冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年07月23日

台風八号発生。

* 台風8号「ソンカー」発生(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
台風8号の現況と今後の見通し
23日、午後3時、南シナ海で台風8号「ソンカー」が発生しました。台風8号は午後3時現在、中心気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、ほとんど停滞しています。今後は西よりに進み、26日午後3時にはラオス付近で熱帯低気圧に変わる見込みです。
※追記:台風7号は23日午後3時、中国大陸の華南付近で熱帯低気圧に変わりました。
台風には「アジアの呼び名」
「ソンカー」はベトナムが用意した名前で「さえずる鳥」を意味します。
※台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風七号等と同様に台湾の西側で台風が発生しましたが、進路は西寄りに定めてるので我が国への影響は考慮しなくて差し支え無いでしょう。
然し台風は此処数日間に連日発生して居ますね。
posted by 天野☆翔 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

台風七号発生。

* 台風7号「ロウキー」発生(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
台風7号の現況と今後の見通し
22日午後3時、南シナ海で台風7号「ロウキー」が発生しました。台風7号は午後3時現在、中心気圧は1004hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、1時間に30キロの速さで西に進んでいます。今後は北西に進み、23日午後3時には中国大陸付近で熱帯低気圧に変わる見込みです。
台風には「アジアの呼び名」
「ロウキー」は米国が用意した名前で「男性の名前」を意味します。 ※台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風四号同様に台湾の西側で発生し西に進路を取って居ますが、此の台風での我が国への影響は有りません。
posted by 天野☆翔 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

台風五号と六号が発生。

* 台風5号「ノルー」発生(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
台風5号の現況と今後の見通し
きょう21日午前9時、南鳥島近海で台風5号「ノルー」が発生しました。台風5号は午前9時現在、中心気圧は1008hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、1時間に10キロの速さで西に進んでいます。今後は発達しながら西よりにゆっくり進む見込みです。
台風には「アジアの呼び名」
「ノルー」とは韓国が用意した名前で「ノロジカ(鹿)」を意味します。ノロジカは、ヨーロッパから朝鮮半島にかけてのユーラシア大陸に生息する小型のシカで、夜行性です。
こうした台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)の加盟国などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。日本が用意した名前が登場するのは8個あとで、はと座を意味する「ハト」(今年中なら台風13号)です。
* 5号に続き 台風6号「クラー」発生(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
台風6号の現況と今後の見通し
きょう21日、午後3時、ミッドウェー諸島近海で台風6号「クラー」が発生しました。台風6号は午後3時現在、中心気圧は1008hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、1時間に15キロの速さで西北西に進んでいます。今後は発達しながら西よりに進む見込みです。なお、きょうは午前9時に南鳥島近海で台風5号「ノルー」が発生しています。
台風には「アジアの呼び名」
「クラー」はタイが用意した名前で「ばら」を意味します。
※台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
伊豆諸島の遙か東方沖で台風五号と六号が連続して発生しました。
進路は西側に定めてるので、今後は関東から西側に掛けて其の暴風圏に入る予測です。
台風対策を万全にして備えたい。
posted by 天野☆翔 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

九州北部が梅雨明け。

* 九州北部地方が梅雨明け(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
九州北部地方(山口県含む)が梅雨明け
きょう(20日)、福岡管区気象台は「九州北部地方(山口県を含む)が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。平年(7月19日ごろ)より1日遅く、 昨年(7月18日ごろ)より2日遅い梅雨明けです。
梅雨期間(6月6日から7月19日まで)の降水量は、福岡で310ミリでした。(この期間の平年436.6ミリ)
九州北部は今週末にかけても太平洋高気圧に覆われて、夏空が広がる見込みです。
中国地方西部の山口県を含む九州地方の北部が本日梅雨明けと発表されました。
梅雨明けして無い地域は北陸地方と東北地方を残すのみと成りました。
熱中症対策を万全にして無事に過ごして行きたいものです。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

四国、中国、近畿、東海、関東甲信地方が梅雨明け。

* 関東甲信、東海、近畿、中国 梅雨明け(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう(19日)、気象庁は関東甲信、東海、近畿、中国地方の梅雨明けを発表しました。いよいよ夏本番です!
各地で梅雨明け いよいよ夏本番
気象庁は、7月19日(水)、関東甲信東海近畿中国地方が「梅雨明けしたとみられる」と発表しました。
各地とも平年より2日早い梅雨明けです。
この先は、太平洋高気圧に覆われ、晴れる日が多くなりそうです。
* 四国地方で梅雨明け(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう(19日)、関東甲信、東海、近畿、中国地方に続いて、四国地方も梅雨明けが発表されました。
四国地方で梅雨明け
きょう(19日)、高松地方気象台は「四国地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。平年や昨年と比べ、一日遅い梅雨明けです。
四国地方は晴れている所が多くなっています。この先は、太平洋高気圧に覆われて、晴れる日が多い見込みです。
九州地方北部と中国地方西部を除き、北陸地方と東北地方を残した状態で、広範囲に渡って梅雨明けしました。
いよいよ夏本番です。
熱中症対策を万全にして無事に過ごして行きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

東京都内で落雷や雹が観測。

* 東京都 豊島区や板橋区などでヒョウ(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
東京都の豊島区や板橋区など所々でヒョウが降りました。関東地方は大気の状態が非常に不安定で、所々にカミナリ雲が発達。今夜いっぱい急な強い雨や落雷、突風、ヒョウにご注意下さい。
◆大気の状態が非常に不安定
関東地方は大気の状態が非常に不安定で、所々でカミナリ雲が発達。東京都にも活発な雷雲がかかり、雷鳴が鳴り響き、ヒョウが降った所もありました。上の写真は板橋区や豊島区で降ったヒョウの様子です。 また、東京都心は午後1時過ぎに最高気温32度7分を観測しましたが、雷雨の後は25度を下回り、わずか1時間半ほどで8度近くも気温が急降下しました。
関東地方は今夜いっぱい大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。急な激しい雨や落雷、突風、ひょうにご注意下さい。
地元での雹が観測されたのは数十年振りだと記憶して居ますが、本日の関東地方は非常に天候が不順で落雷も観測されました。
此の雹の影響で各地で硝子が割れたり屋根が破損する等の被害が確認され、落雷や降雨の影響で広範囲での停電も発生しました。
今後もこう云う天候が続くと思われるので、充分に注意警戒を怠らない様にしたい。
posted by 天野☆翔 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

東京都心で初めて猛暑観測。

* 東京都心 今年初の猛暑日に(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
東京都心は、17日(月)正午過ぎに、最高気温が35度まで上がり、今年はじめて猛暑日となりました。ちなみに昨年(2016年)は、東京の初猛暑日は7月3日(35度4分)でした。この先も、厳しい暑さが続く見込みです。熱中症に厳重な警戒が必要です。
※猛暑日とは・・・最高気温が35度以上の日をいいます。
今年初めて東京都心で最高気温が35℃を超え猛暑日に成りました。
梅雨は未だに開けて居ませんが、本格的な夏の到来ですね。
熱中症対策を万全にして夏を乗り切りたい。
posted by 天野☆翔 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

台風四号発生。

* 台風4号(タラス)発生 南シナ海で(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
台風4号「タラス」の午後3時現在の中心気圧は998hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、西北西にゆっくりした速さで進んでいます。今後、インドシナ半島に向かい、17日には熱帯低気圧に変わる見込みです。
「タラス」はフィリピンが用意した名前で「鋭さ」を意味します。
台湾の西側で発生した台風四号は西北西に進路を定め移動してるが、今後の動きには充分に注意したいものです。
急激な方向転換で東側に進路を取る可能性も有ります。
何れにしても台風対策を万全に心掛けたい。
posted by 天野☆翔 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

北海道で異常気象。

* 北海道 記録的な暑さ!すでに猛暑日(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
今日14日は、午前の時点で30度を超えている所が多く、十勝地方の本別や足寄、帯広などでは既に35度を超え、猛暑日となっています。7月に入ってから道内で猛暑日となったのは4日目で、7月としては1924年以来93年ぶりの多さとなりました。観測史上に残る暑さが続いていますが、これはいつまで?3連休にかけての天気と気温をお伝えします。そして、雨の降る日も…?
小暑?
今日日中の最高気温は帯広では36度と、昨日までに続き帯広でも猛暑日となります。その他の地点でも東部の内陸を中心に猛暑日となる所が多くなるでしょう。こんなに暑いのに二十四節気ではまだ小暑で、暑さの本番、大暑はこれからです。今日も十分な熱中症対策が必要な一日となります。
以前、雨の日の猫は顔を隠すようにして眠ることがあるとお伝えしましたが、そんな猫も、こんな晴れの日は天を仰いで眠る事でしょう。
十分な熱中症対策とは?
まずは水分補給、また、塩分も必要となります。外出の際は日傘や帽子などで直射日光を避けることは、紫外線対策にもなります。麻や綿など通気性の良い生地の服を選ぶのも効果的です。これからどの程度まで気温が上がるか把握しておくことも熱中症対策と言えます。知ることで意識が変わってきますので、晴れの日でも最新の気象情報をチェックして下さい。
3連休は…。
15日土曜日は気圧の谷の影響で、稚内など北部で雨が降る他は、広く晴れる見込みです。明日も気温は高く、東部の内陸では猛暑日が続いてしまうでしょう。16日日曜日以降は暑さのピークは過ぎるものの、幾分涼しくなる程度です。天気は下り坂で16日は広い範囲で雨となるでしょう。真夏日となる所もあり、湿度も高くなるため蒸し暑く感じられそうです。17日月曜日は雲が広がり、東部では雨の残る所もあるでしょう。
五日連続の真夏日を記録する等、北海道では嘗て無い程の異常気象に見舞われてる。
猛暑に成る事はそんなには多く無い筈なのに、七月の時点で既に多くの地域で猛暑日に成った。
体調管理を万全にして熱中症対策を着実にして頂きたいと思う。
posted by 天野☆翔 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

九州南部が梅雨明け。

* 九州南部が梅雨明け いよいよ夏本番(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
いよいよ夏本番へ
きょう(13日)、鹿児島地方気象台は「九州南部が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。平年(7月14日ごろ)より1日早く、 昨年(7月18日ごろ)より5日早い梅雨明けです。
梅雨入りした6月6日からきのう7月12日までの降水量は、鹿児島で535.5ミリでした。(この期間の平年の降水量は550.4ミリです)
九州南部は三連休にかけても太平洋高気圧に覆われて晴れる見込みです。
気象庁は本日、九州地方南部が梅雨明けと発表しました。
既に沖縄地方と奄美地方が梅雨明けしてるので、いよいよ本州へも梅雨明けの足跡が近付いて来ました。
posted by 天野☆翔 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする