冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年10月14日

有権者を愚弄する民進党。

* 【衆院選】小川敏夫氏「リベラル再結集は民進党再結集にあらず」自身の発言をツイッターで否定 追い風止めかねない? 火消しに躍起  - 産経ニュース
応援演説で「長嶋茂雄さんの言葉を借りれば、民進党は不滅です!」と述べ、選挙後に民進党の再結成を図っているのでは、と報じられた民進党の小川敏夫参院議員会長が火消しに躍起だ。
 小川氏は14日までに自身のツイッターに「存続する民進党を大きな軸にリベラル再結集を、との私の発言が、一部報道で『民進党再結集』と意図せぬ解釈になり、あらぬ臆測から、党を離れて新たに鮮明な旗を掲げた枝野(幸男)さんに迷惑をかけたようです。多くの仲間が立憲民主党の結党に共感し、応援していますが、即合併や合流という話はしてません」と投稿し、民進党の再結集を否定した。
 枝野幸男立憲民主党代表が13日夜、「一部に真意と異なる報道がありますが、民進党の今後については残った皆さんが独自に判断されること。選挙が終わったから元のさやに戻るという話ではありません。立憲民主党を個々の判断で応援いただいている参院民進党の皆さんなどとの関係を大切にしつつも、新しい旗を高く掲げて皆さんの期待に応えます」とツイートしたことを受けてのもの。
 劣勢が伝えられる希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が参院民進党の動きを13日夜のBSフジの番組で「政治不信の極みになる。参院の皆さんは今度は自分の選挙がある。そこを見ていることが透けて見える」と批判。立憲民主党にとって、こうした批判が追い風を止めてしまうとの焦りもあったようだ。
* 野田佳彦前首相、もう一回本当の仲間と民進再結集 無所属ながら全国応援演説行脚 : スポーツ報知
千葉4区(船橋市)で民進党の野田佳彦前首相(60)は希望の党に加わらず、無所属で出馬し、全国を飛び回っている。希望、立憲民主、無所属へと分裂した民進党は、参院議員を中心に党存続の動きが出始めているが、野田氏は「選挙後にいったん総括し、また本当の仲間と集まりたい」と、民進党“再結集”の構想を持っていることを明らかにした。
 「皆様、おはようございます」。朝6時30分、JR下総中山駅前で野田氏は頭を下げ続けていた。マイクを使えるのは朝8時から。サラリーマンに握手し、主婦との写真撮影に応じ、お年寄りの荷物を持ちながら、声を張り上げた。
 自身の選挙区での活動を約2時間ほどで終えると、地方へ飛ぶ。事務所には全国の候補者から応援演説の依頼が殺到しているからだ。夜中に千葉に戻り、翌朝は駅頭…という過酷な毎日を過ごしている。「民主党代表、民進党幹事長を務めながら、常に議員たちに『泥水をすすってでもはい上がって来るんだ!』とゲキを飛ばしていた。その責任は取らないといけない。自分の選挙だけをやるわけにいかないでしょう」とタフネスに笑う。
 応援に行くのは「また国会で一緒に仕事したいな、と思う人」。民進党は希望に合流した者、枝野幸男氏らとともに立憲民主党を結成した者、安住淳氏、玄葉光一郎氏らのように無所属を選ぶ者に分かれた。野田氏自身は無所属で戦うが、応援には希望も立憲民主も関係なく駆けつける。「私は無所属だからこそ誰の応援にも行ける」
 その行動の根幹にあるのは「もう一度、やり直したい」との思いだ。希望との合流騒動に巻き込まれる中で「民進党は短い時間の中、議論をする間もなく、いろいろな事情も抱えながらバラバラになってしまった」という悔しさがある。
 現在、民進党では参院を中心に党の存続を呼びかける声が出てきている。だがその一方で枝野氏は復帰を否定するなど混乱状態だ。野田氏は「やはり選挙が終わったら、一度総括をしないといけない」と真剣な表情。「そして本当の仲間たちともう一回やり直したい」と有志による再結集の構想を明かした。
 そのためにも自身の選挙で負ける訳にはいかない。「無所属は1票差でも負ければ落選。比例復活できないですから」。通勤するサラリーマンらに支持を訴え続けた。
小川敏夫や野田佳彦が民進党の復活を匂わせる発言をしてるが、希望の党の公認を得て出馬や無所属での出馬の候補者達が当選後に合流する流れを想定しての事でしょう。
然し、こう云う流れは有権者を馬鹿にした言動で、断じて許す事は出来無い。
出馬した立場での状況を判断して投票した人々への裏切り行為で在るのだ。
当選後の合流は認められません。
posted by 天野☆翔 at 17:28 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

菅直人の妄言。

* 【激闘10・22衆院選】菅元首相ついに落選か 自民・土屋氏と因縁対決も劣勢、“イラ菅”ぶりうかがわせる場面も (1/2ページ) - zakzak
立憲民主党の前職、菅直人元首相(71)と自民党の前職、土屋正忠氏(75)の因縁の対決となった東京18区。前回、前々回とも小選挙区で敗れ、比例復活した菅元首相だが、今回も事前の予測では土屋氏有利が伝えられる。首相経験者が議員バッジを失う事態となるのか。
東京18区は1996年に小選挙区制が実施されて以降、菅氏が勝利を収めてきた。だが、民主党が政権を失った2012年、そして14年の衆院選では土屋氏が制した。
 JR中央線の武蔵小金井駅前のバスロータリー。「平和が好き」と大書きされたファンシーな絵が掲げられ、支援者が「原発ゼロは私の使命」と書かれたビラを配布する。女性がアコーディオンを演奏するなか登場した菅氏だが、最初にマイクを握った女性の支援者の話が長引くと、「短めに」というジェスチャーを送るなど、“イラ菅”ぶりをうかがわせる場面もあった。
 江田五月・元民主党最高顧問や左派系の市議らも応援に駆けつけるなか、菅氏は自然エネルギーの利点を力説した。「太陽光はタダなんです。太陽から請求書を送られてくることはないんですよ」と独特な表現を用いると、約60人の聴衆からは笑いが起こった。
 希望の党代表の小池百合子都知事から「排除」された菅氏だが、「安倍政権のメチャクチャな政治をとにかく止めなくてはいけない」と政権批判に力を集中させた。
 演説中にバスから降りてきた40代の夫婦が「あっ、菅さんだ」といったんは立ち止まったが、30秒ほどで立ち去るなど、支援者以外の聴衆の広がりは限定的だった。
これに対し、土屋氏は、安全性が確認できた原発は再稼働させるべきだと強調、「太陽光では雨や雪の日は発電できないんですよ!」と菅氏との違いを明確にした。
 希望の新人で元テレビ東京記者、鴇田(ときた)敦氏(51)は「39歳のとき、妻をがんで亡くし、4歳の娘を育ててきました…」と自身の経験を元に子育て支援を訴えたが、永田町関係者は「選挙戦に与える影響はほとんどない」とみる。
 過去2回は民主党から出馬し、比例で救われた菅氏だが、今回は新党での選挙戦となる。世論調査では立憲民主の躍進も予想されているが、「菅氏は前回、土屋氏に小選挙区で1万5000票以上の差をつけられ、比例でもギリギリで復活を果たした。立憲民主そのものの得票も未知数で、前回以上に厳しい選挙になるかもしれない」と前出の永田町関係者。
 足下はまさに薄氷−。
「太陽光はタダなんです。太陽から請求書を送られてくることはないんですよ」等と反原発の立場で曰ってるが、其の太陽光発電を広めた事で様々な弊害が出てると云う事を全く自覚して居ませんね。
深刻な環境破壊が進んでる上に、孫正義との談合で家庭への影響は甚大。
震災以降、自分自身が我が国に与えた影響は極めて深刻で在ると云う認識が全く無いのには、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
比例復活する様な首相経験者は最早退場して頂こう。
posted by 天野☆翔 at 17:21 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

不破哲三の老害。

* 【衆院選】共産・不破哲三前議長が安倍政権を批判「以前の自民にはゆとりと幅があったのに…」 - 産経ニュース
共産党の理論的支柱である不破哲三前議長は13日、東京・池袋で街頭演説を行い、「安倍暴走内閣に対し国民のはっきりした審判を下そう」などと安倍晋三政権批判を繰り広げた。
 87歳を迎えた不破氏は、田中角栄、福田赳夫両元首相の名を挙げながら「以前の自民党政治はゆとりと幅があった。今の自民党はとんでもない。安倍内閣はまさに問答無用であらゆる問題を通している」とも述べた。
 池袋を地盤とする小池百合子都知事が代表を務める希望の党に対しても「自民党の補完勢力、別動隊だ」と断じ、「日本の政治を本気で国民の手に取り戻そうというのが市民と野党の共闘の勢力だ」と強調し、共産党への支持を訴えた。
安倍政権を過去の自由民主党時代と比較して「以前の自民党政治はゆとりと幅があった。云々」と批判してるが、当時の状況と比較する事事態が間違いな上、自分達の方向性が悪だと暴露され始めた事への責任転嫁で在るのは明白。
反日売国奴でテロリスト集団で在ると云う事が徐々に認識され始めて来てる事への危機感を、安倍政権に其の矛先を向かわせるのは言語道断。
相当に追い詰められてる状況なのでしょう。
posted by 天野☆翔 at 17:12 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

豊洲新市場の営業が大幅に遅れる見通し。

* 【豊洲問題】汚染追加工事の完了時期が来年6月上旬からずれ込む見通し 都が江東区議会に伝える - 産経ニュース
築地市場(東京都中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題で、都が豊洲市場で実施する土壌汚染対策の追加工事の完了時期が予定の来年6月上旬からずれ込む見通しであることが13日、都への取材で分かった。一部の工事の入札手続きが中止になったことが影響しており、都は江東区議会にこの見通しを伝えた。
 小池百合子知事の入札制度改革で大型工事の入札参加業者が1者以下の場合、手続きを中止してやり直すことになっている。
 都は9月、豊洲市場の建物の地下空洞の底へのコンクリート敷設など9件の入札を実施したが、4件で参加業者が1者以下だったため、手続きを中止。その後の再入札で4件のうち1件で参加業者がなく、再び手続きを中止した。
 都によると、12日の江東区議会の委員会で状況を説明し、工事の完了時期がずれ込むという見通しを示した。都は工事を完了させた上で来秋に移転する構想を描いており、都は3度目の入札手続きを急ぐ。
 小池氏はこの日の定例会見で「移転時期に影響を与えることはないと考えている」と述べた。
豊洲新市場の地下空間の安全や存在理由を完全に無視して、此れを工事するとして入札をしたが遣り直しに成った事で着工が遅れるのは確実。
豊洲新市場の営業が何とか確定した処なのに此れでは更に遅れる。
東京都や小池百合子は、此の大幅な遅れに伴う膨大な損失をどう捉えるのか。
殊に公約にも無かった移転の見直しを実行した小池百合子の責任は極めて重大で在る。
損害賠償が請求された場合は、此の賠償金は結局は都税でも在るのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

憲法改正支持が半数近い回答。

* 憲法に自衛隊明記、支持48%=消費税使途変更は割れる−時事世論調査:時事ドットコム
時事通信の10月の世論調査で、憲法9条に自衛隊の根拠規定を明記する安倍晋三首相の提案について聞いたところ、「支持する」が48.2%、「支持しない」が34.4%、「どちらとも言えない・分からない」が17.4%だった。
 支持政党別で見ると、自民支持層では7割超が、公明、日本維新の会はそれぞれ6割強が支持。一方、希望は支持が4割程度にとどまり、立憲民主や共産では不支持が支持を大幅に上回った。  2019年10月に予定される消費税10%への増税分の使い道を見直し、幼児教育無償化などに充てる安倍政権の方針については、「支持する」が45.0%、「支持しない」が40.3%と割れた。  調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は65.1%。
時事通信社の世論調査で、有権者への質問で憲法九条の自衛隊の規定を明記する改正に関して、半数近い酸性の回答が寄せられた。
野党やマスメディアは憲法改正の意識が熟して無いと云うが、此の調査でも解る様に既に醸成はされてるのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

希望の党は領土の認識欠如。

* 【衆院選】日本地図から消えた北方領土 希望の党の政見放送で 幹部釈明「チェック体制ができていなかった…」 - 産経ニュース
希望の党の政権放送で使用された北方領土のない日本地図 希望の党(代表・小池百合子東京都知事)が12日の政見放送で使用した日本地図に日本固有の領土である北方領土が記載されていなかった。希望の党は衆院選の公約に「北方領土返還を目指す」と明記し、小池氏も入党条件に「リアルな安全保障」を掲げているが、日本の最重要課題の一つである北方領土問題に対する姿勢に不安を残した。
政見放送では、小池氏が「私たちは守るべきはしっかり守る。変えるべきは大胆に変える。改革保守の政党だ」と訴えると画面が切り替わり、北方領土のない日本地図が映し出された。北方領土はロシアが不法占拠を続けており、安倍晋三首相がプーチン露大統領との間で返還に向けた交渉を続けている。
 希望の党幹部は産経新聞の取材に「申し訳ない。映像製作会社に任せて作成しており、しっかりしたチェック体制ができていなかった」と釈明した。
政見放送で使用した日本列島に北方領土が無い事を報道されたが、此れだけでは無い。
小笠原諸島や竹島(尖閣諸島も?)も使われて居ません。
少なくとも東京都知事が居るのだから小笠原諸島が除外されるのは論外。
posted by 天野☆翔 at 05:24 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

「ボトムアップ デモクラシー」の奇々怪々。

* 写真速報 : リベラル応援の大街宣「ボトムアップ デモクラシー」〜奥田愛基氏らが呼びかけ
総選挙公示前日の10月9日夜、東京・新宿アルタ前で「ボトムアップ デモクラシー(BOTTOM UP DEMOCRACY)」と題したリベラル応援の大街宣行動があった。元シールズの奥田愛基さん(写真上)らが2日前にSNSで呼びかけたもので、若者を中心にアルタ前広場はぎっしり埋まった。
枝野「立憲民主党」代表が姿を現すとどよめきと拍手。枝野代表は若者を意識して「私が学生だった30年前は奨学金を使わずに学費も払えたし、卒業すれば正社員があたりまえだった。それを誰が壊したのか、なぜそうなったのか。あたりまえの社会を取り戻そう」と訴えた。
奥田愛基さんは「ある人が“名を捨てて実をとる”と言ったが捨てられたのは俺たちだった。本当に悔しい。でもここに来ている人たちに希望と勇気を感じる」と涙ながらに訴えた。「みんなあきらめないで選挙に行こう、周りに声をかけよう!」と呼びかけると参加者は一斉に「いいとも」と応じた。街宣には共産党の吉良よし子参院議員も参加し、痛烈な安倍批判を展開した。参加者は1500人と発表された。
枝野幸男が三十年前の大学の学費が払えたと曰うが、バブル時代に大学進学可能なのは裕福な家庭で在ったと云う事に過ぎず、お前は恵まれてたのだと云う事を全く自覚しないのには呆れ果てて開いた口が塞がらない。
又、卒業後に就職が困難に成ったのは小泉内閣の派遣業拡大が原因だが、其れすらも切り捨てて非正規雇用者も冷遇したのは民主政権で在る。
更に、奥田愛基は「捨てられたのは俺達」と云うが、完全に自業自得で在る。
利用されただけ利用され、後は放置と云う事を洞察出来無いからこそ、今に至るので在る。
注目されたからと云って良い気に成って増長して来た結果なのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:45 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

小池百合子は経済無知。

* 小池氏、経済センスに疑問生む大放言「アベノミクス、GDP1%成長で大きな顔するな」 - zakzak
希望の党代表の小池百合子都知事が、アベノミクスについて「1%ちょっとGDP(国内総生産)を上げたからといって、大きな顔をするなといいたい」と言い放った。「ユリノミクス」を自称する経済政策の実現性が問われているなか、経済センスに疑問が生じてしまう発言だ。
小池氏の耳を疑う発言は10日に東京・池袋での街頭演説で飛び出した。消費増税凍結の代替財源として「100兆円規模の国家予算をワイズスペンディングすれば、その1%分の1兆円はすぐに出てくる」と持論を展開した後、1%超の経済成長について「大きな顔をするな」と言い切った。
 「1%分の予算削減」と、「1%の経済成長率」という次元の異なる数字を並べているのはさておいても、景気の実感に近いとされる名目GDPの成長率をみると、2013年度が2・6%、14年度が2・0%、15年度は2・7%、16年度は1・1%と4年連続で1〜2%台の伸びを記録した。
 名目GDPの実額も12年度の約495兆円から、16年度には約538兆円に43兆円増えたという結果が残っている。
 この20年をみても、日本はデフレ状況が続いたこともあって、1997年度からアベノミクスがスタートする2012年度までの間、1%以上成長したのは00年度(1・3%)と10年度(1・4%)の2回だけ。0%台の低成長やマイナス成長の年度も多かった。
 ちなみに小池氏が知事を務める東京都のGDPは、国単位で比較してもメキシコに次ぐ世界16位の規模だが、16年度の名目GDP成長率は1・1%減と、マイナス成長を見込んでいる。残念ながら「大きな顔」はできない数字だ。
 8日の党首討論でも消費税凍結やベーシックインカムの財源について安倍首相に問われ、明確な回答を避けた小池氏。公約に花粉症など「12のゼロ」を掲げているが、ユリノミクスで「成長はゼロ以下」にならなければいいが…。
国内総生産を上げるのにどれだけの知識と努力が必要なのか全く理解もせずに、此れを論って「大きな顔をするな」と与党政府を批判するが、民主政権時代のマイナスからの出発で漸く此処迄来たのです。
東京都の経済成長はマイナス。
先づはプラスに成長させてから批判すべきだ。
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

築地市場は最早食から切り離せ。

* 小池知事、肝入り築地再開発検討会議はあいさつのみ - 社会 : 日刊スポーツ
市場移転問題において東京都の小池百合子知事が出した「築地は守る」との基本方針の具現化へ向けて設置された「築地再開発検討会議」が12日、都庁で行われた。小池氏は冒頭のあいさつだけ出席し、衆院選の遊説のため、わずか約7分で退席した。
 小池氏は「築地は日本の新たな中核市場としての可能性を持っているのと、都心に近く、さまざまなポテンシャルを持っている。自由な発想で、再開発の意見をどんどん出していただき、コンセプトのルーツにしてほしい」と述べた。
 近藤誠一元文化庁長官が座長に任命され「久々に夢のある話。都民の夢を実現する大きなプロジェクトとしてやっていく」と意気込んだ。また、「日本の食文化は食材、調理の仕方、器、部屋のたたずまいなど季節感、自然への思いがあり、毎日繰り返されている。再開発でできる施設や場は日本人が大事にしてきた季節感が反映されるようにし、世界に発信できるような場になれば」と熱い思いを語った。小池氏がよく口にする「江戸」を意識し、「江戸時代をほうふつさせるが、安っぽい江戸情緒のモノマネでなく、日本人の文化を提示できる物ができれば」とも語った。
 数人の委員からは、現在の築地市場を形成する象徴的な「アーチ状」の建造物を残すべきとの意見も出た。
 日本の観光文化に詳しい、デービッド・アトキンソン氏は「築地は世界有数の観光名所。全てピカピカにしてはいけない。コスプレにしてはいけない。本物の市場を残すこと、ビジネスとして生き生きとしている必要がある。建物だけ残しておくのではダメ」と指摘した。また、近隣に病院が多く、日本食が健康に良いという証明が出来るよう、食と医療ビジネスのコラボレーションも提案した。
 唯一、地元築地に関係する委員、築地本願寺代表役員の安永雄玄氏は「地元の声をしっかり聞くべきだ」と主張した。
 シャネル株式会社のリシャール・コラス社長は「新宿、六本木、汐留みたいな高層ビルはやめてほしい」と注文した上で「人が住める、低い建物で、段々畑のような緑の住むアパートがあって、築地の魚文化もあるもの」などと提案した。
 同会議は来年5月までに7回を予定。取りまとめた意見を元に、都が18年度内にコンセプトを発表する。
一体何の為に豊洲新市場が建造されたのかと云う事を改めて考えるべきです。
施設事態の老朽化著しく、土壌汚染の問題でも豊洲以上に深刻な上今日で在る。
完全に白紙化した上で、民間企業に貸し出すか売却した上で企業の運営に任せるべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

枝野幸男の意味不明な妄言。

* 枝野氏、池袋で第一声「政治家の都合でなくて国民の声に推されて作られたのが立憲民主党だ」 : スポーツ報知
第48回衆議院選挙が10日、公示され12日間の選挙戦に突入した。立憲民主党の枝野幸男代表(53)は、自民党筆頭副幹事長の小泉進次郎前衆院議員(36)=神奈川11区=、希望の党代表・小池百合子東京都知事(65)とともに池袋で演説し、「3極」がそれぞれ、支持を訴えた。
 立憲民主党の枝野代表はこの日池袋入りし、午後4時30分から池袋駅西口で演説。「日本に初めて、政治家の都合でなくて国民の声に推されて作られたのが立憲民主党だ」と、小池氏が民進組合流を経て成立させた希望の党をやゆした。党関係者によると、枝野氏の池袋演説が正式決定したのは9日。東京10区から出馬する同党の鈴木庸介氏(41)は「この選挙区は重点区だと代表もおっしゃってくれている」と気炎を上げていた。
「日本に初めて、政治家の都合で無くて国民の声に推されて作られたのが立憲民主党だ」等と曰ったが、全く意味不明な上、自分達の議席を守る為に民進党を脱退したのではと反論したくも成る。
自己保身の為の結党なのだから希望の党を批判出来るのかと。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする