冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年06月15日

東北地方北部が梅雨入り。

* 東北北部が梅雨入り 西日本より早く(日直予報士 2019年06月15日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう15日(土)、東北北部が梅雨入りしました。平年より1日遅く、昨年より4日遅い梅雨入りです。
梅雨入り
気象台は、きょう6月15日(土)、東北北部が「梅雨入りしたとみられる」と発表しました。平年より1日遅く、昨年より4日遅く、長雨の季節が始まりました。
なお、この時間(午前11時)までに九州北部から近畿はまだ梅雨入りの発表がありません。東北北部の梅雨入りが九州北部や中国地方より早いのは1997年以来、四国や近畿より早いのは1974年以来です。
きょう15日(土)は、発達しながら進む低気圧の影響で、東北北部も太平洋側を中心に雨や風が強まるでしょう。土砂災害や浸水、洪水、落雷や突風、ひょうに注意、警戒してください。この先も雲の広がる日が多く、傘の出番が増えそうです。
※梅雨は季節現象であり、梅雨の入り明けは、平均的に5日程度の「移り変わり」の期間があります。「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。
気象庁が東北地方にも北部が梅雨入りしたと見られると発表した事で、夏の足音が聞こえる範囲に入りました。
九州地方北部や中国地方や四国地方、近畿地方は未だに梅雨入りが確認されて居ません。
posted by 天野☆翔 at 17:12 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

東海地方と関東甲信地方と北陸地方と東北地方南部で梅雨入り。

* 東海・関東甲信・北陸・東北南部 一斉に梅雨入り(日直予報士 2019年06月07日) - 日本気象協会 tenki.jp
7日(金曜日)、東海、関東甲信、北陸、東北南部で、梅雨入りが発表されました。
一斉に 長雨の季節に
気象庁は、きょう6月7日(金曜日)、東海、関東甲信、北陸、東北南部が「梅雨入りしたとみられる」と発表しました。東海は平年より1日早く、昨年より2日遅く、関東甲信は平年より1日早く、昨年より1日遅く、北陸は平年より5日早く、昨年より2日早く、東北南部は平年より5日早く、昨年より3日早く、長雨の季節が始まりました。
なお、この時間(午前11時)までに九州北部から近畿はまだ梅雨入りの発表がありません。東北南部が九州北部や中国地方より早く梅雨入りするのは、1997年以来、四国より早いのは1995年以来、近畿より早いのは1974年以来です。
きょう7日(金曜日)は、湿った空気の影響で、東海、関東甲信、北陸、東北南部では、曇りや雨となっています。この先も雲の広がる日が多く、傘の出番が増えそうです。
各地の梅雨入り・梅雨明け平年日
梅雨は季節現象であり。梅雨の入り明けは、平均的に5日程度の「移り変わり」の期間があります。「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。
気象庁は、東海地方と関東甲信地方と北陸地方と東北地方南部で梅雨入りしたと見られると発表しました。
九州地方北部や四国地方や中国地方を飛び越して此等の地域が入梅するのは極めて異例の事です。
夏の足音が刻々と近付いて来ました。
posted by 天野☆翔 at 17:30 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

九州地方南部が梅雨入り。

* 九州南部地方 梅雨入り 平年と同じ(日直予報士 2019年05月31日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう31日(金)、鹿児島地方気象台は、九州南部地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。
九州南部地方 梅雨入り 平年並み
きょう31日(金)、鹿児島地方気象台は、九州南部地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。平年(5月31日)と同じ、昨年(6月5日)より5日早い梅雨入りです。
5月16日(木)ごろに梅雨入りした沖縄地方に続く梅雨入りです。
※梅雨は季節現象であり、梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。なお、この梅雨入りの発表は速報値で、梅雨の季節が過ぎてから、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、確定値を発表しています。
九州南部地方は雨の季節 梅雨入り早々に大雨の恐れ
九州南部地方では、6月2日(日)、前線の活動の程度によっては、警報級の大雨となる恐れがあります。雨の降り方に警戒が必要です。
三十一日付けで、鹿児島地方気象台は九州地方南部が梅雨入りしたと見られると発表しました。
平年と同じで、昨年よりも五日早い入梅です。
本州にもいよいよ梅雨前線が上がって来るのと同時に、夏の足音が聞こえる範囲に成りました。
posted by 天野☆翔 at 22:40 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

観測史上初の異常気象。

* 東京都心で3日連続真夏日!5月史上初!(日直予報士 2019年05月26日) - 日本気象協会 tenki.jp
5月26日午前9時55分、東京都心で気温が30.3度を観測し、3日連続の真夏日になりました。5月としては史上初のことです。
都心できょうも真夏日 5月としては史上初
5月26日午前9時55分、東京都心で気温が30.3度を観測し、3日連続の真夏日になりました。5月としては史上初のことです。
きょうこのあとも都心では気温が上昇し、最高気温は33度まで上がるとみられます。
炎天下では激しい運動厳禁!
各地で5月としては異例の暑さとなっています。暑さに身体がまだ馴染んでいない時期ですので、気分が悪くなる前に水分補給を行い、外で作業中の方は、日陰で休憩をとるなど、熱中症に十分注意していただきたいと思います。
(※5月の観測1位を更新)
午後0時40分ごろ、都心では気温が32度6分を観測しました。2015年5月31日に観測した5月最高の32度2分を上回り、5月観測一位を更新しました。
* 猛烈な暑さは衰え知らず 北海道39度台突入!(日直予報士 2019年05月26日) - 日本気象協会 tenki.jp
猛烈な暑さはまだまだ、続いています。北海道佐呂間町は13時20分に気温が39度0分を観測。通年でも経験したことがない猛烈な暑さとなっています。
北海道 史上初 39度台突入!
猛烈な暑さはまだまだ、続いています。北海道佐呂間町で13時20分に気温が39度0分を観測。通年でも経験がない猛烈な暑さとなっています。
炎天下では激しい運動厳禁!
各地で5月としては記録的な暑さとなっています。暑さに身体がまだ馴染んでいない時期ですので、気分が悪くなる前に水分補給を行い、外で作業中の方は、日陰で休憩をとるなど、熱中症に十分注意していただきたいと思います。
東京都心で三日連続の真夏日を観測し、北海道の佐呂間町では昼過ぎに39℃を超える等、五月としては観測史上初の気温が確認されました。
梅雨の無い北海道は別にしても本州は入梅前で在るが、こうした気温は過去に例が無い事から熱中症対策には万全を期したい。
posted by 天野☆翔 at 16:22 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

沖縄地方が梅雨入り。

* 沖縄地方 梅雨入り 平年より7日遅く(日直予報士 2019年05月16日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう16日(木)、沖縄気象台は、沖縄地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。
沖縄地方 平年より7日遅い梅雨入り
きょう16日(木)、沖縄気象台は、沖縄地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。平年(5月9日)より7日遅く、昨年(6月1日)より16日早い梅雨入りです。
14日(火)に梅雨入りした奄美地方に続く梅雨入りです。平年では奄美より沖縄の梅雨入りが早いですが、2008年以降、同日か奄美が早い年が続いています。
※梅雨は季節現象であり、梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。なお、梅雨入りの発表は速報値で、毎年8月末頃に確定されます。
沖縄地方は雨の季節に
きょうの沖縄地方は、梅雨前線の影響で断続的に雨が降るでしょう。雷を伴って雨脚の強まる所もありそうです。この先一週間も前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多くなりそうです。
沖縄気象台は本日、沖縄地方が梅雨入りしたと見られると発表しました。
平年より一週間遅く前年比で十六日早いとの事。
奄美地方に引き続き梅雨入りの知らせが入る事で、夏が徐々に近付いて来てる実感が湧いて来ます。
posted by 天野☆翔 at 17:00 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

奄美地方が梅雨入り。

* 令和初の梅雨入り 奄美地方 平年より3日遅く(日直予報士 2019年05月14日) - 日本気象協会 tenki.jp
鹿児島地方気象台は、14日(火)午前11時に「奄美地方が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。平年(5月11日ごろ)より3日遅く、昨年(5月27日ごろ)より13日早い梅雨入りです。
鹿児島地方気象台は、14日(火)午前11時に「奄美地方が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。平年(5月11日ごろ)より3日遅く、昨年(5月27日ごろ)より13日早い梅雨入りです。※梅雨は季節現象であり、梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。なお、沖縄は今年はまだ梅雨入りの発表がありません。平年では奄美より沖縄の梅雨入りが早いですが、2008年以降、同日か奄美が早い年が続いています。
奄美は雨の季節に
奄美地方は前線の影響で、局地的に活発な雨雲がかかっています。午後にかけて雷を伴って非常に激しく降る所もありそうです。急な強い雨や落雷、突風にご注意ください。この先1週間も曇りや雨の日が多くなりそうです。
鹿児島地方気象台は奄美地方が梅雨入りしたと見られると発表しました。
昨年比で十三日早い入梅です。
日本列島にも夏の足音が聞こえる範囲に入りました。
posted by 天野☆翔 at 17:14 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

東京の桜の開花で春本番。

* 東京都心で桜が開花 横浜・福岡からも桜の便り(日直予報士 2019年03月21日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう(21日)午前、東京都心の桜(ソメイヨシノ)の開花の発表がありました。平年より5日早く、昨年より4日遅い開花です。また、福岡でも桜の開花の発表がありました。平年より2日早く、昨年より2日遅い開花です。午後は、横浜で桜の開花が発表されました。平年より5日早く、昨年より2日遅い開花です。
東京もいよいよ桜の季節
きょう21日(木)午前、東京都心で桜(ソメイヨシノ)の開花の発表がありました。平年より5日早く、昨年より4日遅い開花です。また、福岡でも桜の開花の発表がありました。平年より2日早く、昨年より2日遅い開花です。きのう(20日)は、全国のトップをきって長崎で桜が開花しました。※「桜の開花日」とは、標本木で5〜6輪以上の花が開いた状態となった最初の日です。
桜開花ラッシュか
九州から関東では、週末にかけて桜が続々と開花するでしょう。ソメイヨシノは開花してからおよそ1週間から10日程度で満開を迎えます。tenki.jpの桜開花情報桜開花予想でご確認ください。
気象庁は靖国神社の標本木で開花宣言の条件を満たす五輪以上の開花が確認された事で、東京都内は開花宣言が出されました。
関東地方では既に春一番が観測された事で、此れで一気に春本番を迎える事に成りました。
季節は一気に春に突入します。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

九州北部地方と四国地方で春一番観測。

* 九州北部地方で春一番が吹きました(日直予報士 2019年02月19日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう19日、九州北部地方で春一番が吹きました。
南風強まる
きょう19日、低気圧が対馬海峡にあって、東へ進んでいます。九州北部地方では南よりの風が強まり、気温が上がりました。福岡管区気象台は15時、九州北部地方に春一番が吹いたと発表しました。昨年は2月14日でした。
15時までの最大瞬間風速と最高気温は以下の通りです。
福岡市 南東の風 14.5m/s 22度7分
下関市 東南東の風 15.4m/s 14度8分
長崎市 南西の風 16.0m/s 19度0分
九州北部地方の春一番の条件
九州北部の春一番の条件は以下の通りです。
・立春から春分まで
・南よりの風、最大風速7メートル以上
・最高気温が前日より高くなる
* 四国地方でも春一番が吹きました(日直予報士 2019年02月19日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう19日、四国地方で春一番が吹きました。四国では低気圧に向かって南風が強まり、気温が上がりました。きょうは九州北部地方でも15時に春一番の発表がありました。
南風が強まり気温上昇
きょう19日、低気圧が山陰付近にあって東北東へ進んでいます。四国地方では南よりの風が強まり、気温が上昇しました。高松地方気象台は四国地方で春一番が吹いたと発表しました。昨年は2月28日でした。
16時までの最大瞬間風速と最高気温は以下の通りです。
室戸岬(高知県) 南南西の風 22.9m/s 17度4分
徳島市 南の風 18.5m/s 15度2分
松山市 北北西の風 8.5m/s 11度7分
四国地方の春一番の条件
四国地方の春一番の条件は以下の通りです。
・立春から春分まで
・低気圧が日本海付近にあって発達
・南よりの風、最大風速おおむね10メートル以上
・最高気温が前日より高くなる
本日気象庁は九州北部地方と四国地方で春一番が吹いたと見られると発表しました。
立春が過ぎ去り春分の日を目前にして、いよいよ春の足音が聞こえる範囲に来ました。
posted by 天野☆翔 at 18:48 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

台風一号発生。

* 年明けて早くも台風1号「パブーク」が発生(日直予報士 2019年01月01日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう(1日)午後3時、南シナ海で台風1号「パブーク」が発生しました。1月1日の台風発生は、統計開始(1951年:昭和26年)以来、最も早い発生です。
新年早々台風一号が発生し、統計開始以来気象観測史上最も早い観測で在る。
尚、此の台風に因る我が国への影響は皆無で在る。
posted by 天野☆翔 at 17:24 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

台風二十二号発生。

* 台風22号「マンクット」が発生しました(日直予報士 2018年09月07日) - 日本気象協会 tenki.jp
7日午後9時、マーシャル諸島で台風22号「マンクット」が発生しました。今後しばらくは、台風22号は西よりに進む見込みです。
台風22号の現状と今後の見通し
マーシャル諸島で台風22号「マンクット」が発生しました。台風22号は7日午後9現在、中心気圧が1000hPa、中心付近の最大風速は18メートルで、北西へ時速20キロの速さで進んでいます。台風22号は、今後しばらくは西よりに進む見込みです。
台風の名前は
マンクットは、タイが用意した名前でマンゴスティンの意味です。台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。準備された140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)されますが、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあります。
また、ハリケーンが東経180度を越えて北西太平洋に移動してきた場合やサイクロンが北インド洋から南シナ海に移動してきた場合、台風と名称が変わりますが、その場合は、以前の領域を担当する気象機関によって既に付けられた名前がそのまま継続使用されます。このため、140に含まれない名前が付けられた台風もあらわれます。(例:2018年台風17号。ハリケーン「ヘクター」が、そのまま台風17号「ヘクター」に。)
マーシャル諸島で台風二十二号が発生しました。
進路は北西から西寄りに定めています。
我が国への影響は現段階では無い様子です。
posted by 天野☆翔 at 03:12 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする