冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年09月14日

SNSの実態を理解しない判決下る。

* 「リツイートは賛同行為」橋下氏への名誉毀損、ジャーナリストに賠償命令 大阪地裁判決 - 毎日新聞
 ツイッターで他人の投稿を引用する「リツイート」で名誉を傷つけられたとして、橋下徹・元大阪府知事がジャーナリストの岩上安身氏に慰謝料など110万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は12日、33万円の支払いを命じた。末永雅之裁判長はリツイートについて「投稿に賛同する表現行為」として、名誉毀損(きそん)に当たると判断した。
 判決によると、岩上氏は2017年10月、知事時代の橋下氏が幹部職員を自殺に追い込んだなどとする第三者のツイート(投稿)を1回、リツイート。その後削除したが、橋下氏は「パワーハラスメントをする人物だという印象を与えた」として、同年12月に提訴していた。
 末永裁判長は、岩上氏のリツイートについて「普通の読み方をすれば、元の投稿に賛同する表現行為に当たる」と判断。投稿内容が真実だとする証拠はなく、18万人を超えるフォロワーがいる岩上氏には影響力もあったとして、橋下氏の社会的評価を低下させたと認めた。
橋下徹と岩上安身との問題で、ツイッターのリツイートが名誉毀損に該当すると云う判決が大阪地方裁判所で下って仕舞った。
双方の何れかにも肩入れはしないが、此の判決はSNSに仕組みを理解して居ない愚劣な判決だ。
リツイートが賛同する表現行為との理由だが、誰しもが賛同する意味でリツイートはしないのだ。
晒し行為が大半で在る上に、其のツイートを評価する意味合いが在るのは「いいね(旧お気に入り)」が該当するだろう。
ツイッター上での仕組みや使われ方の実態を全く把握して無い、極めて愚劣な判決で在る。
posted by 天野☆翔 at 16:08 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

密猟者の醜悪な詭弁言い訳。

* 「サケ漁はアイヌの権利」 許可得ず、道職員が阻止試みる | 共同通信
 北海道紋別市で30日、アイヌ民族の畠山敏さん(77)が、サケを捕ることは先住民族の権利だとして道の許可を得ず、川で儀式用のサケを捕獲しようとしたところ、道職員が止めようとする一幕があった。
 昨年には道警に阻止されており、畠山さんは「許可を取らなければいけないというのは和人(アイヌ以外の日本人)の考え方だ」と反発。漁を実行する考えだったが、体調不良のため、この日は見合わせた。31日早朝にも再開し、同日開かれる先祖供養の儀式に間に合わせたい考えだ。
 専門家は「漁業は先住民族の文化で、権利の一つとして保障される。許可が必要だというのはおかしい」と指摘する。
北海道紋別市で鮭を密猟しようとした人物に対して、北海道職員が此れを制止した事が明らかになったが、其の人物は自称アイヌ民族で有り儀式に必要だからとの主張で鮭の捕獲はアイヌ民族の権利だとも抜かした。
更に「許可を取らなければ行けないと云うのは和人の考え方だ」と主張したが、アイヌ人は和人と完全に融合してるので此の主張は通用しない。
そんな権利なぞ聞いた事も無く密猟は密猟で在るのは云う迄も無い。
第一今の我が国でそんな事を主張しても無意味で、法律は法律で守らなければ為らないのだ。
荒唐無稽な主張を展開してるのには、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 23:35 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

東京高等裁判所の異常な判決。

* 浜松5人死傷、運転の中国人女性に逆転無罪判決 東京高裁 - 産経ニュース
 浜松市の交差点で平成27年5月、信号無視した乗用車が突っ込み、1人が死亡し4人が軽傷を負った事故で、殺人などの罪に問われた中国籍の女性(36)=同市=の控訴審判決公判が29日、東京高裁で開かれた。朝山芳史裁判長は「事件当日は統合失調症の症状が悪化した状態にあった」として、完全責任能力を認めて懲役8年とした1審静岡地裁浜松支部の裁判員裁判判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。
 弁護側は女性が心神喪失状態だったと主張していたが、1審判決は殺意や完全責任能力を認定。これに対し、朝山裁判長は「行為に一貫性がなく、理解不能な興奮状態にあった」と指摘。事件当時は心神喪失の状態だったと判断した。
 東京高検の山上秀明次席検事は「判決内容を十分に精査、検討し、適切に対処したい」とのコメントを出した。
平成二十七年に静岡県浜松市で信号無視で死傷者を出した交通事故での控訴審判決は、一審判決を破棄して逆転無罪の結果に為った。
一審では殺意や責任能力を認定してたが、「事件当日は統合失調症の症状が悪化した状態に在った」として此れを否定した。
寧ろ統合失調症を患ってるのにも関わらず運転してたのは危険運転に該当し、此れで争わなければ為らなかった筈で在る。
起訴内容の詳細は不明だが、少なくとも此処を認定して有罪としなければ為らなかった筈だ。
最近の裁判所は何か異常で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:12 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

朝鮮学校無償化訴訟は原告敗訴確定。

* 朝鮮学校の除外「適法」確定=無償化めぐる東京訴訟−最高裁:時事ドットコム
 朝鮮学校を高校無償化の対象から除外したのは違法だとして、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)の卒業生61人が国に1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は28日までに、卒業生側の上告を退ける決定をした。除外を「適法」と判断、原告側敗訴とした一、二審判決が確定した。決定は27日付。
 全国5地裁・支部に起こされた同様の訴訟で、最高裁で確定したのは初めて。係争中の審理に影響を与えそうだ。
 高校無償化は授業料相当の就学支援金を学校側に支給する制度。一審東京地裁は2017年、文部科学相が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との関係を根拠に「支援金は授業料に充てられない」などと対象から除外したことについて、「裁量権の逸脱や乱用は認められない」と判断、二審東京高裁も18年に支持した。
 学校法人「大阪朝鮮学園」(大阪市)が除外取り消しを求めた訴訟では、一審大阪地裁が17年、除外を「外交的判断で違法」としたが、二審大阪高裁は18年、「朝鮮総連から教育の自主性をゆがめるような支配を受けている合理的な疑いがある」と国側逆転勝訴を言い渡した。広島など3地裁・支部はいずれも原告側敗訴とし、高裁で審理が続いている。
 文科省の話 国の主張が認められた。
 原告側弁護団の話 司法府の役割を放棄しており、断固として抗議する。
* 朝鮮学校無償化訴訟、卒業生側の敗訴初確定 最高裁 - 産経ニュース
 朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外したのは違法だとして、東京朝鮮中高級学校高級部の卒業生61人が国に1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は卒業生側の上告を退ける決定をした。請求を退け、卒業生側敗訴とした1、2審判決が確定した。決定は27日付。5裁判官全員一致の結論。
 全国5地裁・支部で起こされた同種訴訟で、確定したのは初めて。残る4件のうち名古屋地裁、広島地裁、福岡地裁小倉支部では原告が敗訴し、いずれも高裁に係属中。大阪地裁が唯一原告の請求を認めたが、大阪高裁で覆っていた。
 高校無償化制度は、公立校では授業料を取らず、私立校の生徒らには支援金を支給する仕組みで、民主党政権の目玉政策として平成22年に始まった。24年の第2次安倍晋三政権発足後、下村博文文部科学相(当時)が拉致問題や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との関係を問題視し、25年に省令を改正、朝鮮学校を対象外とした。訴訟の主な争点は、朝鮮学校を授業料無償化の対象から除外した国の判断が、裁量権の逸脱、乱用に当たるか否かだった。
 平成29年9月の1審東京地裁判決は、文科相が無償化の適用対象に指定するかどうかの判断にあたり、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が朝鮮学校と密接な関係にあり、教育内容に影響を及ぼしているとする公安調査庁長官の国会答弁などを考慮したことは「不合理とは言えない」と指摘。「就学支援金が授業料に確実に充てられるという十分な確証が得られない」として不指定とした判断に「裁量権の逸脱、乱用があったとは認められない」とした。
 30年10月の2審東京高裁判決も、朝鮮学校の資金が朝鮮総連に流れている疑いが報じられていると指摘。適用除外の判断根拠は学校運営への疑念だったとして「政治的外交的な理由で適用を除外された」とする卒業生側の主張を退け、1審判決を支持、原告側の控訴を棄却していた。
 民事訴訟法は、上告理由について、原判決に憲法解釈の誤りや重大な手続き違反がある場合に限定。また法令解釈上の重要な問題が含まれる場合には「上告受理の申し立て」を受けて最高裁の裁量で受理できると規定している。第3小法廷は決定で、卒業生側のいずれの手続きも退けた。
 決定を受け、文科省は「法令の趣旨にのっとって適切に判断した国の主張が認められたものと受け止めている」とコメントした。
朝鮮学校の卒業生達が起こした訴訟の最高裁判所の判決が下り、結果は原告敗訴で決着した。
此の判決は至極真っ当で正しい見解で有ろう。
我が国の教育課程を導入して居ない私塾に対して、公金投入する必要は無いからだ。
原告は文句を云う暇が在ったら、朝鮮学校に対して教育内容の是正を求めるべきで在るし、其れ以前に母国に戻る為に必要だったと云うだけの学校で在ったが、其の役割は既に終えてるので解体すべきで在る。
原告側は完全に敗訴した。
posted by 天野☆翔 at 22:38 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

九州地方の大雨の被害は深刻。

* 川氾濫、各地で道路冠水=車流され、2人死亡−崖崩れも・特別警報の3県:時事ドットコム
 大雨の特別警報が出された佐賀、福岡、長崎各県では28日、各地で川があふれ、道路が冠水するなど被害が相次いだ。佐賀県武雄市と福岡県八女市では車が流され、中にいた男性がそれぞれ死亡。佐賀市で女性1人が心肺停止状態で見つかった。
 佐賀県警によると、同日午前5時15分ごろ、「車が流されている」と110番があり、消防などが捜索したところ、武雄市の武雄川付近の田んぼで、軽乗用車を発見。中にいた50代の男性1人が救助されたが、死亡が確認された。
 佐賀市水ケ江の水路では、午前9時25分ごろ、「車が川に入った」と110番があり、警察と消防が水没した軽乗用車を発見。中にいた女性1人を救出したが、心肺停止状態で見つかった。
 武雄市などによると、このほか、同市武内町では6人が孤立し、救助要請を受けた消防が対応。同県内の伊万里、多久両市などで川の堤防から水が一時あふれた。
 福岡県警や消防によると、同県八女市立花町で水路に軽乗用車が流され、中にいた70代ぐらいの男性が心肺停止状態で見つかり、病院に搬送されたが、死亡が確認された。県警によると、水路は増水し、道路との境目が分からない状態だった。
 同県災害対策本部などに入った情報によると、太宰府市の林道と、うきは市の市道ののり面が崩れたが、いずれもけが人はいない。
 長崎県内では27日からの雨で、佐世保市や平戸市などで合計34棟の家屋が浸水。がけ崩れや冠水など約10カ所で道路に被害が出た。佐世保市では早岐川が28日午前4時50分、氾濫危険水位の2.1メートルに達し、同市は早岐地区の1万3723世帯3万3310人に対し避難指示を出した。
佐賀県と福岡県と長崎県に出されて居た大雨特別警報は警報に切り替わったが、此の大雨でに被害は死者二名と一名が心肺停止状態の他、孤立化した住民が確認された。
其の他河川の氾濫で洪水が発生し床上浸水が広範囲で発生し、土砂災害や崖崩れ等も確認された。
被害は極めて甚大で、早期の復旧が望まれるが水が引かなければ対処出来無い。
大雨で地盤が脆弱に為ってるので、今後も土砂災害等が発生する危険性は否定出来無い。
一日も早く元の生活に戻れる事を切に願う。
posted by 天野☆翔 at 15:39 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

京都府警察が京都アニメーション放火殺人事件の犠牲者の全てを発表。

* 犠牲者25人の身元公表、京都府警は遺族に配慮 : 国内 : 読売新聞オンライン
 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、京都府警は27日、死亡した35人のうち公表していなかった25人の身元を発表した。これで犠牲者全員の身元が判明した。
 府警によると、25人は同社の取締役と社員。21〜49歳で、女性17人、男性8人だった。取締役は、「涼宮ハルヒの憂鬱」でキャラクターデザインを担当した寺脇晶子さん(44)(ペンネーム・池田晶子さん)。
 府警は今月2日、遺族が実名公表を了承した10人の身元を発表。他の25人については公表時期を検討していた。府警の西山亮二捜査1課長は「大変凄惨な事件で何の罪もない多数の方が被害に遭われ、遺族が死を受け入れるまでに時間がかかった」と説明した。
 事件は7月18日に発生。殺人容疑などで逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)は全身やけどで治療を受けており、事情聴取のめどは立っていない。
此れ迄は御遺族関係者との間で公表を控えてたが、遺族感情等の問題が解決したと判断して此れを発表した。
其の犠牲者の方々はベテランや若手等幅広かったが、どれも我が国のアニメーション文化の担い手で在る。
個人的には好きな作品の責任者だったりする人物が含まれてた事が衝撃で在った。
非常に残念で慚愧に堪えない思いで在る。
犠牲に為られた方々には、改めて謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 00:00 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

靖国神社への無礼千万極まる犯罪。

* 靖国神社器物損壊 逮捕の男「A級戦犯祀っていることに抗議」 - 産経ニュース
 靖国神社(東京都千代田区)で19日、拝殿につるされた幕に墨汁のような液体がかけられた事件で、器物損壊容疑で逮捕された住居不定、職業不詳、自称中国籍の胡大平容疑者(53)が「神社がA級戦犯を祀っていることへの抗議だった」などと供述していることが20日、警視庁麹町署への取材で分かった。
 同署によると、胡容疑者は17日に妻と子供とともに来日。拝殿には1人で訪れていた。神社の警備員に取り押さえられた際、中国語で書かれた文章を掲げようとしていたが、これについては「神社への抗議を表現した詩だ」などと説明しているという。
拝殿の幕に黒い液体を掛けたとして逮捕された自称支那人の供述が、A項戦犯が祀られてる事への抗議だったと云う事が判明したが、此れも結局は自虐史と特定アジアへ阿る風潮が招いた結果でも在るのだろう。
然し、こうした犯罪は断じて許す事の出来無い言語道断の案件だ。
こうした事からも国内の反日売国奴や反日工作員の一掃と憲法改正は喫緊の課題で在り、此れが急がれる理由でも在る。
我が国はマトモに為らなければ駄目で在る。
posted by 天野☆翔 at 22:14 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

法務省と外務省の失態。

* 勾留却下の留学生、海外逃亡 公判打ち切り - 産経ニュース
 大麻取締法違反容疑で逮捕されたベトナム人の男(20)が、東京地裁の勾留請求却下により釈放された後、海外に逃亡したことが16日、分かった。東京地検は男を在宅起訴したが、起訴状が送達できないため、公判は打ち切られていた。
 検察による勾留請求が裁判所に却下される割合は近年、急増しており、逃亡しないことなどを定型の書面で誓約させて釈放する方式が定着しているが、守られないケースも少なくない。今回も公判への出廷を誓約していたという。地検は「逃亡の恐れがある」として勾留請求却下に対し不服を申し立てており、地裁の判断が適正だったか問われそうだ。
 逃亡したのは留学の在留資格で埼玉県川口市に住んでいた男。東京都内で乾燥大麻を所持していたとして、今年3月に逮捕された。地検は10日間の勾留を請求したが、地裁は却下。地検の準抗告も退けられ、男は釈放された。
 地検は在宅捜査に切り替え5月15日に同法違反罪で男を在宅起訴したが、男は数日後に出国していた。刑事訴訟法は起訴から2カ月以内に起訴状が被告に送達されなければ起訴は効力を失うと定めており、地裁は7月19日付で公訴を棄却し、公判を打ち切った。
 勾留請求をめぐっては、今月7日、東京地裁が4月に勾留請求を却下した東京都迷惑防止条例違反(痴漢)容疑の男が、誓約に反して出頭要請に応じないため、地検が同じ内容の容疑で逮捕。起訴に踏み切る異例の対応をしたばかり。
大麻取締法違反の嫌疑で逮捕された後に保釈されたベトナム人が国外逃亡をしてた事が判明した。
此の為に公判を開く事が出来無いと判断され、公訴棄却に為り事件其の物が迷宮入りして仕舞った。
保釈されたなら法務省は外務省と連携して、国外逃亡を図る事を未然に防がねば為らないが、此の連携が全く出来て居らず、保釈された後に被疑者が逃亡されてる現状が数多く確認されてる以上は、こうした事は徹底的に防止しなければ為らない筈だ。
司法はこうした事への対応が出来て無い事が改めて確認されたのだ。
関係者一同には猛省を促す。
posted by 天野☆翔 at 21:57 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

北海道で公職選挙法違反へのデモが実施された。

* 道警ヤジ排除「説明責任果たせ」「人権無視」 札幌でデモ:北海道新聞 どうしん電子版
 道警の警察官らが安倍晋三首相の街頭演説中、批判の声を上げた市民を現場から排除した問題で、道警に抗議する市民集会とデモが10日、札幌市中央区で開かれた。集まった120人超の市民らが「ヤジも言えない世の中でいいのか」「道警は説明責任を果たせ!」と声を上げながら、道警本部庁舎を目指し、市中心部を行進した。
 「人権無視する警察はいらない」「法的根拠を示せ」―。10日午後5時すぎ、デモ隊は同市中央区の大通公園を出発。道警の警察官十数人が警備に就く中、「ヤジくらい言わせろ」などと書いた数えきれないほどのプラカードを掲げ、シュプレヒコールを上げた。
 「野党候補の演説では排除などしないのに、首相演説の時だけ強制排除された。それっておかしくないですか」。首相の街頭演説で「安倍やめろ」とヤジを飛ばし、無理やり排除された同市北区の団体職員大杉雅栄さん(31)は先頭から通行人に訴えた。
 年金制度批判のプラカードを掲げようとし、警察官に阻まれた同市豊平区の富永恵子さん(70)は今回「老後の生活費2000万円貯金できません!」のプラカードを高く掲げた。「表現の制限に日本の戦前の空気すら感じる。多くの人たちに今、日本は危険な状況にあると感じてほしい」
以下有料記事。
第二十五回参議院選挙での北海道の安倍晋三自由民主党総裁の選挙応援演説中に、此の演説を妨害したとして公職選挙法違反で検挙された人物を擁護し北海道警察への批判を込めたデモが実施された。
「ヤジも言えない世の中でいいのか」「道警は説明責任を果たせ!」等と主張し北海道警察への批判の声を上げたが、少なくとも内閣総理大臣が居る中での事案なので、法律の順守の厳格化は当たり前の事だろう。
野党への対応とは違うのは無理からぬ事で在る。
拠って批判には当たらず政権批判の為の運動でしか無い事は明白なのだ。
posted by 天野☆翔 at 15:47 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

朝鮮人が仏像を窃盗。

* 寺から「仏像」盗んだ疑い、韓国籍の男ら2人逮捕 和歌山南部では「同様の被害」相次ぎ、警察が関連も捜査 - FNN.jpプライムオンライン
和歌山県白浜町の寺から仏像1体を盗んだ疑いで韓国籍の男ら2人が逮捕されました。
和歌山南部では仏像の盗難が相次いでいて警察は関連を調べています。
窃盗の疑いで逮捕されたのは古美術商を経営している韓国籍の山口諭こと崔諭容疑者(45)と派遣社員の木田秀孝容疑者(43)です。
警察によると崔容疑者らは今年2月、白浜町の梵音寺の本堂から時価約200万円の仏像1体を盗んだ疑いがもたれています。盗まれた仏像は今年3月に見つかっています。
調べに対して崔容疑者は容疑を否認していますが木田容疑者は認めています。
去年2月ごろから白浜町や串本町など和歌山県南部の寺で仏像が盗まれる事件が相次いでいることから警察は関連を調べています。
和歌山県白浜町の寺に侵入し仏像を窃盗した嫌疑で、南朝鮮人等二名が逮捕された。
南朝鮮は仏教でも無いのに、何故こうも窃盗したがるのか甚だ理解に苦しむ。
而も窃盗の為に日本に来るとは本当に異常で在る。
posted by 天野☆翔 at 01:22 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする