冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年07月14日

東北地方南部も梅雨明け。

* 東北南部梅雨明け 平年より早く(日直予報士 2018年07月14日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう(14日)、東北南部で梅雨明けしたとみられると発表がありました。平年より11日早い梅雨明けです。
東北南部 梅雨明け
きょう(14日)、東北南部で梅雨明けしたとみられると発表がありました。平年より11日早い梅雨明けです。昨年の梅雨明けは特定しませんでした。
梅雨期間降水量(6月10日から7月13日まで)(速報値)
山形69.5ミリ(平年161.5ミリ)、仙台153.5ミリ(平年201.6ミリ)、福島90.0ミリ(178.9ミリ)です。
いよいよ東北地方も梅雨明けしました。
此れで北部が梅雨明けすれば日本列島は夏真っ只中です。
猛暑酷暑への備えは着実にしたい。
posted by 天野☆翔 at 19:03 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

九州地方南部でも梅雨明け。

* 九州南部も梅雨明け 平年より早く(日直予報士 2018年07月11日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう(11日)、九州南部で梅雨明けしたとみられると発表がありました。平年より3日早い梅雨明けです。

きょう(11日)、九州南部でも梅雨明けしました。平年より3日早く、昨年より2日早い梅雨明けです。
※梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の移り変わりの期間があります。また、梅雨入り・明けの時期は、秋に再検討され、見直されることがあります。
暑さ続く、万全の体調管理を
この先一週間も晴れる日が多く、体にこたえる暑さが続くでしょう。夜間も気温が高く、寝苦しく感じられそうです。体調を崩さないよう、お気をつけください。梅雨明け後も気温が上がると大気の状態が不安定になり、にわか雨や雷雨の可能性があります。これまでの大雨で地盤が緩んでいる所がありますので、少しの雨でも土砂崩れの危険があります。急な斜面など、危険な場所には近づかないでください。
気象庁は九州地方南部が梅雨明けしたと見られると発表しました。
残るは東北地方のみです。
関東以西全域が夏に完全に突入した事で、熱中症等夏の疾病対策を万全にして頂きたいと思う。
posted by 天野☆翔 at 23:53 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

四国地方で梅雨明け。

* 10日 四国でも梅雨明け(日直予報士 2018年07月10日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう(10日)、四国も梅雨明けしたとみられると発表がありました。平年より早い梅雨明けです。
四国も梅雨明け
きのう(9日)に梅雨明けが発表された九州北部、中国、近畿、東海、北陸に続き、きょう(10日)は四国も梅雨明けしました。平年より8日早く、昨年より3日早い梅雨明けです。
※梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の移り変わりの期間があります。また、梅雨入り・明けの時期は、秋に再検討され、見直されることがあります。
梅雨明け後の注意点
この先一週間も晴れる日が多く、うだるような暑さでしょう。夜間も気温が高く、体にこたえる暑さですので、体調を崩さないよう、お気をつけください。大雨の被害にあった地域では復旧作業の際も熱中症に十分注意して下さい。
梅雨明け後も気温が上がると大気の状態が不安定になり、にわか雨や雷雨の可能性があります。これまでの大雨で地盤が緩んでいる所がありますので、少しの雨でも土砂崩れの危険があります。急な斜面など、危険な場所には近づかないでください。
気象庁は本日四国地方が梅雨明けしたと見られると発表しました。
此れで、九州地方南部を除外して、関東以西が梅雨明けしました。
本格的な夏の到来ですので、夏への対策は万全を期して欲しいと思います。

昨日の記事で九州地方南部を除外して関東以西が梅雨明けしたとの旨を書きましたが、四国地方は含まれて無かった為誤りでした。
訂正します。

posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

九州地方南部を除外し関東以西全域が梅雨明け。

* 九州北部から東海、北陸で梅雨明け(日直予報士 2018年07月09日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう9日、九州北部から東海、北陸にかけて梅雨明けしたとみられると発表がありました。いずれも平年より早い梅雨明けです。
広く梅雨明け
きょう9日、九州北部、中国、近畿、東海、北陸が梅雨明けしたとみられると発表がありました。
九州北部→平年より10日早く、昨年より4日早い
中国→平年より12日早く、昨年より4日早い
近畿→平年より12日早く、昨年より4日早い
東海→平年より12日早く、昨年より6日早い
北陸→平年より15日早く、昨年より24日早い梅雨明けです。
※梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の移り変わりの期間があります。
※梅雨入り・明けの時期は、秋に再検討され、見直されることがあります。
梅雨明け後の注意点
この先一週間も晴れる日が多く、うだるような暑さでしょう。夜間も気温が高く、体にこたえる暑さですので、体調を崩さないよう、お気をつけください。大雨の被害にあった地域では復旧作業の際も熱中症に十分注意して下さい。
また、梅雨明け後も気温が上がると大気の状態が不安定になり、にわか雨や雷雨の可能性があります。これまでの大雨で地盤が緩んでいる所がありますので、少しの雨でも土砂崩れの危険があります。急な斜面など、危険な場所には近づかないでください。
本日気象庁は九州地方北部と中国地方と近畿地方、東海地方と北陸地方が梅雨明けしたと見られると発表しました。
九州地方南部を除外して、関東以西全域が梅雨明けしました。
本格的な夏の到来ですが、今般の平成三十年七月豪雨の被災地では注意すべき点が有り、衛生管理の徹底が求められます。
汚濁した洪水が広範囲に拡大してる為、疫病等の感染症の危険性が想定出来様。
どうか極力此等を防止する様にして頂きたいと思います。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

大雨特別警報発令される。

* 8府県に大雨特別警報…「重大な危険が差し迫る」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
本州付近に停滞する前線の影響で、6日も西日本を中心に記録的な大雨が降り続いた。気象庁は同日午後、福岡、佐賀、長崎、岡山、広島、鳥取、京都、兵庫の8府県に対し、「生命に重大な危険が差し迫った異常事態にある」として大雨特別警報を発表した。読売新聞のまとめでは、6日午後11時までに広島県内などで3人の死亡が確認された。
 特別警報は、昨年7月の九州北部豪雨以来で、2013年の運用開始から10回目。同庁によると、太平洋高気圧の張り出しが弱く、前線が停滞し、南からの暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、広範囲で大雨になっているという。
 京都府亀岡市の大路次川では6日未明、無人の車が見つかり、近くの女性(52)が下流の大阪府能勢町で遺体で見つかった。広島県安芸高田市では川に流された男性(59)が6日、心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認された。東広島市では6日夜、市内の川で60歳代の男性が転落しているのが見つかり、心肺停止の状態となっている。
 また、広島市に自衛隊から入った連絡によると、同市安芸区で、民家数棟が流されているとの情報があり、確認を進めている。
五日から本格的に振り始めた雨が昨日から大雨に変わり、此の雨量が異常な事から大雨特別警報が発令されました。
範囲は西日本の福岡、佐賀、長崎、岡山、広島、鳥取、京都、兵庫で八つの府県。
台風七号の影響だが、次に控える八号も同じ進路予想で在る。
此の大雨は週明け辺りには収束する見通しだが、直ぐ様八号が接近して来ます。
警報の有無は無関係で、生命財産を守る為には早期に退避行動を取る必要が在る。
少しの雨天でも土砂災害などが起こり得る事を考慮して、早めの対応を心掛けて頂きたい。
今回の災害で亡くなられた方々には、謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 05:19 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

台風八号発生。

* 台風8号「マリア」が発生しました(日直予報士 2018年07月04日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう4日午後9時、マリアナ諸島で台風8号「マリア」が発生しました。
台風8号の現状と見通し
きょう4日午後9時、マリアナ諸島で台風8号「マリア」が発生しました。台風8号は午後9時現在、中心気圧が1002hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、ゆっくりとした速さで北へ進んでいます。このあとは発達しながらマリアナ諸島付近を北西に進み、6日午後9時には暴風域を伴う予想です。今後の台風情報にご注意ください。
台風の名前について
「マリア」は、アメリカが用意した名前で、女性の名前です。台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて発生順につけられます。
マリアナ諸島の低気圧が台風に変わり北上する進路を取りました。
今後は億縄地方に進むと見られ、台風七号と同じ進路に為る可能性が極めて高いと思われます。
台風対策を万全にして被害を最小限度に抑えて欲しいと思います。
posted by 天野☆翔 at 23:55 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

関東甲信地方が梅雨明け。

* 関東甲信 早すぎる梅雨明け 6月は初めて(日直予報士 2018年06月29日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう29日、気象庁は関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表。関東甲信地方が6月に梅雨明けするのは初めてのことです
6月の梅雨明けは初めて
きょう29日、気象庁は関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。平年(7月21日ごろ)より22日早く、昨年(7月6日ごろ)より7日早い梅雨明けです。関東甲信地方が6月に梅雨明けするのは初めてのことです。(これまで関東甲信地方で最も早く梅雨が明けたのは2001年の7月1日でした。)
梅雨の期間(梅雨入りした6月6日から梅雨明け前日の6月28日まで)の日数は23日と、1978年(6月11日から7月4日まで)に並んで1番の短さです。
晴天と厳しい暑さ続く
関東甲信地方は、この先一週間も晴れる日が多く、うだるような暑さが続くでしょう。夜間も気温が高く、体にこたえる暑さですので、体調を崩さないよう、お気をつけください。
奄美地方に引き続き、本州で最初の梅雨明けです。
観測史上初めての異例の早さの明けだが、今後は完全に夏に突入するので、熱中症対策を万全にして無事に夏を乗り切りたい。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

台風七号発生。

* 台風7号プラピルーン発生 今後、沖縄へ(日直予報士 2018年06月29日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう29日午前9時、日本の南で台風7号「プラピルーン」が発生しました。今後、沖縄に接近する恐れがあります。
台風7号の現状と今後の見通し
きょう29日午前9時、日本の南で台風7号「プラピルーン」が発生しました。台風7号は午前9時現在、中心気圧が998hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、1時間に10キロの速さで西へ進んでいます。このあとは沖縄の南をゆっくり北西へ進み、沖縄へ接近する恐れがあります。今後の台風情報にご注意ください。
台風の名前は
プラピルーン」とは、タイが用意した名前で、「雨の神」という意味です。台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
中規模の台風が南方で発生しました。
日本列島へ影響を及ぼす台風の発生は今年初めての接近です。
今後は沖縄地方周辺に進む見込みで在る事から、台風対策を万全にして被害を最小限度に留めて欲しいと思います。
posted by 天野☆翔 at 23:46 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

奄美地方が梅雨明け。

* 奄美地方が梅雨明け 沖縄に続き夏本番(日直予報士 2018年06月26日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう(26日)、鹿児島地方気象台は「奄美地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。
奄美が梅雨明け 昨年より3日早い
きょう(26日)、鹿児島地方気象台は「奄美地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。平年(6月29日ごろ)より3日早く、 昨年(6月29日ごろ)より3日早い梅雨明けです。23日ごろに梅雨明けした沖縄地方に続き、ようやく奄美地方も夏本番となりました。
奄美地方は、向こう一週間は高気圧に覆われて概ね晴れますが、後半は湿った空気の影響で雲が広がりやすい見込みです。
気象庁は奄美地方が梅雨明けしたと見られると発表しました。
沖縄地方に続けての発表で在る。
入梅では、此の後十数日間空白が在ったが、梅雨明けでも同様に為るのか。
夏への足音が迫って来ました。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

沖縄地方が梅雨明け。

* 沖縄が梅雨明け 夏本番!(日直予報士 2018年06月23日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう(23日)、沖縄気象台は「沖縄地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。平年(6月23日ごろ)と同じ、 昨年(6月22日ごろ)より1日遅い梅雨明けです。
梅雨入りが発表された5月8日からきのう6月22日までの降水量は、那覇で215.0ミリでした。(この期間の平年の降水量は405.9ミリです)
沖縄地方は、向こう一週間は湿った空気の影響でにわか雨の所がありますが、太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多い見込みです。
本日気象庁は沖縄地方が梅雨明けしたと見られると発表しました。
梅雨明けで一気に夏本番を迎えます。
熱中症対策を万全にして、夏を無事に乗り切って頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 18:02 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする