冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年07月23日

慰安婦問題解決の為の財団の代表が辞意。

* 【「慰安婦」日韓合意】韓国「癒し財団」の理事長が辞意 運営費カットで引責 財団の活動大きく停滞へ - 産経ニュース
慰安婦問題の「完全かつ不可逆的な解決」を確認した2015年末の日韓合意に基づき、韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」の金兌玄(キム・テヒョン)理事長が先週開かれた理事会で辞意を表明していたことが23日、分かった。同財団の関係者が明らかにした。
 関係者によると、金氏は財団の運営費が政府予算に組み込まれず、全面カットされたことなどへの責任をとって辞意を表したという。合意に基づき日本政府は昨年8月、韓国側に10億円の資金を拠出している。当時の朴槿恵(パク・クネ)政権の韓国政府は財団を設立。合意当時に存命だった元慰安婦の7割以上が、これまでに財団を通して金を受け取っている。
 しかし、今年5月に日韓合意に批判的な文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足し、韓国政府は日韓合意の「検証」に着手している。検証の対象には「和解・癒やし財団」も含まれているという。
 慰安婦問題を担当する鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)女性家族相は日韓合意再協議の意思を示し、財団の活動への調査・検討の必要性を指摘している。金氏の辞意表明により、財団の運営、活動が停滞する可能性が強くなってきた。
慰安婦問題解決の為の合意に基づいた財団の「和解・癒し財団」の代表が、運営費の枯渇から責任を取って辞意の表明をしたが、其の裏には政府予算で運営費が組み込まれずに全面的に削減された事に因む。
文在寅の方針での慰安婦問題解決の為の合意の見直しが此れに大きく影響したのは間違いは無く、存命中の自称元慰安婦の内、和解金を受け取って居ない連中は此の現状をどう捉えるのかと。
尤も、我が国は既に合意に従って履行をしたので、責任を求めて来るのは全くの筋違いなので、南朝鮮政府を批判せよ。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

アメリカの慰安婦問題の意識。

* 【歴史戦】韓国の慰安婦記念日で米政府 「継続的な癒やしと和解を」 聯合ニュースは「米政府が日本の性的奴隷化を非難」と報道(1/2ページ) - 産経ニュース
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が「日本軍『慰安婦』被害者記念日」制定を表明し、日本政府が抗議している問題で、米国務省東アジア太平洋局のアダムズ報道官は20日、産経新聞の取材に対し、「米国は長期間、日韓の双方に継続的な癒やしと和解をもたらす形でこの問題に取り組むよう促している」と強調した。
 アダムズ氏は一般論と断りながらも、「第二次大戦中に日本軍によって性的目的で女性が人身売買されたことは、ひどい人権侵害だ。米政府の立場は変わっていない」とした。
 これに先立ち、国務省のナウアート報道官は20日の定例記者会見で、韓国の聯合ニュースの記者から記念日制定に関し、「性的奴隷制度」に関する認識を問われ、「非難する」と応答。一方で「非常に敏感な問題だ」とも述べた。
 聯合ニュース(英語版)はナウアート氏の発言を「米国が第二次大戦中の日本による女性の性的奴隷化を非難した」と報じた。この報道では、米政府が慰安婦を性的奴隷であると認めたと取られる可能性があるため、産経新聞が国務省に確認したところ、アダムズ氏が回答を寄せた。
 安倍晋三首相は2015年4月、オバマ前大統領との首脳会談後の共同記者会見で慰安婦を「人身売買の犠牲となって筆舌に尽くしがたい思いをされた方々」と表現した。旧日本軍の「強制連行説」と一線を引く狙いがあるとみられる。
国務省のナウアート報道官は一般的な性的奴隷制度への意識では「非難する」と回答するが、南朝鮮では此の一般的な問題を慰安婦問題にする変えて報道する卑劣さ。
国務省東アジア太平洋局のアダムズ報道官は「日本軍によって性的目的で女性が人身売買されたことは、ひどい人権侵害だ。米政府の立場は変わっていない」と云うが、其の根拠は明確で無く、公文書館の資料を確認してるのかと大いに疑念を抱く。
一方産經新聞への回答では「長期間、双方に継続的な癒やしと和解をもたらす形でこの問題に取り組むよう促している」と云うが、此の問題は南朝鮮に対して主張すべきで、我が国に対して主張すべき案件では無い。
アメリカは戦後に実勢調査を実施し、旧日本軍が関与したと云う証拠も確認されて居ないと云う結果を出した公文書を残してるのに、何故此の公文書を無視する動きに成ってるのか甚だ理解に苦しむ。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

今度は徴用工の像ですか。

* 【歴史戦】徴用工像を在済州日本総領事館前に 韓国の市民団体 ソウル、釜山に続き10月に設置 - 産経ニュース
韓国南部・済州(チェジュ)島の在済州日本総領事館前に、日本の朝鮮半島統治時代に「強制された」という徴用工の像を設置する計画を、韓国の市民団体が20日、発表した。
 計画を進めるのは「済州地域日帝強制徴用労働者像建立推進委員会」。聯合ニュースによると、同委員会はこの日、済州道議会で行った会の発足を兼ねた記者会見で、今年10月中旬ごろに総領事館前の公園に像を設置する方針を表明した。像の管理条例の制定に向けた運動も展開するという。
 徴用工像は4月に別の団体が、ソウルの日本大使館や釜山(プサン)の日本総領事館の前に、日本による朝鮮半島統治からの解放記念日にあたる8月15日に設置することを発表している。
 大使館と釜山の総領事館の前では、外国公館前での侮辱行為を禁じたウィーン条約に反し、慰安婦像が撤去されず放置された状態だ。慰安婦問題をめぐる日韓合意の精神にも反しており、日本政府は韓国政府に撤去を要求してきた。
 徴用工像の設置もウィーン条約に違反する行為で、済州も加われば、在韓国の日本公館すべての前に国際条約に反した像が置かれることになる。
済州島の日本領事館前に今度は徴用工の像が設置される動きと判明したが、現状でも充分にウィーン条約に違反し更に慰安婦問題解決の為の合意に違反する事を平然と実行してる違法状態なのに、此れを完全に無視して更に徴用工の像を設置してウィーン条約に違反しようとするのか。
南朝鮮は本当に国際法を完全に無視した異常な国家で在る。
国際法を順守せずに自分達の都合で政治をするので在れば、国際的に信用されない上に気違い国家として認定され、爪弾きに成るのだと自覚するが良いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 04:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

南朝鮮は条約完全無視の国で在る。

* 【「慰安婦」日韓合意】韓国外相「日本が移転を求めるほど慰安婦像は作られていく」「本当におかしな合意」(1/2ページ) - 産経ニュース
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は、慰安婦問題をめぐる日韓合意の検証について、外部の専門家を交え、外相が直接管轄する特別部会(タスクフォース)で進めると表明した。韓国紙の中央日報が19日に報じたインタビューで語った。在韓日本大使館前の慰安婦像に関しては「日本が移転を求めるほど、像はさらに作られる」と述べた。
 康氏は、朴槿恵(パク・クネ)前政権が2015年12月に日本と交わした日韓合意について「発表当時、本当におかしな合意だと思った」とし、「あえて『最終的・不可逆的に解決』とうたう必要があったのかと感じた」と振り返った。慰安婦問題が過去に何度も蒸し返されてきたため、日本側がこだわった文言だったが、特別部会では、「最終的・不可逆的」という表現が入った経緯を確認すると強調した。
 検証理由については「人権問題は被害者中心の解決が基本だが、その部分に忠実ではなかったと感じた」と指摘。日本に再交渉を求める可能性に関しては、言葉を選びつつも、検証の結果次第では、「一つの選択肢になり得る」と述べ、再交渉も念頭に置いていることを明らかにした。
公館前の慰安婦像に対しては、「公館を保護しなければならない外務省の国際的義務があるが」と前置きしながらも、「少女(慰安婦)像に対する市民社会の熱望に共感して尊重しなければならない」と強調。一部民間団体などの動きにおもねり、日本側の移転要求に応じない姿勢を示した。
領事館や大使館周辺の政治的な目的での慰安婦像の設置は完全にウィーン条約違反なのは明白で、此の慰安婦像の撤去や移転を康京和外務大臣は我が国からの移転要求を完全に拒絶した。
国際法上からも違法なのに、条約同様の効果を持つ慰安婦問題解決の為の合意の履行をもせず、国内情勢ばかりを最優先する南朝鮮は完全に狂った国で在る事を今回改めて露呈しました。
我が国が出来る事は、国交を最小限度に留め国際的に国際法の順守を促す活動をする以外他無いでしょう。
もう南朝鮮とは正常な国交は望む事自体が間違いで在ると自覚すべきです。
posted by 天野☆翔 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

オーストラリアで多重国籍の議員が辞職。

* 豪、緑の党の副党首、二重国籍でまた議員辞職 もう1人の副党首も辞任したばかり - 産経ニュース
オーストラリアの野党・緑の党の副党首、ラリッサ・ウオーターズ上院議員(40)は18日、自身が二重国籍だったことが判明したとして、議員を辞職した。同党では、もう1人の副党首も二重国籍が判明して辞職したばかり。ロイター通信によると、移民国家の豪州では、3人に1人が海外生まれで二重国籍者も多いが、複数国籍所持者には議員資格がない。
 ウオーターズ氏は、2011年に当選。カナダで誕生したが戻ったこともなく、カナダ国籍を持っていたことを「知らなかった」としている。
 同党副党首のスコット・ラドラム氏(47)も先週、ニュージーランド国籍の放棄を怠ったまま9年間上院議員を務めていたとして、議員辞職した。
 与党の自由党では、トニー・アボット前首相(59)が先週、議員になる半年前の1993年に英国籍を放棄していたとして、証明書類を公開している。
オーストラリアで緑の党の議員の二名が多重国籍が発覚して議員辞職の運びに成ったが、此れが世界では当たり前の姿で在る。
野党で在っても国の代表の一人なのだから、単一の国籍のみにすべきなのだ。
蓮舫は此の動きをどう捉えるのかと厳しく問い質したい。
醜態を晒し議員の椅子にしがみつく其の姿は極めて醜悪で在る。
posted by 天野☆翔 at 04:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

朴槿恵政権時代の文書に違法性と南朝鮮。

* 【慰安婦「日韓合意」】慰安婦合意で「違法な指示含む」 韓国大統領府が「朴槿恵前政権の新文書発見」 - 産経ニュース
聯合ニュースによると、韓国大統領府は17日、朴槿恵(パク・クネ)前政権当時の民情首席室から、新たに1361件の文書が発見されたと明らかにした。文書には朴大統領らが不正に関与したとして捜査が行われた事案に加え、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関する内容の記載もあるといい、「中には(政府による)違法な指示が記載された事項が含まれる」としている。
 具体的な指示の内容や合意締結との前後関係については公表していない。韓国内で日韓合意の再交渉を求める主張に影響を与えるか、注目される。
 大統領府では14日にも、民情首席室から前政権当時の文書約300件が見つかり、一部資料を検察に提出したと明らかにしていた。
朴槿恵政権時代に作成された文書の中に慰安婦問題解決の為の二国間合意の内容に関して違法性が確認されたと云うが、其の具体的な中身は一切明かしては居ませんが、どう違法性が在るのかの正確な説明が無ければ納得はされ無いでしょう。
どんな内容で在っても、国際的に発信された合意で在るのだから、違法性が在るのだとしたら其の根拠を提示する責任が南朝鮮政府には在るのだ。
此の中身を提示しない限りは南朝鮮政府の虚言で在ると云う認識が広がるだけで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

慰安婦の虚像を二人の人物が糾弾。

* 【「慰安婦」裏話】安倍晋三氏とケネディ氏に送られた「慰安婦問題のデタラメ」を糾弾する手紙とは? 「朝鮮の真実」知る日韓古老が送る(1/5ページ) - 産経ニュース
2年前、日韓の間で最終的かつ不可逆的に解決したはずの慰安婦問題が再び、蒸し返されようとしている。新たに就任した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は日韓合意の見直しをほのめかし、アメリカでは、韓国・中国系住民の運動によって慰安婦像の設置の動きが止まらない…。こうなることを見越したように「慰安婦問題の虚構性」を糾弾する手紙を日米の政治家宛に書いた2人の日韓の古老がいた。いずれも日本統治下の朝鮮にいて「真実」を知る生き証人である。
慰安婦問題をめぐる「事実ではないこと」を見逃せない
在米の韓国系米国人古老は、日本統治時代の朝鮮で生まれ、そこで教育を受けた。年齢は90歳に近い。戦後、韓国の名門大へ進み、朝鮮戦争に従軍。その後、渡米して帰化し、在米の大手企業に勤めた。残念ながら彼の個人情報はこれ以上明かせない。家族や親類にまで累が及ぶ懸念もあるからだ。
 2年前、米国のキャロライン・ケネディ駐日大使(当時)宛に手紙を書いたのは、アメリカで慰安婦問題をめぐって「事実ではないこと」がまかり通っている事態を、どうしても見逃せなかったからだ。
 「強制連行され、日本軍の性奴隷になった20万人もの婦女子」「かつてないほど残酷な20世紀最大の人身売買」…。2007年には日系のマイク・ホンダ米下院議員(当時)が主導して、日本の謝罪まで求めた決議が下院で可決された。在米の韓国・中国系住民の働きかけによって、各地で進む慰安婦像の設置計画。事実ではない“日本軍の蛮行”は、教科書にも掲載され、「日本人の名誉」はおとしめられるばかりだ。
ケネディ大使への手紙は、「(この問題が)東アジアにおける米・日・韓の同盟関係を弱体化させている」と始まり、事実の分析を踏まえた虚構性の根拠を個条書きにしている。
 ・狭い朝鮮半島から日本軍が20万人もの婦女子を大衆の抵抗もなく強制連行できるはずがない
 ・済州島での“慰安婦狩り”などを記した吉田清治氏の本が1989年に韓国で翻訳されるまでこうした「話」は聞いたことがなかった
 ・もし、実際にこうしたことが行われていたなら朝鮮にいた欧米の外交官、宣教師、メディア関係者らが何らかの報告をしていたはずだ−。
アメリカでの事態を放置すれば、子々孫々にまで禍根を残す
彼は当時、父親と済州島へ行ったことがあり、この問題が政治化するきっかけになった吉田清治氏が本に記した“慰安婦狩り”のような話は「一切聞かなかったし、日本の軍人が多数いるような物々しい状況にもなかった。だから(吉田氏の)本を読んだとき、おかしいと思った」とも答えている。
 彼には民族を裏切る気持ちも政治的な意図もない。さらにいえば朝鮮人を含め、慰安婦の存在自体を否定しているわけでもない。
 「当時は“おしん”の時代ですよ。家が貧しいがために、身を売られた若い女性は日本人にも朝鮮人にもいました。私も当時、朝鮮語の新聞で慰安婦募集の広告を目にした記憶があります。『親権者同伴、戸籍抄本持参で業者がいる旅館まで来るように』と書かれていたのが印象的でした」
 こうした自身の体験や客観的な事実を踏まえた上で彼はこういう。
「前述のような話(日本軍が強制連行して性奴隷にした)は客観的に分析すれば、あり得ないと分かるでしょう。それなのに日本政府は事なかれ主義で謝ったり、お金を出したりした。アメリカでの事態を放置すれば、在米日本人、日系人、日系企業、旅行者…子々孫々にまで禍根を残すことになると思いますね」
 彼の思いとは裏腹にアメリカでの事態は悪化する一方。歯がゆさが募るばかりだ。「僕はいうなれば『部外者』です。動いたのは義侠(ぎきょう)心のようなものかな。本来なら日本人自身がやるべき仕事でしょう。特に当時の朝鮮にいて実際に見聞きした日本人たちがもっと声を上げて、今こそ『真実』を証言すべきですよ」
「軍や官吏の強制」は絶対にない
和歌山県田辺市に住む西川清さんは、大正4(1915)年生まれ、今月末で102歳になる。
 地元の林業学校を出て、日本統治下の朝鮮へ渡り、総督府の官吏になった。やがて20代の若さで、郡の内務課長に抜擢(ばってき)される。郡とは内地で言えば、都道府県と市町村の間に位置する自治体の単位。内務課長は人事や総務、そして、戦時動労働員(官斡旋(あっせん)や徴用)に携わる職だった。
西川さんが安倍首相宛てに手紙を書いたのは平成25年。そこには「(韓国などがいう)従軍慰安婦なるものに、日本の軍や官吏が強制連行などに関係したことは絶対にありません。かく私が断言できるのは郡の内務課長を歴任した経験があるからです」とあった。
強制連行、私の耳に入らないはずがない
当時の行政系統は、朝鮮総督府→道→郡→(内地の市町村にあたる)邑(ゆう)・(さらに小さい規模の行政区分にあたる)面となっている。西川さんが携わった、朝鮮人の戦時動労働員は、総督府の指示によって、道・郡が邑・面に割り当てを行い、実際に人員を集める。
 西川さんは「朝鮮に徴用令が適用(昭和19年9月〜)される前から『徴用』と呼ばれていたが、その際には労働条件をきちんと提示し、納得した上で内地へ行った。待遇も悪くなかったし、殴る蹴るで無理やり集めるなんて絶対にあり得ませんよ。もし、軍などが婦女子を慰安婦として強制連行したような事実があれば、(内務課長の)私の耳に入らないはずがありません。慰安婦を募集していたのは女衒(ぜげん)とよばれた業者です」と話す。
戦前、戦中の実態も知らず机上の空論をもてあそぶのは慨嘆に耐えない
記憶にあるのは、当時の朝鮮にあった娼家の姿だ。「カルボチブ(朝鮮語で娼家)」と居酒屋を指す「スルチブ」の2通りがあり、どちらの店にも、朝鮮人の若い女性の娼婦(しょうふ)を置いていた。公娼制度があった時代で、面事務所があるような街には必ず、2種類の店があったという。慰安婦になった中には、こうした店の女性も多かった。
 手紙で西川さんは、「カルボチブ、スルチブの戦前、戦中の実態も知らぬくせに、いいかげんに机上の空論をもてあそぶのは慨嘆に耐えない」と憤りをあらわにする。慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野談話」の見直しを求めたが、返事は来なかった。
 西川さんはいう。「(日本統治時代の朝鮮は)治安もよく、穏やかな社会だった。創氏改名だって強制ではありません。役所の上司にも同僚にも朝鮮人はたくさんいたし、仲良くやっていたんです。こうした『真実』をぜひ、知ってほしいと思いますね」
 ●西川清(にしかわ・きよし)氏
 大正4(1915)年、和歌山県出身。熊野林業学校卒業後、日本統治下の朝鮮へ渡り、江原道産業部に就職。第1回朝鮮総督府地方官吏養成所へ入所し、28歳の若さで江原道寧越郡内務課長に就任、同原州郡内務課長、同道庁鉱工部鉱工課主任を経て終戦。戦後は和歌山県庁に勤めた。著書に「朝鮮総督府官吏最後の証言」(桜の花出版編集部)がある。
在米南朝鮮人と和歌山県在住の日本人が当時の日本や朝鮮半島の実情を十二分に考慮した上で、現在特定アジアが喧伝する様な強制連行を元にする慰安婦の存在を完全に論破する内容で糾弾しました。
過酷な戦中を生き延びて来たこう云う人達が発言するのは非常に貴重な上、其の時代を生きたのだから説得力に満ち満ちてるのは云う迄も無かろう。
お花畑の頭の中の日本人や特定アジアの喧伝に騙されたり積極的に関わってる様な人達は、此の二名の証言に真摯な態度で考えを改めるべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

自国の都合しか考えない支那。

* 【世界ミニナビ】「海外の雑音は無視」と声高に叫ぶ中国共産党系紙 劉暁波氏死去で - 産経WEST
中国の民主活動家、劉暁波氏が死去して15日に「海葬」が行われた。16日付けの中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は社説で、「中国側は外国のトラブルメーカーがかき立てる雑音を無視し続ける」との社説を掲載した。
 社説は、海外の人権活動家や一部政治家は「劉氏の病気や死を、自分たちのイメージを高めるのに利用し中国を悪魔呼ばわりした」と非難。「たとえ劉氏が治療のため海外に移送されていたとしても、中国を攻撃する否定的な面を見つけ出しただろう」とあてつけた。
 一方、「劉氏の家族の満足が外国の要求より重要だ」と主張。遺族を代表して記者会し中国共産党への感謝を表明した実兄、劉暁光氏を盾に海外メディアの批判に抗弁した形だ。
劉暁波氏の逝去の案件で、不当拘束自体が異常で此れが原因で死亡したも同然なのに、此れを批判する各国の声を完全に黙殺すると云う、正しく御都合主義でしか無い支那には呆れ果てて開いた口が塞がらない。
一方で劉暁波氏の兄の声を紹介し自己弁護を図るとは、其の主張の正当性が無い事を自ら露呈した。
自分達の事しか考えない欺瞞に満ちた国で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

着々と進む香港の赤化。

* 香港、新たに民主派議員4人が失職 - 産経ニュース
香港の高等法院(高裁)は14日、昨年9月の立法会(議会)選で当選した民主派議員4人の議員資格を取り消す判決を下した。取り消されたのは「香港独立」色の強い新党「香港衆志」の羅冠聡主席ら。就任宣誓を誠実に行わなかったとして香港政府が取り消しを求めていた。昨年11月には反中派議員2人が失職しており、失職は計6人となった。
香港の立法会の議員四名が高等法院の判決で失職の動きに成った。
此の議員は民主的な議員で香港独立を強く推し進める政党の議員達で在る。
民主的な選挙で選ばれたのに宣誓で弾かれるとは本当に恐ろしいです。
posted by 天野☆翔 at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

極めて傲慢な支那の態度。

* 「慣れれば済む話」 宮古海峡飛行で中国国防省 今後も飛行続行と強調 - 産経ニュース
中国国防省の任国強報道官は14日、中国軍機による13日の宮古海峡上空の飛行について「関係各国は大騒ぎしたり、深読みしたりする必要はない。慣れれば済む話だ」とのコメントを発表した。
 日本の防衛省は13日、中国軍のH6爆撃機6機が沖縄本島と宮古島の間の公海上空を飛行し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表していた。領空侵犯はなかったという。
 任氏は今回の飛行について「定例の訓練だ。宮古海峡上空での飛行活動は合法で正当なものだ」と主張。「中国軍は今後も任務の求めに応じて同様の遠海訓練を続ける」と強調した。
宮古海峡上空への支那軍機の飛行を慣れれば済む話と一蹴する支那だが、極めて傲慢で絶対に許す事の出来無い言語道断の案件で在る。
我が国の防空識別圏に入る事自体が問題で深刻なのに、此れを慣れよなんぞ傲慢な態度で一蹴するとは何事か。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする