冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年07月15日

平成三十年七月豪雨で太陽光発電施設崩落。

* 神戸新聞NEXT|姫路|豪雨で太陽光パネル崩落 住民ら不安の声 姫路
西日本豪雨の影響により、兵庫県姫路市林田町下伊勢で傾斜地の太陽光発電施設が約3600平方メートルにわたって崩れ、住民や通行人から不安の声が上がっている。これまでに周辺の人や建物への被害はないが、住民らは「雨が降る度に心配」「何か起きてからでは遅い」と設置者の企業に早期の対応を求めている。
 発電施設は自然エネルギー事業を展開する「グッドフェローズ」(東京都品川区)が2015年に整備した。姫路市内に大雨特別警報が発令された7日未明、地盤が幅約60メートル、長さ約60メートルにわたって崩れ、太陽光パネルとともに斜面の中腹部までずり落ちた。
 ふもとに住む男性(74)は「以前から雨が降るとヒヤヒヤしていた。自宅の方にパネルが滑り落ちてきたらどうなるのか」と不安を口にする。
 現場の真下には国道29号が通り、国土交通省姫路河川国道事務所によると、過去には隣接する別の太陽光発電施設から土砂が流出したこともあるという。
 毎朝通勤で利用するという同市北部の会社員女性(44)は「高校生の長男もバス通学で利用していて心配。何かあってからでは手遅れ。早く撤去してほしい」と望む。
兵庫県姫路市林田町下伊勢で傾斜地に設置された太陽光発電施設が、三千六百平方メートルの規模で崩落したと云う。
地域住民等は崩落が拡大する危険性を危惧し、一刻も早く撤去して欲しいと要望が上がった。
民主政権時代の負の遺産の深刻な影響が、こう云う状況で起きました。
破損してれば重金属が流出し深刻な環境汚染に繋がる上に、通電してれば感電の虞れも在る。
全量買取制度が無かったら、設置されて無かっただろう。
posted by 天野☆翔 at 15:10 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

遊び半分で殺人。

* 肛門から空気入れ同僚死亡「悪ふざけしていた」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
茨城県警竜ヶ崎署は14日、同県つくば市手代木、会社員吉田佳志容疑者(34)を傷害致死容疑で逮捕した。
 発表によると、吉田容疑者は13日午後5時頃、同県龍ヶ崎市内にある勤務先の建設機械製造会社の工場で、同僚の千葉県柏市、会社員石丸秋夫さん(46)の肛門にエアコンプレッサーをあてて体内に空気を送り込み、肺に傷害を負わせて死亡させた疑い。別の同僚が119番した。吉田容疑者は「悪ふざけしていた」などと容疑を認めている。
 事件当時、周囲には複数の同僚がいたという。
エアコンプレッサーを肛門に当てて肺を損傷させて死亡させた事件が確認された。
悪巫山戯してたと供述してるが、遊び半分で殺人を犯すとは冗談では無い。
被疑者は三十代と良い歳扱いた大人で在る。
善悪の区別無く遊び半分で殺人を犯しては何も為らない。
posted by 天野☆翔 at 14:55 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

朝日新聞販売員が逮捕される。

* 元ASAアルバイトら、銃刀法違反容疑で逮捕:朝日新聞デジタル
警視庁は、朝日新聞販売所(ASA)矢向の元アルバイト従業員で無職の船木俊輔容疑者(37)=住所不定=を銃刀法違反(加重所持)の疑いで、指定暴力団住吉会系組員の赤池浩容疑者(41)=奈良県橿原市=を同(営利目的譲渡)容疑で逮捕し、11日発表した。船木容疑者は容疑を認め、赤池容疑者は否認しているという。
 組織犯罪対策5課によると、船木容疑者は6月5日未明、東京都大田区内の路上で自動式拳銃1丁と実弾11発を所持していた疑いがある。同日、路上で乾燥大麻約8グラムを持っていたとして大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕されていた。赤池容疑者は2012年12月ごろ、中野区内でこの拳銃と実弾を15万円で船木容疑者に売り渡した疑いがある。船木容疑者は「赤池容疑者から拳銃を15万で買ってくれないかと持ちかけられ、興味があり応じた」と話しているという。
 船木容疑者は事件当時、横浜市鶴見区のASA矢向のアルバイト従業員だったが、事件後解雇された。
 朝日新聞社広報部の話 取引先である販売所の元アルバイト従業員が逮捕されたことを重く受けとめます。再発防止に努めます。
朝日新聞販売所の従業員が銃砲刀剣類所持等取締法違反で逮捕された。
自動式拳銃と実弾を所持してた嫌疑での立件だ。
乾燥大麻の所持をしてたとして大麻取締法違反でも現行犯逮捕されてる。
朝日新聞販売所の犯罪は枚挙に暇が無いが、又しても同じ事が繰り返された。
posted by 天野☆翔 at 23:45 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

平成三十年七月豪雨被災地での注意喚起。

* 西日本豪雨で浸水した車にエンジンかけると「火災の恐れ」 JAFが注意喚起 - 産経ニュース
7月6〜8日にかけて西日本で大規模な豪雨が発生し、気象庁が最大級の警戒を呼び掛ける「大雨特別警報」を計11府県に発令する事態となった。9日現在では同警報は全て解除されているが、一部地域では堤防の決壊や河川の氾濫が起きた影響で冠水した状態が続いている。
 道路や車庫で自動車が水に漬かるケースも起きているが、水が引いた場合などに急に動作させると火災につながる恐れがあるとし、日本自動車連盟(JAF)が注意を呼び掛けている。
 JAFによると、水害による被災車両はエンジン・ヘッドライトなど電気系統が漏電して燃える危険性があるという。これを防ぐため、外見上は問題がない場合も(1)いきなりエンジンキーを回さない、(2)エンジンボタンを押さない−−など慎重に対応すべきとしている。
 火災を防ぐためには、ボンネットを空けて内部が水に浸っているかを確認し、浸水している場合はバッテリーのマイナス側のターミナル(電線を接続する部品)を外し、バッテリーと接触しないようテープを巻くなどの絶縁処置を施す必要があるとしている。
 さらにハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)に対しては、漏電・感電などが生じる恐れがあるため「むやみに触らないようにしてください」と注意喚起している。
 ただJAFは現在、大雨の影響による道路状況の悪化や通行止めなどの要因で、被災した自動車の回収・整備に時間を要しているという。同連盟は「緊急応援態勢をとり、順次対応しますのでご理解をお願い申し上げます」としている。
広範囲で冠水する程の被害が出たが、此の冠水で従来の内燃式の自動車では無く電気自動車の始動には細心の注意を払って頂きたいと、日本自動車連盟は注意喚起しました。
漏電から感電や発火する危険性が在るとの事だが、電気自動車の増加に伴う危険性が拡大した。
此れは何も自動車だけでは無く、太陽光発電でも云える事で在る。
自然エネルギー発電を推進する一方で、こう云う危険性が在る事を知るべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

死刑執行は人権侵害と日本弁護士連合会会長。

* 【オウム死刑執行】「重大な人権侵害」と日弁連会長 - 産経ニュース
日弁連の菊地裕太郎会長は6日、松本智津夫死刑囚らの刑執行に「7人のうち6人は再審請求中で、心神喪失の疑いのある者も含まれている。国家による重大な人権侵害に強く抗議し、死刑制度を廃止するよう求める」との声明を発表した。
 声明では「犯罪で身内を亡くした遺族が厳罰を望むのはごく自然なことで、理解できる」とした上で、1980年代に死刑事件で4件の再審無罪が確定したと指摘。「再審請求中の死刑執行は問題が残る」と批判した。
 さらに、世界の中で死刑制度を残し、現実的に執行している国は少数になってきていることに言及し「国際的な批判や懸念が表明される可能性がある」とした。
オウム真理教の幹部連中の死刑執行で、他の案件での再審請求で無罪確定した事を引き合いに出して、又、他国では死刑廃止してる国が多く成ってる事を理由にして、死刑執行は重大な人権侵害と主張。
然し、肝心な事を忘れては居ないかと。
司法国家では、犯罪を犯したら裁判を受けさせる義務が発生し、又、裁判を受ける権利も有する。
銃社会の国では、現行犯の場合は射殺される場合も有り、両方共に最初から失ってるのが現状で在る。
で在る事から、死刑執行が人権侵害との主張には無理が在る。
我が国は両方共に有してるのだから、批判は筋違いなのだ。
posted by 天野☆翔 at 05:42 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

オウム真理教幹部等死刑執行。

* 麻原彰晃死刑囚ら7人死刑執行 早川・井上・新実・土谷・中川・遠藤死刑囚 - 産経ニュース
松本・地下鉄両サリン事件などで計29人の犠牲者を出した一連のオウム真理教事件をめぐり、死刑が確定していた教祖の麻原彰晃(しょうこう)死刑囚(63)=本名・松本智津夫(ちづお)=ら7人の死刑が6日午前に東京拘置所などで執行されたことが、関係者への取材で分かった。教団が起こした事件の死刑囚は計13人おり、執行は初めて。上川陽子法相が命令した。平成7年5月の麻原死刑囚の逮捕から23年。犯罪史上類を見ない一連の事件は大きな節目を迎えた。
 ほかの6人は、早川紀代秀(68)=福岡拘置所▽井上嘉浩(48)=大阪拘置所▽新実智光(54)=同▽土谷正実(53)=東京拘置所▽遠藤誠一(58)=同▽中川智正(55)=広島拘置所−の各死刑囚。
 法務省は今年3月、死刑囚13人のうち7人をそれまで収容していた東京拘置所から、執行施設のある5拘置所に移送していた。
 確定判決によると、麻原死刑囚は(1)平成元年11月、教団に反対の立場を取っていた坂本堤弁護士=当時(33)=ら家族3人を横浜市の自宅で殺害(坂本弁護士一家殺害事件)(2)6年6月、長野県松本市でサリンを散布し7人を殺害(松本サリン事件)(3)7年3月、東京都心を走る3路線5方面の地下鉄でサリンをまき12人を殺害(地下鉄サリン事件)−などの凶悪事件を次々に起こした。
 麻原死刑囚はこの3事件を首謀。このほかの事件を含め13の事件で計26人を殺害、1人を死亡させた。松本サリン事件と地下鉄サリン事件では、後に被害者が1人ずつ死亡。一連の事件での死者は29人に上っている。
 確定判決では、一連の動機を「(麻原死刑囚が)救済の名の下に日本国を支配して自らその王になることを空想。その妨げになる者をポア(殺害)しようとした」と認定している。
 麻原死刑囚は7年に逮捕され、裁判は8年から始まった。しかし、1審の途中から意味不明なことを話すようになり、最後は何も語らなくなった。16年の1審の死刑判決後、弁護側は即時に控訴したが、「麻原被告は裁判を受ける能力がない」などとして控訴趣意書を提出せず、控訴審は一度も開かれないまま死刑判決が確定した。
松本智津夫、早川紀代秀、井上嘉浩、新実智光、土谷正実、遠藤誠一、中川智正の七名が、東京や大阪や福岡の拘置所で死刑が執行された。
平成を丸々賑わせたオウム真理教に拠る凶悪事件に一区切りが付きました。
今後は残された確定者の執行がどう為るのかと。
一連の事件で一番身近だったのは炭疽菌噴霧未遂事件や、目黒公証役場の事務長逮捕監禁致死事件で在るが、今回の執行では全て関与してる。
教団が起こした一連の事件は反社会的で絶対に許されない事ばかりで在ったが、破壊活動防止法を何故最後迄適応され無かったのか、何故此等の事件を起こしたのかに背景等明かされ無かった事が残念に思う。
とは云え、此れで区切りが付きました。
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

裏口入学が未だに。

* 文部科学省局長を受託収賄容疑で逮捕 東京地検特捜部 - 産経ニュース
自分の子供を大学に合格させてもらう見返りに、文部科学省の支援事業の対象校とするよう取りはからったとして、東京地検特捜部は4日、受託収賄容疑で文科省科学技術・学術政策局長、佐野太(ふとし)容疑者(58)=東京都港区=を、同幇助容疑で会社役員の谷口浩司容疑者(47)=同=を逮捕した。
 逮捕容疑は、佐野容疑者は文科省官房長だった昨年5月、私立大学関係者から、同大が支援事業の対象校に選定されるなどの便宜を図るよう依頼され、今年2月、自分の子供が同大入試で試験の点数を加算され、合格するという形の賄賂を受け取ったとしている。
 佐野容疑者は早大大学院理工学研究科修了後、昭和60年に旧科学技術庁に入庁。文科省高等教育局私学部参事官などを務めた。
文部科学省の科学技術・学術政策局長が裏口入学同然の行為をさせて、此れを受託収賄の嫌疑が掛かった事で逮捕された。
自分の子供が入学する学校に対して、支援事業の対象として取り計らう様便宜を依頼されての事で在る。
此の事案は決して政局化しては為らないが、大いに批判非難されて然りの案件だ。
此の手の事案は二度と繰り返しては為らないのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

大韓航空機が事故。

* 大韓航空機が誘導路で立往生 タイヤの車軸折れる 成田空港 | NHKニュース
29日午後、成田空港に到着した大韓航空機のタイヤの車軸が折れ、誘導路上で動けなくなりました。国の運輸安全委員会は、事故につながりかねない重大インシデントに認定し、原因を調査することにしています。
29日午後0時40分ごろ、韓国・インチョン(仁川)から成田空港に到着した大韓航空703便、ボーイング777型機が誘導路を走行中に動けなくなりました。
成田空港会社が滑走路を閉鎖して点検したところ、金属やタイヤの破片が落ちているのが見つかりましたが、20分後には回収を終えて運用を再開したため、ほかの航空機の運航に影響はないということです。
乗客と乗員合わせて335人にけがはなく、機体のけん引には時間がかかることから、乗客はその場で航空機を降りてバスでターミナルに移動しました。
出張からの帰りだという会社員の40代の男性は「着陸前に風にあおられたようで、機体が斜めになった状態で着陸したと感じました。ドンという大きな音がしたので恐怖を覚えました」と話していました。
国土交通省などによりますと、機体の中央付近の右側のタイヤの車軸が折れているのが確認されたということで、国の運輸安全委員会は、事故につながりかねない重大インシデントに認定し、現地に事故調査官を派遣して原因を調べることにしています。
大韓航空は「お客様に不便をおかけし、おわびします」と話しています。
成田空港の誘導路上で車軸が折れた事で身動きが取れなく成ったと云うが、着陸時に破損した様子で在る。
大韓航空は過去何度も事故を起こして、先だっても国外で接触事故を起こした。
整備が出鱈目なのかとも大いに疑う。
posted by 天野☆翔 at 23:21 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

テロリスト共が活動再開。

* 辺野古移設に抗議 反対派、海と陸から - 産経WEST
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設工事が進む名護市辺野古沿岸部の海上で25日、移設反対派の市民らがカヌーなどで海上抗議活動を行った。海上抗議に加え、陸上でも抗議集会を開催。本格的な土砂投入を早ければ8月17日に行う方針の政府に対し、海と陸から移設阻止に向けた取り組みを強めたい考え。
 主催者によると、カヌー約60艇、海上と陸上で計数百人が参加する見込み。
 辺野古沖での護岸造成工事は、政府が昨年4月に着手した。反対派は移設先に隣接する米軍キャンプ・シュワブのゲート前に座り込むなど抗議を続け、機動隊との衝突が続いている。
 翁長雄志知事は、前知事による埋め立て承認を撤回する意向を明言しており、その時期が焦点となっている。
キャンプ・シュワブの辺野古基地移設に伴う沿岸部の工事を妨害する動きが再開。
海上だけでは無く陸上からも抗議活動が実施された。
辺野古基地の本来の役割を考えれば、自分達の安全保障に密接に関係する事を自覚してるのか。
此れを妨害すると云う事は、完全に支那の犬で在ると云う事を自白したに等しい。
アジアの平穏を維持する為の事案を否定する事は、即ち戦争を望んでると云う事なのだ。
拠ってテロリストで在るのは明白なのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:46 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

新燃岳で爆発的噴火観測。

* 新燃岳で爆発的噴火 噴煙は東へ(日直予報士 2018年06月22日) - 日本気象協会 tenki.jp
気象庁によると、きょう22日午前9時9分、新燃岳で爆発的噴火が発生。噴煙は火口縁上2600mまで上がり、東に流れました。噴火警戒レベルは「3(入山規制)」が継続です。
噴火警戒レベルは「3(入山規制)」が継続
気象庁によると、本日(22日)、午前9時9分に新燃岳で爆発的噴火が発生しました。噴煙は火口縁上2600mまで上がり、東に流れました。弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口の中心から1100mまで達しました。この噴火により宮崎地方気象台で身体にわずかに感じる程度の空振を観測しました。新燃岳で噴火が発生したのは2018年5月14日以来で、爆発的噴火が発生したのは4月5日以来です。
防災上の警戒事項
弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から概ね3kmまで、火砕流が概ね2kmまで達する可能性があります。そのため、火口から概ね3kmの範囲では警戒してください。風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。2011年と同様に爆発的噴火に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意してください。地元自治体等が行う立入規制等にも留意してください。また、地元自治体等が発表する火山ガスの情報にも留意してください。なお、今後の降灰状況次第では、降雨時に土石流が発生する可能性がありますので留意してください。
霧島連山では火山性地震が多発してたが、此れが原因で在る可能性は否定出来無い。
噴煙の高さは二キロメートルを超える小規模程度で在るが、地域住民は噴石等注意警戒を怠らない様にして欲しいと思います。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする