冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー SignalNow Express

2017年03月05日

大規模地震の活動期に来てる。

* 【クローズアップ科学】広範囲で相次ぐ大震災の誘発地震 「古傷」に数十年は警戒を(1/3ページ) - 産経ニュース
東日本大震災から6年がたつが、東北や関東地方では地殻変動に伴う誘発地震が相次いでいる。目立つのは岩盤が引っ張られて起きる正断層型の地震だ。専門家は発生確率の高い状態が数十年続くとみており、油断は禁物だ。
 東日本で起きる地震は通常、岩盤が圧縮されて壊れる逆断層型が多い。日本海溝から沈み込む太平洋プレート(岩板)が、東日本を乗せた陸側プレートを西に押しているためだ。
 しかし両プレートの境界でマグニチュード(M)9・0に及ぶ大震災の巨大地震が発生し、陸側が沖へ最大約65メートル動いたことで、東に引っ張る逆向きの力がかかるようになった。
 この影響で正断層型の地震が大幅に増加。大震災で誘発された10回のM7級のうち、正断層型は6回を占める。最大1・4メートルの津波が起きた昨年11月の福島県沖の地震や、最大震度6弱を観測した翌月の茨城県北部の地震も、このタイプだった。
動いた正断層
中でも震災1カ月後に福島県東部で発生し、4人が死亡したM7・0の地震は研究者たちを驚かせた。大震災後の内陸の正断層型としては最大規模で、大きな地震が少ない地域で起きたからだ。
ほとんど活動しないと思われていた2つの活断層が動き、人の背丈ほどの段差を持つ断層が地表に現れた。めったに動かない断層は地下に隠れていることも多く、思わぬ被害を招きかねない。
 この地震は当初、東西に押さえ付けられていた断層が急に引っ張られたことで動いたとされた。しかし、産業技術総合研究所の今西和俊・地震テクトニクス研究グループ長は「この仮説では以前に押さえていた力が非常に小さくなって矛盾する」と考えた。
 今西氏は過去の小さな地震のメカニズムを分析。この地域では以前から正断層型が頻繁に起きており、大震災後に引っ張られてさらに起きやすくなったことを明らかにした。東北地方は一枚岩ではなく地下構造などが不均質なため、普段から引っ張られている場所もあったわけだ。
5地域で急増
増えたのは正断層型だけではない。東北大の遠田晋次教授(地震地質学)は、M2以上の発生率が東日本の5地域で大震災後に10倍以上に急増し、地震のタイプはそれぞれの地域で特徴があることを見いだした。
 福島県東部の地震などが起きた福島・茨城県境や、千葉県銚子市周辺は正断層型が増加したのに対し、秋田市や北秋田市の周辺は横ずれ断層型、福島県喜多方市周辺は逆断層型が増えていた。こうしたタイプの地震が発生しやすい素地があったとみられる。
遠田氏によると、日本列島はかつてユーラシア大陸の東端にあったが、日本海の拡大などで今の場所に移動した。その長い歴史の中で多くの断層が傷として刻まれた。大震災で非常に大きな震源域が動き、東日本にかかる力を広い範囲で変化させたことで「いろいろなタイプの断層を表舞台に出した」と表現する。
100年以上も
こうした研究は地震学の進歩にも役立つ。1938年に福島県沖で多発し、死者1人を出したM7級の地震は従来、プレート境界の逆断層型とされていたが、陸側プレート内の正断層型との見方が強まっている。政府が公表している地震の長期予測の見直しに発展する可能性もある。
 誘発による地震発生確率の上昇は、普段から力がかかってひずんでいる場所では比較的早く解消されるが、そうでない場所では長引く。1891年に岐阜県で起きた国内最大級の活断層地震の濃尾地震(M8・0)では、100年以上たった現在も周辺で微小な誘発地震が続いている。
 遠田氏は「大震災で確率が上昇した地域が元の状態に戻るまでに20〜30年以上、場所によっては100年以上かかるので備えが必要だ」と警告している。
南海トラフ巨大地震の危惧が差し迫って居ますが、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)(地震情報 2011年3月11日 14時46分頃発生 最大震度:7 震源地:三陸沖 - 日本気象協会 tenki.jp)以降の地震は此の地震発生以前とは様相を異にし、以前は数箇月に一回程度の発生が極めて短い期間内に発生すると云う周期に成った。
日本全国に揺れが影響したのだから、此の活動期への移行の流れは自然なのでしょう。
又、二千十五年五月三十日に発生した小笠原諸島西方沖を震源とする地震(地震情報 2015年5月30日 20時23分頃発生 最大震度:5強 震源地:小笠原諸島西方沖 - 日本気象協会 tenki.jp)も、此の流れの中に有ると見て差し支え無いのかとも思います。
更に平成二十八年熊本地震(地震情報 2016年4月14日 21時26分頃発生 最大震度:7 震源地:熊本県熊本地方 - 日本気象協会 tenki.jp地震情報 2016年4月16日 1時25分頃発生 最大震度:7 震源地:熊本県熊本地方(長崎の東90km付近) - 日本気象協会 tenki.jp)も此の流れの中に有ると見ても良いでしょう。
何れにしても南海トラフ巨大地震に備えて、大きな地震への注意警戒を怠らない意識で、日々の生活を送るのが無難ですね。
posted by 天野☆翔 at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

地震情報 2017年2月28日 16時49分頃発生 最大震度:5弱 震源地:福島県沖。

* 地震情報 2017年2月28日 16時49分頃発生 最大震度:5弱 震源地:福島県沖 - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2017年2月28日 16時49分頃発生 最大震度:5弱 震源地:福島県沖 発生時刻 2017年2月28日 16時49分頃
震源地 福島県沖
最大震度 震度5弱
位置 緯度 北緯 37.5度 経度 東経 141.4度
震源 マグニチュード M5.7
深さ 約50km
東北地方での久々の大きな地震が発生しました。
此の地震で驚いた方々が多かったのだろうと推察しますが、震源地周辺での大きな被害が出て無かった事が幸いです。
今後も大きな余震が発生する可能性が高いので、引き続き注意警戒を怠らない様にしたい。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

長周期地震動警報を実施へ。

* 気象庁 「長周期地震動」も警戒呼びかけへ|日テレNEWS24
気象庁は大地震の際、高層ビルなどがゆっくりと大きく揺れる「長周期地震動」についても緊急地震速報と同様にテレビや携帯電話の速報メールで警戒を呼びかける事を決めた。
 「長周期地震動」は震源から離れた高層ビルがゆっくりと大きく揺れるもので、東日本大震災の時にも東京や大阪で被害が出た。気象庁の有識者会議は、都市部でタワーマンションや高層ビルの建設が相次いでいるため、「長周期地震動」でも警戒情報を出すべきだと判断した。
 気象庁は「長周期地震動」の強さを1から4の階級で表しているが、立っている事が困難とされる階級3と階級4が予想された場合、緊急地震速報と同じようにテレビや携帯電話の速報メールなどで警戒を呼びかける。気象庁は来年度以降、早い時期に運用を始めたいとしている。
高層建築物の上層階に大きな影響を与える長周期地震動に関して、長周期地震動が発生するで有ろう地震の速報と同時に警報を発令する事が決まったのは、地震対策として非常に良い傾向で在ると思います。
災害対策では防災や減災の意識が欠かせないので、此の意識の中で判断基準に成る情報の発令は非常に重要で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

地震情報 2017年2月19日 18時19分頃発生 最大震度:4 震源地:千葉県東方沖。

* 地震情報 2017年2月19日 18時19分頃発生 最大震度:4 震源地:千葉県東方沖 - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2017年2月19日 18時19分頃発生 最大震度:4 震源地:千葉県東方沖 発生時刻 2017年2月19日 18時19分頃
震源地 千葉県東方沖
最大震度 震度4
位置 緯度 北緯 35.7度 経度 東経 140.8度
震源 マグニチュード M5.4
深さ 約60km
此の地震自体は特に大きな揺れでは無かったのですが、不気味な横揺れが非常に長く、十秒以上も感じました。
其の揺れの後にKyoshin EEW Viewerが反応し、SignalNow Expressも漸く反応すると云う具合です。
非常に気持ちの悪い地震でした。
posted by 天野☆翔 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

地震情報 2017年1月22日 13時30分頃発生 震源地:南太平洋(ソロモン諸島)。

* 地震情報 2017年1月22日 13時30分頃発生 震源地:南太平洋(ソロモン諸島) - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2017年1月22日 13時30分頃発生 震源地:南太平洋(ソロモン諸島)
22日13時30分ころ、海外で規模の大きな地震がありました。
この地震による津波の心配はありません。
詳しい震源の位置はソロモン諸島です。
気象庁では22日13時56分に北西太平洋津波情報を発表しています。
発生時刻 2017年1月22日 13時30分頃
震源地 南太平洋
(ソロモン諸島)
位置 緯度 南緯 6.1度 経度 東経 155.2度
震源 マグニチュード M8.4
深さ 約170km
* Earthquake - Magnitude 8.0 - BOUGAINVILLE REGION, P.N.G. - 2017 January 22, 04:30:25 UTC
南太平洋のソロモン諸島でマグニチュード8.4(モーメントマグニチュード8.0)もの大きな地震が発生しました。
書き込み現段階では震源地周辺での被害は確認出来て居ませんが、大きな被害に発展しない事を祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)から二十二年目。

* 【阪神大震災22年】6434人に鎮魂の祈り 経験生かす道、模索続く - 産経WEST
6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から22年を迎えた。兵庫県内では犠牲者を思い、鎮魂の祈りをささげる追悼行事を各地で開催。地震発生時刻の午前5時46分には一斉に黙とうした。
 22年前の記憶の風化を防ぐとともに、当時の経験を日本列島で相次ぐ災害にどのように生かすか、模索が続く。17日の行事には、2011年の東日本大震災や昨年4月の熊本地震の被災者も参加し、共に亡き人に思いを寄せる。
 神戸市中央区の東遊園地では、市などが主催する「1・17のつどい」があり、竹灯籠など約8千本で形作った「1995 光 1・17」の文字を囲む。妻裕美子さん=当時(32)=を亡くした大阪府和泉市の会社員、大鳥居慎司さん(58)が遺族代表として追悼の言葉を述べた。
 神戸市は17日午前10時、市内の小学校などで一斉に身を守る行動を取る「シェイクアウト訓練」を実施。児童らが犠牲になった兵庫県芦屋市の小学校や震源地となった淡路島などでも集会が開かれるほか、兵庫県も式典を行う。
* 【阪神大震災22年・動画】愛する人鎮魂、遺族「歴史ですますことできない」…次世代へ記憶・教訓伝える光 - 産経WEST
6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から22年を迎えた。神戸市などの被災各地では発生時刻の午前5時46分、一斉に黙とうがささげられた。震災当日と同じく冷え込みが厳しい朝、市民らは亡くなった愛する人への鎮魂とともに、次の世代への震災の記憶と教訓の継承を誓った。
 この日の追悼行事には、平成23年3月の東日本大震災や昨年4月の熊本地震の被災者も参加し、ともに犠牲者の冥福を祈った。
 神戸市中央区の東遊園地で行われた市などによる追悼行事「1・17のつどい」では、竹灯籠約7千本が並べられ、「1995 光 1・17」の文字が浮かび上がった。温かい灯(あか)りに包まれながら、人々は亡き人に思いをはせた。
 妻を亡くした大阪府和泉市の会社員、大鳥居慎司さん(58)が遺族代表として「22年たつと歴史の世界になってしまうが、私にとっては歴史ですますことはできない」と追悼の言葉を述べた。神戸市の久元喜造市長は「震災の経験と教訓を風化させることなく、次の世代に引き継ぐ取り組みを進める」と訴えた。
* 【阪神大震災22年】追悼の集い - YouTube

市によると、午前5〜7時に「1・17のつどい」に訪れた人は約4700人で、統計を始めた20年以来2番目に少なかった。
 一方、兵庫県などが主催する「ひょうご安全の日のつどい」の追悼式典で、井戸敏三知事は「『安全安心で元気なふるさと兵庫』の実現に全力で取り組む」とあいさつ。その後、「1・17ひょうご安全の日宣言」が朗読される。
* 【阪神大震災22年・動画】次世代への震災記憶の教訓と継承誓う(1/2ページ) - 産経WEST
6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から22年を迎えた。発生時刻の午前5時46分に被災各地で一斉に黙(もく)●(=示へんに寿の旧字体)(とう)がささげられるなど、犠牲者を追悼する一日となった。市民らは亡くなった人への鎮魂とともに、次の世代への震災の記憶と教訓の継承を誓った。
 神戸市中央区の東遊園地で行われた市などによる追悼行事「1・17のつどい」では、竹灯籠約7千本が並べられ、「1995 光 1・17」の文字が暗闇に浮かび上がった。
 式典では、妻を亡くした大阪府和泉市の会社員、大鳥居慎司さん(58)が遺族代表として、「22年たつと歴史になってしまうが、私にとっては歴史で済ますことはできない」と追悼の言葉を述べた。神戸市の久元喜造市長は「震災の経験と教訓を次の世代に引き継ぐ取り組みを進める」と訴えた。
* 阪神大震災から22年 - YouTube

平成23年3月の東日本大震災や昨年4月の熊本地震の被災者も参加し、東日本大震災が発生した午後2時46分に黙●(=示へんに寿の旧字体)。午後5時までに会場を訪れたのは約3万1千人。平成24、25、26年に並び、最も少ないという。
 兵庫県内では、児童らが犠牲になった芦屋市の小学校や震源地となった淡路島などでも集会を開催。熊本市では、大西一史市長らが阪神の犠牲者に黙●(=示へんに寿の旧字体)をささげた。
本日、近年では一九七八年に発生した宮城県沖地震以降最大の被害を出した兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)から二十二年目を迎えました。
此の震災を契機に国内では様々な対策が行われましたが、新潟県中越地震や新潟県中越沖地震、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)を経て、直近の平成二十八年熊本地震や鳥取地震で十二分に活かされたのかは詳細な検証が必要な処でしょう。
改めて、此の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)で亡くなられた方々には、謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

地震情報 2017年1月10日 15時14分頃発生 震源地:インドネシア付近(セレベス海) M7.2。

* 地震情報 2017年1月10日 15時14分頃発生 震源地:インドネシア付近(セレベス海) - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2017年1月10日 15時14分頃発生 震源地:インドネシア付近(セレベス海)
10日15時14分ころ、海外で規模の大きな地震がありました。
この地震による津波の心配はありません。
詳しい震源の位置はセレベス海です。
気象庁では10日15時32分に北西太平洋津波情報を発表しています。
発生時刻 2017年1月10日 15時14分頃
震源地 インドネシア付近
(セレベス海)
位置 緯度 北緯 4.5度 経度 東経 122.7度
震源 マグニチュード M7.2
深さ 約590km
南太平洋上で又しても大きな地震が発生しました。
震源地周辺地域の被害状況は不明ですが、被害が深刻化しない事を祈りたい。
又、此の地震は小笠原沖での地震と共通し、深部での地震発生と云う事で、其の揺れも通常よりも大きかった事かとも思います。
posted by 天野☆翔 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

福島県沖で二回の大きな地震。

* 地震情報 2017年1月5日 0時43分頃発生 最大震度:4 震源地:福島県沖 - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2017年1月5日 0時43分頃発生 最大震度:4 震源地:福島県沖 発生時刻 2017年1月5日 0時43分頃
震源地 福島県沖
最大震度 震度4
位置 緯度 北緯 36.9度 経度 東経 141.0度
震源 マグニチュード M5.3
深さ 約60km
* 地震情報 2017年1月5日 2時53分頃発生 最大震度:4 震源地:福島県沖 - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2017年1月5日 2時53分頃発生 最大震度:4 震源地:福島県沖 発生時刻 2017年1月5日 2時53分頃
震源地 福島県沖
最大震度 震度4
位置 緯度 北緯 37.1度 経度 東経 141.4度
震源 マグニチュード M5.8
深さ 約30km
気象庁マグニチュードでは5.3以上ですが、震度が共に4で結構広範囲で揺れました。
此の地震は共に「SignalNow Express」や「Kyoshin EEW Viewer」が反応しました。
短時間の間に此れだけの大きな地震が発生と云うのは、平成二十八年熊本地震以来だと思われます。
今後も余震が発生する可能性が在りますから要警戒ですね。
posted by 天野☆翔 at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

地震情報 2016年12月28日 21時38分頃発生 最大震度:6弱 震源地:茨城県北部。

* 地震情報 2016年12月28日 21時38分頃発生 最大震度:6弱 震源地:茨城県北部 - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2016年12月28日 21時38分頃発生 最大震度:6弱 震源地:茨城県北部 発生時刻 2016年12月28日 21時38分頃
震源地 茨城県北部
最大震度 震度6弱
位置 緯度 北緯 36.7度 経度 東経 140.6度
震源 マグニチュード M6.3
深さ 約10km
久々に東日本地域で大きな地震が発生しました。
人的被害は確認されて居ませんが、震源地周辺での物的被害は確認されて居ます。
道路の破損等は最低限存在して居ますので、車の運転等では充分に注意して欲しいと思います。
大きな被害に発展しない事を祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

地震情報 2016年12月25日 23時22分頃発生 震源地:南米西部(チリ南部) M7.7。

* 地震情報 2016年12月25日 23時22分頃発生 震源地:南米西部(チリ南部) - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2016年12月25日 23時22分頃発生 震源地:南米西部(チリ南部)
25日23時22分ころ、海外で規模の大きな地震がありました。
太平洋で津波発生の可能性があります。
日本への津波の有無については現在調査中です。
詳しい震源の位置はチリ南部です。
PTWCでは25日23時28分に津波情報を発表しています。
発生時刻 2016年12月25日 23時22分頃
震源地 南米西部
(チリ南部)
位置 緯度 南緯 43.3度 経度 西経 74.5度
震源 マグニチュード M7.7
深さ ---
地震情報 2016年4月17日 8時59分頃発生 震源地:南米西部(エクアドル沿岸) - 日本気象協会 tenki.jp以来の南米西部での地震が発生しました。
現地での被害の状況が現段階では把握出来て居ませんが、大きな被害が出ない事を祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする