冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー SignalNow Express

2017年04月19日

戦場取材を阻止された人物の訴訟は原告敗訴。

* シリア旅券返納命令は適法 カメラマン敗訴 東京地裁「生命の安全優先の判断は不当でない」 - 産経ニュース
シリアでの取材を計画し、旅券返納命令を受けた新潟市のフリーカメラマン、杉本祐一さん(60)が、国の対応は憲法が保障する「渡航の自由」や「報道の自由」を侵害しているとして命令の取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は19日、命令は適法と判断、請求を棄却した。
 判決によると、外務省は、過激派組織「イスラム国」(IS)による邦人人質事件直後の平成27年2月、トルコ国境に近いシリアの町を取材する計画を立てていた杉本さんに対し、生命や身体に危険が及ぶ恐れが高いとして旅券法に基づき旅券の返納を命じた。
 古田孝夫裁判長は「当時、イスラム国は邦人2人を殺害したとする映像を公開し、今後も邦人を殺害すると表明しており、外相の判断は合理的だ」と指摘。報道の自由についても「生命の安全を優先しようとした判断は不当ではない」と述べた。
シリアではDAIISHが当時各地で其の勢力を拡大してる中、日本人が拘束される事案が発覚しましたが、其のさなかに渡航をしようとしてた人物が其の動きを阻止された事で提訴しましたが、此の提訴の判決には憲法違反には該当しないと云う判断が下されました。
此の判決は至極真っ当で当然の事でしょう。
日本人が拘束されれば身代金が要求されるのは目に見えて明らかで、身代金を出して仕舞ってはテロリストを利するだけで、此れは絶対にしては為らない事なのです。
可能性が在るだけで危険なのは云う迄も無いのは明白。
政府は日本人を守らねば為らない義務が有り、此の義務を果たす為には自由は制限されます。
当たり前の事で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

容易に日本国籍が取得出来て仕舞う仕組みに危機感。

* 【衝撃事件の核心】フィリピンパブ嬢大胆&s法入国作戦 「日本人とハーフ」証明書悪用のなりすまし…日本大使館もだます狡猾手口(1/5ページ) - 産経WEST
在外邦人なりすまし事件の構図 日本人とのハーフを装って来日したフィリピン人パブ嬢は、どんな「ジャパニーズドリーム」を抱いていたのか。実在の在外邦人を装って不法滞在し保険証をだまし取ったとして、大阪府警は3月、入管難民法違反や詐欺などの疑いで、フィリピン国籍のハリリ・ミラー・アビゲール被告(28)=同罪などで公判中=を逮捕していたことを明らかにした。府警によると、日本国籍を持つ在外邦人の旅券を使った「なりすまし」の摘発は全国初。被告がなりすました在外邦人は、日本国籍を持つ日本人とフィリピン人のハーフ女性で、この女性が現地ブローカーに売り渡した日本国籍の証明書が悪用されたとみられる。府警はハーフ女性本人のDNA型鑑定までする執念の捜査で立件に至ったが、現地の日本大使館までだまされた≠ニいうハリリ被告の手口とは。
来日に厳しいハードル
「カンパーイ」
 大阪・ミナミの歓楽街の外れにあるフィリピンパブの薄暗い店内に甲高い声が響いた。
 声の主は、太ももが露出した超ミニスカートをはいたフィリピン人パブ嬢数人。会社帰りとおぼしきスーツ姿の中年男性らを囲み、かいがいしくお酒を注いでは場を盛り上げていた。ほかのソファでは、まだ10代にも見える若いパブ嬢が、暇そうにスマートフォンをいじりながら客待ちを続けている。
 「パスポートを偽造するなんて、そんな危ない橋は渡らないけど、(ダンサーなどの興業名目で)簡単に日本に来られた昔と違って、入国が難しくなった。(入国時に)指(指紋)も採られるし」
 このパブで働くフィリピン人女性、ジェニファーさん(35)=仮名=は、来日して働くフィリピン人の苦労をこう話す。
法務省によると、かつては「興業ビザ」の取得が容易だったため、多くのフィリピン人が来日してフィリピンパブなどで働くケースが多く、最盛期の平成16年には8万人を超えていた。しかし、不法滞在や売春強要などが社会問題化したことから、政府は翌17年、興業ビザの取得を厳格化。18年には約8千人にまで激減し、21年以降は2千人前後で推移している。
 日本側の規制が厳しくなった分、その「壁」の突破を手助けしているのがブローカーだ。同僚のキャサリンさん(40)=同=は「ブローカーがいるという話は聞いたことある。それだけ日本で働きたい女の子が多いということ」と打ち明けた。
奔放なシングルマザー
捜査関係者によると、昨年11月に逮捕されたハリリ被告は、ブローカーらを通じ、現地在住で日本国籍を持つフィリピン人と日本人のハーフ女性(27)の身分証や戸籍謄本を取得。在マニラ日本大使館で正規の手続きを踏み、本物≠フ旅券をやすやすと手に入れていた。旅券に掲載された顔写真は、ハリリ被告本人のものだった。
 逮捕される直前まで、東京都江戸川区のフィリピンパブでホステスとして勤務。パブを経営する男(55)や常連客(51)らが付き添い、日本人として東京都内の区役所で住民票を入手していた。さらに、その住民票などをもとに健康保険証も取得し、医療機関で保険適用の診察も受けていたという。
 日本とフィリピンの行き来を繰り返しており、入国が確認されたのは平成17年8月〜昨年11月に少なくとも8回。このうち7回の渡航にハーフ女性名義の旅券を使った。来日中は全国を転々としながら各地のフィリピンパブで働き、日本に滞在するフィリピン人男性と偽装結婚した。
さらに、常連客の日本人男性や別のフィリピン人男性らと次々と同棲(どうせい)する奔放な生活を送った。日本人男性との間に妊娠すると、祖国へ里帰りして女児を出産。シングルマザーとなったにもかかわらず幼子を親元に預け、再び日本へ舞い戻った。ハリリ被告は動機について「日本にあこがれがあった。日本のフィリピンパブで働いてお金を稼ぎたかった」と供述している。
暗躍するブローカー
ハリリ被告にとって、ブローカーは切っても切れない存在だった。
 捜査関係者によると、フィリピンや日本国内で暗躍する複数のブローカーが、ハーフ女性の身分証の入手を仲介し、ハリリ被告が来日した後も世話役を担っていたとみられる。ハリリ被告も府警の調べに「ハーフ女性ともともと面識はなかった。ブローカーの指示にすべて従っていた」と供述した。
 ハリリ被告は大金を稼いでいたわけではない。勤務先のパブから受け取っていた給与は、手取りで月約8万円。このうち4万〜5万円をフィリピンの実家に仕送りしていた。
 一方、パブの経営者もブローカー側に仲介料として月25万〜30万円を支払っていたとされる。ブローカーの介在で、フィリピンと日本の双方にハリリ被告を食い物にする構図があったということだろう。
 こんなブローカーでも、ハリリ被告はすがらざるを得なかった。実は16歳で初来日した際、別のフィリピン人女性名義の旅券で入国し、不法滞在が発覚。フィリピンへ強制退去処分となり、日本側に指紋を採取されていたのだ。ハリリ被告本人の名義では、もはやビザの取得は不可能なため、来日時に指紋を確認されない「日本人」の身分を手に入れる必要があった。
一方、旅券の名義に使われたハーフ女性は、日本人の父とフィリピン人の母のもとに生まれたジャピーナ=B2歳のときに両親が離婚し、母とともに祖国へ戻った後、成人時に日本国籍を選択した。
 捜査関係者によると、日本国籍の身分証や戸籍は現地で売買の対象となっているという。ハーフ女性は家族の生活のために金が必要だったため、ブローカー側に「日本国籍」を売り渡してしまったようだ。
現地と連携、執念の立件
今回の事件が発覚したのは昨年2月。留学生らを日本企業にあっせんする大阪市北区の人材派遣会社での「トラブル」がきっかけだった。
 この会社はフィリピンに支店があり、日本で働こうと支店に派遣登録していたハーフ女性本人が、日本へ渡航しようと旅券発給を現地の大使館に申請。しかし、旅券が既に発給されているとして大使館側に却下された。この経緯を不審に思った派遣会社の従業員が府警に相談したのだ。
 しかし、捜査は難航した。ハリリ被告がハーフ女性本人ではないことをどのように裏づけるかが大きなハードルとなった。
 府警はフィリピンに在住するハーフ女性を特定するため、現地の関係機関と連携。女性本人だけでなく、実の両親のDNAを採取した。さらに、ハリリ被告の母親や親類にも顔写真で確認する「面割り捜査」まで行い、逮捕に結びつけた。
入管制度の不備浮き彫り
事件では、旅券発給や出入国管理の仕組みや制度の不備を浮き彫りにした。
捜査関係者によると、ハーフ女性名義の旅券は21〜26年に4回発給され、うち3回が再発給。うち2回は在マニラ日本大使館、残る1回は愛知県内の旅券センターで申請を受け付けており、失効理由は「盗難」「水没」「紛失」だった。マニラでの申請時、ハリリ被告自身が帰国していたが、旅券はブローカーに預けており、ハリリ被告と顔が似ている別のフィリピン人女性がこの旅券を使って来日中だったという。
 再発給された複数の旅券はどのように使われたのか、ナゾは深まるばかりだ。
 外務省の担当者は、在外邦人らの旅券発給を管轄する在外公館も入国管理当局と連携し、「渡航者に関する一定の情報交換を行っている」と説明する。ハリリ被告名義の旅券を使って来日した別人のケースなど、不正を見抜くチャンスはあったはずだが、捜査の過程で、旅券発給情報と出入国履歴がバラバラに管理されていたことが判明したという。
 捜査関係者は「第2、第3の在外邦人のなりすましを許せば、新たな犯罪インフラにもつながりかねない。しかし、抜け穴のある現状の仕組みを見直さなければ、事件を防ぐことは難しい」と指摘している。
外国からの渡航者が容易に日本国籍を取得出来て仕舞う現状には極めて憂慮せざるを得ない危機的な状況で在る。
此の問題の背景には外務省の入国管理に問題が在る事は勿論だが、司法制度の抜け穴が存在してる事で深刻化もしてる。
又、事案が発覚しても捜査関係者の連携が無ければ立憲は困難でしょう。
こう云う事を防止するには法律を快晴する事は勿論、捜査関係者の情報を一元管理する仕組みも必要不可欠で在る。
こうした事を最低限しなければ、同じ様な案件を見過ごす事にも成ろう。
テロリストの入国防止が喫緊の課題だが、こうした事も其の一環に在るのは間違いの無い事です。
どんな抜け穴も許しては為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

偽物に摩り替わってた版画。

* 棟方志功の版画、いつの間にかカラーコピーと入れ替わり 神奈川県、被害届の提出を検討 - 産経ニュース
神奈川県は17日、県が所有し、県民ホール(横浜市中区)の指定管理者「神奈川芸術文化財団」が保管している棟方志功作の版画、宇宙讃(神奈雅和の柵)=縦約50センチ、横約65センチ=を紛失したと発表した。カラーコピーのレプリカと入れ替わっており、県は「信頼を損ね申し訳ない」とした。
 この作品は文化財に指定されていないが、県は「晩年の作品として貴重」として、窃盗容疑などでの被害届の提出を検討している。
 県と財団によると、平成26年に同県鎌倉市の県立近代美術館で展示。観覧者の指摘でコピーと判明した。その後、財団が捜索したが見つからなかったため、17日に県に報告した。
 作品は県民ホールの緞帳(どんちょう)の原画として制作を依頼し昭和49年に300万円で購入、館長室に展示していた。コピーにすり替わった時期は分かっていない。
版画の貸出の際に偽物と指摘された事から発覚した事案だが、貸し出す前の何時頃に摩り替わってたのかの検証が必要だが、此の検証自体が意味を為さないと云う事です。
普段の警戒が有効に機能して無かった良い証左だからです。
其れだけ所蔵品への注意が散漫に成ってたと云う事です。
posted by 天野☆翔 at 04:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

相反する諫早湾開門訴訟判決。

* 諫早開門差し止め命令 高裁確定判決と正反対 営農者提訴に長崎地裁 - 産経WEST
長崎県の諫早湾干拓地の営農者らが国に、潮受け堤防排水門の開門差し止めを求めた訴訟の判決で、長崎地裁(松葉佐隆之裁判長)は17日、「農地に塩害などが生じ、営農者の生活基盤に重大な被害が出る」として、開門の差し止めを命じた。
 開門の可否を巡っては、別の訴訟で福岡高裁が2010年に開門を命じた正反対の判決が確定しており、国が「開門命令」と「開門禁止」の相反する義務を負う状況は変わらない。堤防閉め切りから20年がたっても、問題解決の道筋は見通せないままだ。
 今回の訴訟は、確定判決に基づく開門調査を阻止するため、営農者や周辺住民らが11年に起こした。
 干拓地では主に野菜が栽培され、営農者側は、開門すれば、農業用の調整池に海水が入って農作物に塩害が起こり、防災機能も低下するなどと主張。国側は事前に万全の対策を講じることで被害は生じないと反論していた。訴訟には、利害関係がある開門派の漁業者側弁護団が補助参加し、開門の必要性を訴えた。
漁業者と農業者の立場から、各々個別に提訴してる背景から、諫早湾干拓事業での開門を巡る訴訟は一向に解決の目処が立たない。
国の対応を巡る動きでは無く、各々に対しての動きで在れば此の問題は解決するのだが、此の混迷化の原因は一番最初の判決に対して、当時の菅内閣が抗告しなかった事に起因する。
此の案件も民主政権の大きな負の遺産で在る。
posted by 天野☆翔 at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

動物遺体遺棄事件。

* 高校敷地にカラス死骸 神戸、近くの中学でも - 産経WEST
兵庫県警須磨署は17日、神戸市須磨区の私立高グラウンドで16日朝、カラスの死骸が見つかったと発表した。9日には、約100メートル離れた市立中で、木の枝に刺さったカラスの頭部が見つかっており、須磨署は警戒を強化し、建造物侵入などの疑いで調べる。
 須磨署によると、16日に見つかったカラスは、陸上競技用トラックに放置されていた。頭部から背中に、人為的に傷つけられたような痕があった。午前7時ごろ、生徒が見つけ、教諭を通じ110番した。
兵庫県だけでは無く全国各地で動物を殺傷し、其の遺体を何かの意図に拠って誇示する様な事件は、過去に枚挙に暇が無い。
此の結果、凶悪事件に発展したのが酒鬼薔薇聖斗の案件で在ったが、此の事件以降は頻度が増して来てるのではと思います。
凶悪事件を招かない為にも教育を徹底し、事件の根を絶やさねば為らない。
posted by 天野☆翔 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

自動運転を過信した事故発生。

* 自動運転車で追突事故 販売店員がブレーキ誤認識か - 産経ニュース
自動運転機能を搭載した日産の試乗車を運転した客が、販売店員の指示でブレーキをかけずに走行して追突する事故があり、警察庁などは14日、販売店員の誤った認識が原因だったとして、自動車業界の各団体に対し、自動運転機能の限界と注意点を正しく理解した上でユーザーに説明するよう要請した。
 事故は昨年11月、千葉県八千代市で発生。日産のミニバン「セレナ」に試乗した男性(38)に対し、販売店員(28)が「本来はここでブレーキですが踏むのを我慢して」と指示、そのまま停車中の車に追突して2人が軽傷を負った。
 警察庁などによると、現場は当時、薄暮の小雨でワイパーが作動していた。停車中の車のカラーも黒で自動制御センサーが認識しにくい状況だったことから「衝突被害軽減ブレーキ」が作動しなかったという。
 警察庁によると、平成27年12月以降、自動運転機能への過信が原因とみられる人身事故は今回を含め4件発生、7人が軽いけがをした。
自動運転装置搭載の車両が、添乗員の指示で停止を抑制された運転手が事故を起こして仕舞いました。
一義的には販売員の添乗者の指示が間違ってた事では在るが、危険を認識すれば停止すべきだった運転手にも責任は在る。
然し、指示が在った事で停止の義務が在ったかと云うと難しい処です。
又、装置のプログラムにも問題が発見された事で、今後の課題に成った事は間違いの無い事です。
此処は改修の必要が有ります。
posted by 天野☆翔 at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

交通安全運動中での警察官の事故。

* 「いけると思った」警官の車立ち往生、列車と衝突 富山の踏切、交通安全運動期間中 - 産経WEST
12日午後8時20分ごろ、富山市稲荷元町の富山地方鉄道上滝線電鉄富山−稲荷町間の踏切で、富山中央署の男性警察官(22)の軽乗用車が立ち往生し、電鉄富山発岩峅寺行きの普通電車と衝突した。乗客ら約40人にけがはなく、警察官も車外に出て無事だった。
 富山中央署によると、警察官は非番で、買い物をして自宅に帰る途中だった。現場の踏切には遮断機と警報機があり、警察官が遮断機の下りた踏切に進入した過失往来危険の疑いもあるとみて調べている。警察官は「通っていけると思った」と話しているという。
 同署の藤井実副署長は「春の全国交通安全運動期間中に警察官がこのような事故を起こし誠に遺憾」とコメントした。
遮断器が動作中に踏み切りに侵入し列車との接触事故を起こした。
交通安全運動中で在っても無くても、警察官自らがこんな事故を起こしては、交通安全の啓蒙には繋がらない。
関係者一同には猛省を促す。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

辺野古基地移設反対派が又しても逮捕される。

* 辺野古反対派の女逮捕 工事車両妨害容疑で沖縄県警  - 産経WEST
沖縄県警は11日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動で工事関係車両の下に潜り込み通行を妨げたとして、道交法違反(禁止行為)の疑いで、住所、職業いずれも不詳の女(62)を現行犯逮捕した。調べに黙秘している。
 逮捕容疑は、11日午後2時55分ごろ、辺野古の国道でダンプカーの前に立ちふさがったり、車両下に潜り込んで寝そべったりして通行を妨害したとしている。
平和を主張し反対してるならば、違法行為をせずに其の意識で訴えれば良いのに、此れをせずに違法行為をしてるのでは話に為らない。
こう云う実態が在るからこそ、移設反対の動きは拡大しないのです。
何故こんな単純な事が理解出来無いのか、甚だ理解に苦しむ。
posted by 天野☆翔 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

似非僧侶逮捕される。

* 「ブッダのお寺の建立を手伝ってください」 中国人の「偽僧侶」逮捕 外国人観光客に無許可で数珠やお札販売 警視庁(1/2ページ) - 産経ニュース
法衣を着るなどして僧侶を装い、外国人観光客に数珠やお札を無許可で販売したとして警視庁組織犯罪対策1課は、入管難民法違反(資格外活動)の疑いで、中国籍で住所不定、自称農業の陳先楼容疑者(54)を逮捕した。調べに対し、「食べる物を買うお金を稼ぐために僧侶のふりをした」などと容疑を認めている。
 逮捕容疑は今年2月〜3月、東京都千代田区外神田の路上などで、英国からの観光客ら10人に無許可で数珠11個、お札9枚を計2万円で販売したとしている。
 組対1課によると、陳容疑者は今年2月、90日以内の滞在で、報酬を得る活動が禁止された「短期滞在」の在留資格で来日。JR秋葉原駅や台東区の上野公園、渋谷区のJR原宿駅周辺などで、僧侶のふりをして外国人観光客らに声を掛けていた。
 陳容疑者は観光客らに「ハロー」と話しかけ、「ブッダのお寺の建立を手伝ってください」などと英文で書かれたカードを見せて募金活動をしているかのように装っていたという。
昨年4月にも来日し、中国・浙江省の雑貨店で16円〜32円で仕入れたお札や数珠を500〜千円で販売。これまでに計10万円を売り上げていたとみられる。
 組対1課は、陳容疑者と同様に違法な物品販売を行っていた「偽僧侶」が複数いるとみており、組織の関与がないかなど背景を調べる。
寺院建立を理由にした詐欺が発覚したが、此の動機には生活困窮が上げられてるが、ならば帰国するのが筋でしょう。
日本国内での生活がイジ出来無いならば、自国に帰れば良いだけの話です。
数珠等を仕入れる資金が在るのだから、帰国すれば比較的困窮状態では無い生活が送る事が出来る筈です。
犯罪を起こす前に何故そうしなかったのかと。
此の問題は生活保護でも同じですね。
posted by 天野☆翔 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

沖縄基地問題での移設反対派が逮捕される。

* 米軍基地反対派3人逮捕、警官への傷害や敷地侵入疑い 沖縄県警 - 産経WEST
沖縄県警は6日、傷害や公務執行妨害、日米地位協定に伴う刑事特別法違反の疑いで、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設や、基地被害に抗議する男女3人を逮捕した。県警によると、いずれも抗議活動中の逮捕で、容疑を否認しているという。
 傷害と公務執行妨害容疑で逮捕された女は6日午前、名護市辺野古の路上で、30代の女性警官の腕をかんでけがを負わせ、職務を妨げた疑い。刑事特別法違反容疑で逮捕された別の女は、辺野古の米軍キャンプ・シュワブ入り口の境界線を越えて、基地内に立ち入った疑い。2人はいずれも氏名、年齢、職業不詳。
 また、普天間飛行場に侵入した同法違反容疑で、那覇市首里山川町、無職の男(84)を逮捕した。
辺野古基地や普天間基地での移設反対派が又しても摘発逮捕されました。
平和的に反対すれば良いのに違法な活動をするから摘発されるのです。
活動内容は完全に違法で反社会的で在る。
徹底的な取り締まりで反社会的な勢力を撲滅しなければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする