冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年01月17日

大阪市の有識者審査会は気違い連中。

* ヘイト投稿特定の法整備を、大阪市の有識者審査会が答申 - 産経WEST
ヘイトスピーチの抑止を目的に実施団体や個人名を公表できるとする大阪市の条例を巡り、市の有識者審査会は17日、吉村洋文市長に対し、インターネット上に公開されたヘイトスピーチ動画の投稿者を特定できるようにするための法整備などを国に求めるべきだとの答申を提出した。
 答申は、プロバイダーによる投稿者の情報開示を市の条例で義務付けることは、通信の秘密を定めた電気通信事業法に抵触するとして「地方自治体での対応には限界がある」と指摘した。
 吉村氏は答申を受けてコメントを発表し、国に同法の改正を求める意向を改めて示し「具体的な要望内容を早急に検討する」とした。
条例は法律を上回っては為らず、大阪市のヘイトスピーチ対策条例に於いて人物特定出来無い状況から、電気通信事業法の改正を求める主張をしてるが、方向性が完全に間違ってるのだと自覚しない。
法律の定める事以上の事をしようとした条例の撤廃を求めるのが、本来の姿なのです。
条例に成って無い事をしようとした条例こそが間違いなのだと意識して頂きたいですね。
posted by 天野☆翔 at 23:42 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

腐っても民主党。

* 民進党の「決められない政治」なお健在 無策と迷走の末、民進・希望の統一会派構想が白紙化(1/2ページ) - 産経ニュース
民進党の「決められない政治」は党3分裂という激動を経てもなお健在のようだ。民進党と希望の党の統一会派交渉が17日決裂した理由は、民進党の無策に尽きる。党内の反対派への根回しも善後策提示もなく、「丸腰」で臨んだ交渉が円満にまとまるはずはない。
 民進党の17日の両院議員総会は、会派結成反対派が執行部を突き上げ、大荒れとなった。大塚耕平代表が統一会派について切り出したとたん、小西洋之参院議員はヤジを浴びせた。
 「何を偉そうなことを言っているんだ!」
 会派結成構想に対しては、民進党だけでなく、希望の党内にも根強い反対論がくすぶっていた。民進党との決別を掲げて衆院選を戦った手前、「先祖返り」への批判は避けられないからだ。そこで希望の党の玉木雄一郎代表は会派結成反対派の松沢成文参院議員団代表に「分党」を打診し、党内手続きが進むように調整していた。
しかし、民進党執行部がこうした策を講じた形跡は見られない。16日の常任幹事会で会派結成を両院議員総会に諮ることを決めたはずが、衆院の民進党系会派「無所属の会」(代表・岡田克也常任顧問)は同日夜の会合で「反対」というあべこべの方針を確認した。17日の総会前になって岡田氏が大塚氏に無所属の会の方針を伝え、おなじみの党内不一致と根回し不足を印象づけた。
 「昨年の衆院選のしこりが非常によく分かった。こういう展開になった大きな理由だと思う…」。大塚氏は結論を見送らざるを得なかった理由を記者団に語ったが、「しこり」の根深さは分かっていたはずだ。
 希望の党の保守系議員は旧民主党時代から連綿と続く“迷走体質”を嘲笑を込めて評した。
 「ディス・イズ・民進党だね」
民進党と希望の党の統一会派画策が崩壊しました。
民進党を離党して迄新党立ち上げして選挙をしたのに、統一会派結党謎最初から無理が在るのです。
こんな無意味で無駄な事に精を出すのは本末転倒で、すべき事をして居ません。
矢張り腐っても民主党で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

活躍する河野太郎。

* 【日韓外相会談】河野太郎外相、慰安婦日韓合意の韓国新方針を拒否、康外相との会談で強く抗議(1/2ページ) - 産経ニュース
河野太郎外相は16日午前(日本時間17日未明)、カナダのバンクーバーで韓国の康京和外相と会談した。河野氏は、慰安婦に関する日韓合意をめぐる韓国政府の新方針について「日本側にさらなる措置を求めることは全く受け入れられず、協議にも応じられない」と強く抗議した。
 日韓外相会談は韓国政府が9日に新方針を発表して以降初めて。朝食を取りながら通訳なしの1対1で行われた。新方針に関しては康氏から説明があり、河野氏はこれを受けて合意の着実な実施も求めた。
 韓国側は新方針の中で、日本が合意に基づき拠出した10億円の凍結に加え、凍結分の扱いを日本側と協議することを主張。文在寅大統領も「日韓合意で慰安婦問題は解決できない」として、慰安婦への「心からの謝罪」を求めている。
 河野氏は慰安婦問題に加え、日韓間の火種となっている徴用工問題にも言及した。韓国の民間団体が釜山の日本総領事館前に徴用工像を設置する計画を進めていることを問題視し、計画が実施されないよう韓国政府に対応を求めた。
一方、康氏は2月9日に開幕する平昌五輪に合わせた安倍晋三首相の訪韓を改めて求めた。河野氏は「国会日程などを踏まえ検討する」と述べるにとどめた。河野氏は韓国が不法占拠している竹島(島根県隠岐の島町)に関し「竹島は日本固有の領土」とする日本の立場を改めて申し入れた。
 河野氏は16日午後(同17日午前)、米国のティラーソン国務長官、康氏と日米韓外相会談を行い、3カ国が北朝鮮対応で国際社会を主導していく方針を確認した。日米外相会談も行い、米軍機の事故が頻発していることに抗議するとともに再発防止を求めた。
慰安婦問題解決の為の二国間合意の履行をしない南朝鮮に対して、強い口調で履行をせよと主張し、徴用工問題でも竹島の案件でも、我が国の主張を強く発信した。
此処迄明確に我が国の立場を主張した外務大臣は過去存在して居ませんでした。
親父の河野洋平の案件が在る以上賞賛は出来無いが、個人の動きとしては評価すべきでしょう。
とは云え、矢張り要注意人物なので、今後の動向は要注目で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

公約違反の希望の党。

* 民進・希望 統一会派結成へ 合意文書かわす 安保関連法は「違憲部分を削除」 - 産経ニュース
民進党の増子輝彦、希望の党の古川元久両幹事長らは15日午前、東京都内で会談し、統一会派結成に関する合意文書をかわした。安全保障関連法に関する文言は「違憲と指摘される部分を削除する」などと、調整した。統一会派が実現すれば衆参両院で野党第1会派となる。
 増子氏は会談後、「安保政策で希望の党には譲歩してもらった。力を合わせて安倍政権に対峙(たいじ)したい」と語った。古川氏も「認識を共有する野党が大きな固まりとなる」と述べ、会派結成の必要性を強調した。
 両氏は22日の通常国会召集に向けて党内手続きを進める考えだが、両党には会派結成をめぐり、異論も根強く難航は必至だ。
 また、民進党の大塚耕平代表は同党の「新党移行」を掲げており、増子氏は「統一会派を充実させ、国民の信頼を得れば、結果としてその方向の可能性もある」と言及。両党による統一会派が新党に発展する可能性についての認識も示した。
衆議院議員選挙での公約を反故にしようとしてる希望の党。
民進党との会派統一を画策してるのだ。
更に希望の党の綱領すらも無視しようとしてる。
全く別の政党ならば統一会派の結成は言語道断で在るのは云う迄も無く、此れをしようとするならば国民有権者を裏切る行為なのだと自覚せよ。
公約も綱領も無視するならば、希望の党は最早国会の構成員の資格は無い。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

小池晃の猛言。

* 「どこの国の首相か」=共産・小池氏:時事ドットコム
共産党の小池晃書記局長は15日の記者会見で、昨年のノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)事務局長が求めていた安倍晋三首相との面会を日本政府が断ったことについて、「本当に恥ずかしい。なぜ、こんな大事な人と会わないのか。あなたはどこの国の首相ですかと言いたくなる」と批判した。
核兵器廃絶国際キャンペーン事務局長との面会の案件で、此れを断った殊に対して「何処の国の首相か」と批判したが、お前こそ何処の国の議員なのかと厳しく問い質したい。
どんな国の議員でも国益を重視し其れを基準にして活動するが、お前達は国益無視で活動するでは無いか。
他者を批判する立場では無いと意識せよ。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

南朝鮮の要求を拒絶した政府。

* 韓国の日韓合意新方針 安倍晋三首相「全く受け入れることできない」と公式に拒否 菅長官、日韓首脳会談「予定ない」 - 産経ニュース
安倍晋三首相は12日、慰安婦問題に関する平成27年12月の日韓合意をめぐり、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が被害者への謝罪などを要求していることについて「韓国側が一方的にさらなる措置を求めることは全く受け入れることはできない」と明言した。首相官邸で記者団に語った。韓国が合意をめぐる新方針を発表後、首相が公式に受け入れ拒否を表明したのは初めて。
 首相は「日韓合意は国と国との約束で、これを守ることは国際的かつ普遍的な原則だ」と強調した上で「日本側は約束したことは全て誠意をもって実行している。韓国側に実行するよう強く求め続けていきたい」と述べ、重ねて韓国側に合意履行を促した。
 韓国政府は9日に康(カン)京(ギョン)和(ファ)外相が、再交渉は求めないが合意に基づいて日本が拠出した10億円は韓国政府が負担し、10億円の扱いを日本側と協議すると表明した。10日には文大統領が「日本が心から謝罪し、被害者(元慰安婦)らが許すことができたら完全な解決だと思う」と述べた。
 韓国政府の対応に日本は不快感を強めており、2月に韓国で開かれる平昌五輪の開会式への首相出席を見送る方針を固めている。
 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、早期に日韓首脳会談を開く必要があるかを問われ「現在のところ予定はない」と述べた。日韓合意については「慰安婦問題の最終的で不可逆的な解決を確認している」と重ねて強調した。
 河野太郎外相はカナダ・バンクーバーで16日に開かれる北朝鮮関連の国際会議に出席する予定で、同会議に参加する韓国の康外相と会談する可能性がある。ただ、外務省幹部は外相会談が実現した場合の対応について「合意をしっかり履行してくださいということに尽きる」と突き放した。
慰安婦問題解決の為の二国間合意の検証結果を受けての青瓦台の要求に対して、安倍晋三内閣総理大臣や菅義偉官房長官や河野太郎外務大臣は、揃って此れを批判し拒絶したが、至極真っ当で正しい対応で在る。
条約同然の合意なのだから、此れを履行するのが正常な国の姿なのだ。
後は内政問題なのだから、合意の内容に沿って粛々と履行するのが南朝鮮の義務で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

翁長雄志を告発せよ。

* 翁長知事、グアム米軍基地を初視察 きょうカルボ知事と会談 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
翁長雄志沖縄県知事は11日、在沖米海兵隊の移転先である米領グアムを訪問し、アンダーセン空軍基地などを基地外から視察した。外務省を通して米側に基地内への立ち入りを求めていたが、実現しなかった。翁長知事のグアム訪問は初めて。
知事は沖縄から移転する海兵隊の揚陸支援機能などを整備している海軍基地・アプラ港も近くの展望台から視察した。
 12日はカルボ知事と会談する。沖縄の過重な基地負担の現状を報告し、米軍再編計画に盛り込まれたグアム移転の着実な実施に理解を求める考えだ。
 日米両政府は2012年、沖縄の基地負担軽減を目的に、グアムへ戦闘力の主軸である第4海兵連隊と補給部隊など4100人を移転する計画に合意した。
グアムに訪問してる翁長雄志だが、アンダーセン空軍基地やアプラ港への立ち入りが認められずに外部から視察したと云うが、こう云うのは事前に協議した上で決定するもので、直前に成って迄の性質では無く、視察を強行する必要性も皆無。
視察の費用は沖縄県の税金なのだから、返還の為の訴訟を起こすのが必然で在る。
一銭足りとも無駄遣いは許されません。
posted by 天野☆翔 at 23:09 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

狂気の志位和夫。

* 「米軍、危険な基地はどこに移しても危険」共産・志位氏 - 沖縄:朝日新聞デジタル
志位和夫・共産党委員長(発言録)
(米軍ヘリの窓落下事故が起きた沖縄県宜野湾市の普天間第二小学校を視察後)ちょうど2年生と4年生が体育の授業をやっていて、(児童から)10メートルくらい離れた所に8キロもある窓が降ってきたという状況で、本当に背筋が寒くなる思いだ。そういう事態があっても平気で飛行を繰り返す米軍、それに対して中止の要求もできない政府でいいのかが問われる。
 普天間基地を根城にして米軍機は沖縄全土で我が物顔に訓練をやっている。そして全土で事故を起こしている。危険な基地はどこに移しても危険だ。普天間基地は無条件で撤退を求める。辺野古の新基地は造らない。海兵隊も撤退が必要だ。そういうことを強く求めていきたい。
 沖縄の問題は、日本の平和と民主主義が問われる日本国全体の問題として重視し、基地のない平和の沖縄に切り替えると(通常国会で)政府の姿勢を厳しくただしていくつもりだ。(沖縄県宜野湾市で記者団に)
普天間基地は排除し辺野古基地移設も反対で、海兵隊を撤退させると改めて表明した日本共産党の志位和夫。
日米同盟を認めずに、沖縄引いては我が国の防衛を疎かにする此の発言は徹底的に批判され糾弾して行かなければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:04 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

読谷村に引き続きうるま市も決議。

* 米軍ヘリ不時着に抗議決議 うるま市議会「恐怖極限」 - 産経ニュース
沖縄県うるま市の伊計島の海岸に米海兵隊普天間飛行場(宜野湾市)所属のUH1多用途ヘリコプターが6日に不時着したことに対し、うるま市議会は11日、抗議決議と意見書を全会一致で可決した。2日後に同飛行場所属のAH1攻撃ヘリが読谷村に不時着するなど、米軍機の相次ぐトラブルに「市民や県民の不安と恐怖は極限に達している」と強調した。
 読谷村の村議会は10日に抗議決議などを全会一致で可決している。
 うるま市議会の決議と意見書は、本土復帰前の昭和34年に石川市(現うるま市)の宮森小に戦闘機が墜落し児童ら17人が死亡した事故や昨年1月の伊計島へのAH1不時着などに触れ、今回の不時着は「安全管理に対する米軍の認識の低さを露呈するもので激しい憤りを覚える」とした。
 その上で、日米両政府に対し普天間飛行場所属の全機種の飛行停止と安全管理の徹底や居住地域上空での米軍機の全面的な飛行禁止を求めた。
先日読谷村は海兵隊の航空機全てに飛行禁止等を求めた決議を可決させたが、今回はうるま市が同様の決議を可決させた。
施政権が及ばないアメリカ軍に対しての決議は無意味なのだと、何故沖縄の議会は認識しないのかと甚だ疑問を抱く。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

小泉純一郎等の異常な動き。

* 小泉純一郎元首相ら「原発ゼロ基本法案」発表 - 産経ニュース
脱原発運動に取り組む小泉純一郎元首相らが顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」は10日の記者会見で「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」を発表した。原発の即時停止を求める内容で、幅広く与野党に法案への支持を呼び掛ける。小泉氏は「原発ゼロは国民の多数の賛同を得て必ず実現させる」と強調した。会見には細川護煕元首相も同席した。
「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」が「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」をぶち上げたが、民間の団体に法案を作成する資格は無い。
飽く迄政府や議員が作成するのです。
此の法案への支持を呼び掛けて議員が提出したとしても、其の実効性には大いに疑問を抱く。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする