冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年07月16日

老害共が共闘。

* 小泉純一郎元首相、小沢一郎氏と脱原発でタッグ!? 「保守の小沢さんと私が『原発ゼロにしなきゃいかん』とやるのが大事」(1/5ページ) - 産経ニュース
小泉純一郎元首相は15日、自由党の小沢一郎代表が東京都内で開いた政治塾に講師として招かれた。政敵だった2人を約30年ぶりに結びつけたのは「原発ゼロ」の主張だった。両氏の今後の共闘はあり得るのか。2人が講演後に行った記者団とのやり取りの詳報は以下の通り。

 −−小泉氏を招いた趣旨と講演の感想を
 小沢氏「小泉元首相がおいでいただけるかもしれないという話をお伺いしてね。それはもう、私もそうだけど、塾生も、若い連中にも国会議員のみんなにも、話を聞かせてやりたいということで『ぜひお願いします』ということで、今日実現しました。しばらくぶりにね、小泉節を聞きまして、しかも非常にいい、しかも面白い、私もいろいろ初めて知ったようなこともたくさんありましたし、とてもいい話をしてもらったと思って、感謝しています」
 小泉氏「いやー、小沢さんからね、こういう話、来るとは夢にも思ってなかった。思いがけないことで、手紙を見て、そうか、じゃあ行ってみるかということで、普段思っていることを話しました」
 −−小泉氏は常々、講演で「原発ゼロには与野党関係ない」と述べている。今後、小沢氏らと連携を深めていく考えは
小泉氏「連携というかね、それぞれの立場があると思うんですよね。だから特にこの原発運動というのは、今まではどちらかというと野党系、革新系かね、いわゆる左派系の人たちが多かった。これからはね、保守の人が、保守といわれた人たちが原発ゼロの声を上げていくのが大事じゃないですか。与党も野党もない。保守、革新もない。そういう国民運動を盛り上げるためには保守といわれたね、小沢さんと私が、原発ゼロにしなきゃいかんと言ってやっていくのは大事じゃないかと思っている」
 −−来年の参院選で原発ゼロを掲げる野党候補の応援に入る考えは
 小泉氏「私はね、もう選挙運動は一切関わらない。細川(護煕)さんのとき(平成26年2月の都知事選)にした後、一切選挙運動はしたことはない。もう選挙運動ではなく、それ以外の原発をゼロにしないといかんというそういう活動はするけど」
 −−来年の参院選に向けて原発ゼロを野党勢力の結集を旗印に掲げる考えは
 小沢氏「はい。これは今日、小泉元首相からも話があった通り、ほんとうに将来、長期間にわたって、国民の生活、生命、本当に深刻な影響をもたらすものですからね、私もまた野党としても、原発ゼロ、脱原発。これはまあ、いわば最大の政策目標として掲げていきたいと思っています」
「今、お話がありましたようにね、小泉元首相が直接、選挙や政治に関わるかどうかは別として、総理・総裁をなさった方が、原発ゼロということを国民に対して話してもらってるちゅうことはね、それだけでもわれわれにとって大変心強いことなのでね、この主張を今後も強くやっていきたい、そう思っています」
 −−鹿児島県の三反園訓知事や滋賀県の三日月大造知事のように当初脱原発を唱えた人が、自民、公明の支持を受けて当選するように、流れとしては逆になっている。これについてどう思うか
 小泉氏「いずれは分かるんじゃないですか。将来、原発ゼロにしなきゃならないという動きが弱まることよりも、強まると思いますね。それは本人の考えですから。そういう選挙で言っていたことと、当選してから変わっちゃうというのは好ましくない。残念だ」
 −−「原発推進」の安倍晋三首相が保守だということについてはどう思うか
 小泉氏「もうゼロに切り替えることはできないでしょうね。しかし、いずれ将来はそういう人が出てくると思いますけども」
 −−首相の自民党総裁選3選を阻止するためには保守系の原発推進反対派が当選した方がいいという考えか
 小泉氏「まだ出ないでしょう。そういう状況じゃないでしょう。時期があるからね」
 −−小泉氏と小沢氏が同じ場に立ったということは安倍政権への牽制の意味合いもあるのか
小泉氏「別にそういうことじゃなくてね、私は持論を述べた。いろいろ同じ考えの人と、この運動を展開していくことのはいいということだなあと思っている。別に牽制しようがしまいが、そういうのはあまり気にしない」
 小沢氏「今のお話の通り、私は国民が本当に真剣に、深刻に考えればね、原発ゼロ、脱原発。その考え方に必ず、今でもね、やっぱり原発反対ってのは6割くらいは世論調査してもいるわけですから、もっともっとね、それが表だって大きな声になっていくんじゃないかと、私はそう思います」
 −−安倍首相3選の声も高まる中、どう安倍政権をストップするかが当面の課題だと思う。今の野党の動きをどうみているか、その上で野党はどうすべきか
 小泉氏「それは今の政界、分からないからねぇ。来年の参院選挙、どうなるかですよね。それまで分からない」
 −−小泉氏が小沢氏と行動をともにするのは、小沢自民党幹事長時代に小泉氏が党全国組織委員長に就任して以来、約30年ぶりか
 小泉氏「そうか、30年たったか。幹事長、いくつだっけ」
 小沢氏「(当時)47(歳)だ」
 小泉氏「じゃあ、30年だ」
 小沢氏「ほぼ30年」
 小泉氏「30年だねえ。月日の立つのは早いねえ」
−−小泉氏は安倍首相の育ての親だと思う。現状の安倍首相を見て「思っていたのと違う首相になってしまった」との考えはあるか
 小泉氏「まあ、私の考えとは違うけどね。それは彼は、彼なりに一人の政治家として思ってやっているんだから。私が言う通りやれといったってやる、そういう状況じゃないよね。だから任せるんですよ。余計なことは言わない」
 「でも残念に思っているのは首相が原発ゼロに舵を切れば、与野党一緒に実現できるのに。このできるチャンスを逃しているのは惜しいなと、もったいないなあと。恵まれたときに首相になった。そしてやらなければならないことをやらないというのは、残念だなと思っています」
 −−小泉氏は次男である自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長に「原発ゼロ」を訴えてもらいたいか
 小泉氏「それはもう一人前の政治家なんだから、あれこれ言わんと。ただ私の意見は知っている。今はやっぱり、立場を考えて慎重にしてんじゃないかね」
 −−どのタイミングで日本の政治は原発ゼロに変わると考えるか
 小泉氏「野党がいつ気付くかだね。野党がこの原発ゼロをみんな支持する。争点にするかどうか。これは大きいと思う。野党がまだ気付いていないというか、自民党みたいにいろいろ意見が違っても一本になろうという気持ちが野党は少ない。野党が一本化して、選挙の争点にできるかどうかがカギだろうな」
小沢一郎の政治塾の講演に小泉純一郎が招かれ、原子力発電政策を否定した。
共に「壊し屋」で在る共通の理念が在る事が結び付けたのだろう。
方や政局の壊し屋、方や自由民主党をぶっ壊すと曰った人物。
老害共が共闘しても何も意味は為さない。
温室効果ガス削減の目標の実現には、原子力発電の重要性が増すのだが、此処を全く理解して居ません。
火力は二酸化炭素の元で在るし、自然エネルギーの風力や水力や地熱は限界が在る。
太陽光発電は、パネル自体が環境汚染の元で在る。
現実直視せずに妄言を撒き散らすなと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 00:35 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

総がかり行動実行委員会の異常な主張。

* 人命軽視の政権倒そう/総がかり行動
総がかり行動実行委員会は12日、改憲反対や安倍内閣の総辞職などを求めて毎週木曜日に取り組んでいる国会議員会館前抗議を行いました。国会議員や学者、弁護士らがスピーチし、西日本を中心に甚大な豪雨被害が発生しているにもかかわらず、延長国会で悪法の強行を続ける安倍政権を批判。「みんなの力で政治を変えよう」とコールしました。
 実行委員会を代表してあいさつした菱山南帆子さんは、安倍政権は豪雨被害への災害対応より悪法の審議・採決を優先していると批判し、「人命を軽視する政権をみんなの力で必ず打倒しましょう」と呼びかけました。
 安全保障関連法に反対する学者の会の堀尾輝久さん(東京大学名誉教授)など、さまざまな市民が訴え。野党から、立憲民主党の阿部知子衆院議員、日本共産党の井上哲士参院議員、社民党の福島瑞穂参院議員がスピーチしました。
 この日は600人(主催者発表)が参加。「国民の声を無視する安倍政権は許せない。できることは何でもやる」と毎週参加している東京都杉並区に住む女性(70)は「私たちがあきらめたら、安倍政権の思うつぼだと思います。声をあげ続けます」と話しました。
十二日に国会前での違法なデモを実施した上に、主張が災害対策よりも法案の採決を優先させてるとして、人命軽視する政権は打倒すべきと曰った。
国会の延長を余儀無くされたのは、お前等野党共が審議拒否をして法案の審議を妨害したからだ。
本来は今頃は閉会してたのだ。
会期延長しなければ災害対策に全力を傾ける事も出来様。
自分達の悪行を棚に上げて、政権批判するとは言語道断で呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 15:03 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

新潟県議会が性犯罪者監視検討を求める意見書を決議。

* 性犯罪者のGPS監視求める意見書を可決 新潟県議会:朝日新聞デジタル
新潟市西区の小学2年の女児(7)が5月に殺害されて線路上に遺棄された事件を受け、新潟県議会は13日、性犯罪者にGPS端末を装着して監視するシステムの導入について、国に検討を求める意見書を賛成多数で可決した。全国都道府県議会議長会によると、このような意見書が地方議会で可決されるのは初めて。
 意見書は自民党の県議らが提出。今回の事件で、殺人、強制わいせつ致死罪などの罪で起訴された男が、事件前に別の少女にわいせつ行為をした疑いで書類送検されていたことに触れ、「米国では性犯罪常習者にGPS端末を装着させて監視するシステムがある。再犯防止を図る上で検討する必要がある」とした。県議会の自民、公明、民進、社民系会派などが賛成に回り、賛成48、反対2で可決した。
 反対した共産党県議は「厳罰化一辺倒の対策では、性犯罪の再発防止につながらない」と意見を述べた。性犯罪者のGPS監視については「プライバシーや人権の侵害にあたる」との指摘もあり、政府は慎重な姿勢を示している。
性犯罪者にGPSを取り付けて監視する様、国に求める意見書を新潟県議会は賛成多数で可決した。
唯一反対したのは日本共産党。
厳罰化では再犯抑止出来無いや人権上問題との事で反対。
日本共産党は性犯罪者を野放しにして置く集団と見て差し支えないだろう。
犯罪被害者の立場に立てば、こんな妄言は即座に叩き潰されるだけで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

辺野古基地移設工事を沖縄県が認めた。

* 辺野古サンゴ移植、沖縄県が申請認める : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、県は13日、埋め立て区域で見つかった希少なサンゴ9群体を区域外に移植するため、沖縄防衛局が申請していた「特別採捕許可」を認めた。
 移植は移設工事を進めるための手続き。移設に反対する翁長雄志知事は「食害対策が不十分」などとして不許可とし、工事に遅れが出ていた。今回は対策が取れていると判断した。これに伴い、工事が加速することになった。一方、移設反対派は翁長知事の対応に強く反発している。
埋め立て海域で発見された珊瑚の群体を区域外に移植する為に、沖縄防衛局が申請して居た特別採捕許可を、沖縄県は此の申請を認めた。
沖縄県としては本来、辺野古基地移設反対の立場で在ったが、此の申請を認めた事で非常に中途半端な立場に成った。
反対派からすれば賛成派に回った事として非難の対象に為るだろう。
一方賛成派からすれば、反対派で在ったのに何故と云う具合で在る。
真意は果たして何処に。
posted by 天野☆翔 at 23:35 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

竹下亘の捕らぬ狸の皮算用。

* 自民・竹下亘総務会長、参院選敗北なら安倍晋三首相退陣 - 産経ニュース
自民党の竹下亘総務会長は14日、党新潟県連大会の講演で、安倍晋三首相が9月の党総裁選で連続3選を果たした場合でも、来年夏の参院選で敗北すれば退陣に追い込まれるとの認識を示した。「たまたま国政選挙に5回続けて勝っている安倍首相の選挙の強さが、安倍政権を維持しているわけで、国政選挙に負けたらその時点で終わり。政治の世界は厳しい」と述べた。
 その上で「その厳しさの中で、私たちは自民党総裁を安倍首相が引き続きやるのか、新しい総裁になるのか、しっかり党員の意思として決めていかねばならない」と強調した。
新潟県での講演で、竹下亘は来年の参議院議員選挙の結果次第では、安倍晋三自由民主党総裁は退陣を余儀無くされるだろうとの認識を示した。
然し、与党で在る事や国政を動かす立場としては、参議院での結果は左右されては為らないのだ。
例え此れが其の通りの結果に成ったとしても、未だ選挙戦に突入して無い現状で此れを云うべきでは無い。
こう云う発言自体が、自由民主党と云う組織の信用性に関わるのだと自覚しない。
結局は石破茂等と変わらないと云う事で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

枝野幸男が議会制民主主義を完全否定。

* 「立憲主義ないがしろ」 立民の枝野幸男代表、内閣不信任案で - 産経ニュース
立憲民主党の枝野幸男代表は14日、安倍内閣不信任決議案の提出に前向きな考えを示した。森友、加計学園問題などを念頭に「国会が終わるにあたり、いかに安倍政権が国会で立憲主義、民主主義をないがしろにしているかを国民に示す締めくくりをしたい」と述べた。松江市で記者団の質問に答えた。
 参院選挙制度改革を巡り、合区選挙区を維持する自民党提出の公選法改正案に関し「合区を解消する抜本改革を秋の臨時国会に向けて各党で一致できないか、もう一度ゼロベースで模索するのは当然だ」と強調した。
立憲民主党の枝野幸男は、森友や加計の案件を念頭に内閣不信任決議案の提出に前向きな姿勢を示したが、根拠が立憲主義や民主主義を蔑ろにしてるからとの事だが、此れを蔑ろにしてるのは自分達なのだと自覚しない。
両案件共に全く問題は無かった事が既に証明されてるが、自分達の都合で問題有りとして扱ってるだけで、此処に立憲主義や民主主義は無関係で、此れを政治的に利用してるに過ぎない。
平成三十年七月豪雨の対応で多忙を極める此の時期に、其れをしたらどう云う結果に為るのか理解してるのか。
其れこそ国民から見放されるだけで在るのだ。
流石に行政を私物化した民主政権時代の官房長官経験者で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:21 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

与党政府は祝日法の理念を思い出せ。

* 「海の日」の再固定化の祝日法改正案、今国会提出を見送り 「ハッピーマンデー」維持の声強く - 産経ニュース
与党は13日、祝日の「海の日」(7月第3月曜日)を7月20日に固定するための祝日法改正案を今国会に提出しない方針を固めた。土日を含めた3連休を増やす「ハッピーマンデー制度」を引き続き海の日に適用するよう求める声があり、観光業界を中心に再固定化への反対論が強いことを踏まえた。海の日の固定化を主張する超党派国会議員らの「海事振興連盟」(衛藤征士郎会長)などは秋の臨時国会への改正案提出を目指すが、道のりは険しそうだ。
 海の日は、地方巡幸を終えた明治天皇の船が横浜港に帰着した7月20日に由来し、平成8年から祝日化された。その後、ハッピーマンデー制度の導入に伴い、15年から「7月第3月曜日」となった。
 再固定化への機運が高まったのは、2020年東京五輪の開催に伴い、同年に限り開閉会式の前後に祝日を動かす改正五輪特別措置法の制定がきっかけだった。
 超党派のスポーツ議員連盟(会長・麻生太郎副総理)は、同年に限り、海の日を開会式前日(7月23日)に移動するよう提案。海事連盟は4月、五輪の翌年から7月20日へ固定化することを条件に五輪の年のみの移動を認めた経緯がある。
 ただ、観光業界は今後も3連休を維持する方が経済効果が高いと主張。自民党幹部にも、海の日の再固定化は抵抗感が強いことから、同党は再固定化に関する今国会中の意見集約を見送った。
ハッピーマンデー制度に拠って固定化されて無い海の日を、再び固定化する改正法案の提出を見送ると云う。
此の理由は観光業者が反対するからだと云う。
経済効果を見込んだ観光業者の為に海の日は存在すrのでは無い。
祝祭日の本来の意味合いや役割を今一度思い出して頂きたい。
特定の団体に都合の良い様に振り回すのは絶対にすべきでは無いのだ。
posted by 天野☆翔 at 08:29 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

中村時広が責任転嫁。

* 知事、大洲の被災地視察 特別警報「現実と乖離」|愛媛新聞ONLINE
豪雨災害を受け、中村時広知事は11日、初めて被災地を視察した。大洲市内を回った後、報道陣の取材に、宇和島市と愛南町に8日早朝出された大雨特別警報について、発令が遅れたのではないかとの認識を示し「マニュアル通りでミスはないが、現実と制度の間に乖離(かいり)があると思う。(運用方法を)再検討してほしい」と気象庁に訴えた。
 復興に向けては「行政としてやるべきことは何でもやる」と述べ、補正予算を組み可能ならば8月前半までに臨時議会を招集したいとの考えを示した。
 視察は、増水の影響で流された大洲市成能の大成橋を訪問。1972年完成の橋の橋脚が折れ、跡形もない光景を見つめた。約50人が避難している徳森の平公民館では、被災者の声に耳を傾けた。加洲与理雄館長は水を入れたバケツを示し、断水のため普通にトイレを流せない状況などを話した。市役所で被害の説明を受けた中村知事は、東大洲にある商業施設「オズメッセ21」のスーパーに向かい、店舗担当者から片付けの様子などを聞いた。
 視察後、中村知事は「強固な橋を架け直さなければならないと痛感した。水道と道路の一刻も早い復旧に全力を尽くす」と述べた。復旧事業で国の補助率を1〜2割程度引き上げる激甚災害の指定に向け、早期に被害の全容把握に努めるとした。
 非公表にしている犠牲者の氏名については、遺族の了解が取れた場合は公表する考えはあるが、現段階では公表の可否や遺族への確認などを含め議論していないとした。
 12日は西予市野村町や宇和島市吉田町などを視察する予定。
平成三十年七月豪雨の被害を受けて、愛媛県知事の中村時広は十一日に初めて被災地に足を踏み入れた。
大雨特別警報に関して制度と現実の間に乖離が在ると指摘し、運用方法の改善を気象庁に訴えた。
気象庁や政府は該当する地域の自治体には、事前にに危機的状況を伝達したのだから、避難等の発報は自治体に委ねられる。
現実と制度の間に乖離してるのは、自分自身で在ると云う自覚は無いのかと。
県民の生命財産安全を守るのが知事の役割で在るのに、此の責任を放棄して気象庁に責任転嫁するとは言語道断で在る。
地域特性を考慮する事無く放置してた責任は免れる事は出来無いのだ。
第一、知事なら被災地優先で在る筈なのに、何故此れに先立って安倍晋三内閣総理大臣に面会をしたのかと。
完全に県民無視の無能者でしか無い。
posted by 天野☆翔 at 23:37 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

石原伸晃と細田博之が民主政権時代の政策を完全否定。

* 【西日本豪雨】旧民主の公共事業は「間違っていた」 自民・石原伸晃、細田博之両氏が言及 - 産経ニュース
自民党の石原伸晃前経済再生担当相と細田博之前総務会長は12日、会長を務める各派閥の会合で挨拶し、西日本豪雨の災害に関連して旧民主党政権の公共事業政策を批判した。
 石原氏は「日本のインフラ技術があっても、これだけ大勢の方が亡くなった。『コンクリートから人へ』という政策は間違っていた」と発言。細田氏は群馬県の八ツ場(やんば)ダムが建設中止の対象になったことに言及して「ダムは予想せざる事態に対応するため必要なのだと今回また確認された」と強調した。
「コンクリートから人へ」の公約を掲げた旧民主政権時代の政策で、事業仕分けが筆頭に上げられるが、両名は此れを完全に否定し批判した。
今回の平成三十年七月豪雨の被害を受けて、改めて土木事業の必要性が問われたのです。
インフラの重要性を改めて説き、此れを衰退させる事が如何に危険で在ると云う事を主張した。
至極真っ当で正しい主張で在る。
民主党残党共は、今回の被害を受けて当時の政策の愚かさを身に沁みて自覚するが良いだろう。
posted by 天野☆翔 at 05:02 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

日朝国交正常化推進議員連盟は馬鹿か。

* 日朝議連、日朝首脳会談の早期実現求める決議準備 自民幹部は提出認めず(1/2ページ) - 産経ニュース
超党派の「日朝国交正常化推進議員連盟」(衛藤征士郎会長=自民)が、日朝首脳会談の早期実現などを求める国会決議の準備を進めていることが11日、分かった。自民党幹部らは、北朝鮮側に誤ったメッセージを送ることになりかねないとして決議案の今国会提出を認めない方針だ。
 決議案の案文は2種類あり、衛藤氏が10日、議連の役員や各党派の代表者らに示した。ともに平成14年9月に小泉純一郎首相と北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長(いずれも当時)が署名した日朝平壌宣言の履行と、早期の日朝両国の首脳の直接会談を求めている。
 一つは、日朝平壌宣言を「日朝両国にとって、国交正常化の規範」と明記し、拉致、核、ミサイル問題の包括的解決のため「我々は政府に対し、速やかに日朝首脳の直接対話を要請する」と訴えている。
 もう一つは「日朝平壌宣言に基づき、拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して、国交正常化を目指すべきだ」とし、同様に日朝首脳による速やかな直接対話を求めている。
安倍晋三首相は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談について「拉致問題の解決に資するものとならなければならない」と慎重に判断する考えを示している。日本政府は米国とともに、北朝鮮に最大限の圧力をかける方針を崩していないが、案文には制裁継続に関する言及は含まれていない。
 国会決議が行われれば北朝鮮側に付け入る隙を与え、拉致問題の解決に障害となる可能性がある。自民党執行部は衛藤氏に対し、決議案採決は認められないと伝えた。政府高官も日朝議連の動きに不快感を示している。
 日朝議連は11日、総会を国会内で開催。講師に招いた元外務省国際情報局長の孫崎享氏は、拉致問題解決のためにも日朝国交正常化交渉を優先すべきだとの考えを示した。
超党派で結成された日朝国交正常化推進議員連盟は、安倍晋三内閣総理大臣と金正恩の首脳会談を早期に求める動きを見せた。
内容に関しては言及しないが、北朝鮮側から此れを求めない限り、我が国は動く事罷り為らん。
例え拉致被害者の帰国が遅れる様な事が在っても、此れだけは別問題で国益に直結する事案だ。
日朝国交正常化推進議員連盟は何を考えてこう云う動きをしてるのかと、厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 04:54 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする