冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年12月07日

津田大介の醜悪な詭弁言い訳。

* 津田大介氏「政治介入だ」 トリエンナーレ補助金不交付に関し公開ヒアリングで批判- 名古屋テレビ【メ〜テレ】
 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」について、文化庁が愛知県への補助金交付を採択から一転、取りやめた問題で、芸術監督を務めた津田大介さんが、6日の立憲民主党による公開ヒアリングで「政治介入だ」と批判しました。
「文化庁の不交付は、もめることが分かっていて決断した政治介入であると考えるのが妥当ではないか」(津田大介 あいちトリエンナーレ芸術監督)
 あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」は展示内容に対しての脅迫や抗議が相次いで3日間の開催で一旦中止となり、その後、人数制限などの条件付きで再開しました。
 文化庁は、愛知県が「表現の不自由展・その後」をめぐる一連の混乱を事前に認識していたにもかかわらず、伝えていなかったとして、補助金の不交付を決めました。
 6日の公開ヒアリングは、立憲民主党が表現の自由をめぐる問題について考えるため津田芸術監督や不自由展の出展作家ら関係者などを招いて開かれました。
「今回の愛知の件では、検閲的な発言を政治家がしてしまっているのをびっくりしている。こんな時代になってしまったのか」(「表現の不自由展・その後」出展作家 小泉明郎さん)
「この問題というのは追いかけ続けないといけないと思っているし、追いかけると同時に、様々な関係各所と情報共有して、不交付の撤回を求めて活動していきたい」(津田大介 あいちトリエンナーレ芸術監督)
 この問題をめぐっては、補助金の不交付決定の審査過程に事実誤認があるなどとして、愛知県が補助金適正化法に基づく不服申出書を文化庁に提出しています。
立憲民主党が主催した聞き取り調査の中で、国際芸術祭あいちトリエンナーレ2019企画展「表現の不自由展・その後」に大きく関わった津田大介は、文化庁の補助金不交付を政治介入だとして此れを批判した。
然し、此の事案以前にあいちトリエンナーレ自体が政治介入してると云う意識が完全に欠如してるのだ。
税金投入される催事なのだから、此処に地方行政の介入が在るのは当たり前で、此れを政治介入とせずに何とするのかと厳しく問い質したい。。
こうした催事に群がったのがお前等で在ると云う自覚が一切無いのには、全くを以て呆れ果てて開いた口が塞がらない。
政治介入されたく無かったら、自分達で資金の捻出をして自腹で実施すれば良い事で在るのだ。
posted by 天野☆翔 at 15:54 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

人工多能性幹細胞事業支援打ち切り。

* iPS備蓄、支援打ち切り伝達 内閣官房担当者、山中教授に:時事ドットコム
 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の備蓄事業を進める京都大に対し、内閣官房の担当者が来年度から国による支援を打ち切る可能性を伝えていたことが1日、関係者への取材で分かった。国は2022年度までの支援を予定していたが、方針が転換された形で、事業の責任者を務める京大の山中伸弥教授は支援の継続を訴えている。
 山中教授は、体のさまざまな組織に変わるiPS細胞を開発し、12年のノーベル医学生理学賞を受賞。政府は再生医療の産業化を目指し、22年度までの10年間で1100億円以上を研究開発に投じると決めた。文部科学省は山中教授が所長を務める京大のiPS細胞研究所に年27億円を支出し、うち10億円程度が備蓄事業に充てられてきた。  再生医療では、病気やけがで失われた細胞をiPS細胞などから作って移植する。患者自身のiPS細胞を作ると巨額の費用と時間がかかるため、同研究所は拒絶反応が起きにくい特殊な免疫の型を持った人からiPS細胞を作って備蓄し、大学や企業に提供している。
 関係者によると、方針転換が示されたのは今年の夏ごろ。内閣官房の官僚が予算打ち切りの可能性を山中教授に伝えたという。
 山中教授は突然の決定に反発し、国会議員に支援を訴えた。自民党調査会は11月、予算の段階的な削減にとどめる方針を決議。公明党も20年度は維持し、21年度以降は再検討する考えを示した。
 再生医療をめぐっては、技術革新が進んだことで、iPS細胞の備蓄は意義が薄れていると指摘する関係者もいる。  山中教授は公的な備蓄事業の必要性を訴え、「人生を医療応用に懸けている」と強調。国の支援について、「オープンで科学的な議論をして決めてほしい」と話している。
京都大学校で推し進められて居る人工多能性幹細胞事業に関して、此の備蓄は技術革新が進んで居るとして意義は薄れてるとの理由で、支援打ち切りが示唆されたと云う。
当然山中伸弥教授が反発したが、此の支援打ち切り方針を伝えたのは内閣官房の誰なのかを追求する必要が在るだろう。
科学分野に支援しないで文学方面に多額の援助が行く此の現状は改めなければ為らない。
此れでは我が国の技術革新は尻すぼみに為って行く事だろう。
posted by 天野☆翔 at 15:18 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

進む若年層のテレビ離れ。

* 若い世代でテレビ離れ進む 約1割「見ていない」―時事世論調査:時事ドットコム
 平日や休日にどれくらいの時間テレビを見ているかを聞いたところ、10〜20代の若い世代では約1割が「見ていない」と回答し、インターネットの動画サイトなどの台頭でテレビ離れが進んでいることが時事通信の「テレビに関する世論調査」で分かった。
 1日のテレビ視聴時間の平均は平日、休日ともに「180分以上」が最多で25.7%(2008年前回調査は30.9%)と34.2%(42.5%)だった。しかし、年齢別では、18〜29歳は平日で12.0%(2.4%)、休日11.1%(2.4%)が「テレビは見ていない」と回答。11年間で若い世代を中心にテレビ離れが進んでいた。
 そこで今回、「テレビ離れが起きている理由」を八つの選択肢から複数回答で選んでもらった。「テレビ離れが起きているとは思わない」は3.7%しかいなかった。
 最多は「動画投稿サイト・配信サービスの方が魅力的」の60.5%。以下、「スマートフォンやゲーム機の方が楽しめる」57.4%、「ネットが普及し、テレビを見なくても困らない」56.5%、「似た企画や同じタレントばかりで番組がつまらない」27.3%などの順だった。
 好んで見る番組についても聞き、最多は「ニュース・報道番組」の75.8%(前回81.6%)。以下の「スポーツ」52.4%(44.2%)、「ドラマ」42.6%(45.7%)、「バラエティー」35.9%(36.2%)を大きく上回っており、ニュース・報道でのテレビへの期待が高かった。
 調査は10月11〜14日、全国18歳以上の男女2000人に個別面接方式で行い、有効回収率は62.2%。
時事通信社の世論調査の結果でテレビに関する回答では、一割が見て居ないとする回答が寄せられ、一方では好んで見る内容は報道関係が七割を超えたと云う。
実態として現在のテレビ番組が興味関心を湧かせる様な内容で無い事がこうした回答に見られ、如何に旧態依然としてると云う事が改めて浮き彫りに為った。
報道番組に関しては、高齢者とは違いインターネット上の報道や一次情報との比較も在る事を鑑みても、容易に信じる事は無いと思われるが情報源としては依然有効で在る事が証明されただろう。
マスメディアに求められる事は捏造歪曲偏向報道をしない事で在る。
posted by 天野☆翔 at 15:28 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

丸の内で大嘗祭に反対する勢力がデモ実施。

* 反対派が大嘗祭への抗議集会 「天皇制要らない」 | 共同通信
 皇居に近い東京駅の丸の内側にある広場では14日夜、天皇制に反対する市民団体「おわてんねっと」が大嘗祭への抗議集会を開いた。参加者は皇居に向かって「天皇ヤメロ」などと書かれた横断幕を掲げ「天皇制要らない」と訴えた。
 同団体によると、約150人が参加。次々にマイクを握り「台風で被災した人が大勢いる。復興半ばなのに多くの税金が大嘗祭に投じられるのはおかしい」などと主張した。
 東京都東久留米市のフリー編集者の女性(67)は「生まれながらに高貴な人とそうじゃない人に分けられてしまう天皇制はおかしい。反対する人がいることを知ってほしい」と話した。
天皇陛下が一世一代の最大の神事で在る大嘗祭が執り行われたが、此れに反対する勢力が丸の内に集まりデモを実施した。
災害復旧も道半ばなのに税金投入する事は許されない等と主張した。
全くを以て話に為らず、復旧に対する予算等とは全く別の予算で在るのだから、此の主張には正当性が一切無い。
又、自出の立場から差別だと主張する輩も確認されたが、差別でも何でも無い事を理解して居ない。
大嘗祭は我が国の歴代天皇が必ずする儀式で在るのだから、途絶える事は在っては為らないのだ。
こうした勢力は完全にテロリストとして認定される事を自覚するが良いだろう。
posted by 天野☆翔 at 23:16 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

竹田恒泰氏の講演中止に。

* 竹田恒泰さんの講演会が中止に|NHK 富山県のニュース
13日、朝日町で行われる予定だった作家の竹田恒泰さんの講演会について、朝日町は妨害予告が寄せられたとして中止したと発表しました。
朝日町によりますと、13日午後、町の文化体育センターで、作家の竹田恒泰さんの講演会を町の教育委員会が主催して開催する計画をたてていました。
ところが、10日、町に講演会を妨害する内容の電話があったということです。
町では具体的な内容を明らかにしていませんが、安全性が確保できないとして講演会を中止したことを明らかにしました。
講演会では竹田さんが「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」と題して町内の中学生や高校生など約900人を対象に話をすることになっていました。
朝日町では今後、被害届を警察に提出するかどうかも検討するということです。
富山県の朝日町で開催予定だった氏の講演が、町に対して講演会妨害予告する旨の電話が在った事で一点して中止される事態に為って仕舞った事が確認された。
完全に言論弾圧で言語道断で在る。
講演内容は教育委員会が主催して「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」とする題目で、対象は中学生や高校生で在ると云う。
此の題目の講演を妨害するとは、そうした勢力は一体何を考えてるのかと厳しく問い質したい。
言論の自由や表現の自由を守れと主張する一方、同じ事で妨害し此れを封じるとは完全に支離滅裂な主張でしか無い。
極めて自分勝手で恣意的な見解には、全くを以て呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 06:23 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

悪足掻きする朝鮮学校。

* 無償化対象外の朝鮮学校で授業公開 教育内容に理解求め 大阪 - 毎日新聞
 高校無償化の対象から外れている大阪朝鮮高級学校(東大阪市菱江、生徒数229人)で、民族教育への理解を深めてもらおうと、授業の一般公開があった。市民ら約160人が参加した。
 朝鮮学校の高校無償化適用を求める訴訟では8月、同校の敗訴が最高裁で確定。朝鮮学校の実像を知ってもらおうと開催された。
 参加者は、英語や数学、社会などの科目で、朝鮮語で進められる様子を見学した。教科書の展示もあり、「日本の教科書と内容的に変わらない」などの声が上がった。
 授業の後には、在校生と教員、保護者のリレートークがあり、同校3年の金紗希(キムサフィ)さんが「私はウリハッキョ(私たちの学校)が大好きです。難しい状況にあるけど、もっと多くの人に学校のことを知ってほしい」と訴えた。
 尹誠進(ユンソンジン)校長は「反日教育などとも言われるが、朝鮮学校の教育がどうなのか、実際に見て判断してほしい」と話した。
 参加した東大阪市の教員、塩崎考江さん(53)は「特異な授業とは思えなかった。他の日本人の子どもたちが通う学校と同じように、補助金が支給されるべきだと思う」と感想を述べた。
大阪朝鮮高級学校が公開授業を実施した。
此の公開授業に参加した教師の一人は「特異な授業とは思えなかった。他の日本人の子どもたちが通う学校と同じように、補助金が支給されるべきだと思う」と感想を述べた。
然し、抜き打ちでの通常の授業の確認とは違い、入念に準備された授業の何処に反日教育が無いと云い切れるのかと、大いに疑問を抱く。
そもそも、我が国の教育課程を実施して無い私塾同然の朝鮮学校には、無償化の対象に為らないのは当たり前で在る。
公開授業の日だけ特別な内容で在るのは云う迄も無く、こんな事を実施する朝鮮学校は非常に醜悪な悪足掻きをしてるだけに過ぎない。
全くを以て呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 05:31 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

JNN世論調査で女性女系天皇容認多数確認。

* JNN世論調査、英語民間試験の延期「支持」5割超 TBS NEWS
 文部科学省は大学入試での英語の民間試験の活用について、来年度の導入を延期すると発表しましたが、この決定を「支持する」と答えた人が半数を超えたことがJNN世論調査でわかりました。
 安倍内閣を支持できるという人は、先月の調査結果より0.6ポイント減って54.3%でした。一方、支持できないという人は、先月と変わらず42.4%でした。
 文部科学省は大学入試での英語の民間試験の活用について、来年度の導入を延期すると発表しました。この決定を支持するか聞いたところ、「支持する」が53%で、「支持しない」の27%を上回りました。
 また、この問題をめぐり、萩生田文部科学大臣は受験生を念頭に「身の丈に合わせて頑張って」と発言し、のちに撤回・謝罪しています。一連の問題の責任をとり、萩生田氏が大臣を辞任すべきか聞いたところ、「辞任すべき」は31%、「辞任する必要はない」が57%でした。
 来年夏の東京オリンピックのマラソンと競歩のコースについて、東京ではなく札幌で開催することが決まりましたが、この決定を「支持する」は40%、「支持しない」は51%でした。
 皇室制度について聞きました。今の法律では皇位を継承できるのは男性の皇族のみですが、女性の皇族が天皇になることに賛成か聞いたところ、「賛成」が77%、「反対」が14%でした。また、女性天皇の子どもが天皇になること、すなわち「女系天皇」への賛否についても聞いたところ、賛成が74%、反対が15%でした。
 緊迫する中東情勢をめぐって、政府はホルムズ海峡の周辺に海上自衛隊の艦船などを独自に派遣するかどうか検討を始めましたが、派遣に「賛成」は41%、「反対」は40%でした。

(* TBS「世論調査」

女性天皇や女系天皇を認めるかの意識調査は七割を超えて賛成と云う結果が出た。
男系と女系の違いをNHKでの世論調査では全く理解して無かったが、JNNはこうした説明を丁寧にした上での調査を実施したのかと。
設問では「今の法律では、皇位を継承できるのは男性の皇族のみですが、あなたは、女性の皇族が天皇になることに賛成ですか? 反対ですか?」「では、女性天皇の子どもが天皇になること、すなわち「女系天皇」に賛成ですか? 反対ですか?」で在るが、こうした事案は全く確認出来無い。
女性天皇が過去存在はしたが飽く迄内乱や緊急性が在った時のみで、大原則は男系男子で皇室は維持されて来た事を、果たしてJNNは説明したのかは大いに疑問を抱く。
民間の男女同権は皇室には相応しく無く、こうした意識の儘での世論調査は単純に世論誘導でしか無い事を厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 14:19 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

燦々足るJNNの世論調査結果。

* JNN世論調査、英語民間試験の延期「支持」5割超 TBS NEWS
 文部科学省は大学入試での英語の民間試験の活用について、来年度の導入を延期すると発表しましたが、この決定を「支持する」と答えた人が半数を超えたことがJNN世論調査でわかりました。
 安倍内閣を支持できるという人は、先月の調査結果より0.6ポイント減って54.3%でした。一方、支持できないという人は、先月と変わらず42.4%でした。
 文部科学省は大学入試での英語の民間試験の活用について、来年度の導入を延期すると発表しました。この決定を支持するか聞いたところ、「支持する」が53%で、「支持しない」の27%を上回りました。
 また、この問題をめぐり、萩生田文部科学大臣は受験生を念頭に「身の丈に合わせて頑張って」と発言し、のちに撤回・謝罪しています。一連の問題の責任をとり、萩生田氏が大臣を辞任すべきか聞いたところ、「辞任すべき」は31%、「辞任する必要はない」が57%でした。
 来年夏の東京オリンピックのマラソンと競歩のコースについて、東京ではなく札幌で開催することが決まりましたが、この決定を「支持する」は40%、「支持しない」は51%でした。
 皇室制度について聞きました。今の法律では皇位を継承できるのは男性の皇族のみですが、女性の皇族が天皇になることに賛成か聞いたところ、「賛成」が77%、「反対」が14%でした。また、女性天皇の子どもが天皇になること、すなわち「女系天皇」への賛否についても聞いたところ、賛成が74%、反対が15%でした。
 緊迫する中東情勢をめぐって、政府はホルムズ海峡の周辺に海上自衛隊の艦船などを独自に派遣するかどうか検討を始めましたが、派遣に「賛成」は41%、「反対」は40%でした。

(* TBS「世論調査」

内閣支持率の調査結果は過半数超過し、閣僚の辞任等の問題が殆ど影響しない事が判明した。
当たり前の事で、野党は国会を小学校の学級会程度の意識で臨んでるのだから、こうした結果は当然の事だろう。
国会は法案等を審議する場で在るが、野党は揚げ足取りや重箱の隅突き等しかしないのだから、野党の支持率は軒並み低回の一途を辿ってるだけで在る。
批判の為の批判、反対の為の反対しかしない野党は不要で在ると云う事だ。
反日売国奴のJNNの調査結果で此れなのだから、国民は野党を支持しないと云う事が改めて確認される事案で在る。
posted by 天野☆翔 at 14:08 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

致命的な思い違いの会田誠。

* 「パロディー、問題にならない」 公認取り消しで会田誠さん | 共同通信
 日本とオーストリアの国交150年記念事業として首都ウィーンで開催された芸術展で日本政府側の公認が撤回された問題で、出品している美術家会田誠さんは10日、東京都内で開かれたイベントで、「欧米では、(アーティストの)政治批判やパロディーは問題にならない」と話した。
 出品作を巡っては、会田さんが安倍晋三首相を思わせる人物に扮し、歴史問題に関して中国や韓国に謝罪している場面などが、インターネットで批判された。
 会田さんは、作品は欧米の近代文化に対し、日本の美術家が疑問を呈した作品だとし、批判された場面は「目的ではなく、流れの中での表現」だと説明した。
我が国とオーストリアの国交百五十周年記念の芸術祭で、我が国を貶める作品が確認された事で外務省が公認を取り消した問題で、此れに展示参加した会田誠は「欧米では、(アーティストの)政治批判やパロディーは問題にならない」と主張。
国外の芸術作品には確かに政治への風刺が込められた物が確認されるが、一方で批判や茶化す内容の作品は芸術として認められて無い現状が有る事を果たして認識してるのかと厳しく問い質したい。
又、「作品は欧米の近代文化に対し、日本の美術家が疑問を呈した作品だとし、批判された場面は『目的ではなく、流れの中での表現』」と抜かすが全く説明に為って居ない。
問題は、国交樹立記念の催事に何故我が国を貶める作品の展示の必要性が在るかと云う事で在る。
答えは皆無で在る。
あいちトリエンナーレの案件でも同様だが、最近は芸術に名を借りた政治活動家が跋扈氾濫してる状況だ。
posted by 天野☆翔 at 06:09 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

意味不明な長崎市の駐車場。

* 女性ドライバーに優しい駐車場 駐車枠はピンク色 | 長崎新聞
 長崎市五島町の立体駐車場「イージーパーク長崎五島町」には女性専用の駐車スペースがあり、「安心して止められる」と利用客に好評だ。
 同駐車場(5階建て)は2006年完成。女性ドライバーにも優しい駐車場にしようと、2階に14台分の専用車室を確保。通常より車止めを多めに設置し、駐車枠をピンク色にしている。
 常連の女性会社員(43)は「出入り口に近い場所で便利」と笑顔。混雑してやむを得ない時には男性客も利用できるが、「その場合でも『女性優先』でお願いします」と管理会社の担当者。
五島町には一部女性専用の駐車場が在ると云う「イージーパーク長崎五島町」だが、此の管理会社の担当者は混雑時に已むを得ない場合は男性客も利用可能だが、女性優先でお願いしてると云うが此れは全く理解に苦しむ運営だ。
女性専用で有れば此れを貫徹しなければ為らず、混雑時の場合に於いて女性優先とする意味は無い。
設定の目的は女性運転手に優しいとするが、専用にする事で優しいとする根拠が薄弱で在る。
女性専用では無く女性優先とするべき処で有ろう。
posted by 天野☆翔 at 05:34 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする