冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー SignalNow Express

2017年04月02日

桜とお花見。

旧中川河川敷の桜
旧中川河川敷の桜と奥には東京スカイツリーが確認されます。
染井吉野の花 染井吉野も可成り咲き誇って来て居ます。
染井吉野
全体的には六分咲きと云う処でしょうか。
亀戸中央公園B地区で花見をする人々
東屋の在る亀戸中央公園B地区で花見をする人々です。
休日で花見が出来るのは本日しか無いので、結構な人出でした。
亀戸中央公園A地区で花見をする人々
時計台の在る亀戸中央公園A地区で花見をする人々です。
撮影してる背後の沿道にも花見をする人々が居ました。
錦糸公園で花見をする人々
一方此方は錦糸公園で花見をする人々です。
緑地帯は殆ど埋まって居まして、人出は凄かった。
奥には東京スカイツリーとオリナスが確認出来ます。
満開迄の桜を見られるのは本日が恐らく最後なので、本当に凄い人出でした。
posted by 天野☆翔 at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Traditsioon | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

東京大空襲から七十二年目。

七十二年前の本日の未明に、東京の城東地区を中心としたB-29に拠る爆撃で、殊に江東区の城東地区(大島や砂町周辺)が甚大な被害を出し、多くの被害者を出して仕舞いました。
此の民間人を狙った爆撃は明らかに戦争犯罪で在るので、此の記憶だけは絶対に忘れては為らない。
犠牲者の皆々様方には、謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。

* 【Best Japan Movie 】 【映画 2015 HD】東京大空襲 - YouTube

posted by 天野☆翔 at 03:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Traditsioon | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

福島県双葉郡内の高校で卒業式。

* 【東日本大震災】「いろんな思い出つくることできた」原発事故で休校の福島県立高5校で卒業式  - 産経ニュース
東京電力福島第1原発事故による生徒数の減少で、3月いっぱいで休校する福島県双葉郡内の5つの県立高校で1日、休校前最後の卒業式が行われた。卒業生たちは人生の新たな門出に思いを新たにする一方、先輩たちが築き上げてきた歴史ある母校の休校を惜しんだ。
 同県いわき市のいわき明星大では、仮校舎を置く双葉高(双葉町)の卒業式があった。式では、休校前最後の生徒となった11人が小島稔校長から卒業証書を受け取り、生徒会長の菊池歩実さん(18)が「後輩がいないことを寂しく感じることもあった。でも、3年間いろいろな思い出をつくることができました。支えてくださった方々に感謝します」と別れの言葉を述べた。
 福島第1原発から3キロほどの場所にある双葉高は、大正12(1923)年創立の旧制双葉中が前身。90年を超す歴史のある伝統校で、「双高(ふたこう)」の愛称で親しまれ1万7千人を超える卒業生を輩出している。野球部が夏の甲子園に過去3度出場するなど部活動も盛んだった。
 この日は、原発事故の影響で休校となる浪江高、浪江高津島校、双葉翔陽高、富岡高の4校でも、卒業式や休校式が行われる。
* 【東日本大震災】「いろんな思い出できた」原発事故で休校の福島県立高5校 最後の卒業式(1/2ページ) - 産経ニュース
東京電力福島第1原発事故による生徒数の減少で、3月いっぱいで休校する福島県双葉郡内の5つの県立高校で1日、最後の卒業式が行われた。卒業生たちは人生の門出に思いを新たにする一方、先輩たちが築き上げてきた歴史ある母校の休校を惜しんだ。
 双葉高(双葉町)の卒業式は、仮校舎を置くいわき明星大(いわき市)で開かれた。休校前最後の生徒となった11人が小島稔校長から卒業証書を受け取り、生徒会長の菊池歩実さん(18)が「後輩がいないことを寂しく感じることもあった。でも、3年間いろいろな思い出をつくることができました。支えてくださった方々に感謝します」と別れの言葉を述べた。
 続いて行われた休校式典では、卒業生が創立からの歩みを振り返り、校歌を歌って母校の復活を願った。
 福島第1原発から3キロほどの場所にある双葉高は、大正12(1923)年創立の旧制双葉中が前身。90年を超す歴史があり「双高(ふたこう)」の愛称で親しまれ、1万7千人を超える卒業生を輩出している。野球部が夏の甲子園に過去3度出場するなど部活動も盛んだった。
休校するのは双葉高のほか、浪江、浪江高津島、双葉翔陽、富岡の4校。5校は避難先の教育施設などを間借りして授業を続けてきたが、元の校舎での授業再開が見通せないこともあり、生徒数が減少。生徒募集を打ち切り、3年生だけとなっていた。
今月一杯で休校に成る福島県双葉郡内の県立高校での卒業式が執り行われました。
東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生当時が一巡目の始まりだとしたら、今回卒業した方々は二巡目と云う事で、震災発生当時は小学六年生でしたね。
此の六年間様々な苦難に立ち向かい克服して行った事と思います。
其の貴重な経験を糧に今後の進路に役立てて行って欲しいと思います。
新たな門出に祝福を!
posted by 天野☆翔 at 04:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Traditsioon | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

今年も出初式が無事終了。

* 江戸の粋、はしご乗りも…東京消防庁の出初め式 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
東京消防庁の新春恒例の出初め式が6日、東京都江東区の「東京ビッグサイト」で開催され、消防隊員や災害ボランティアら約2800人が参加した。
 江戸時代の町火消しの伝統技を受け継ぐ「江戸消防記念会」が、はしご乗りを披露。
 大規模地震を想定した訓練では、空からの救助を専門とする「エアハイパーレスキュー」が、負傷者をヘリコプターでつり上げて救出した。
東京消防庁の新春恒例の出初式が今年も無事に終了しました。
消防庁の出番が無い事が一番なのだが、此の出初式で防災の意識を新たにして、防災減災に努めて行く事が求められます。
一方自然災害に関しては、此ればかりは人間の力は及ばないので、少しでも被害が少なく成る様に努力して行く必要が在る。
今年も一年無事に乗り切りたいものです。
posted by 天野☆翔 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Traditsioon | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

本日は冬至。

本日冬至を迎えましたが、全国各地では柚子湯に浸かったり、炬燵列車が運行されたりと、本格的な冬の到来で準備をしてる事でしょう。
インフルエンザの流行が在る中では在るが、無事に年末を越し信念を迎え冬越し出来る様に祈りたい。
何方様も良い年を迎えられる様に。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Traditsioon | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

本日は立冬。

* 立冬 関東から北は暦通りの寒さ(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
今朝は全国のアメダスの約3割の地点で冬日となりました。長野で初氷、室蘭と宇都宮で初霜を観測しました。日中にかけても関東から北では気温が上がらず、立冬らしい寒さになるでしょう。
今シーズン最多の275地点で冬日
今朝の本州付近は高気圧に覆われて、ほぼ全国的に冷え込みが強まりました。午前9時現在、最低気温が氷点下になった地点数は275か所で、全国のアメダスのおよそ3割となり、今シーズン最多となりました。この冷え込みで、長野では初氷、室蘭と宇都宮では初霜を観測しました。宇都宮では平年に比べると5日遅い観測でしたが、関東地方での初霜は今シーズン初めてとなりました。
関東以北 立冬らしい寒さ
きょうは、北海道から関東地方にかけては、冷たい空気に包まれているので、日中の気温はあまり上がらないでしょう。最高気温は、北海道は5度以下の所が多く、12月上旬並みの寒さです。東北は10度前後で、青森は8度で11月下旬並みの肌寒さでしょう。北陸と関東は15度くらいで、11月中旬から下旬並みの予想です。日差しがあっても空気がヒンヤリしますので、日中も暖かな上着が手放せないでしょう。東海から九州は20度前後で、快適です。また、各地ともに日中は空気が乾くでしょう。洗濯日和になりますが、お肌は乾燥しやすいので、保湿クリームを塗ってケアをすると良さそうです。
今週の天気 短い周期で変わる 水曜日から木曜日は一段と寒くなる
◆8日火曜日 雨の所が多い
低気圧が日本海北部を進み、前線が本州付近を通過するでしょう。全国的に雲が多くなり、一時的に雨や雪の降る所が多い見込みです。北海道の平地では雨の所が多くなり、積もった雪は解けそうです。気温は平年並みか平年よりやや低い所が多いでしょう。
◆9日水曜日 冬型の気圧配置が強まる
西高東低の気圧配置が強まり、寒気が流れ込むでしょう。このため、北陸から北の日本海側は雨や雪が降る見込みです。北海道や東北の日本海側は雪の所が多くなり、山沿いを中心に大雪に注意が必要です。太平洋側各地は乾燥した晴天となる見込みです。ほぼ全国的に北西の風が強まり、関東地方は木枯らし一号になるかもしれません。全国的に気温は平年を下回り、寒くなるでしょう。関東以西は、日差しがあっても空気はヒンヤリです。
◆10日木曜日 高気圧に覆われて穏やかに晴れる所が多い
穏やかに晴れる所が多いでしょう。北海道や東北の日本海側の雪も次第に止みそうです。ただ、日本列島は冷たい空気に覆われるため、ほぼ全国的に気温は平年を下回るでしょう。朝晩の冷え込みは強まりそうです。
◆11日金曜日 傘の出番
本州付近を低気圧が通過するでしょう。全国的に雲が多くなり、雨の降る所がある見込みです。
◆12日土曜日と13日日曜日 晴れ間の広がる所が多く、この時期らしい寒さに
本州付近は高気圧に覆われますが、北海道は気圧の谷となるでしょう。九州から関東にかけてと、東北や北海道の太平洋側は晴れ間の広がる所が多いでしょう。北陸以北の日本海側は雲が広がりやすい見込みです。気温はほぼ全国的に平年並みとなり、関東以西は過ごしやすい陽気になるでしょう。
本日は立冬で暦の上ではもう冬に突入です。
既に各地方では冷え込みが厳しく成って来て居り、北海道では此の時期としては珍しい大雪や関東地方では栃木県で初雪を観測する等、冬への足音が身近に感じられる様に成りました。
又、静電気の発生も確認されて居ますので、火災には充分に注意を払って欲しいと思います。
posted by 天野☆翔 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Traditsioon | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

本日は防災の日。

云う迄も無く関東大震災が起きた日です。
奇しくも昨日は、岩手県と北海道を中心とした台風十号の被害や、熊本県では震度5弱の地震が発生。
防災意識を新たにする事案が起きました。
改めて、自然災害に対する意識を弱める事の無い様に、日常的に注意警戒を怠らない様にしたいですね。
posted by 天野☆翔 at 05:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Traditsioon | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

隅田川花火大会と東京スカイツリー。

黄昏時のふれあい橋
黄昏時のふれあい橋は結構幻想的。
黄昏時の東京スカイツリー
黄昏時に佇む東京スカイツリー。
東京スカイツリーの先端部 夜の東京スカイツリーの先端部。
東京スカイツリーと花火
東京スカイツリーと花火です。
カヌーで花火見物 ふと下を見るとカヌーで花火見物してる人達が確認出来ました。
花火1 花火1。
花火2 花火2。
花火3 花火3。
ふれあい橋で花火見物をする人々 ふれあい橋で花火見物をする人々。
徐々に知れ渡ってるのかは不明ですが、年々増えて居ます。
posted by 天野☆翔 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Traditsioon | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

「足伏走馬」が催された。

* 1000年以上伝わる伝統の神事「足伏走馬」 - 産経WEST
馬の速さを競い合う勇壮な神事「足伏走馬(あしふせのそうめ)」が7日、近江八幡市加茂町の賀茂神社で行われた。赤や黒の装束に身を包んだ乗り手が馬にまたがり、馬場を豪快に駆け抜けると、見物客からは拍手や歓声が起こった。
 足伏走馬は、同神社で平安時代から1千年以上行われている伝統神事。7頭の馬が参加し、境内にある長さ約400メートルの直線の馬場を2頭ずつ走って速さをトーナメント方式で競い、優勝馬を決める。
 県内外から多くの見物客が詰めかけ、目の前を全力で駆け抜ける馬の迫力に驚きの声を上げたり、カメラを構えたりしていた。
 福井県越前市の主婦、土田加代子さん(65)は「昔から続く神事に興味があり、インターネットで調べて初めて訪れた。目の前で見ると迫力があって楽しかった。また来年も来たい」と話していた。
 同神社一帯は約1300年前、天智天皇が神事などに使う馬を育てる官営の調教所を初めて設けた地とされている。このため、同神社は「馬の聖地」として、全国の乗馬・競馬関係者らの信仰を集めている。
日本には布津区から伝わる伝統行事や神事が各地に点在するが、此の「足伏走馬」も其の一つで、平安時代から続く由緒正しき神事で在る。
こうした伝統行事や神事は、今の日本社会の中で、少子化が叫ばれる中、継承者の減少も心配されます。
日本の歴史を教えて行く中でも、将来に伝えて行く事は非常に重要です。
此の神事も末永く伝わって行って欲しいと切に願う。
posted by 天野☆翔 at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Traditsioon | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

東京で桜が満開。

* 東京サクラ満開 福井は最早タイ(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
東京でサクラ満開 関東でトップ
東京管区気象台は、31日午後3時頃、サクラ(ソメイヨシノ)の満開を発表しました。
平年より3日早く、昨年より2日遅い便りです。
3月21日に開花後、10日で満開を迎えました。
昨年(2015年)、全国で最初に満開になったのは東京と福岡(いずれも3月29日)でした。
*「サクラの満開日」とは、標本木で80%以上のつぼみが開いた状態となった最初の日をいいます。
サクラ満開ラッシュ
31日も全国的に春本番の陽気で、サクラの花も咲き進んでいます。
東京のほか、名古屋、岐阜、福井、和歌山、鳥取、佐賀からもサクラ満開の便りが届きました。
特に、福井は開花から満開までが4日と、短い日数で花開きました。
平年より9日も早く、統計開始以来2002年3月31日と並んで最も早い記録です。
週末も暖かい日が続き、サクラ満開の便りが続々と届きそうです。
いよいよ桜の花も満開と観測確認されて、春も本番に成って来ました。
今後は順次満開の観測確認が寄せられて行くでしょう。
週末は花見で賑わう事かとも思います。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Traditsioon | 更新情報をチェックする