冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年06月21日

テレビ朝日所有のヘリコプター不時着。

* テレ朝ヘリ、取材中に緊急着陸 エンジンに不具合:朝日新聞デジタル
 テレビ朝日の取材ヘリコプターで19日夕、飛行中にエンジン1基が停止し、ヘリは神奈川県愛川町の河川敷に緊急着陸した。国土交通省が20日明らかにした。乗っていたパイロットやカメラマンら3人にけがはなかった。テレビ朝日によると、横浜地検が収容しようとした男が逃亡した事件の取材中だったという。
 ヘリはテレビ朝日が東邦航空に運航を委託していた。国交省によると、エンジン内の部品がエンジンのケースを貫通していたという。国交省は重大インシデントに認定し、国の運輸安全委員会が航空事故調査官を派遣して調査する。
 テレビ朝日広報部は「周辺住民の皆様にご迷惑、ご心配をおかけしたことを、深くおわびいたします。運航を委託している東邦航空とともに行政当局の調査に全面的に協力し、安全を最優先にした取材に努めてまいります」とコメントした。
取材中にエンジン停止し神奈川県愛川町河川敷に不時着した事で、国土交通省は此れを重大事態に認定した。
普段お前等は自衛隊や米軍の航空機で同様の事が起きると鬼の首を取った様な馬鹿騒ぎを起こすが、自分達の事に為ると黙りを決め込む。
此の様な事との整合性を取る為に、幹部が率先して説明責任を果たし謝罪すべきで有ろう。
posted by 天野☆翔 at 00:11 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

北海道の猟友会が危機的状況。

* 「何を信用したら?」市の要請でクマを駆除したのに銃所持許可が取消に 北海道 - FNN.jpプライムオンライン
 2018年、砂川市で市や警察の立会いのもと要請に応じてクマを駆除したハンターが、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検され、その後不起訴になったものの、銃の所持許可が取り消されるというトラブルがありました。
 住民の命を守るためのハンターの行動がなぜ問題視されてしまったのでしょうか。
 田中うた乃記者:「このあたりには果樹園も多くあり、たびたびクマが目撃されていました。男性は市の要請を受け警察立会いのもと10数メートル先にいた子グマを駆除しました」
 北海道猟友会 池上治男砂川支部長:「ハンターに頼んでいると片方で言っておきながら撃ったらダメみたいなことを言ったら、何を信用してやればいいのか。おかしいんですよ」
 こう話すのは、北海道猟友会砂川支部長の池上治男さん。池上さんは2018年8月、砂川市からの連絡を受け砂川市宮城の沢のクマの出没現場に出動し、1頭のクマを駆除しました。
 池上さんによりますと、市の担当者や警察官が周辺住民に注意を促し、現場で安全を確認した後、市が依頼する形で駆除したということです。
 しかし、池上さんはその後、公安委員会の許可なしに発砲したなどとして、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検されました。
 不起訴にはなりましたが建物の近くで発砲したことが問題視されライフル銃の所持許可が取り消されてしまいました。
 北海道猟友会 池上治男支部長:「何がなんだかわからない、市の要請で駆け付け駆除するだけの話しですから、じゃあクマが出たら、人を襲うまで対応できないのか。私たちは、市民のためにクマを駆除して警察官もよかったよかったと言っていた」
 今回の件について警察は、現場で発砲を同意した事実はないとコメントしています。
 住民の命を守るためのハンターの行動が、問題視されてしまった今回のケース。
 クマの出没が相次ぐなか、道内のハンター達に動揺が広がっています。
警察官立会いの元で狩猟の要請を実行した猟師が、鳥獣保護法違反で書類送検されたが不起訴に為り、其の後に猟銃の所有許可は取り消されると云う事案が確認された。
行政側は熊の駆除を目的に依頼の元で警察官は現場に立ち会ってたが、現場では発砲を同意しては居ないと主張。
此れでは何の為の駆除なのか全く意味を為さない。
行政側が正当な手続きをしないで依頼した場合は行政側の責任で在るし、警察も現場立会してたのなら此の依頼が正当な物なのかの確認を果たしてしたのかと云う事で在る。
猟師は依頼が来たから此れを実行したに過ぎず被害者で在る。
posted by 天野☆翔 at 17:11 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

覚醒剤一屯押収。

* 過去最多量の覚醒剤1トン押収、7人逮捕 静岡・下田沖、暴力団関与か - 産経ニュース
 静岡県南伊豆町の海岸で不審な小型船内から覚醒剤約1トンが見つかり、警視庁などが押収していたことが5日、分かった。一度の押収量としては国内最多で、末端価格は約600億円に上る。警視庁や海上保安庁などが背後に暴力団が関与しているとみて数年前から捜査。海上で積み荷を移し替える「瀬取り」による密輸とみて内偵を進めていた。
 警視庁組織犯罪対策5課などは3、4日に覚せい剤取締法違反(営利目的共同所持)容疑で、覚醒剤を荷揚げしていた24〜40歳の中国人の男7人=いずれも住居・職業不詳=を逮捕。逮捕容疑は3日、営利目的で南伊豆町の海岸で覚醒剤相当量を所持したとしている。調べに7人は否認している。
 同課によると、7人は日本人が所有する小型船(全長約10メートル)で覚醒剤を密輸。2キロ程度で小分けにした袋をシートで梱包(こんぽう)し、船内に平積みしていた。同課などは、3日夜に護岸に接舷して荷降ろし作業をしている所に踏み込んだ。現場にいた7人は逃げ出すなどしたが、身柄を確保して逮捕した。
 同課によると、数年前に近隣住民から「不審な船が港に入ってきている」と通報があり、瀬取りによる覚醒剤密輸事件とみて内偵捜査。覚醒剤は香港から流入している可能性があるという。
 約1トンの覚醒剤は年間押収量に匹敵する量で、過去に押収されたケースでは、平成28年に沖縄・那覇港に停泊していたヨットから発見された597キロが最多だった。
静岡県南伊豆町沿岸部で不審船が確認され、此処から覚醒剤が一屯も見付かり押収されたと云うが、此の押収量は年間押収量に匹敵する程の過去最大量だと云う。
この不審船で作業してたのは支那人で密輸目的で在り、既に合計七名が逮捕されてる。
瀬取り行為を警戒してた中での摘発で在るので、此の内偵捜査は功を奏した。
押収量を考えると本当に恐ろしい。
posted by 天野☆翔 at 18:48 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

靖国神社朝鮮人合祀訴訟は原告敗訴判決。

* 韓国人遺族の靖国合祀訴訟で原告敗訴 判決説明なし | 聯合ニュース
日本の植民地時代に軍人・軍属として徴用されて戦死し、靖国神社に合祀(ごうし)された韓国人の遺族27人が日本政府と同神社を相手取り、合祀の取り消しを求めた第2次訴訟の判決公判が28日に東京地裁で開かれ、地裁は原告の要求を棄却した。
 訴訟が提起されてから5年7カ月での判決だったが、裁判所が判決を読み終えるのにかかった時間はわずか5秒程度だった。
 地裁は「原告のすべての要求を棄却する。訴訟費用は原告側が負担する」という短い判決を出しただけで、判決理由については説明しなかった。
 日本のA級戦犯も合祀されている靖国神社の合祀者名簿には朝鮮半島出身者2万1181人が含まれている。
 遺族らは日本と韓国の市民団体や弁護士の協力を受け、2007年から合祀の取り消しを求め、日本の法廷で争っている。
 1次訴訟では原告が一審、二審ともに敗訴し、1次訴訟よりも多くの遺族が今回の2次訴訟に参加した。
 原告側は判決後に出した声明で、「日本の司法府の不当な判決を強く糾弾し、怒りを禁じることができない」とし、「(日本による植民地支配から)解放されて74年が過ぎた現在まで、日本帝国主義の侵略戦争に強制的に動員され、悔しい思いで死んでいった犠牲者が侵略神社の靖国に戦争犯罪者らと共に合祀されているという事実は容認できない」と訴えた。
 また「軍国主義の象徴である靖国神社が家族の名前を利用してその名誉と自尊を踏みにじっている現状況を受け入れることはできない」とし、「ためらうことなく上級裁判所に控訴し、国連人権機構など国際社会に訴えかけていく」と強調した。 
朝鮮併合時代に軍属として徴用されて命を散らして行った朝鮮人の英霊を、靖国神社に合祀するのは問題とする第二次訴訟の判決が東京地方裁判所で下された。
判決文読み上げには僅か五秒と云う驚くべき短さで終了した。
原告は戦犯とされる人達と共に合祀されてる現状を是とせず、帝国主義だの軍国主義だのと云う言い掛かりで此れを一切認めずに訴訟を起こしたが、結果は棄却と云う原告敗訴で終わった。
上級審で判断を仰ぐとするが、結局は同じ結果で有ろう。
我が国は此等戦犯とされる人達の扱いで、国民も総出で此れを赦し犯罪事実が消え去ったのだ。
朝鮮人共の主張は全くの的外れで、裁判すら成立しないのだと自覚するが良いだろう。
posted by 天野☆翔 at 23:07 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

国歌斉唱訴訟で原告一部勝訴判決。

* 君が代不起立で処分は違法 教諭1人勝訴、大阪高裁 | 共同通信
 学校行事での君が代斉唱時に起立しなかったことを理由に戒告処分を受けたのは不当だとして、大阪府立高と支援学校の現・元教職員計7人が府に処分取り消しなどを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(石井寛明裁判長)は23日、うち男性教諭(60)に対する処分を違法とし取り消した。
 判決によると、府は2011年、君が代斉唱時の起立を義務付ける条例を制定。教諭は14年6月、入学式で校長の職務命令に従わなかったとして、府教育委員会に処分された。
 石井裁判長は判決理由で、校長が入学式前、教諭に職務命令書を渡しておらず、処分の前提となる職務命令は出されていないと指摘した。
国歌斉唱時に起立をしなかった事で戒告処分を受けたのは不当とした訴訟に於いて、大阪府立の公立校と支援学校が起こした控訴審判決で、大阪高等裁判所判決は一部の教師に対して此の処分は違法として取り消し、勝訴の判決を下した。
其の理由は、入学式の直前に職務命令書を渡して無かったと云う事が上げられた。
此の判決は明らかに恣意的な判断で在り異常な判決で在る。
命令書以前に地方公務員法に明らかに違反してるのだから、勝訴する要因は一切無いのだ。
学校の式典での国歌斉唱自体が命令に準じるのだから、命令書の存在は考慮すべき案件では無い。
裁判長は何を考えてこんな判決を下したのかと、厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 22:42 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

米軍機に対してレーザー照射した馬鹿が逮捕される。

* 米軍機にレーザー光照射、訓練中止させた疑い 男逮捕:朝日新聞デジタル
米軍横田基地(東京都福生市など)周辺を飛行中の米軍機にレーザー光を照射したとして、警視庁は21日、東京都あきる野市の60代の男を威力業務妨害の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。
 捜査関係者によると、逮捕容疑は今年2月、訓練のため飛行していた米軍輸送機に地上から緑色のレーザー光を照射し、訓練を中止させたというもの。緑色のレーザー光を目に受けると視力が一時的に低下する恐れがあり、操縦士は危険を感じて基地に引き返したという。
 このほかにも、米軍輸送機C130がレーザー照射を受けるなど今年1〜3月に同様の被害を同庁は複数確認しており、関連を調べる。
横田基地所属のアメリカ軍機に対してレーザー照射をしたとして、あきる野市の男性が威力業務妨害で逮捕されてた事が明らかに成った。
同様の事案は複数回確認されてる事から関連性の確認もしてると云う。
してる事は完全にテロリストの其れで在り、言語道断で許されざる行為で在る。
厳罰を持って処して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 16:20 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

菅野完が書類送検される。

* 作家菅野完氏を書類送検=強制わいせつ未遂容疑−警視庁:時事ドットコム
 知人女性に性行為を迫ったとして、警視庁代々木署がノンフィクション作家の菅野完氏(44)を強制わいせつ未遂容疑で書類送検していたことが21日、同署への取材で分かった。容疑を大筋で認めているという。送検は14日付。
 送検容疑は2012年7月9日、知人女性の自宅マンションで女性に性行為を迫り、ベッドに押し倒し、キスなどをしようとした疑い。
 女性は事件後、慰謝料などを求める訴訟を起こし、東京地裁は17年8月、菅野氏に110万円の支払いを命令。18年2月に東京高裁が同氏側の控訴を棄却し、賠償命令が確定した。
 事件について、菅野氏は今年4月に記者会見し、「不徳の致すところ。司法による厳罰を受けたい」と話していた。同氏は「日本会議の研究」の著者として知られている。
知人女性に対して性行為を迫ったとして、強制猥褻未遂の嫌疑で東京地方検察庁に書類送検されてた事が確認された。
アメリカでは同様の事件で国外逃亡してる状況での書類送検で在る。
MeToo運動してた連中は此の事実をどう捉えるのかと。
犯罪者集団のレイシストしばき隊の一人で在る事も鑑みても、事の重大性は極めて深刻で在る。
posted by 天野☆翔 at 16:16 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

辺野古基地移設反対派が威力業務妨害。

* 「集まれば工事は止められる。我々の勝利だ」 市民が資材搬入止める - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で20日午前9時半すぎ、建設に抗議する市民ら200人超が米軍キャンプ・シュワブゲート前に集まり、資材搬入を阻止した。市民らは「集まれば工事は止められる。我々の勝利だ」と喜んだ。
 この日は午前8時ごろ、19日まで行われた5・15平和行進に参加した市民らが結集。連日抗議行動に参加する人々や毎週月曜に集まるメンバーに県外からの参加者が加わり、ゲート前を埋めた。
 資材を搬入するトラックは午前9時15分ごろから集まり始め、ゲート前から列を作ったが10分ほどで現場を離れていった。抗議する市民らはその後も警戒を続けている。
* 辺野古、県外の平和団体も加わり抗議の声 ゲート前に一時250人 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では20日午前、新基地建設に反対する市民らが抗議の声を上げた。「5・15平和行進」に参加するため来県していた金沢市や東京都、福岡県、高知県などの平和団体も抗議に加わり一時は約250人が集まった。
 午前9時20分ごろ、土砂を積んだ工事車両が列をなしてゲート前に並んだが、抗議の市民の阻まれ基地内に入ることはできなかった。車列は宜野座方向に去った。
 午後0時40分、同日2回目の資材搬入が行われた。座り込んでいた市民ら約40人が県警の機動隊員に次々と強制排除された。
キャンプ・シュワブの辺野古基地入り口に集まった基地移設反対派の抗議の動きの中で、資材運搬車が現場に入れずに引き返す事案が確認された。
完全に威力業務妨害で在り犯罪で在る。
此の集会に参加したのは沖縄とは無関係な東京や福岡や高知等の「平和団体」と云うが、犯罪をした時点で平和も何も在ったものでは無く、更に地元の声と称してた実態が虚構で在った事が改めて浮き彫りに成った。
犯罪集団は単純にテロリストでしか無いのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

特殊詐欺で信用金庫を提訴。

* オレオレ詐欺で1500万円被害 窓口が止めてくれれば…80代女性、信金提訴 - 弁護士ドットコム
オレオレ詐欺で約1550万円をだましとられた東京都の女性 (81)が5月17日、定期預金の解約を止めなかったのは注意義務違反にあたるなどとして、都内の信用金庫に対して、全額の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
女性は事件当時79歳。普段、高額の取引は自宅で行なっていたという。家族も信金に対し、50万円を超える金額のときは自分たちに連絡するよう依頼していたが、事件の日は連絡がなかったという。
訴状によると、被害にあったのは2016年10月。長男の上司を名乗る人物から「長男が仕事でミスをした。クビにならないためには大金がいる」という内容の電話を受けた。
動転した女性は雨の中、傘もささず、亡くなった夫のサンダルで信金の支店に向かい、定期預金約1550万円を解約。自宅近くを訪れた男に手渡した。男はまだ捕まっていない。
●オレオレ詐欺、認知件数は増加
警察庁によると、振り込め詐欺の中でも「オレオレ詐欺」の認知件数は増加傾向にあり、2013年は5396件だったのが、2018年は9134件になっている。
各金融機関は警察と協力して被害防止に取り組んでおり、この支店でも女性に対して使途などについての聞き取りはしている。
ただ、訴状によれば、女性の「子や孫にやりたい」との回答を真に受けて、解約に応じてしまったようだ。女性側は、信金に警察や家族に連絡する信義則上の義務があったと主張している。
●女性の家族「金融機関に統一ルールを」
提訴後、司法記者クラブで女性の長男、次女が会見した。女性とはオレオレ詐欺について話すこともあり、自分たちが被害にあうとは思っていなかったという。
報道陣から訴訟を通して期待したいことを問われると、「各金融機関は、高齢者差別につながらないよう配慮しつつ、努力しているとは思うが対応に差がある。統一したルールができれば」と答えた。
一方、信金側は「訴状が届いておらず、詳細もわからないのでコメントは差し控えたい」と回答した。
高齢者の女性が電話で長男の上司を名乗る人物から、仕事上の失態で多額の現金が必要との言葉を真に受け、定期預金を解約し此の金を渡して仕舞った事案で、信用金庫に対して解約を止めなかった事は注意義務違反として提訴したと云う。
此の提訴は極めて無理が在る。
家族は高額の取引が在った場合は連絡する様に求めてたが、此の事案では其れが無かったとして家族が提訴するなら理解は出来るが、解約した本人が提訴するのは、自分自身の不注意を責任転嫁してるだけでしか無いのだ。
此の事案の詳細な背景は不明なので一般論でしか言及しないが、どんなに窓口が説得しても解約等で引き出す人物は数多く確認されてる。
説得を聞かずに被害者に為ってる状況を鑑みれば、自分自身の責任を転嫁してるだけと見るのが妥当だろう。
訴状でも電話の遣り取りとは無関係の事を理由にしてるのだから、窓口には責任は無い。
何故提訴する気に為ったのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 16:10 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

大学校内で相変わらずマルチ商法横行。

* 「必ず儲かる」借金し契約 マルチ商法、20代相談突出:朝日新聞デジタル
 「必ずもうかる」という言葉につられ、逆にお金をだまし取られた――。そんなマルチ商法(連鎖販売取引)に関する20代の相談が突出している。2022年には成人年齢が18歳になり、借り入れ契約などを自由に結べる人が増える。被害の拡大を危ぶむ声もある。
 近年は大学内で勧誘されるケースも相次いでいる。埼玉県内の男子大学生は20歳になったばかりの17年夏、友人から「いいバイトがある」と言われ、30歳代の男を紹介された。
 バイトは中国の通販サイトの商品を国内で転売する内容。ノウハウ取得のため男の会社と50万円でコンサル契約を結ばなくてはならないが、会社に知人を紹介して新たなコンサル契約が結ばれれば10万円が支払われる、という内容だった。
 大学生は「50万円もの金はない」と断ったが、男は「500万円した」という腕時計を見せながら「必ずもうかる」と熱弁を振るった。結局、大学生は消費者金融でお金を借りて契約。しかし、その2日後、男とは連絡が取れなくなった。
 勧誘された人が新たな買い手を誘い込むことでマージンが稼げるマルチ商法。それに関する相談が国民生活センターに例年、全国で1万件前後ある。18年度は9759件で、年代別の最多は4割を占める20代だ。
 消費者問題に詳しい貞松宏輔弁護士(埼玉弁護士会)は「悪徳業者は成人になったばかりの人たちを積極的にターゲットにしている」と指摘する。社会経験や知識が乏しい一方、借り入れやローン契約で使えるお金が一気に増え、親の同意なしで契約ができるようになることが影響しているという。22年4月の改正民法施行で成人年齢が18歳になれば被害はさらに拡大するおそれがある。
 被害に遭った場合などは、消費者ホットラインの「188」や埼玉弁護士会の法律相談センター(048―710―5666)が相談に応じる。
 ただ「被害金を取り戻すのは簡単ではない」と貞松弁護士。裁判で勝訴しても相手側に支払い能力がないなど回収できないケースも多く「とにかく相手側にお金を支払う前によく考え、周囲の人に相談することが重要です」と話している。
「必ず儲かる」等と甘言を持ち掛け出資を募るマルチ商法が、大学校内で相変わらず横行してる実態が明らかに成ったが、此れの撲滅には其の道程は極めて険しい状況だろう。
社会経験も乏しく知識も無いので感嘆に勧誘に応じて仕舞う。
此処で一番意識しなければ為らない事は、儲かるならば何故わざわざ出資者を募らなければ為らないのかと云う疑問を抱く事が肝要で在る。
儲かるならば自分達で率先して実行すれば良いだけの話で、出資者を募る必要は無いからだ。
更に悪質なのは、先輩後輩の立場を利用しての勧誘の実態が在る。
立場を悪用するならば、学校側への報告の必要が在る。
校内で違法行為をしてるので有れば処分対象に為るのだから、恐れる必要性は皆無だ。
正々堂々と通報すれば良いだろう。
posted by 天野☆翔 at 23:13 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする