冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年06月19日

昨晩の地震の被害が判明する。

* 震度6強、26人重軽傷 新潟など4県、多数避難 | 共同通信
 新潟県で最大震度6強を観測した地震から一夜明けた19日、各地で被害確認が進んだ。共同通信の集計で宮城、山形、新潟、石川の4県で計26人が負傷した。このうち1人が重傷。総務省消防庁によると800人以上が避難所に身を寄せた。新潟県村上市では崖崩れが発生。山形県鶴岡市では小学校の相撲場の屋根が倒壊し、液状化による道路の陥没・隆起も確認された。津波による目立った被害は確認されていない。
 けが人の内訳は山形が17人、宮城と新潟が各4人、石川が1人。総務省消防庁によると、安否不明者の情報は入っていないという。新潟県燕市では30代男性が転倒して骨折した。
震度6強を記録した地震から一夜明けたが、此の地震に拠り山形や新潟や宮城と石川の四県で二十六名の重軽傷者が確認され、建造物の倒壊や崖崩れ、液状化に拠る陥没や隆起等の被害が確認された。
死者が出て無かった事は幸いで在る。
負傷者は一日も早い回復と、社会的には一日も早い復旧復興が望まれます。
此れ以上の被害が出て無い事を祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 15:56 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

馬鹿者共が大騒ぎ。

* 「年金払え」デモに2000人=政府に怒りの声−東京:時事ドットコム
 老後資金に年金以外の2000万円が必要とした金融庁の報告書をめぐり、政府の説明や年金制度の改善を求めるデモが16日、東京都内で行われた。ツイッターの呼び掛けなどで約2000人(主催者発表)が集まり、参加者は「暮らせるだけの年金を払え」と怒りの声を上げた。
 参加者は「老後を守れ」「2000万はためられない」などと書いたプラカードを掲げた。2歳の息子と加わった自営業の男性(46)は「老後に備えようにも余裕はない。報告書を引っ込めて解決するのか」と訴えた。
 友人と参加した千葉県船橋市の女性会社員(23)は「社会人になり、問題意識を持った。不安なまま(年金保険料が)天引きされており、きちんと説明が欲しい」と批判。高校で社会科を教える男性教諭(28)は「生徒から『年金は大丈夫か』と尋ねられても答えに窮する。政府はごまかさず、議論のきっかけにすべきだ」と語気を強めた。
公的年金制度の報告書を作成した金融庁の対応を巡る動きの中で、老後に充分な生活が出来る位の金額を払えとする東京都内のデモに二年人が参加したと云う。
年金だけでは充分な暮らしが送れないのは今更云う迄も無い事だが、今更大騒ぎしても無意味だ。
二千万円の貯蓄と云う文言に注目されてるが、飽く迄此れは一例で在って全てでは無い。
此れだけを論って政権批判しても全くの的外れ。
現状認識を誤るか恣意的な意識を介在してのこうした動きは言語道断で在る。
posted by 天野☆翔 at 16:17 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

組織犯罪処罰法を撤廃要求する愚者共。

* 共謀罪廃止求め市民集会、東京 - ロイター
 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の成立から2年となる15日、共謀罪の廃止を求める市民団体が東京都文京区で集会を開いた。共謀罪の適用事例はいまだにないが、「改正法施行によって表現の自由が脅かされて危機的な状況にある」として注意を呼び掛けた。
 精神科医の香山リカさんは「適用はなくても改正法成立によって言論や表現の自由の萎縮を招いている」と指摘。自身の講演会で主催者に妨害予告があり開催が中止された経験を紹介し、「問題が起きそうなものは予防的に引き下がろうという空気になっている」と問題提起した。
市民団体と称する連中が、組織犯罪処罰法の撤廃を求める集会を文京区で開き、其の中で香山リカは「言論や表現の自由の萎縮を招いている」だのと曰い、講演会に妨害予告が在った経緯から予防的に引き下がろうとする雰囲気に為ってると主張。
言論や表現の自由は大いに結構だが、此れが犯罪に直結する様な事態は許しては為らないのは云う迄も無く、此れをお前等は自覚してるのかと厳しく問い質したい。
こんな主張をしてると云うからには、自分達が犯罪予備軍で在ると云う事を自白したも等しい。
posted by 天野☆翔 at 11:15 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

香港のデモを応援するSEALDsと云う冗談。

* 香港がんばれ! SEALDs元メンバーら 東京でデモ:朝日新聞デジタル
 司法の独立を守ろうと大規模デモで政府に抗議している香港の若者らを応援しようと、安保法制への反対活動を展開した学生団体「SEALDs(シールズ)」の元メンバーらが13日、都内で集会を開いた。数百人が集まり、「香港がんばれ!」と声を上げた。
 呼びかけたのは、SEALDs元メンバーで大学院生の元山仁士郎さん(27)。2014年に香港で民主選挙の実現を求めた「雨傘運動」を支えた若者らとの交流を続けてきた。
 元山さんは「自分たちのことを自分で決められないのはものすごく理不尽で、彼らは憤っている。自由や民主主義の価値を共有する立場として、少しでも応援したい」と語った。
 集会には香港の若者も参加。日本留学中の女性(21)は「日本の人たちも応援してくれて本当にうれしい。中国の習近平(シーチンピン)国家主席の悪口を言ったら香港で逮捕されるかもしれない。とても怖い」と話した。
 香港では9日、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡すことを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対するデモ行進に若者たち約103万人(主催者発表)が参加。その後も立法会(議会)周辺でデモ隊と地元警察が衝突するなど緊張が続いている。
香港で身柄拘束された被疑者を支那に引き渡す逃亡犯条例改正に反対するデモが実施中だが、此れに反応しSEALDsが応援する動きを見せた。
此の動きは一体何の冗談なのかと厳しく問い質したい。
お前等の自由と民主主義は決して香港とは同一では無い上に、置かれた立場も違うのだから応援する意味が無いのだ。
支那等の周辺諸国から我が国を守る意味での平和安全法制(安全保障関連法)に反対したお前らが、此れに賛同して応援するとは大いに笑わせる。
posted by 天野☆翔 at 17:01 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

被害妄想全開の望月衣塑子。

* 望月記者 官房長官とバトルで圧力?「内調がマークと聞こえてくる」/芸能/デイリースポーツ online
 首相官邸で菅義偉官房長官との会見バトルを展開している、東京新聞社会部の望月衣塑子記者が11日、東京・明治大学で開催された、自著が原案の映画「新聞記者」(28日公開)の試写会後に討論集会を行った。
 官邸から嫌われていると紹介されると、これまで東京新聞に「官邸から9回、抗議文が来て、毎回言い分と反論、時に謝罪を入れて突き返してます」と笑顔で明かした。
 菅氏との応酬が話題となると誹謗中傷が増えたといい「プレッシャーとして、代々やってきてる手段のようですが、間接的に内閣情報調査室が私をマークして調べていると聞こえてきました」と明かした。
 また、官邸ではないだろうとしたうえで、夜に会社に「あいつは北朝鮮のスパイだ」との脅迫電話があった事も明かした。
 ただ批判以上に東京新聞に応援の声が届いたことで、読者の声を受け、引き続き会見に出席していることを明かした。
 望月記者を巡っては、約2年前から菅長官の定例会見での応酬がネット上などで話題に。菅氏は、望月記者の質問手法に対し「憶測」などが含まれているなどと指摘し、露骨に態度を硬化。望月氏も、質問途中に何度も「簡潔に」と求められる質問妨害や、菅氏による質問拒絶があったと批判。双方から抗議や申し入れが飛び交っている。
内閣官房長官記者会見の場を自説を延々と垂れ流し乱してる東京新聞社会部の望月衣塑子だが、こうした実態を批判されてる事に対して此れを誹謗中傷と置き換えた上で、何と異常な意識を剥き出しにして被害妄想を暴走させた。
「プレッシャーとして、代々やってきてる手段のようですが、間接的に内閣情報調査室が私をマークして調べていると聞こえてきました」等と抜かしたのだ。
お前は一体何と戦ってるのかと厳しく問い質したい。
更に「『あいつは北朝鮮のスパイだ』との脅迫電話があった事も明かした」とも云うが、此れが脅迫とは恐れ入った。
完全に妄想の世界の中で生きてる様子だ。
こんな意識でしか居られない事を寧ろ哀れみの思いで見てる。
posted by 天野☆翔 at 19:11 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

英霊の遺品が遺族の元に帰還する。

* 戦死した叔父の日章旗、75年の歳月を経て米国から戻る(1/2ページ) - 産経ニュース
 先の大戦で21歳の若さで戦死した大阪府赤阪村(現・千早赤阪村)出身の谷口留造(とめぞう)さんの遺品である寄せ書きの日章旗が、約75年の歳月を経てめいの鶴谷文代(つるたにふみよ)さん(73)=奈良県橿原市=の手元に戻った。米兵らが「戦利品」として持ち帰った日章旗の返還を続ける米国の非営利団体「OBON(オボン)ソサエティ」の活動で実現。鶴谷さんは「叔父は魂だけでも故郷に帰りたかったのではないか」としのんだ。
 日章旗は縦70センチ、横100センチ。「祈武運長久」の文字のほか、約170人分の名前や赤阪村(当時)に鎮座する「建水分(たけみくまり)神社」の名が記されている。谷口さんが出征時に託されたものとみられる。
 谷口さんは大正11年10月生まれで、日本遺族会などによると、昭和19年7月中旬、故郷から約2500キロ離れた南方のマリアナ諸島で戦死した。
 鶴谷さんによると、谷口さんは9人きょうだいの末っ子。谷口さんの兄にあたる鶴谷さんの父は、満州で戦った後に帰国。戦後は兼業農家になり、大戦については決して語らないまま、約20年前に85歳で世を去った。
 9人きょうだいのうち戦争で亡くなったのは谷口さんだけで、軍服姿の谷口さんと祖父母の遺影は、鶴谷さんの生家に掲げられていたという。
 一方、谷口さんの日章旗は、マリアナ諸島から約1万2600キロ離れた米メリーランド州在住の元盲学校校長、スターレット・グラニスさん(65)が、2003年に84歳で他界した父の遺品を整理する中で偶然、見つけていた。亡くなった父も谷口さん同様、戦地に赴いていた。
 グラニスさんの父は戦争について話すことは避けていたといい、家族の誰もが、どのようにして日章旗を手に入れたのか不明のままという。グラニスさんから相談を受けたOBONソサエティなどが調査し、谷口さんの遺品だったことが判明。今年5月、めいの鶴谷さんのもとに届けられた。
 日章旗には「おじ様の『寄せ書き日の丸』が、本来戻るべき場所へと返還されることとなり大変嬉しく思います」と書かれたメッセージも添えられていた。
 鶴谷さんは「叔父はどのような人物かは分からないままだったが、自分の存在を知ってほしくて、旗になって帰ってきたような気がする。未来を担う子供たちに旗を見てもらい、戦争を起こしてはならないということを学んでほしい」と話した。
大東亜戦争で殉職した英霊の遺品で在る日章旗が遺族の元に帰還を果たした。
マリアナ諸島で命を散らして行った英霊が所持してたと云う。
此の日章旗はアメリカのメリーランドに居住する盲学校校長の父親が所有してたと云うが、其の経緯は全くの不明で在るとの事だ。
当人から相談を受けた日章旗の返還を続ける米国の非営利団体「OBONソサエティ」の調査で、持ち主が判明し今回の動きに為った。
遺族に取っては複雑な思いは在ると思うが、英霊の思いを偲んだ事でしょう。
又一人我が国に帰還を果たしました。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

無意味なデモが実施された。

* 性暴力無罪、納得できない 全国で抗議のフラワーデモ | 共同通信
 父親による実の娘への性的虐待を無罪とした名古屋地裁岡崎支部の判決など、性暴力に関する無罪判決が3月以降に相次いだことを受け、法制度や性暴力に無理解な社会に抗議する「フラワーデモ」が11日、各地で開かれた。
 呼び掛け人によると、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、神戸、山口、福岡、鹿児島の9カ所で開催。参加者は手に花を持ったり、「#WithYou」などと書かれたプラカードを掲げたりして、被害者に寄り添う気持ちを表現した。
父親から性暴力を受けた事件の裁判の結果で無罪判決が出て、性暴力事件の無罪判決が相次いだ事を受けて、性暴力に無理腕社会や法制度に抗議するデモが実施されたと確認されたが、デモを実施しても司法判断には大きな影響は一切無いだろう。
すべき事は何故無罪判決が下ったのかの詳細な検証をした上で、厳格な法制度の運用を求める署名を集め、此れを国会等に提出したりする事が求められる筈だ。
格好だけでは何も解決しないのだと参加者各位には自覚して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:05 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

東京五輪と朝鮮学校無償化を関連付ける馬鹿共。

* 朝鮮学校差別なくし東京五輪を IOC委員95人に訴え | 共同通信
 朝鮮学校の高校無償化措置からの除外や補助金停止は民族差別だとして反対している「朝鮮学園を支援する全国ネットワーク」(東京)が11日までに、国際オリンピック委員会(IOC)の委員95人全員に、来年7月の東京五輪開幕までにこうした施策をやめるよう日本政府に働き掛けてほしいと求める電子メールを送付した。
 朝鮮学校の無償化除外を巡っては、国連の人種差別撤廃委員会で差別だとして懸念表明や是正勧告が続いている。一方、朝鮮学校の生徒らが起こした除外処分取り消しなどを求める訴訟では、これまで地裁と高裁で7件の判決が出ており、大阪地裁が訴えを認めた以外は請求を退けている。
国際オリンピック委員会に対して、朝鮮学校無償化しないのは民族差別だと主張し此れを改善する様に「朝鮮学園を支援する全国ネットワーク」が要請した事が確認されたが、無関係の事案を強引に関連付けするなと厳しく問い質したい。
国際的競技の場に政治的案件を持ち込む事自体間違ってるし、第一五輪憲章にも違反する。
更に北朝鮮から朝鮮学校に対して資金が提供されてる上に、無償化対象に選定されて無いのは憲法違反に為るからだ。
こうした連中は此れが理解出来無いらしい。
posted by 天野☆翔 at 17:17 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

福岡で馬鹿者共が大騒ぎ。

* 反G20訴える市民グループ 福岡・天神で街頭行動:朝日新聞デジタル
 福岡市で開催されている主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に反対する街頭行動が9日、同市中心部であった。買い物客らでごった返す西鉄福岡(天神)駅前で15人ほどがプラカードを掲げ、「G20では、貧困や格差など世界の大きな課題は解決できない」「経済会議と言いながら、大規模な交通規制でかえって地域経済に支障を出している」などと訴えた。
 主催は市民や労働団体などでつくる「RAGE AGAINST THE G20(G20に怒りを)@FUKUOKA」。6月9日の「ロックの日」にちなみ、米国のロックバンド「レイジ・アゲンスト・ザ・マシン」をもじって名付けたアピール行動で、スピーチの合間にこのバンドの曲「ゲリラ・ラジオ」を流した。
 行動に参加したイラストレーター、いのうえしんぢさん(48)は「米国が貿易を通じて世界経済を支配するためのルールづくりをしてきたのが、これまでのG20の歴史」と指摘。「貧しい国から甘い汁を吸うような経済のルールを勝手に作ってほしくない」などと訴えた。
二十箇国地域首脳会合での財務大臣中央銀行総裁会議が開催されてる福岡で、主要国首脳会議では貧困や格差等の問題解決は出来無い等として十数名がデモをした。
経済会議と云い乍も交通規制で地域経済に影響が出てると主張もするが、此れは事前に周知されてた事で在る。
更に主要国首脳会議は持ち回りで在る事から、此れを拒否する事は出来無いのだ。
反対するだけでは無く、ではどうしたら格差問題等が解決出来るのかの提示をすべきで有ろう。
posted by 天野☆翔 at 23:55 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

安田純平に旅券発行されない状態が続くと共同通信が報道。

* 安田純平さん旅券、5カ月不発給 シリアで拘束、「出国禁止」 | 共同通信
内戦下のシリアで約3年4カ月拘束され、昨年10月に解放されたフリージャーナリストの安田純平さん(45)が外務省に申請した旅券(パスポート)が5カ月にわたり「審査中」とされたまま発給されていないことが6日、分かった。安田さんが明らかにし、日本政府関係者も事実を認めた。
 安田さんは「発給が長期間判断されず、事実上、出国禁止の状態が続いている」と話した。憲法が保障する海外渡航の自由との兼ね合いから妥当性が問われそうだ。
 旅券法は渡航先が入国を認めなかったり、国益を害する可能性があったりする場合、パスポートを発給しないことがあると規定する。
審査中を理由に事実上の出国禁止状態に為ってるして妥当性が問われると共同通信は報じたが、此の対応は至極真っ当で正しい見解に基づく動きで在る。
散々我が国に対して迷惑行為を撒き散らしたのだから、国外に活かせる訳には行かないのだ。
此れを批判する勢力は、自分達も政府に対して迷惑行為を撒き散らすのだと認識して頂きたい。
又、外患誘致にも該当する場合が在るだろう。
現実は極めて厳しいのだ。
posted by 天野☆翔 at 17:01 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする