冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー SignalNow Express

2017年03月25日

避難者差別虐待の元凶は大人。

* 【原発避難先いじめ】同級生の母がたばこの煙を顔に吹き掛け「福島帰れよ」 千葉へ避難の女子生徒 - 産経ニュース
東京電力福島第1原発事故後に福島県から千葉県に家族で避難した高校2年の女子生徒(17)が25日、共同通信などの取材に応じ、小学6年だった平成23年に、転校先の小学校で行事の際、同級生の母親からたばこの煙を顔に吹き掛けられ「福島に帰れよ」と言われるなどのいじめを受けたと明らかにした。
 同級生の男児にも「福島の人と一緒の学校は嫌だ」「被曝者と同じ意見だと嫌だ」などと何度も言われたという。女子生徒の父親(49)も、23年に別のきょうだいの授業参観に出席した際、保護者から「福島に帰れ。何しに来たんだ」とやじを浴びせられたと同日証言した。
 女子生徒は24年、千葉県内の別の小学校に再転校。家族は、福島から避難したことを他の同級生に伝えないよう学校や教育委員会に依頼した。女子生徒は再転校後、親しい友人以外には福島出身を隠しているといい「福島のいいところを言いたいが、いじめを受けたくない」と話した。
子は親を映す鏡と云う言葉が在るが、一連の案件で見られるのは其の背後には大人の存在が有り、此の大人の意識が正常でマトモで在ったのならば、問題は起きて居なかった筈です。
然し、問題は起きてるのが現状で、こう云う大人が居るからこそ、差別意識が生まれ虐待が発生する。
大人こそ変わらなければ為らず、又責任を取らなければ為らない。
法的な意味合いは外れても、社会的な制裁は必要でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

組織犯罪処罰法改正案を虚構の案件で批判する愚かな勢力。

* 【テロ等準備罪】「話し合いで犯罪」「市民監視の恐怖」…極論で不安あおる報道が散見 朝日、毎日、東京など『共謀罪』表記(1/3ページ) - 産経ニュース
共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の国会提出を各紙は22日付で大きく扱った。ただ、中には「思想弾圧」「市民監視の恐怖」との表現を用いて批判する報道も。政府は国際社会が連携してテロなどに対峙(たいじ)する国際組織犯罪防止条約の批准に必要と説明するが、極論を持ち出して不安をあおる報道が散見された。
 「内心の自由 踏み込む危険」。朝日新聞は朝刊1面の「解説」で、こう懸念を表明した。
 政府は、普通の団体が犯罪実行を目的とする組織的犯罪集団に「一変」したと認められる場合は捜査対象になり得るとの見解を示す。記事では「その判断基準はあいまいで、捜査当局の裁量に委ねられる部分が大きい」とした。
 テロ等準備罪は具体的な犯罪行為を伴う既遂・未遂前の段階で取り締まるため、捜査の幅が広がることにはなる。とはいえ、犯罪目的で組織されている団体以外には無縁の話だ。
 社会面では「監視の恐怖さらに」「無関係な人にも広がる」「話し合いで犯罪の可能性」として、大分県警が野党の支援団体が入る建物敷地に無断で隠しカメラを設置した問題などを取り上げた。このケースは明らかな不適切捜査で、担当署員は略式起訴された。テロ等準備罪に限らない捜査全般のあり方の問題だ。
テロ等準備罪の表記は割れた。産経と読売、NHKは「テロ等準備罪」だった一方、朝日、毎日、日経、東京はカギカッコ付きの「共謀罪」。朝日は1面に「おことわり」まで掲載した。
 より過激なのは東京新聞だ。朝刊1面の「解説」で「最も懸念されるのは、一般市民が処罰対象になったり、政府への意見表明を萎縮させたりすることだ」と強調した。
 市民団体が国会前デモで「原発再稼働反対!」と叫び、政治家が「テロ行為と変わらない」と思えば、恣意(しい)的に組織的犯罪集団と判断される恐れがある−とのイラストも掲載した。後ろめたさのある団体ならともかく、合法的な活動自体は捜査対象にならず、萎縮の理由もない。社説では「行き着く先は自由が奪われた『監視社会』なのではなかろうか」と論じた。
 社会面は「思想弾圧『二度とならん』」との見出しで、戦前に農民運動に関わり、非合法組織だった共産党の機関紙「赤旗」を読んで治安維持法違反容疑で逮捕されたという女性の「ちらしを配っただけで逮捕されるような怖い世の中にはなってほしくない」との話を載せた。
 「『誰かが爆破作戦を考えている』という設定で戯曲を書くため、何人かで資料を集めたり買ってきたりすると、思いもせず『共謀』として適用されてしまうかもしれない」
東京は21日付朝刊1面でも法案の趣旨から逸脱した劇作家のインタビューを載せた。沖縄県の2紙は22日付社説で反基地運動がターゲットになる可能性を挙げ、「無用で害悪、即刻廃案に」(琉球新報)、「人権軽視の懸念拭えず」(沖縄タイムス)と批判した。
 21日夜のテレビ朝日「報道ステーション」では、ジャーナリストの後藤謙次氏が「限りない監視社会に陥る恐れ」に懸念を示した。「警察幹部OBですらテロは既存の法制度で十分対応できると言っている」とも述べたが、対策が十分である根拠は示さなかった。
 ただ、組織的犯罪集団に一変したと判断する基準が分かりにくいとの意見は与党内にもある。国会審議で不安をあおる言説に的確に反論できなければ、成立は危うくなる。

 ■「共謀罪」とは別物
 テロ等準備罪は、過去3度廃案になった共謀罪とは大きく異なる。「具体的な計画(合意)が存在することに加えて、実行の準備行為があった場合に限って適用できる『準備罪』」(法務省幹部)だからだ。重大犯罪を実行する準備行為がなければ処罰されない。
 別の法務省幹部は「廃案になった従前の共謀罪に対する懸念を払拭するため、構成要件も変わっている。共謀罪ではなくテロ等準備罪という名前が適切だ」と話す。金田勝年法相も「『共謀罪』という報道が散見されるが、テロ等準備罪は従前の共謀罪とは異なる」と強調してきた。
* 【政界徒然草】「同僚と飲みながら『上司をやっつけよう』」で罪になるって…恐怖ばかり煽る主張に苦笑(1/4ページ) - 産経ニュース
共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が3月21日に閣議決定され、国会に提出された。「思想弾圧」「話し合うだけで罪になる」。一部の野党議員や市民団体、報道機関は歩調を合わせるように不安と恐怖心をあおっている。3月に入り、法案に「反対」が「賛成」を上回る世論調査も出てくるなど、曲解混じりの反対派の宣伝はじわじわ効いているように見える。
 「例えば、職場の同僚と一杯やりながら『あの上司ムカつくね、今度やっつけてやろう』と合意したら罪になる。皆さんも前科何犯じゃありませんか」
 「『原発なくせ』のデモで道路をいっぱいにしようと合意しただけでも犯罪にされてしまう」
 閣議決定が迫った3月14日夜、東京・国会議事堂前での抗議デモ。共産党の山下芳生副委員長は、こんなとんでもない主張を展開した。
 明らかな誤解、もしくは意図的な印象操作だ。法案は対象を組織的犯罪集団に限っており、一般人に適用されることはない。しかも、武器購入や犯行現場の下見など、犯罪実行のための準備行為も要件としており、同僚と飲みながら上司を殴ろうと話しても罪に問われるはずがない。
 だが、山下氏はそんなことはお構いなしに、「散歩中、よその家のきれいな庭をのぞき込んだら『犯罪の下見(準備行為)だろう』と言われることになりかねない」とも訴えた。
このデモは、安全保障関連法反対デモと同じ市民団体や労働組合が中心になって開催。参加者は「戦争法と一体の共謀罪は絶対反対」「言論封じの共謀罪はいらない」などとシュプレヒコールを上げた。
 山下氏以外には民進党の逢坂誠二衆院議員が参加し、「ともに共謀罪を葬り去ろう」と呼びかけた。社民党の福島瑞穂副党首も「共謀罪は話し合うだけで罪になる。そんな犯罪だ」と語った。
 福島氏は、沖縄の米軍基地反対派リーダー、山城博治氏(64)が米軍施設建設現場で有刺鉄線を切って器物損壊の現行犯で逮捕された件を例に出し、こうも訴えた。
 「座り込みをしよう、(作業を妨げるため)ブロックを積もうと相談しただけで、2人以上の組織的犯罪集団で、共謀罪が成立する。こんなの、おかしいですよ」
 沖縄の反基地団体は組織的犯罪集団に認定されかねないと思っているかのような口ぶりだが、合法的に市民運動をしている限り、そんな心配は一切必要ない。また、普通の市民団体が偶発的に法を犯してしまったとしても、犯罪実行のために組織された団体でなければ対象とはならない。
 閣議決定当日の3月21日には、弁護士や大学教授、フリージャーナリストらでつくる「共謀罪創設に反対する百人委員会」が国会内で集会を開催。民進党議員2人も参加した。
「この条約に対応する国内法があるフランスなどでテロが起きている。法律がなく条約を批准をしていない日本ではテロが起きていない。この違いが非常に重要。(テロ等準備罪を新設する)法律がないとテロが起きるというのは嘘だとわかります」
 「政府、警察がテロリスト、あるいは将来(テロリストに)一変しかねない集団だとみれば、どんな市民団体も狙い撃ちされる。『私たちに刃が向けられた法律に変質したんだ』ということで、反対運動に邁進していただきたい」
 冒頭の基調報告でこう語ったのは、特定秘密保護法などにも反対してきた弁護士の岩村智文氏だ。法律の専門家ですら、一般市民がテロリストに認定されかねないと訴えているのだ。
 沖縄県・石垣島在住のミュージシャン、ZAKI氏は中継映像で出演。石垣島への陸上自衛隊警備部隊の配備計画に関して、こんな見方を披露した。
 「中国は尖閣(諸島)に対し海上警察と漁船で対応しているが、日本は陸上自衛隊を配備しようとしている。明らかな挑発行為だ。この地域で軍拡競争がどんどん進んでしまう」
 また、自衛隊が戦争で焼け野原となった石垣島を奪回する米軍との共同演習を日々実施しているとし、こう述べた。
 「共謀罪が、この戦争ができる国にするための布石であることは間違いないと思う」
 あまりに論理が飛躍して、正直、苦笑を禁じ得ないが、反対派の集会やデモではこうした言説がよく聞かれる。
一部の報道機関も、テロ等準備罪を「内心の処罰につながる」と危険視してきた。
 閣議決定翌日の3月22日には、東京新聞が朝刊社会面で、戦前に農民運動に関わって治安維持法違反容疑で逮捕された経験があるという102歳の女性に取材し、「思想弾圧『二度とならん』」と題した記事を掲載した。「『抗議行動 萎縮してしまう』沖縄の市民グループ懸念」との記事もあった。
 過去を振り返れば、警察官の職務質問を認める改正警察官職務執行法(昭和33年国会提出)は「デートもできない警職法」とレッテル貼りされたが、現実はそんな世の中になっていない。特定秘密保護法(平成25年)は「権力が情報を隠蔽して暴走する」、安全保障関連法(27年)は「徴兵制への道を開く」などと散々批判された。
 今回も同じように批判されるのは予想されたことだ。今後の国会審議では、金田勝年法相ら政府側が不安を払拭する答弁をし、国際社会が連携してテロなどに対峙するために必要な法整備だとわかりやすく説明することが求められる。もし反対派があおる「恐怖説」に飲まれれば、法案はお蔵入りになりかねない。
マスメディアや野党四党(民進党と日本共産党と社会民主党と自由党)やヨサク集団やテロリスト集団は、組織犯罪処罰法改正案の中身を全く理解して無いか、理解してても嘘で塗り固めた論調で、此の法案を成立させて堪るかの如く社会に訴える。
一般人は犯罪を起こす事を全く考えて居ない上、平穏な生活を送る事を望む。
組織犯罪処罰法改正案は此の平穏な生活を送る上で必要不可欠なのは云う迄も無い。
然し、マスメディアや野党四党(民進党と日本共産党と社会民主党と自由党)やヨサク集団やテロリスト集団は、自分達が過去して来た事を含めて不利に成る事が解り切ってるので、此の組織犯罪処罰法改正案を危険視し叩く。
御前等の都合の為に一般人を危険な目に遭わす訳には行かないのだ。
与党政府は是が非でも成立させる事を望む。
特定秘密保護法の成立で知る権利が侵害されましたか?
平和安全法制(安全保障関連法)で戦争に至る様な危機的状況が生じましたか?
全て、全くの的外れだった事は明白です。
posted by 天野☆翔 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

英霊の遺品が遺族に戻る。

* ニューギニア島で戦死した旧日本兵の帽子、73年ぶりに“帰郷” 茨城・笠間市の遺族「夢にも思わず」(1/2ページ) - 産経ニュース
先の大戦中にニューギニア島で戦死した茨城県笠間市出身の旧日本兵、亀石脩さん(享年22)の帽子が22日、遺族の元へ帰ってきた。元米兵の遺族が、旧日本兵の遺品の返還活動を行う米国の民間非営利団体(NPO)を通じて返還した。73年ぶりの「帰郷」に、おいの亀石清さん(80)は「遺品が帰ってくるとは夢にも思わなかった。感激した」と喜んだ。
 同市役所で22日、返還式が行われ、県遺族連合会の狩野安理事長から帽子が手渡されると、清さんは笑顔で受け取った。
 脩さんは同市稲田(旧西山内村)出身。昭和19年5月3日、海軍上等機関兵としてニューギニア島のセンタニ付近で散華した。清さんによると、戦没時の詳しい状況はわかっておらず、遺骨も戻っていないという。
 元米兵が戦地から持ち帰った帽子を譲り受けた遺族が、米国のNPO団体「OBON SOCIETY」に日本の遺族への返還を依頼した。今年1月に日本遺族会から県遺族連合会に調査依頼があり、調査の結果、脩さんの身元が判明したという。
清さんは8歳の時、脩さんの母親にあたる祖母と横須賀まで出向き、戦地に赴く直前の脩さんと最後に会った。脩さんは東京の大学に通っていたといい、「頭がよくていい男だったと聞いていた」と話した。帽子については「いずれ(脩さんの)親たちも入っているお墓に入れるのが一番いいかもしれない」と語った。
大東亜戦争時代で命を散らして行った英霊の皆々様方の遺品が遺族の元に戻る事は屡在るが、今回は帽子が戻って来ました。
遺族に取っては貴重な遺品なので帰還を果たす事が出来て本当に良かった事でしょう。
遺骨等の体に関する案件が帰還を果たす事が叶わない場合は、遺品が其の替わりにも為り慰みにも成る。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

戦争の実態を世代間で語り継ぐ会が設立された。

* 戦争の記憶語り継ぐ「次世代の会」結成…戦没者遺族の孫、ひ孫ら - 産経WEST
戦没者遺族の高齢化が進む中、福井県敦賀市内の遺族の孫、ひ孫らでつくる「敦賀市遺族次世代の会」が設立された。後継者づくりに取り組む同市遺族連合会の呼びかけに賛同した孫らが参加。県や市の戦没者追悼式や毎年夏に市内の忠霊塔で執り行う法要に参列するなど、遺族の次世代が戦争の悲惨さ、平和の尊さを語り継いでいく。
 同市遺族連合会によると、40年前は約1600人の会員がいたが、約500人まで減少。会員の平均年齢も76歳を超えているという。福井県遺族連合会も平成28年度に後継者作りの3カ年計画を策定するなど、遺族の高齢化に伴う活動継続が課題になっている。
 27年に市遺族連合会が行った実態調査では同市内に遺族の孫、ひ孫が約70人いることが分かった。このうち「次世代の会」の設立に理解を示した孫、ひ孫をはじめ、活動に賛同する遺族以外の人も加えた40〜60代の約60人が会員となり、追悼式への参列など遺族会の活動を引き継いでいく。
 同市東洋町の市福祉総合センターでこのほど設立総会があった。会長に選ばれた同市の奥野治樹さん(51)は伯父がフィリピン・ルソン島で戦死。中学生のころから法要にも参列しているという。「法要の参列者も年々減っている。戦争の記憶を風化させないためにも誰かが語り継いでいかないといけない」と話した。
 父をルソン島で亡くした同遺族連合会長の反橋岩雄さん(76)は「今のままでは遺族会は活動できなくなる。次の世代に引き継げるよう支えていきたい」と語った。
戦争から七十年を超過しましたが、当時の人々は高齢化甚だしく、戦争の体験を語る人も少なく成って来てる事から、後世に此の戦争の実態を伝えて行く為には世代間での交流を通して語り継いで行く必要が有ります。
そんな中、「敦賀市遺族次世代の会」が設立され、此の目的を果たすべく活動が開始されました。
こう云う動きは各地域に拡大して行ってほしいとも思います。
政治的に戦争反対を只単に声高に叫ぶだけでは無く、こう云う交流の中で如何に未然に防いで行く事が出来るのかの、実効的な議論こそが必要不可欠なのです。
今後の活動を大いに期待します。
posted by 天野☆翔 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

リカちゃん誕生から半世紀。

* リカちゃん誕生から50年 流行反映、銀座で記念展 - 産経ニュース
着せ替え人形「リカちゃん」の誕生50年の記念展が22日、東京・銀座の松屋銀座で始まった。流行や世相を色濃く反映して変化する姿は、単なるおもちゃにとどまらない魅力がある。
 リカちゃんはタカラ(現タカラトミー)が昭和42年に発売。外国製の大きな人形やハウスが主流の中、日本の住宅事情に合ったサイズとして開発された。11歳のリカちゃんは当時皆があこがれたフランス人とのハーフ。少女漫画のようなきらきらした瞳や服装で女の子の心をつかんだ。
 高度経済成長期で仕事中心だった世相を反映。ママはデザイナーとして働くキャリアウーマン、パパは行方不明の設定だった。
 現在は62年にリニューアルした4代目が販売されている。家族志向の高まりを受け、平成元年にはパパが登場。きょうだいも増え、パパは育児休暇を取得するなど「イクメン」ぶりを発揮している。
 記念展は4月3日まで。
もう半世紀も経過したのかと云う実感で在る。
先日自動改札誕生から半世紀と云う記事を投稿したが、全く同じ時代に誕生したと云うのには感慨深いものが有ります。
親子二代に渡ってのファンが居ると云う現実を考えると、更に実感を強くしますね。
とは云え、当時の設定は完全に破綻してるのは云う迄も無い。
posted by 天野☆翔 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

自動改札誕生から半世紀。

* 日本の駅変えた大阪発の“世界初”技術 「自動改札システム」が導入50年 全国2万8千台、各国にも広がる(1/3ページ) - 産経WEST
切符や定期券を瞬時に読み取り、ノンストップで駅の改札を通り抜ける自動改札システムが、世界に先駆けて昭和42年3月、大阪で本格的に導入されてから50年を迎えた。通勤ラッシュが極限に達する中で生まれたシステム。磁気やICカードへと読み取り形式は変わっても、速度を重視した改札システムは今も変わらず利用者を支え続けている。
1分に20人 ラッシュ時には長蛇の列
「定期券が使えるように考えてくれないか」。大阪大の白川功名誉教授(77)は、大学院1年だった昭和39年、指導教官に呼ばれ、こう注文を受けた。
 当時は自動改札のシステムはなく、ラッシュ時には定期券の利用者は改札に長い列を作り、人ごみに押されて倒れるなどし、毎日のようにけが人が出ていた。
 海外には地下鉄ですでに自動改札機が稼働していたが、切符のみ。速度も1分あたり20人ほどと遅く、定期券が使えるシステムの開発を決めた近鉄が大阪大に相談を持ちかけたという。
経路を木に見立てた判定法を開発
「区間内のどの駅でも乗降車できる」「期間中は何度でも使用可能」。この日本独特の複雑な定期券の仕組みが開発を難しくした。だが、経路を木の枝に見立て、券面のわずか21個の穴で駅や経路を判定する手法を半年かけて構築したという。白川さんは「楽しみにしていた五輪も見に行けなかった」と振り返る。
だが、実用化目前に、近鉄との連絡改札口を設けていた国鉄(当時)が難色を示し、設置は寸前で白紙に戻った。「せっかくここまで来たのに駄目だったわ」。近鉄の担当者と一緒に肩を落としたのを白川さんは今でも覚えている。
北千里駅に10台、1分80人の驚異的な処理スピード実現
その後、「採算が合わない」と大手メーカーが二の足を踏む中、宙に浮いた構想を引き継いだのは、近鉄と共同で開発を進めていた立石電機(現在のオムロン)だった。
 立石は、大阪万博を控え千里線の延長開業を進める阪急と交渉の末、自動改札機設置で合意。42年、北千里駅に定期券用の自動改札機10台が設置された。1分間に80人という驚異的な速度だった。
 ただ、当初はトラブルが続発した。定期入れごと挿入したり、紙幣や貨幣を挿入する人が後を絶たず、自動改札機は故障を繰り返していた。「北千里駅には社員がつきっきりで対応に当たらざるを得なかった」とオムロンの担当者は語る。
 その後、自動改札機の認知度も上がり普及。切符や定期券の磁気情報を読み取るシステムも開発された。
VHSビデオやカーナビ、ワープロと同じ米マイルストーン賞受賞
自動改札機は現在、全国で計約2万8千台が設置され、海外でも日本製が利用されている。2007年には、近鉄、阪急、オムロン、大阪大の4者に社会の発展に寄与したとして米学会のマイルストーン賞が贈られた。
ICカードが主流になり切符を挿入する改札機は過去のものになりつつあるが、日本独自の開放型ゲートや情報読み取りの技術は今も生かされている。近鉄の担当者は「全国に広まる技術の原点は大阪にある。駅のスタイルを一変させた技術を、これからも大切にしたい」と話している。
今では郊外の駅舎でも導入され日常的な光景に成っている自動改札が誕生して、早くも半世紀が経過したと云う。
日本の様々な状況を想定しての開発と失敗を繰り返し、常用に耐える仕組みを構築し利用者の意識も拡大して行った結果、何処の鉄道事業者も導入に踏み切りました。
海外にも拡大し、円滑な入出場が可能に成った事で、其の恩恵は極めて大きい。
五十年前にこう云う機器が在ったと云うのには本当に驚きで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

出鱈目運営のこども園が労働基準法違反。

* 欠勤・遅刻で“罰金”1万円、無給7日間ボランティアも 保育士と違法契約の疑い 姫路こども園(1/2ページ) - 産経WEST
兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」(小幡育子園長)が、同市に無許可で定員を超過した園児を受け入れていた問題で、同園が市に提出していた保育士との雇用契約とは別に、一部の保育士との間で遅刻や欠勤をした場合、罰金や無給勤務を科す契約を結んでいたことが21日、市などへの取材で分かった。市は労働基準法違反の疑いがあるとみている。
規定の休日数超えると給与カットも
市によると、同園は認定こども園移行後の平成27年度から、市に保育士の雇用期間や賃金などを記載した契約書を提出。しかし、この契約書とは別に一部の保育士との間で、欠勤や遅刻をした場合は給与月給から1万円減額すると規定したほか、保育士の休日が園の定める日数より多くなった月は超過日数に応じて給与カット、無断で欠勤した場合は無給で7日間ボランティア勤務、30分以上遅刻した場合は2日間などとする契約を結んでいた。
 市が2月23日、県とともに特別監査を実施した際、園長や保育士から行った聞き取りで判明したという。
 同園は認定こども園の認定を受けた27年度から年間約5千万円を公費で受給。市に無許可で定員外の園児22人を受け入れていたことなどが判明し、県が近く認可を取り消す方針。
 問題発覚後の21日、小幡園長は午前7時半ごろ出勤し、訪れた園児や保護者の応対などをしていたが、報道陣の呼びかけには応じなかった。
おかずはスプーン1杯、食べ残しは冷凍保存
姫路市によると、定員46人のはずの同園には0〜5歳の園児約70人がおり、室内は暖房が使用されておらず、適温とされる20度を大きく下回る14度になっていたという。
また、給食は定員分を分け合っていたため一人当たりの分量が少なく、乳児には1つの茶碗に米飯やおかず、汁物などを入れたメニューを提供。1、2歳児には米飯のほかスプーン1杯程度のおかずしか与えていなかった。
 食べ残しなどを冷凍保存し、1カ月たってから食材として再利用することもあり、監査に加わった管理栄養士が「食育や栄養バランス以前の問題だ」と絶句したという。
 市に対して小幡園長は「残飯が出るのがもったいないと思い、給食の量を絞っていた」などと話したという。
冥庵:出鱈目な保育園発覚。では其の出鱈目な運営が発覚したが、其の運営に労働基準法違反が発覚しました。
給料を差し引く行為は明らかに労働基準法違反で許されるものでは有りません。
どんな雇用形態の契約でも此れはしては為らないのは云う迄も無い。
認可を取り消す動きに成っても文句は云えないでしょう。
補助金を受け取ってるのだから、こんな実態が在る以上は詐欺同然で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

中学校の次期学習指導要領改定案の方針固まる。

* 次期指導要領で「聖徳太子」復活へ 文科省改定案、「厩戸王」表記で生徒が混乱 「鎖国」も復活(1/3ページ) - 産経ニュース
文部科学省が2月に公表した中学校の次期学習指導要領改定案で、現行の「聖徳太子」を「厩戸王(うまやどのおう)」に変更したことについて、文科省が学校現場に混乱を招く恐れがあるなどとして、現行の表記に戻す方向で最終調整していることが19日、関係者への取材で分かった。改定案で消えた江戸幕府の対外政策である「鎖国」も復活させる方向。修正した次期指導要領は月内に告示される見通し。
 現行指導要領では小中学校とも「聖徳太子」を授業で扱うと例示したが、今回の改定案では、人物に親しむ小学校で「聖徳太子(厩戸王)」、史実を学ぶ中学で「厩戸王(聖徳太子)」に変更。文科省は、歴史学では「厩戸王」が一般的で、「聖徳太子」は没後の呼称だが、伝記などで触れる機会が多いとしている。
 文科省は改定案公表後にパブリックコメント(意見公募)を実施。呼称の変更に批判的な意見が多かったほか、教員からも「小中で呼称が異なれば子供たちが混乱する」「指導の継続性が損なわれる」といった意見が出ていた。
 こうした状況を踏まえ、文科省は小中ともに聖徳太子の表記に統一し、中学では日本書紀や古事記に「厩戸皇子」などと表記されていることも明記する方向で調整している。
一方、鎖国の表記については、小学校で「幕府の対外政策」、中学でも「江戸幕府の対外政策」としたが、幕末の「開国」との関係に配慮して「鎖国などの幕府の対外政策」といった表記で検討している。

日本のイメージの根幹
「厩戸王(うまやどのおう)、かっこ、聖徳太子。これ、なんですか」
 今月8日の衆院文部科学委員会。民進党の笠浩史氏が声を張り上げた。「聖徳太子」の表記をめぐる議論は国会にも波及。笠氏は「聖徳太子は冠位十二階や十七条憲法などわが国の統治の基本を作り、歴史上最も重要な人物の一人。多くの国民が同じような思い」と見直しを求めた。
 現行の「聖徳太子」の表記は国民に親しまれ、小中学校の教科書の記述でも主流だ。義務教育での歴史教育は日本人としてのアイデンティティー形成につながるだけに、変更への反発は大きい。翌日の参院文教科学委員会では、無所属クラブの松沢成文氏も「いろいろな学者の意見があるが、過度に影響されてはいけない。普遍的な価値を伝える歴史教育を考えなければいけない」と強調した。
 聖徳太子の功績は、奈良時代に完成した正史「日本書紀」に記されているが、天皇の権威を確立するための造作だとみる批判的な研究が戦前からあり、虚実をめぐる論争は過熱する傾向がある。
聖徳太子の研究事情に詳しい駒沢大の石井公成教授は「厩戸王は後代のイメージに縛られず研究するため戦後に想定された名。古代の主要史料には見られず、実名のように扱うのは不適切だ」と指摘。その上で、「聖徳太子論争が熱くなるのは、日本人のアイデンティティーに関わるから。自分にとって好ましい聖徳太子像が、その人の古代日本や現代に至る日本のイメージの根幹になっている」と話している。

【用語解説】学習指導要領
 学校教育法などに基づき、児童生徒に教えなくてはならない最低限の学習内容などを示した教育課程の基準で、約10年ごとに改定される。教科書作成や内容周知のため、告示から全面実施まで3〜4年程度の移行期間がある。次期指導要領は3月末に告示され、小学校は平成32年度、中学校は33年度から全面実施される。
日本の歴史には疑問な点も多く存在するが、此の疑問は歴史研究家の長年の成果を反映させれば良いでしょう。
事実、誤った知識が歴史教育の中に反映されてる案件も在るのです。
然し、日本の長年の歴史の中には事実は事実として厳然と存在する案件は変えては為らない。
こう行った動きは極めて危険なので細心の注意を払う必要が在る。
とは云え、間違った教育がされる危険性を排除出来たのは良い傾向で在るのは間違いは無いでしょう。
実際の次期指導要領に正確に反映される事を切に願う。
posted by 天野☆翔 at 04:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

地下鉄サリン事件から二十二年目。

* 地下鉄サリン事件から22年 遺族らが駅で献花 - 読んで見フォト - 産経フォト
13人が死亡、6千人以上が重軽症を負った1995年の地下鉄サリン事件から22年となった20日、多くの死傷者を出した東京メトロ霞ケ関駅(東京都千代田区)で慰霊式が開かれ、事件発生時間に近い午前8時、駅員が黙とうした。
 東京メトロは死者が出た都内の6駅に遺族らや一般向けの献花台を設置。霞ケ関駅助役だった夫一正さん=当時(50)=を亡くした高橋シズヱさん(70)らが訪れ、献花した。
 事件では、松本智津夫死刑囚(62)=教祖名麻原彰晃=の指示を受けたオウム真理教幹部が都心を走る地下鉄5車両に猛毒のサリンをまいた。事件に関与した10人の死刑、4人の無期懲役が確定している。
 残っているのは、サリン散布役を送迎し、特別手配後約17年間逃亡していた元信者高橋克也被告(58)=一、二審で無期懲役判決=の上告審だけとなった。
オウム真理教に因る大量虐殺事件で在る地下鉄サリン事件から、本日で二十二年目を迎えました。
此の事件で亡くなられた方々には、改めて謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
本当の意味でのテロリストとして認知された此の事件は決して許されるものでは無く、又、忘れては為らない案件で在る。
一宗教団体がテロリストを引き起こすと云う前代未聞の事実を、国民は厳しい目で見た事でしょう。
世界的にもテロリストが暗躍し事件を勃発もさせて居ます。
此の事件を契機にして、改めて平和や安全に対しての思いを巡らせる必要も在るでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

出鱈目な保育園発覚。

* 40人分の給食で70人 定員外無許可保育 姫路の私立こども園、認定取り消しへ(1/2ページ) - 産経WEST
兵庫県姫路市は19日、同市内の私立認定こども園「わんずまざー保育園」(小幡育子園長)が、定員を超える園児を自治体に隠して受け入れていたとして、認定こども園法などに基づき、県が今月中に認定を取り消す方針であることを明らかにした。匿名の情報提供を基に、県と市が先月23日に特別監査を実施し、同園の不正が判明したという。
 同市によると、認定が取り消された場合、平成27年に国の「子ども・子育て支援新制度」が導入されて以降、全国初のケースとなる。
 同園は15年に認可外保育施設として設立され、27年度から私立認定こども園に移行。市への届け出定員は46人としていたが、定員のほか22人を市に無許可で保育していた。正規の利用料は、市が保護者の所得などに応じて決めるが、定員外の22人分については、独自の利用料を設定して直接契約し、1人当たり月額2万〜4万円を受け取っていた。
 同園は約70人いる園児に対し、40人分程度の給食しか発注しておらず、この給食を全員で分け与えていたという。今のところ、園児の体調不良や虐待は確認されていないとしている。
また、同園には年間約5千万円の公費が給付されていたが、市の調査で、同園が保育士の数を実際より3人多い13人と水増しして報告し、国の基準に適合しているように装って給付金を受給していた。
 小幡園長は産経新聞の取材に対し、家族を通じ「話すことはありません」とコメントした。
本来の定員を無視して別途個別の受け入れをし、又保育士の人数も三名水増しすると云う、極めて出鱈目な保育園が確認されました。
「保育園落ちた日本死ね」の馬鹿共は此の現状をどう思ってるのか。
此の団体こそがこう云う案件を叩くべきで在る。
政府を批判しても無意味なのです。
posted by 天野☆翔 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする