冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年05月30日

細胞培養で画期的な手法が発見される。

* 液体のり成分で増殖=マウス造血幹細胞−東大など:時事ドットコム
 マウスの造血幹細胞を実験容器内で培養、増殖させる際、現在よく使われるウシの血清成分の代わりに合成樹脂の一種を使うことができたと、東京大と米スタンフォード大、理化学研究所のチームが発表した。論文は30日、英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。
 この合成樹脂は液体のりや医薬品添加剤などに広く使われる「ポリビニルアルコール(PVA)」。造血幹細胞は骨髄にあり、自ら分裂増殖するとともに、血液細胞の赤血球や白血球、血小板に変わる。
 東大医科学研究所の山崎聡特任准教授はヒトの造血幹細胞をPVAで増殖させるには工夫が必要と指摘。その上で「ヒト造血幹細胞で実現すれば、低いコストで大量に増やせるため、白血病など血液疾患の治療に利用できる」と話した。  造血幹細胞の培養に現在使われるウシ血清成分のたんぱく質「アルブミン」は、精製過程で少しでも混入物があると、造血幹細胞が分裂増殖し続けるのでなく、血液細胞にすぐ変わってしまう。たんぱく質が酸化すると細胞が老化する問題もあるが、PVAを使えば解決できるという。
従来は培養するにも其の速度や量にも限界が在ったが、今般液体糊の成分を用いる事で此れが爆発的に加速化する事が確認されたと、東京大学校とスタンフォード大学校、理化学研究所の共同研究で明らかに為った。
造血幹細胞の培養には牛の血清が使われてたが、此れをポリビニルアルコールに置き換える事で、其れを実現させたと云うのだ。
此れ迄は高額で在ったのが安価な素材で此れが出来るのなら、国民負担は極めて抑えられる事に為るので、此れの実現化を大いに期待したい。
posted by 天野☆翔 at 16:21 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

ブラックホール観測の偉業。

* ブラックホールの撮影成功=史上初、電波望遠鏡で観測−国際共同研究:時事ドットコム
 国立天文台などが参加する日米欧などの国際共同研究プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」は10日、南米チリにあるアルマ望遠鏡など世界各地の電波望遠鏡による観測で、史上初めてブラックホールの姿を撮影することに成功したと発表した。あらゆるものをのみ込み、謎に包まれているブラックホールの解明に役立つと期待される。
 ブラックホールの存在は、アインシュタインが約100年前に提唱した一般相対性理論から予言されていたが、その姿を初めて直接捉えた。今回の観測では理論を覆すような現象は確認されなかったという。
 記者会見したプロジェクトの本間希樹・国立天文台教授は「これが人類が初めて目にしたブラックホールの姿です」と述べ、黒い穴のようなものが写っている画像を公開した。
 ブラックホールは、強烈な重力により光すら抜け出すことができず、そのものの観測はできない。引き寄せられるガスなどの物質が周囲に作る「降着円盤」が放つX線などの観測が進められていたが、解像度や感度が足りず、ブラックホールの輪郭に迫る観測は成功していなかった。
 EHTは2017年4月、アルマ望遠鏡など世界8カ所の電波望遠鏡で、地球から約5500万光年離れた楕円(だえん)銀河M87の中心にある巨大ブラックホールなどを観測。地球から月面に置いたゴルフボールを識別できるほどの解像度で得られたデータの解析を進めた。
 約2年間の解析の結果、M87中心部で明るく光るガスのリングの中に、ブラックホールの姿が黒い穴のように写る画像が得られた。リングの大きさから、ブラックホールの質量は太陽の約65億倍と判明。黒い部分の中心に、ブラックホールの本体があるという。
 プロジェクトには、国立天文台のほか、東北大、広島大などの研究者が日本から参加している。
* 「最後のピース埋まった」=ブラックホール画像に研究者−物理学、天文学に成果期待:時事ドットコム
 国立天文台などの国際研究プロジェクトが捉えたブラックホールの姿は、20世紀初頭に予言されて以降、「間接証拠」でしか示せなかった存在を初めて「直接証拠」で証明した。物理学、天文学の双方で大きな成果が期待され、プロジェクトに参加した本間希樹・国立天文台教授は「百聞は一見にしかず。100年かけて解こうとしてきたジグソーパズルの最後のピースが埋まった」と胸を張った。
 日本や欧米など6カ国・地域で、それぞれの研究チームが同時に始めた10日の記者会見。東京都内では午後10時すぎ、あらかじめ設定された解禁時間に合わせ、ブラックホールの姿を捉えた画像がスクリーンに映し出されると、「おおーっ」とどよめきが起こった。本間教授は「ブラックホールが光さえ出さない事実を視覚的に、疑いなく示している」と説明した。
 ブラックホールは、アインシュタインが提唱した一般相対性理論に基づき、1916年にドイツの天文学者によって存在が予言された。同理論の正しさは2016年に発表された重力波の検出でも証明されたが、会見に同席した秦和弘・国立天文台助教は「物理学の法則が視覚的に捉えられたもので、重力波による検証と補い合うものだ」と強調した。
 一方、天文学の分野では、1909年に銀河の中心で明るく輝く正体不明の天体が発見され、「活動銀河核」(AGN)と名付けられた。地球のある銀河系の中心でも発見され、正体は巨大なブラックホールと考えられたが、決定的な証拠を欠いていた。
 今回の画像は「銀河の真ん中にブラックホールがあることを決定づける大きな1枚だ」と話す本間教授。近年の研究で、AGNの質量は銀河全体の質量と関連があることも分かっており、秦助教も「銀河の成長や宇宙の進化の歴史の解明に大きな弾みがつく」と話した。
従来は概念だけの案件だったが、今般初めて其の全容を捉え観測出来たのは非常に素晴らしく、天文学上大きな一歩に為る事は間違い無い事で在る。
此の画像化に尽力した組織もそうだが、観測を継続し実績に繋げた関係者各位には労を労いたい思いで在る。
posted by 天野☆翔 at 17:03 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

日本天文学会が防衛省公募制度を拒否。

* 天文学会が声明「平和脅かさず」 軍事応用可能な研究への助成に | 共同通信
 軍事応用が可能な基礎研究に助成する防衛省の公募制度を巡り、日本天文学会は16日、「人類の安全や平和を脅かすことにつながる研究や活動はしない」との声明をまとめたと発表した。
 日本学術会議は2017年の声明で、公募制度を「政府による介入が著しく、問題が多い」と指摘。学会や大学に軍事研究に関する指針の策定などを求めていた。
 宇宙から飛来する微弱な電波を検出する技術をレーダーに転用できるなど、天文学の研究は軍事研究につながりやすい。
 天文学会の調査では、会員の過半数が公募制度反対だが、声明を巡っては意見の対立もあったという。
軍事的な応用が可能な研究に助成金が捻出される制度に関して、日本天文学会は此れを拒否した上で「人類の安全や平和を脅かす事に繋がる研究や活動はしない」と表明した。
電波観測等は軍事的に応用可能だったり、計算に使うコンピューター等は其れは立派に軍事的目的から派生した機械で在るが、こうした日常的な業務で使う機器をも使わないと主張して頂きたい。
そうすれば自分達の活動が即座に出来無く為るだろう。
科学や化学は全て軍事的な側面を持つのだから、此れを否定しても何も為らない事を自覚して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 21:44 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

女子校生が新種の水黽発見。

* 女子高校生3人、新種アメンボ発見…60年ぶり : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
長崎県立長崎西高(長崎市)の生物部に所属する女子生徒3人が大村湾で新種のアメンボを発見し、その研究成果がカナダの国際学術誌(電子版)に掲載された。3人は「1年間の研究は大変だったけど、評価されてうれしい」と喜んでいる。
 3人は、いずれも3年の桃坂瞳さん(17)、朝鍋遥さん(18)、平野安樹子さん(17)。
 同校は先進的な理数教育を行う文部科学省指定の「スーパーサイエンスハイスクール」(SSH)。その縁で、外部講師として週に数回、実験の指導などを行うアメリカ自然史博物館研究協力員の安永智秀さん(54)(長崎市)から、アメンボに関する専門的な話を聞くうちに、生態への関心が高まった。
 アメンボには池や川などにいる「淡水性」のほか、海水に生息する「沿岸性」などがおり、世界に約500種以上いるとされている。
 3人は昨年6月から、珍しい種類がすむとされる大村湾で絶滅危惧種の調査を開始。すると、淡水に生息する種に見られる細長い体の個体を発見した。海岸などにいる種は体が丸みを帯びているのが一般的で、採取して調べたところ、淡水性の種とは触角や脚の長さが違うことが分かった。
 夏休み中には、50回以上、現地に足を運んだ。学校では、4個の衣装ケースやモーターなどで作った特製の“水槽”で飼育。産卵にも成功し、塩分濃度が低い環境で繁殖することを確認した。
 さらに、メーカーから無償貸与された高性能の電子顕微鏡を使い、雌の産卵管が淡水性の種より大きいことを突き止めた。これが新種と判断する決め手となり、3人は安永さんらと連名で研究成果を論文にまとめ、今年5月に学術誌に掲載された。「地元の人に、豊かな自然が残る長崎を誇りに思ってほしい」との願いから、和名を「ナガサキアメンボ」と名付けた。
 安永さんによると、アメンボの新種発見は60年ぶり。「高校生らしい純粋な好奇心から研究を始め、新種発見につなげたことは本当に素晴らしい」と労をねぎらった。生徒3人は「1年間ほぼ毎日、交代しながら水替えや餌やりをしたので大変だった」と振り返り、朝鍋さんは「大学に進学したら、昆虫の分類学を究めたい」と夢を語った。
長崎県立長崎西高等学校の生物部に所属する三名が、大村湾で採取した水黽が新種で在った事が判明し、此の水黽の名称を和名で「長崎水黽」とした。
生物学上非常に素晴らしい発見で、六十年振りの快挙と云う。
其の探究心に脱帽すると共に、新発見の成果には祝意を送りたい。
posted by 天野☆翔 at 16:52 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

水黽の新種を女子高生が発見。

* 長崎の女子高生が新種アメンボ60年ぶり発見 専門家もびっくり、素朴な「なぜ」がきっかけ(1/2ページ) - 産経WEST
長崎県立長崎西高生物部の女子高生3人が、新種のアメンボを発見した。専門家によると、新種発見は60年ぶりという。5月初めには研究成果が国際学術誌に載った。きっかけは、素朴な「なぜ」との疑問。専門家も驚く快挙に3人は「図鑑に載るのが楽しみ」と期待している。
 3人はいずれも同高3年の朝鍋遥さん(18)と平野安樹子さん(17)、桃坂瞳さん(17)。昨年6月、県中央部の大村湾で生物部のフィールドワークをした際、淡水ではよく見られる細長い胴体のアメンボを見つけた。「なぜ、海にこの個体がいるのか」。好奇心に駆られ、実態研究に着手した。
以来、現地に通うこと50回超。300体以上を集めて特徴を調べ、触角などが他の種とは異なることから新種と確認された。雄と雌の平均体長がそれぞれ12ミリ、15ミリであることも突き止めた。
 アメンボに詳しいアメリカ自然史博物館の安永智秀研究協力員(54)は「専門家の間で変わったアメンボがいるとのうわさはあったが、新種だったとは」と脱帽する。3人は「ナガサキアメンボ」と命名し、安永氏が成果を論文にまとめた。
作った標本は海外の博物館などで保管や展示を予定している。朝鍋さんは「一つのことを突き詰める楽しさを学んだ」と誇らしげに語った。
新種の水黽を長崎県立長崎西高生物部の女子高生三名が発見した。
六十年振りとの事だが、其の切欠は素朴な疑問を抱いた事だと云うから驚き。
専門家の間でも噂は確認してたが、真逆真実だったとはと脱帽する程で在る。
生物界に於ける其の貢献を大いに評価したい。
posted by 天野☆翔 at 00:00 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

新種の桜が確認された。

* 紀伊半島南部で100年ぶり野生種のサクラ新種「クマノザクラ」 鮮やかなピンク 森林総研 - 産経WEST
紀伊半島南部に群生しているサクラが、国内の野生種として約100年ぶりの新種と判明したと、森林総合研究所(茨城県つくば市)が13日、明らかにした。三重県熊野市、奈良県十津川村、和歌山県田辺市など、熊野川流域を中心に南北約90キロ、東西約60キロの範囲で確認された。鮮やかなピンク色の美しい花が特徴で、森林総研の勝木俊雄サクラ保全担当チーム長(50)が三重や和歌山にまたがる熊野地方にちなみ「クマノザクラ」と命名した。
 森林総研によると、ソメイヨシノのように人工交配などで生まれた栽培品種は多くあるが、国内に分布する野生種は9種しか確認されておらず、1915(大正4)年のオオシマザクラ以来の新種という。
 勝木さんは、変わったサクラがあると聞き、平成28年春から和歌山県古座川町などで、県林業試験場と共同で本格調査。すると、開花時期が3月上〜下旬と早く、葉が細長くて小さいといった固有の特徴を多く持つことが判明したため、既存種の突然変異などではなく新種と結論づけた。
 住民は4月上旬に咲き始めるヤマザクラより早いため、「早咲きのヤマザクラ」などと認識していた。勝木さんは「人に身近な所で咲いていたのに新種と分からなかったのは驚き」と振り返る。
 勝木さんは「観賞用に最適。地域の新たな名物に」と期待している。
森林総合研究所は熊野川流域を中心とした地域で新種の桜が確認されたと発表。
其の名称は熊野古道に因み「クマノザクラ」とした。
国内の野生種としては一世紀振りとの事で、非常に目出度い。
posted by 天野☆翔 at 23:42 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

平昌五輪は日本企業無しには成立しない。

* 日本の技、銀盤磨く 韓国から整氷の協力要請: 日本経済新聞
平昌冬季五輪のスケートリンクを裏方として支えている日本の職人がいる。リンクの運営・管理を手掛ける「パティネレジャー」(東京)の整氷作業員5人は1日に現地入り。各国の作業員とフィギュアスケートやアイスホッケーの会場整備に携わる。「五輪は人生の大舞台」。1998年長野五輪など日本の大会を支えてきた技術で選手の活躍をサポートする。
フィギュア会場を担当する今村健太さん(34)にとって、海外の技術者と共同で作業するのは初めて。氷の状態や散水量などを海外の作業員と話し合うのは一苦労だが「ジェスチャーや翻訳アプリを使いながら協力している」と話す。
作業員は整氷車に乗り、スケートの刃で傷がついたリンクの表面を薄く削る。その上から50度ほどの温水をまくことで、表面を滑らかにするのが任務だ。
韓国はスケート競技の大規模な大会の開催実績が少ない。韓国内だけでは整氷作業員をまかなえず、72年札幌五輪や98年長野五輪をはじめとする日本の大会でリンクを整備してきた同社が、大会組織委員会から協力を要請された。
整備前に選手がどれだけ滑ったかで、氷の状態は変わってくる。さらに、五輪のような大きな大会では大勢の観客が入るため室温が上がり、氷が解けやすくなる。
氷の硬さや表面の温度が異なると滑りに影響が出てしまう。どの選手も同じ状態で快適に滑ってもらうため、室温や氷の温度をこまめに測り、作業員同士で相談しながら散水の量を決める。
同社にとって海外開催の五輪を担当するのは初めて。代表取締役の佐藤洋二さん(61)は「五輪は選手が人生をかける大舞台。労を惜しまずに最後まで支えたい」と力を込める。
スケートリンクの管理運営を手掛けるパティネレジャーが平昌五輪で整備担当してるが、南朝鮮では此れが出来ずに大会組織委員会の要請で動いてる。
自国開催すらも危ういと云われて来た要因はこう云う処にも在るのでしょう。
我が国の技術と職人技抜きには、五輪大会の運営すらも出来無いと云うのだから、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

原子力規制委員会が除染基準の見直しに言及。

* 除染基準「引き上げるべき」 規制委員長が表明 - 産経ニュース
原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長は17日の定例会合で、除染の目安とされている空間線量「1時間当たり0.23マイクロシーベルト」について「実証データから1マイクロシーベルトの所に居住しても年間の被曝(ひばく)線量は1ミリシーベルト以下になる」と指摘し、「改めないと帰還や復興を阻害する」として環境省は引き上げを検討すべきとの考えを示した。
 更田氏によると、帰還者らが身につけた線量計の実測値で判明したという。自ら同省に働きかける考えを示したほか、事務局の原子力規制庁は「どのような場でメッセージを出していくか検討する」としている。
空間線量が1マイクロシーベルトでも、年間の被曝線量は1ミリシーベルト以下に為るとして、除染の基準の見直しに言及したが、もっと引き上げても問題は無い。
一年間の被曝線量の基準は飽く迄食品からの摂取の場合で在って、居住では無い事に注目すべきで此れは「コーデックス委員会の放射線基準値」が元です。
拠って一般的な生活では此れ以上でも問題は無いと云う事でしょう。
放射性物質取扱者の20ミリシーベルト迄とは云わないが、10ミリシーベルト位迄引き上げても良い筈だと私は考える。
posted by 天野☆翔 at 05:20 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

今年最初のスーパームーン。

東京スカイツリーとスーパームーン
東京スカイツリーとスーパームーンです。
東京スカイツリーとスーパームーン2
其の二。
スーパームーン 望遠撮影のスーパームーン。
posted by 天野☆翔 at 06:32 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

海底熱水鉱床からレアメタル試掘成功。

* 海底熱水鉱床から鉱石引き揚げ、世界初の実験に成功 沖縄近海1600メートル、商業化に向け前進(1/2ページ) - 産経ニュース
経済産業省は26日、沖縄県近海の「海底熱水鉱床」から、鉱石を連続して大量に引き揚げる実験に世界で初めて成功したと発表した。海底の鉱石を安定的に引き揚げる基礎的な技術を確立したことで、平成30年代後半の商業化に向けて一歩前進した。世界有数の排他的経済水域(EEZ)を持つ日本にとって、国産資源としての期待が高まる。
 海底熱水鉱床は、海底から噴き出す熱水に含まれる金属成分が冷却され、沈殿してできる。実験は8月中旬から9月23日まで、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)などが実施。水深約1600メートルの鉱床に投入した掘削機で鉱石を直径約3センチに砕き、水中ポンプで引き揚げた。
 重い鉱石を海水とともに目詰まりなく吸い上げるのが課題で、期間中は数十分間の連続採掘を16回行い、約16.4トンを引き揚げることに成功。鉱石には自動車などの鉄のメッキに欠かせない亜鉛のほか、金などのレアメタル(希少金属)も含まれているという。
 海底熱水鉱床は沖縄県近海のほか、小笠原諸島近海などでも見つかっている。沖縄本島から北西に約110キロの海底にある伊是名海穴の資源量は740万トンで、国内の年間消費量と同等の亜鉛が埋蔵されているとみられている。
経産省は他の海域での資源量調査などを実施し、30年度に経済性を評価する。ポンプの大型化や掘削機の低価格化などの技術開発にも取り組み、30年代後半に商業化を目指す。
 また、海底熱水鉱床での採掘技術は、岩盤に膜状に張り付くコバルトなどのレアメタルの採掘など、ほかの海底鉱物にも応用できるという。
 JOGMECの辻本崇史理事は実験の成功について「海底資源の開発の転機になる」と述べた。
沖縄近海の「海底熱水鉱床」からレアメタルの試掘が成功したと経済産業省が公表したが、此の試掘が今後安定化して商業化出来るかが大きな鍵に為るでしょう。
排他的経済水域が広大な我が国に取って、資源獲得は喫緊の課題だ。
採掘に掛かるコスト等の削減が進んで行けば、商業的にも意義が在り安定化にも繋がる。
此の試掘の成功は大いに評価したい。
他の海域にも広がる事も同時に期待したい。
posted by 天野☆翔 at 23:17 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする