立天文台などが参加する日米欧などの国際共同研究プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」は10日、南米チリにあるアルマ望遠鏡など世界各地の電波望遠鏡による観測で、史上初めてブラックホールの姿を撮影することに成功したと発表した。あらゆるものをのみ込み、謎に包まれているブラックホールの解明に役立つと期待される。
 ブラックホールの存在は、アインシュタインが約100年前に提唱した一般相対性理論から予言されていたが、その姿を初めて直接捉えた。今回の観測では理論を覆すような現象は確認されなかったという。
 記者会見したプロジェクトの本間希樹・国立天文台教授は「これが人類が初めて目にしたブラックホールの姿です」と述べ、黒い穴のようなものが写っている画像を公開した。
 ブラックホールは、強烈な重力により光すら抜け出すことができず、そのものの観測はできない。引き寄せられるガスなどの物質が周囲に作る「降着円盤」が放つX線などの観測が進められていたが、解像度や感度が足りず、ブラックホールの輪郭に迫る観測は成功していなかった。
 EHTは2017年4月、アルマ望遠鏡など世界8カ所の電波望遠鏡で、地球から約5500万光年離れた楕円(だえん)銀河M87の中心にある巨大ブラックホールなどを観測。地球から月面に置いたゴルフボールを識別できるほどの解像度で得られたデータの解析を進めた。
 約2年間の解析の結果、M87中心部で明るく光るガスのリングの中に、ブラックホールの姿が黒い穴のように写る画像が得られた。リングの大きさから、ブラックホールの質量は太陽の約65億倍と判明。黒い部分の中心に、ブラックホールの本体があるという。
 プロジェクトには、国立天文台のほか、東北大、広島大などの研究者が日本から参加している。
* 「最後のピース埋まった」=ブラックホール画像に研究者−物理学、天文学に成果期待:時事ドットコム
 国立天文台などの国際研究プロジェクトが捉えたブラックホールの姿は、20世紀初頭に予言されて以降、「間接証拠」でしか示せなかった存在を初めて「直接証拠」で証明した。物理学、天文学の双方で大きな成果が期待され、プロジェクトに参加した本間希樹・国立天文台教授は「百聞は一見にしかず。100年かけて解こうとしてきたジグソーパズルの最後のピースが埋まった」と胸を張った。
 日本や欧米など6カ国・地域で、それぞれの研究チームが同時に始めた10日の記者会見。東京都内では午後10時すぎ、あらかじめ設定された解禁時間に合わせ、ブラックホールの姿を捉えた画像がスクリーンに映し出されると、「おおーっ」とどよめきが起こった。本間教授は「ブラックホールが光さえ出さない事実を視覚的に、疑いなく示している」と説明した。
 ブラックホールは、アインシュタインが提唱した一般相対性理論に基づき、1916年にドイツの天文学者によって存在が予言された。同理論の正しさは2016年に発表された重力波の検出でも証明されたが、会見に同席した秦和弘・国立天文台助教は「物理学の法則が視覚的に捉えられたもので、重力波による検証と補い合うものだ」と強調した。
 一方、天文学の分野では、1909年に銀河の中心で明るく輝く正体不明の天体が発見され、「活動銀河核」(AGN)と名付けられた。地球のある銀河系の中心でも発見され、正体は巨大なブラックホールと考えられたが、決定的な証拠を欠いていた。
 今回の画像は「銀河の真ん中にブラックホールがあることを決定づける大きな1枚だ」と話す本間教授。近年の研究で、AGNの質量は銀河全体の質量と関連があることも分かっており、秦助教も「銀河の成長や宇宙の進化の歴史の解明に大きな弾みがつく」と話した。
従来は概念だけの案件だったが、今般初めて其の全容を捉え観測出来たのは非常に素晴らしく、天文学上大きな一歩に為る事は間違い無い事で在る。
此の画像化に尽力した組織もそうだが、観測を継続し実績に繋げた関係者各位には労を労いたい思いで在る。
posted by 天野☆翔 at 17:03 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

日本天文学会が防衛省公募制度を拒否。

* 天文学会が声明「平和脅かさず」 軍事応用可能な研究への助成に | 共同通信
 軍事応用が可能な基礎研究に助成する防衛省の公募制度を巡り、日本天文学会は16日、「人類の安全や平和を脅かすことにつながる研究や活動はしない」との声明をまとめたと発表した。
 日本学術会議は2017年の声明で、公募制度を「政府による介入が著しく、問題が多い」と指摘。学会や大学に軍事研究に関する指針の策定などを求めていた。
 宇宙から飛来する微弱な電波を検出する技術をレーダーに転用できるなど、天文学の研究は軍事研究につながりやすい。
 天文学会の調査では、会員の過半数が公募制度反対だが、声明を巡っては意見の対立もあったという。
軍事的な応用が可能な研究に助成金が捻出される制度に関して、日本天文学会は此れを拒否した上で「人類の安全や平和を脅かす事に繋がる研究や活動はしない」と表明した。
電波観測等は軍事的に応用可能だったり、計算に使うコンピューター等は其れは立派に軍事的目的から派生した機械で在るが、こうした日常的な業務で使う機器をも使わないと主張して頂きたい。
そうすれば自分達の活動が即座に出来無く為るだろう。
科学や化学は全て軍事的な側面を持つのだから、此れを否定しても何も為らない事を自覚して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 21:44 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

女子校生が新種の水黽発見。

* 女子高校生3人、新種アメンボ発見…60年ぶり : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
長崎県立長崎西高(長崎市)の生物部に所属する女子生徒3人が大村湾で新種のアメンボを発見し、その研究成果がカナダの国際学術誌(電子版)に掲載された。3人は「1年間の研究は大変だったけど、評価されてうれしい」と喜んでいる。
 3人は、いずれも3年の桃坂瞳さん(17)、朝鍋遥さん(18)、平野安樹子さん(17)。
 同校は先進的な理数教育を行う文部科学省指定の「スーパーサイエンスハイスクール」(SSH)。その縁で、外部講師として週に数回、実験の指導などを行うアメリカ自然史博物館研究協力員の安永智秀さん(54)(長崎市)から、アメンボに関する専門的な話を聞くうちに、生態への関心が高まった。
 アメンボには池や川などにいる「淡水性」のほか、海水に生息する「沿岸性」などがおり、世界に約500種以上いるとされている。
 3人は昨年6月から、珍しい種類がすむとされる大村湾で絶滅危惧種の調査を開始。すると、淡水に生息する種に見られる細長い体の個体を発見した。海岸などにいる種は体が丸みを帯びているのが一般的で、採取して調べたところ、淡水性の種とは触角や脚の長さが違うことが分かった。
 夏休み中には、50回以上、現地に足を運んだ。学校では、4個の衣装ケースやモーターなどで作った特製の“水槽”で飼育。産卵にも成功し、塩分濃度が低い環境で繁殖することを確認した。
 さらに、メーカーから無償貸与された高性能の電子顕微鏡を使い、雌の産卵管が淡水性の種より大きいことを突き止めた。これが新種と判断する決め手となり、3人は安永さんらと連名で研究成果を論文にまとめ、今年5月に学術誌に掲載された。「地元の人に、豊かな自然が残る長崎を誇りに思ってほしい」との願いから、和名を「ナガサキアメンボ」と名付けた。
 安永さんによると、アメンボの新種発見は60年ぶり。「高校生らしい純粋な好奇心から研究を始め、新種発見につなげたことは本当に素晴らしい」と労をねぎらった。生徒3人は「1年間ほぼ毎日、交代しながら水替えや餌やりをしたので大変だった」と振り返り、朝鍋さんは「大学に進学したら、昆虫の分類学を究めたい」と夢を語った。
長崎県立長崎西高等学校の生物部に所属する三名が、大村湾で採取した水黽が新種で在った事が判明し、此の水黽の名称を和名で「長崎水黽」とした。
生物学上非常に素晴らしい発見で、六十年振りの快挙と云う。
其の探究心に脱帽すると共に、新発見の成果には祝意を送りたい。
posted by 天野☆翔 at 16:52 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

水黽の新種を女子高生が発見。

* 長崎の女子高生が新種アメンボ60年ぶり発見 専門家もびっくり、素朴な「なぜ」がきっかけ(1/2ページ) - 産経WEST
長崎県立長崎西高生物部の女子高生3人が、新種のアメンボを発見した。専門家によると、新種発見は60年ぶりという。5月初めには研究成果が国際学術誌に載った。きっかけは、素朴な「なぜ」との疑問。専門家も驚く快挙に3人は「図鑑に載るのが楽しみ」と期待している。
 3人はいずれも同高3年の朝鍋遥さん(18)と平野安樹子さん(17)、桃坂瞳さん(17)。昨年6月、県中央部の大村湾で生物部のフィールドワークをした際、淡水ではよく見られる細長い胴体のアメンボを見つけた。「なぜ、海にこの個体がいるのか」。好奇心に駆られ、実態研究に着手した。
以来、現地に通うこと50回超。300体以上を集めて特徴を調べ、触角などが他の種とは異なることから新種と確認された。雄と雌の平均体長がそれぞれ12ミリ、15ミリであることも突き止めた。
 アメンボに詳しいアメリカ自然史博物館の安永智秀研究協力員(54)は「専門家の間で変わったアメンボがいるとのうわさはあったが、新種だったとは」と脱帽する。3人は「ナガサキアメンボ」と命名し、安永氏が成果を論文にまとめた。
作った標本は海外の博物館などで保管や展示を予定している。朝鍋さんは「一つのことを突き詰める楽しさを学んだ」と誇らしげに語った。
新種の水黽を長崎県立長崎西高生物部の女子高生三名が発見した。
六十年振りとの事だが、其の切欠は素朴な疑問を抱いた事だと云うから驚き。
専門家の間でも噂は確認してたが、真逆真実だったとはと脱帽する程で在る。
生物界に於ける其の貢献を大いに評価したい。
posted by 天野☆翔 at 00:00 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする