冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年01月18日

芸術家達の怒りを買う南朝鮮。

* 韓国・釜山の区役所、米有名芸術家の作品を「目障り」として廃棄 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
韓国・釜山市の海雲台(Haeundae)のビーチ脇に設置された米国人アーティスト、故デニス・オッペンハイム(Dennis Oppenheim)氏の遺作の一つが「目障り」になったとの理由で、市当局によって解体されたことが明らかになり、芸術愛好家らが衝撃と怒りをあらわにしている。
 オッペンハイム氏は、コンセプチュアル・アートやパフォーマンス・アートの他、彫刻でも活躍したアーティスト。作品は仏パリのポンピドー・センター(Pompidou Centre)や米国のニューヨーク近代美術館(MoMA)など世界各地のそうそうたる美術館に収蔵されている。
 だが海雲台区役所にとって、そんなことは大したことではなかったようだ。
 海雲台区の当局者はAFPの取材に対し、設置した場所と時期が悪かったと説明。「Chamber」と題された彫刻作品は、潮風でさびが発生した上、2016年の台風で損壊。周辺の住民や通行人からは「目障りになっている」ので撤去してほしいという電話が多数あり、当局は先月、作業員を派遣し、彫刻を解体・撤去した。
 さらに当局者は、残がいの金属は鉄くずとして売却されたとの報道を否定し、素材の大半は鉄パイプとポリカーボネートで、廃棄物処分場へ送られたと語った。
南朝鮮の釜山市に設置されたデニス・オッペンハイム氏の遺作が「目障り」との理由で撤去され、更に解体されて鉄屑と化したと云う。
デニス・オッペンハイム氏は世界的にも有名なアーティストで在る。
南朝鮮は芸術の何足るかを理解して居ない様子です。
posted by 天野☆翔 at 05:33 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

始まる前から異常な平昌五輪。

* 【平昌五輪】合同入場やアイスホッケー女子合同チーム結成で合意 南北次官級会談 正恩氏肝煎りスキー場活用も - 産経ニュース
韓国と北朝鮮は17日、2月開幕の平昌五輪への北朝鮮の参加をめぐり、板門店(パンムンジョム)の軍事境界線南側にある「平和の家」で次官級の実務協議を開き、アイスホッケー女子の合同チームを結成することや、開会式で朝鮮半島を描いた統一旗を掲げ、合同入場行進することで合意した。北朝鮮が応援団約230人を派遣し、合同応援を行う方針も確認した。
 五輪での南北合同チームは初めて。合同入場は2006年トリノ大会以来。
 会談後、発表した共同報道文によると、五輪開幕前に北朝鮮の金剛山(クムガンサン)地域で文化行事を共催することや、馬息嶺(マシクリョン)スキー場で韓国選手と合同練習を行うことでも合意した。会談に出席した韓国統一省の千海成(チョン・ヘソン)次官は、9日の閣僚級会談で韓国側が提案したと明らかにした。同スキー場は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の肝煎りで整備されただけに、国際社会の制裁が続く中、韓国内外から批判も出そうだ。
 北朝鮮の参加種目や選手団の規模は20日、スイスで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)との会談で最終決定される見通し。
 北朝鮮は、テコンドー演武団約30人も派遣し、平昌やソウルで公演も行う。北朝鮮の選手団は2月1日に韓国入りし、今月25〜27日には先発隊も派遣される。一団は陸路で韓国入りする方針も示された。
 3月のパラリンピックにも選手団や応援団など約150人を送る意向も表明。今後、詰めの協議を行う。
 報道文では、韓国が北朝鮮代表団の「安全と便宜を保証する」とし、滞在費の負担といった具体的問題については明記されなかった。一方で、双方が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の応援団活動を保証することも盛り込まれた。
 会談には、韓国から千氏ら3人、北朝鮮から祖国平和統一委員会の田鍾秀(チョン・ジョンス)副委員長ら3人が出席した。
アイスホッケー女子の合同チームの構想が合意されたと云うが、五輪では前代未聞な上、五輪の性質を考えると明らかに異常。
国と国との対抗戦で在る筈なのに、合同チームと云うのは絶対に認めては為らない。
北朝鮮の都合でしか無く、此れを受け入れた南朝鮮の異常さが露呈した。
posted by 天野☆翔 at 05:25 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

カナダで女性平和活動家がデモ。

* 【外相会合】対北朝鮮、制裁より対話を 女性平和活動家がデモ - 産経ニュース
北朝鮮の核・ミサイル問題に関する外相会合に先立ち、カナダ・バンクーバーの会場前で16日、計16人の女性活動家が北朝鮮への制裁を解除し、韓国と北朝鮮の和解と対話を推進するよう訴えるデモを実施した。
 2015年に韓国と北朝鮮の軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)を横断する行事に参加したことがあるハワイ・ホノルルの平和活動家クリスティン・アンさんは「北朝鮮への制裁は一般市民に対する暴力であり対話に結びつかない。平昌(ピョンチャン)冬季五輪を契機に和解を進めるべきだ」と述べた。
 日本から参加した同志社大グローバル・スタディーズ研究科の秋林こずえ教授は「対話への努力をせずに軍事力を行使することは、北東アジアだけでなく世界の人々の生命を脅かすことになる」と語った。
 アンさんらは南北和解を訴えるため、今年5月にもDMZの横断を計画しているという。
北朝鮮への対応で、制裁よりも対話でと女性活動家がデモを実施したが、現実が何も見えて居ない。
対話を何度も繰り返しても一向に核廃絶への動きは無いのだから、制裁以外の道は無いのです。
そんなに対話を求めたいならば北朝鮮に入国してすれば良い。
posted by 天野☆翔 at 05:06 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

核兵器廃絶国際キャンペーンの負け犬の遠吠え。

* ICAN事務局長が広島で講演 「日本は足踏み外した」と批判 - 共同通信
昨年のノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は15日、広島市で開かれた若者との対話集会で講演し、核兵器禁止条約に参加しない日本政府を「(核廃絶を求める)合理的な国際社会から足を踏み外した」と批判した。
 集会には学生や被爆者ら約340人が参加した。フィン氏は、被爆国の日本が条約に反対していることに「広島、長崎以外で同じ過ちが繰り返されていいと思っているのではないか」と指摘。「被爆地と日本政府の隔たりは大きく、埋める必要がある」と訴えた。
我が国の政府に対して、核兵器禁止条約を論い国際社会から足を踏み外したと批判するが、我が国は独自に此の条約案を提出してたので、条約に参加して無いと云う事では無いのです。
又、条約の参加云々で批判する以前に、北朝鮮の度重なる核実験を批判すべきで、方向性が完全に間違ってる。
お前達の背後関係が北朝鮮だからこそ、此処に言及しないのは極めて卑怯で姑息な手段で在るのだ。
ノーベル財団もこんな気違い連中に平和賞を授与した事に後悔してる事でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

アメリカで実子を監禁。

* 自宅で子供ら13人虐待か 2〜29歳を鎖でつなぎ 米カリフォルニア州の両親を拘束 - 産経ニュース
米メディアによると、米カリフォルニア州リバーサイド郡の捜査当局は15日、子供ら13人を自宅で監禁し、虐待していたなどとして、同郡の父親(57)と母親(49)を拘束、訴追したと発表した。
 13人は2〜29歳。うち数人は「ひどい悪臭がする場所」でベッドに鎖などでつながれていた。地元警察が動機などを捜査している。
 リバーサイド郡はロサンゼルス郊外の住宅地。事件は17歳の少女が14日、自宅から逃走し、携帯電話で「12人のきょうだいが親に捕らえられている」と警察に通報して発覚した。
 捜査員が自宅を調べたところ、12人が見つかった。いずれも栄養失調で、通報した少女も10歳程度にしか見えず、やつれていたという。13人は医療機関で手当てを受けている。
何年間監禁されてたのかは不明だが、自分達の子供十三人を監禁してた事件が確認されました。
百歩譲って言う事を聞かない子供を監禁すると云うのなら話は解るが、十三人とも為ると事態は異為り以上性が際立つ。
通報したとされる子供は良くぞ脱出出来たものだと関心する。
posted by 天野☆翔 at 23:28 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

南朝鮮首相の気違い見識。

* 対日関係改善「少し時間かかる」 平和巡る協力は揺るがず=韓国首相-Chosun online 朝鮮日報
国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は16日、新年を迎えて公邸で記者懇談会を開き、対日関係について、「(関係改善には)少し時間がかかるのではないか」として、「朝鮮半島平和に向けた(両国の)協力などに揺るぎはないが、両国関係が少しぎくしゃくする期間がありそうだ」との認識を示した。
 李氏は旧日本軍の慰安婦問題を巡る日本との合意について、韓国政府は▼歴史的な真実▼普遍的な正義▼被害者の立場――という三つの基準を持っていると説明。ただ、「国家間、政府間で合意があったことは紛れもない事実だ。約束を破棄したり、再交渉を要求したりはしない」と述べ、韓国政府の従来の立場を重ねて強調した。
 慰安婦被害者の尊厳と名誉回復に向けた具体策に関しては、「被害者の声も聞かなければならず、少し時間がかかると思う」とした上で、「外交部長官も大統領も被害者に謝罪した。被害者との意思疎通のための意味ある始まり」と述べた。
 日本政府が拠出した10億円の返還と再交渉を求める被害者の声が高まる可能性については、「政府が最終的な立場を発表したのは、(被害者の)おばあさんたちがそのような考えを持っていることを承知してのこと」とした。
慰安婦問題解決の為の二国間合意に関して、南朝鮮の李洛淵は青瓦台は「歴史的な真実」「普遍的な正義」「被害者の立場」の基準を持ってると主張したが、歴史的な事実は無く、普遍的な正義は妄想でしか無く、被害者の立場は勝手に被害者に成っただけです。
最早、妄想の中でしか生きて居ないのでしょう。
気違い以上の何物でも無く、完全に狂った思想で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

「イタコ病」迄患った南朝鮮。

* 【取材日記】日本版シンドラーが安倍首相に望むこと=韓国 | Joongang Ilbo | 中央日報
深刻な面持ちでテレビカメラの前に立った彼がこのように話した。「世界中で杉原さんの勇気ある人道的行動は高く評価されている。日本人として誇りに思う」。
欧州を訪問中の日本の安倍晋三首相が14日午前(以下、現地時間)、リトアニア・カウナスの杉原千畝(1900〜1986年)記念館を訪れた。第2次世界大戦時、駐カウナス日本総領事代理だった杉原は「日本版シンドラー」と呼ばれている人物だ。ナチス・ドイツの迫害を受けてポーランドに逃れてきたユダヤ人に、日本行きのビザを発行したためだ。彼が1940年に発行したビザの数は記録に残っているものだけで2000枚を越える。ビザ1枚で一緒に脱出した家族まで勘案し、彼が救ったユダヤ人の数を6000人と推算することもある。
われわれには過去の過ちをしっかり反省していないというイメージが固まっているが、逆説的に安倍首相は歴代の日本の首相の中で、ホロコースト(ナチス・ドイツのユダヤ人虐殺)関連施設を最も熱心に訪問してきた。偶然というにはあまりにも絶妙だが、その大部分は安倍首相が歴史問題に関連した周辺国との葛藤で追い詰められていた時期と重なる。
一例として、2013年12月に靖国神社参拝によって韓国と中国の反発を自らまねいた翌年3月には、ユダヤ人少女アンネ・フランクが隠れて過ごしたオランダ・アムステルダムの「アンネの家」を訪れた。ここで安倍首相は「歴史の事実に謙虚に向かい合う」と述べた。
安倍首相は、世界的に慰安婦問題への関心が高まった2015年4月の訪米時にも、ワシントンのホロコースト博物館を訪ねた。しかし彼は首脳会談記者会見で「(慰安婦被害女性たちが)人身売買の犠牲になって到底表せない経験をした方々を思うと、今でも胸が痛む」と述べ、判に押されたような回答だけを繰り返した。
安倍首相は今回も慰安婦合意をめぐって韓日間葛藤が深まる渦中に杉原博物館を訪ねた。日本政府の主張のように、国同士の約束は尊重して実行するのが国際的な常識だ。だが、杉原の人道的行動をそのように誇りに思っている安倍首相が、唯一、慰安婦問題だけに対しては「1ミリも動かない」と言うのは人道主義と正義に符合しない。ナチ被害者を哀悼する気持ちが真の心なら、その真の心の一部だけでも慰安婦被害者に見せてほしいと、杉原は自身の博物館を訪ねた安倍首相に語りかけていないだろうか。
杉原千畝元在リトアニア日本総領事記念館を訪問した安倍晋三内閣総理大臣だが、此の案件に関して中央日報は以下の様に記事化した。
「ナチ被害者を哀悼する気持ちが真の心なら、その真の心の一部だけでも慰安婦被害者に見せてほしいと、杉原は自身の博物館を訪ねた安倍首相に語りかけていないだろうか。」。 何を勝手に杉原千畝を利用し妄言を吐くのかと。
posted by 天野☆翔 at 23:13 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

朝日新聞箱田哲也論説委員が南朝鮮の中央SUNDAYのインタビューに応じたが。

* 「知韓派」日本言論人が見る最近の韓日関係(1) | Joongang Ilbo | 中央日報
朝日新聞の箱田哲也論説委員(52)は13日、中央SUNDAYのインタビューで、文在寅(ムン・ジェイン)政権の韓日慰安婦合意検証タスクフォース(TF、作業部会)発表とその後の政府の対応に「遺憾であり、強い不安を感じる」と述べた。
箱田氏は2回の韓国特派員勤務を合わせて計10年間も韓国に滞在した知韓派言論人だ。箱田氏は1991年8月に故金学順(キム・ハクスン)さんが初めて韓国人慰安婦の存在を公開的に証言して以来、慰安婦被害者、韓日両国の政治家と市民団体関係者を相手に取材してきた。朝日新聞はその間、日本の保守系メディアとは違い、被害者の観点で慰安婦問題を扱ってきたという定評がある。
−−なぜ検証TFの結果に失望したのか。
「文在寅(ムン・ジェイン)政権には責任がある姿勢でこの問題に終止符を打とうという考えが本当にあるのか疑わしい。TFは高く評価しなかったが、2015年の日韓慰安婦合意には日本側の責任とおわび、反省を明確に込められている。四半世紀の間、両国は一度も合意しなかったため、日本政府、しかも歴史問題に強い執着を見せる安倍政権が事実上、国家としての責任を認めたのは『歴史的な事件』だった。TF報告書では朴槿恵(パク・クネ)政権の失政を強調したいという意志が強く感じられた。ただ、TFは日本が拠出した10億円と少女像移転問題を交換したという密約がなかったということを明確にした。この問題をめぐり朝日新聞など多くの日本・韓国メディアが不正確な報道をしてきた」
−−韓日関係の未来が不安だということか。
「文在寅政権が果たして2年前の合意より進展した結果を作り出すことができるだろうか。今回の韓国政府の対応を日本で最も歓迎する人は皮肉にも嫌韓派だ。『ほら見ろ、約束を守らないのが韓国の本当の姿だ』と叫ぶ機会をつかんだ。先入観を抱かずありのままの韓国を理解しようと言いながら両国の懸け橋の役割をしてきた人たちの立場が狭まっている」
−−合意に込められた「不可逆的な解決」という表現に批判が多いが。
「TFの発表のようにこの表現は韓国が先に提案した。当時、提案を聞いた日本側は非常に驚いた。韓国は、日本がまた2014年の『河野談話検証』のように責任と謝罪に対する立場を覆すような言動をしてはならないという意味で提案した。TFは交渉途中にこうした立場が逆になって『今回の慰安婦合意は不可逆的な解決』と脈絡が変わったと指摘したが、あえてそうする必要があるのか。韓国側は『不可逆的』の趣旨を自ら変えたり訂正した事実は今まで一度もなかった」
−−当時、米国の圧力で両国が急いで合意したという指摘もあったが。
「私が取材したところによると、合意当時に米国の圧力は全くなかった。朴槿恵政権が慰安婦問題の進展を日韓首脳会談の前提条件としたため問題がさらに複雑になったというTF報告書の内容には同意する。日本は朴槿恵政権の発足初期から慰安婦問題以外の事案により尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官に対する強い不信感を抱いていた。このため尹長官ラインでは両首脳間で本音で交渉できないと判断し、秘密接触が始まった。取材の過程で知った交渉内容をすべて明らかにすることはできないが、当時、韓国側は非常に強い決意を持って交渉に臨んだ。交渉を主導した李丙ギ(イ・ビョンギ)元大統領秘書室長は家族に慰安婦被害者がいるのではと思うほど強く日本に攻勢を見せ、日本は最後まで苦しんだ。今回のTFは韓国に残っている書類だけを見たはずだが、当時の日本政府の状況と交渉の雰囲気を把握していない。実際は報告書の内容とは違い、非常に激しい状況だった」 
* 「知韓派」日本言論人が見る最近の韓日関係(2) | Joongang Ilbo | 中央日報
−−日本でも合意後の反発が多かったが。
「合意後、両国政府の対応は正反対だった。日本国内でも『国家責任』を認めた部分に非難が多かったが、安倍政権は合意の前向きな部分を集中的に浮き彫りにして世論をもみ消した。一方、韓国では歴史的な成果の部分は浮き彫りにせず、否定的な部分ばかりに焦点を合わせた。韓国政府は責任追及に対する負担感のためか、大統領や外交長官が前に出て被害者や支援団体関係者に会って成果を説明しなかった。そのようにしていれば今のような世論が形成されたのだろうか。『不可逆的』の趣旨がある瞬間に変わった点だけを見ても韓国側の対応はあまりにも未熟だった」
−−交渉に参加した両国関係者の運命も克明に分かれた。
「日本では当時交渉に参加した担当者が順調に昇進した。政府の決定に欠陥がないという点を見せるためだった。一方、韓国側の関係者は私が見ても哀れなほど冷遇された。日韓関係を考えてあえて難しい作業に取り組んだ和解・癒やし財団の理事陣に対する批判もそうだ。このような形なら、今後、韓国の政治家や外交官のうち日本との歴史問題を解決するための交渉テーブルに出ようとする人がいるだろうか。責任のある席をみんなが避ければ、結局、韓国の被害者の方々だけが取り残されるだろう。両国に、特に若い世代に非常に不幸なことだ」
−−今後、韓日関係はどうなるだろうか。文大統領は歴史問題と未来志向的協力を分離するという立場なのに。
「韓国は合意破棄や再交渉を要求しないと述べたが、安倍政権はもちろん政権が交代しても、日本が慰安婦問題を政府間の交渉テーブルに再び載せることはおそらくないだろう。過去の日本の保守政権なら経済・文化交流のような分野と政治問題を分離できるだろうが、今の日本政府にはそのような余裕が全くない。韓国経済が不安定になることは日本にも悪材料だが、日韓通貨スワップ再開などの交渉にマイナスの影響を及ぼすことになるだろう。私が最も心配するのは政治色がほとんどない日本市民の関心が韓国から離れることだ。韓流ドラマやK−POPの人気は相変わらずだが、全般的に韓国を訪問する日本人はさらに減るだろう」
−−今後、韓国はどのように対応すべきだろうか。
「日本は河野談話が依然として政府の基本立場だと述べ、安倍首相自身も戦後70年談話で『私たち日本人は世代を超えて過去の歴史に真正面から向き合わなければいけない』と述べた。文大統領は新年の記者会見で『日本の誠意ある謝罪が慰安婦問題の解決』と述べたが、むやみに謝罪しろというのではなく、むしろこうした日本側の発言を活用して牽制する知恵が必要だ。2015年の合意発表当日、私は朝日新聞の1面に『合意は政治的な決定にすぎない。重要なのはこの器に魂を吹き込むことだ』といういうコラムを書いた。政府・市民団体・学界・メディアなどがそれぞれの位置で魂を吹き込む活動をしなければいけない」
* 「知韓派」日本言論人が見る最近の韓日関係(3) | Joongang Ilbo | 中央日報
インタビューの最後に箱田氏は「記者として日本では日本政府の問題点や改善点を指摘した。ところが今回は韓国の読者に訴えることができる貴重な機会だと考え、厳しい表現も率直に述べた」と了解を求めた。続いて「日韓関係の悪化を心配する記者の独言だと理解してほしい」と話した。
また旧日本軍慰安婦被害者の名誉を傷つけた容疑で2審で有罪判決を受けた朴裕河(パク・ユハ)世宗大教授の事件に対する自らの考えを必ず入れてほしいと要請した。箱田氏は「日本社会で朴教授を熱心に支援する人々は日韓間の友好を強く望んで活動してきた人たち」とし「もし最高裁で有罪判決が出れば、日韓関係に非常に大きな悪影響を及ぼすだろう」と懸念を表した。
朴教授は2013年8月に出版された著書で、旧日本軍慰安婦被害者について虚偽事実を記録した容疑で起訴され、1審では無罪となったが、2審では罰金刑を言い渡された。
◆箱田哲也論説委員
1965年生まれ。88年に朝日新聞入社。99年から2003年までソウル特派員。2008年から2012年またソウル支局長。2012年4月から現在まで朝鮮半島担当論説委員。
慰安婦問題解決の為の二国間合意の検証結果と其の後の対応の案件で、此のインタビューの中で南朝鮮の動きを批判したが、一体どの口が曰ってるのかと厳しく問い質したい。
朝日新聞が震源地でも在るし国際的に間違った見解で記事化した事を謝罪しては居ない。
インタビューでも此の事に触れる機会は在った筈なのに、一切言及はして居ない。
此の様子では、今後も自分達が被害者の立場を貫くのでしょう。
呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 05:19 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

フィリピンで慰安婦像を無許可設置。

* 【歴史戦】フィリピンで「慰安婦の苦境と経験」勉強会 像設立の華人団体、「許可受けた」と主張 - 産経ニュース
フィリピンの首都マニラに設置された、日本軍占領下の慰安婦を象徴するとするフィリピン人女性像の近くで15日、「フィリピン人慰安婦の苦境と経験」と題した勉強会が開かれ、地元メディアの記者ら約40人が参加した。
 像設立に名を連ねた人権団体などが主催。像近くの商業施設を会場に、デ・ラサール大学の歴史学者、チュア准教授が、慰安婦は「性的奴隷だった」と主張。元記者が「多くの日本兵が性的暴行を行った」などと証言した。
 比華人団体「トゥライ財団」は同日、主導した像の設立が「関係政府機関から全ての必要な許可を受けた」との声明を出した。
 だがマニラ市などは認めていない。フィリピンのカエタノ外相は12日、慰安婦像が「特定の感情や関係に影響をもたらす」と懸念を表明し、像が公共の場に設置された経緯について、政府内で調査チームを立ち上げたことを明らかにした。
 比華人団体幹部らは勉強会後、約200メートル離れた慰安婦像に移動し、献花した。像が撤去されれば「抗議活動を展開する」と記者団に述べた。慰安婦像はすでにネット検索大手「グーグル」の地図などにも記載されている。
マニラ市に設置された慰安婦像は無許可設置で在った事が政府声明で確定したのに、此れを許可を受けたとして活動するトゥライ財団だが、此の事案をどう説明するのか。
確かに旧日本軍はフィリピンに上陸したが、フィリピンの女性を慰安所の構成員にしたと云う事実は無い。
比華人団体と云うが其の構成員の国籍を明らかにせよ。
其の大半は支那人で在る事は云う迄も無かろう。
内政干渉も甚だしい。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

リトアニアとの案件で干渉する南朝鮮。

* 安倍首相、「日本人シンドラー」杉原千畝記念館を訪ねて「誇りに思う」…日本の過去史は? | Joongang Ilbo | 中央日報
安倍首相が在リトアニア日本総領事記念館を訪ねて故杉原千畝元在リトアニア日本総領事を「日本人として誇り」と話したことを受け、韓国メディアが批判の声を出している。
韓国日刊紙「アジア経済」は15日、リトアニアを訪問している安倍首相が14日(現地時間)、「日本人シンドラーリスト」と呼ばれる故杉原千畝元在リトアニア日本総領事記念館を訪ねたとし、「戦犯国家の過去史にも直視できない安倍首相がドイツ政権のユダヤ人虐殺に対抗した日本人を賛えるのは二重的という指摘も出ている」と報じた。
第2次世界大戦当時、ドイツ・ナチの迫害によって数多くのユダヤ人がポーランドからリトアニアに避難した。日本政府は十分な経済力を持っており、日本を経由地として第3国に離れる人々に限ってビザを発給することを指示した。だが、命が危うかったユダヤ人から目をそらせなかった杉原元総領事は当時、日本外務省の指示に従わず、1940年6月から8月の間にドイツ・ナチが占領したポーランドから脱出したユダヤ人6000人に日本行きのビザを提供した。
韓国通信社「ニュース1」は安倍首相が「全世界で杉原氏の勇気ある人道的な行動は高く評価されている。同じ日本人として誇りに思う」と述べたことに対して、「杉原リストは国連教育科学文化機関(ユネスコ)に申請された一方、慰安婦関連資料のユネスコ登録は極度に警戒する姿の日本」としながら日本政府の二重的態度を批判した。
日本は数千人のユダヤ人の命を救った外交官杉原千畝氏の関連資料を世界記録遺産の登録に申請したが、南京大虐殺、慰安婦資料などは世界記録遺産の登録に反対している。
安倍晋三内閣総理大臣がリトアニアの杉原千畝元在リトアニア日本総領事記念館を訪問したが、此の案件に南朝鮮が噛み付いた。
ナチスの動きでの杉原千畝の対応で、どう南朝鮮が関係して来るのかと厳しく問い質したい。
ユダヤ人保護の案件は実在の戦時中の人権問題だが、此の案件に南京大虐殺事件や慰安婦問題は虚構の事実で世界の記憶には相応しく無いと云う事を全く理解して居ません。
何が何でも反日感情で動く南朝鮮には辟易する。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする