冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年11月16日

辻元清美が足立康史氏の発言に釣られる。

* 立憲・希望が維新に抗議=足立氏の「犯罪者」発言:時事ドットコム
立憲民主、希望両党は16日、日本維新の会の足立康史衆院議員が立憲、希望両党幹部を名指しで「犯罪者」と発言したことについて、維新側にそれぞれ抗議した。
 立憲の辻元清美国対委員長は「誹謗(ひぼう)・中傷に近いことを国会で発言したのは問題だ」と批判。希望の泉健太国対委員長は「党としてどう対応するか注目している」と語った。維新の遠藤敬国対委員長はいずれにも謝罪せず、「幹部と相談して対応を決めたい」と述べるにとどめた。
 足立氏は15日の衆院文部科学委員会で問題となった発言を行い、この際、自民党の石破茂元幹事長に対しても「犯罪者」と述べていた。これについて遠藤氏は16日、自民党の森山裕国対委員長と会い、「不穏当な発言だった」と陳謝した。
犯罪者云々の発言に対して辻元清美が「誹謗中傷云々」として問題視したが、お前は確定者で在った過去をお忘れか。
又、鈴木宗男氏への暴言もお忘れなのかと。
見事な脊髄反射で其の当事者意識が露呈しました。
posted by 天野☆翔 at 23:42 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

足立康史氏が大暴れ。

* 維新・足立康史氏、言いたい放題 獣医師会献金の希望・玉木雄一郎代表らに「犯罪者」 朝日の加計報道は「捏造」、「死ね」撤回せず - 産経ニュース
日本維新の会の足立康史衆院議員は15日の衆院文部科学委員会で、希望の党の玉木雄一郎代表の関係団体が獣医学部新設に反対する日本獣医師会の関係団体から政治献金を受けていたことを問題視し、「犯罪者だと思っている」などと批判を展開した。
 足立氏は加計学園の獣医学部新設に絡み「献金をもらって仮に請託を受けて国会質問していれば犯罪者だ」と述べた。自身が「朝日新聞、死ね」とツイッターで批判した加計学園に関する同紙の報道についても「捏造(ねつぞう)だ」と重ねて強調した。林芳正文科相に「捏造と言ってください」と求めたが、林氏は「特定の報道について断定することは控える」とかわした。
 足立氏は委員会後、記者団に「朝日の捏造報道で拡大した風評が、意味のない(他の)野党の質疑につながっている。捏造報道の責任は大きい」と主張。民進党が国会で取り上げた「保育園落ちた日本死ね」の言葉を引き合いに「『死ね』が不適切なことは重々承知している。『日本死ね』を問題にしなかった国会やメディア、社会に対する異議申し立てだ」と述べ、撤回しない考えを示した。
 希望の党の泉健太国対委員長は「一つ一つを真剣に受け止めることにはならない」と突き放した。一方、福山哲郎幹事長が玉木氏とともに名指しで「犯罪者」と呼ばれた立憲民主党は、発言を議事録から削除するよう冨岡勉委員長(自民)に求めた。足立氏への懲罰動議を提出すべきかどうかも検討している。
加計学園問題で何の問題も無いのに、此れを何時迄も引き摺り追求して来た側が、獣医師会からの献金を受けてた人物だったり、捏造歪曲偏向報道を繰り返すマスメディアへの苦言を呈した足立康史氏が衆議院文部科学委員会で指摘した。
言いたい放題の暴言だと批判されるが、其の批判は全く正しくは無く批判の為の批判でしか無く、徒に時間を空費するなら国税の無駄なのだから犯罪と断罪しても差し支え無い。
懲罰動議等は以ての外だが、足立康史氏には今後も此の流れで徹底的に追求して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:35 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

陸上自衛隊配備反対署名の精査中止を求める申し入れ。

* 二重記載にトリプルも 1万4千筆¥d複整理で判明 陸自配備反対署名 - 八重山地方の情報発信 八重山日報公式ホームページ
石垣島への陸自配備に反対する署名約1万4千筆が集まったことで署名整理を進めている石垣市は、14日までに重複チェックをほぼ終え、二重記載やトリプル記載の署名を確認していたことが分かった。「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」も重複記載を認めた。石垣市は署名者が18歳以上の市民かどうかなど「精査」を行う方針を示している。
市民連絡会のメンバーは14日、漢那政弘副市長に対し、中山義隆市長宛てに署名に対する「精査」の中止を求めた。この申し入れは、「署名数の確定には重複チェックで十分」と「精査」の中止を求める内容。漢那副市長とのやり取りで、同連絡会は「ダブリで書いている人がいると聞いている」と重複記載を認め、「あれだけの数はチェックできない」と話している。
石垣市は陸上自衛隊の配備反対署名の中身が二重記載等の不正が確認され、更に精査する動きに署名を提出した団体が中止を求めたが、一体何を恐れて中止要求をするのか。
一人一筆が署名の大原則なのだから、提出側が徹底的な確認をするのが義務だが此れを放棄。
此の中止申し入れは明らかに水増し不正が発覚するのを恐れての動きで在る事は間違いは無い。
此の構図は反政府デモでの参加人数の案件でも同様で在る。
出鱈目は許されない。
posted by 天野☆翔 at 23:21 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

前川喜平が負け犬の遠吠え。

* 【加計学園】認可に前川喜平氏「総理のお友だちにだけ特権」 - 産経ニュース
学校法人「加計学園」(岡山市)による獣医学部新設計画をめぐり、林芳正文部科学相が14日に新設を認可したのを受け、文科省元事務次官の前川喜平氏は同日夜、「総理のお友だちにだけ特権を与える行政行為」などと批判するコメントを報道機関に書面で出した。全文は次の通り。

 林芳正文部科学大臣は、加計学園の獣医学部を認可してはならなかった。総理のお友だちにだけ特権を与える行政行為であり、我が国の大学行政に大きな汚点を残しました。
 認可がされても、決して幕引きとはなりません。不公正・不公平な行政を押し通し、国政を私物化した事実は厳然と存在し続けます。
 政権側は、国民による追及から逃げ続け、国民があきらめ、忘れてしまうのを待とうとしています。責任追及からの逃亡をこれ以上許すわけにはいきません。私たち国民は、決して忘れてはいけないのです。
平成29年11月14日
前川喜平
林芳正文部科学大臣が岡山理科大学獣医学部の認可をした事で、前川喜平がコメントを出したが、此の内容は明らかに負け犬の遠吠えで非常に醜悪。
国政を私物化等と批判してるが、天下りで散々好き勝手して来たお前こそが私物化してるのだ。
最早お前には何も云う権利も義務も無い。
posted by 天野☆翔 at 23:16 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

小池百合子が希望の党代表辞任。

* 【小池代表辞任】小池百合子氏「国政のことは国政の皆さまに任せたい。代表の座を降りる」(1/3ページ) - 産経ニュース
希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は14日夕、国会内で開いた両院議員総会で代表辞任を表明した。新代表には玉木雄一郎共同代表が就いた。小池氏は「国政については国政の皆様に任せたい。創業者の責任として代表としてスタートしたが、代表の座を降りさせていただく。然るべき形で皆様方をサポートしたい」と語った。小池氏の発言の詳細は以下の通り。
 「皆さん、こんにちは。今日は先ほど玉木共同代表から人事案が示され、そして皆さま方、総会で承認をいただいた。新しい執行部が誕生したわけだが、フレッシュかつ重厚な布陣を敷けたと思っている。希望の党は、まだ生まれてよちよち歩きの新しい党だ。フレッシュでなければいけない。そして希望がなければいけない。そういう中で大きな任務を皆さま方に担っていただいているわけだが、今回の人事案、まだまだそれぞれの適材適所にこれからはまっていくだろうと思うが、このような形で新しい執行部が誕生したことを私は心から喜びたいと思う」
「これからが希望の党にとっての勝負だと思う。1人1人、誰かがやるだろうではなく、ぜひポテンヒットが出ないように、それぞれの守備範囲で、ホームランを打つ人、ヒットを打つ人、それぞれ持ち味を生かしながら希望の党を育て上げていただきたいと思っている」
 「今回の人事についても玉木さんに一任し、任せてきた。国政については、やはり国政の皆さま方にお任せしていきたいと思っている。その意味では、私は創業者の責任として代表でスタートしたが、私はこれからはむしろ皆さま方にお任せして、方向性は決まっているので、それをしっかりと進めていただくという、それを基にした上で私は代表の座を降りさせていただいて、しかるべき形でサポートできるようにしていきたいと思っている。創業の1人として、創業の心を皆さんと分かち合えるような思いで、何よりも1000万人の方々が希望の党と書いてくださった。この重みをみんなでシェアしていきたい」
「日本にこれから希望の星として、皆さん1人1人が輝くように私も必要なお手伝いをさせていただきたい。この後、規約等々で変更があるかもしれない。それも執行部の皆さまにお任せし、私は皆さんが思う存分これから日本国民のために働けるような、そういう後押しをしていきたいと思っている。ともに頑張っていきましょう」
 「私は代表から離れるということだが、皆さんが投票で選ばれた玉木共同代表に、この後を任せたいと思う。推挙させていただく」
都民ファーストの会同様、選挙後に代表辞任の動きは希望の党でも変わらなかった。
有権者は小池百合子有りきで投票したのに、選挙が終わって此れでは裏切り以上の何物でも無い。
東京都知事としての手腕も此れでは期待出来ず、最早信用され無いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:11 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

岡山理科大学獣医学部新設を認可。

* 加計獣医学部、文科相が認可決定 52年ぶり新設決まる - 産経ニュース
学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が政府の国家戦略特区制度を活用して愛媛県今治市に来春、岡山理科大獣医学部を新設する計画を、文部科学省の大学設置・学校法人審議会(設置審)が「可」とする答申をしたことを受け、林芳正文科相は14日の閣議後会見で、計画を正式に認可することを明らかにした。
 獣医学部の設置は、昭和41年の北里大以降なく、岩盤規制の象徴ともされてきたが、文科相の認可により52年ぶりに新設されることが決まった。四国での設置は初めて。
 答申について林氏は、10日の記者会見で「尊重したい」と表明。来年4月予定の獣医学部の開学に向け、学生募集の準備などに影響しないよう早期の判断が必要との認識を示していた。
 一方、野党は特区選定までの経緯や計画内容に疑義があると反発。林氏に最終決定の保留を求めていた。
 設置審の答申は9日付。当初、獣医師の需要見通しや実習内容などについて改善を求め、抜本的に見直さなければ不認可とする「警告」を出していた。
 8月には是正意見が解消されていないとして保留となったが、学園側が9月に提出した補正申請書で課題がクリアされた。
加計学園問題で岡山理科大学獣医学部新設を林芳正文部科学大臣が認可する事が決定しました。
此れに拠って岩盤規制に穴を穿ち、長年歪められてた行政が正されました。
今後は人材の問題に為る。
posted by 天野☆翔 at 23:07 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

豊洲新市場の土壌汚染対策を撤回せよ。

* 【豊洲問題】土壌汚染対策の追加工事また入札不調2件、市場移転に影響も - 産経ニュース
豊洲市場(東京都江東区)で都が予定している土壌汚染対策の追加工事で、13日までに入札された3件のうち2件が業者辞退などで不調となったことが都への取材で分かった。都は1カ月以内をめどに再入札手続きを始めたいとしている。
 10月末に開札された別の5件中4件も不調となっており、築地市場(中央区)からの移転スケジュールに影響が出る可能性もある。
 豊洲市場の開場日は2018年10月11日とする方向でほぼまとまっているが、築地の業界は日程決定の条件として、都が追加工事を18年7月末までに終えることを確約するよう求めている。都は業者との契約手続きから最終的な安全確認までに必要な期間を8カ月と見込んでいる。契約が来年1月以降にずれ込めば、業界の要望に応えられなくなる恐れがある。
 都によると、豊洲の追加工事は全部で9件あり、13日はうち3件で開札された。地下空間の換気設備を整備する工事など2件で不調となった。
地下空間等の環境対策の工事の入札で、度重なる不調が確認されてるが、此の原因の早急な調査をする必要が在る。
然し、確認に次ぐ確認の繰り返しで安全性が確認された地下空間の工事自体がそもそも不要。
小池百合子は此の地下空間の環境対策工事の撤回を表明せよ。
posted by 天野☆翔 at 23:17 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

山尾志桜里支持者の今更。

* 山尾志桜里氏は「人間性が問題」地元支援者ら、男性弁護士の政策顧問起用に怒り「ルールは守らないと」(1/2ページ) - 産経ニュース
「人間性が問題」「タイミングとしてはノーだ」。週刊文春に「禁断愛」のお相手と報じられた倉持麟太郎弁護士(34)を政策顧問に迎える山尾志桜里衆院議員(43)のあきれた行動を、地元の愛知7区(尾張旭市、瀬戸市、東郷町など)は認めるのか。現地で有権者の声を聞いてみると案の定、地元の後援会長や支持者から、怒りや嘆き、批判の声が噴出した。
 倉持弁護士の起用について「急がなくても良かったんじゃないかと思う」と語るのは東郷町後援会長の野々山利博さん。後援会長という立場ゆえ言葉を選びながらも、「(報道されてから約2カ月という)タイミングとしては“ノー”だ。国民や支援者の気持ちを大事にしているんだったら、1年後でもよかったと思う」と苦言を呈した。
 耳の痛いことも直言するため、「山尾さんは私のことを煙たがっているかもしれないが」という野々山さん。山尾氏の性急な行動に「(無所属で)働く場所が狭まるといっても、少しずつ広げていけばよかったのに」と嘆息をもらす。
 同じ東郷町では「もともと好きじゃないもの。態度が好きじゃないわ。えらそうってのもあるし」(70代女性)、「変わっとるよね! 山尾さんには入れません」(別の70代女性)との声も。
「人間性が問題だと思う。(倉持氏を)顧問にしたことで何もなかったとでも言いたいのか、本当に何かあったのかは知らないけど普通では信じられない」と目を丸くした60代の主婦もいた。
 次に山尾氏が事務所を構える尾張旭市で聞いてみた。
 60代の女性商店主は口をとがらせた。「(倉持氏と)話をしただけというなら事務所でもできる。ホテルなんかに行くことないわ。今日またテレビで取り上げられているの見て『当然や』と思ったわ」
 50代の男性商店主は、山尾氏の支持者ではあるが、「公人の前に人間だからしちゃうのかもね。そりゃあ何もないわけないんだから。でもするならルールは守らないといけない」と視線は厳しい。
 もちろん、「認められたということじゃないんですか。選挙にも受かったしね」(東郷町の主婦)、「政策顧問どうのっていうが、山尾さんは立派だよ」(尾張旭市の70代男性商店主)と山尾氏を擁護する意見もある。
 8日夕、同市内の山尾氏の地元事務所関係者を直撃すると、表情をこわばらせ、「まあいろいろなご意見がありますね」との言葉を残し、「立ち向かう。」と書かれたポスターが張られた薄暗い事務所に入っていった。
愛知県七区の山尾志桜里の支持者の声が産經新聞に掲載されたが、其の殆どが失望の意見で、此の原因は倉持麟太郎に在るが、そもそも不倫で議員辞職を求めた人物が其の自身の説明責任を放棄した事が根底に有り、こんな人物を当選させた支持者が馬鹿なだけです。
支持者は何を今更不平不満を口にするのかと厳しく問い質したい。
こんな人物を当選させ無ければ為らない程の何か後ろ暗い事情でも在るのかと、大いに疑念を抱くのだ。
二枚舌の人間を信用する程度の意識で選挙に臨んで欲しくは無い。
posted by 天野☆翔 at 23:13 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

玉木雄一郎こそ「白紙委任」された訳では無い。

* 希望の党、役員人事は玉木雄一郎氏に一任 小池百合子氏に「任せます、と言ってもらった」 - 産経ニュース
希望の党の玉木雄一郎共同代表は12日のフジテレビ番組で、小池百合子代表(東京都知事)から党役員人事について一任されたと明らかにした。小池氏との10日夜の会談を振り返り「人事も含めて『任せます』と言ってもらった。委ねてもらった」と述べた。
 会談では外交、社会保障政策についても意見交換。「これからの日本に必要な政策、方向性について結構突っ込んで話した」と強調した。
 党運営について「東京と地方が連携してやれることがある。都知事が代表の党なので、他党にできないことを打ち出したい」と意欲を示した。
希望の党の共同代表に選出された玉木雄一郎だが、小池百合子に「任せます」と言われて喜んでる様子だが、安倍政権が維持された現状に対して「白紙委任された訳では無い」と批判してるが、お前こそ白紙委任された訳では無いと自覚すべきだ。
飽く迄希望の党の綱領に沿った形での党内運営を任されたので在って、自分自身の好き勝手にして良いと云う話では無いのだ。
此処を勘違いされては困るのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:05 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

志位和夫が拗ねる。

* 「安倍政権になって晩餐会に招待されなくなった」 共産・志位委員長のツイートに賛否 : J-CASTニュース
安倍晋三首相がトランプ米大統領を招いた晩餐会について、共産党の志位和夫委員長が、以前のように野党党首を呼ばなくなったのは見直したほうがいい、と自らのツイッターで批判し、ネット上で論議になっている。
志位委員長は、総選挙が終わった後、11月に入って、ツイッターで現在の自民党政権のあり方を批判し続けている。

「かつては、ブッシュとのツーショットも撮った」
9日には、「かつての自民党内閣は、国の命運を左右するような外交問題の際には、野党党首とも党首会談をおこない、状況説明とともに意見を聴いた」とし、その例として、「橋本内閣の時のペルー人質問題」「小泉内閣の時の日朝平壌宣言」を挙げた。そして、「安倍政権もそういう努力をするべきではないか」と疑問を呈した。
さらに、翌10日には、自民党が与野党の国会質問時間配分を5対5とする方針だと報じられたことについて、「絶対に認められない」と糾弾した。少数意見を尊重しないのは真の民主主義ではないとした1978年の札幌高裁判決を挙げ、「全ての野党が結束して止めよう!」と呼びかけた。
晩餐会を話題にしたのは、11日のツイートだ。
「かつての自民党政権は、外国首脳来日のさいの首相主催の晩餐会に、野党党首も招待し、超党派でもてなした」と指摘し、「私も招待があったときは必ず参加した。米国のブッシュ大統領と挨拶、ツーショットの写真を撮ったこともある」と明かした。そのうえで、「それが安倍政権になって一切なくなった。これも見直した方がよい」と訴えたのだ。
以下省略。
安倍政権に成ってから晩餐会に招待され無く為ったと云う事をツイートしてるが、公安の監視対象に為ってるテロリストを海外要人の門前に晒す事の危険性が在るのだから、招待され無くて当然なのだと意識しないのでしょう。
其れ以前に過去には招待されてた事の方が驚きで在る。
此の主張を矮小化するとこうだ。
学級委員長が有名人の友達を饗す場に、今迄好き勝手仕放題してた悪餓鬼が呼ばれ無く為ったから逆上してる。
と云う事で在る。
馬鹿で在る。
posted by 天野☆翔 at 22:57 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする